So-net無料ブログ作成

陸軍の地下壕が掘られた淀橋浄水場。 [気になるエトセトラ]

淀橋浄水工場跡.JPG
 これまで、戦時中に東京の市街地が、どのような組織Click!によって米軍による空襲Click!から「防衛」され、またどのような施策Click!によって空襲の被害を抑えようとしていたかを、落合地域を問わず東京各地の様子をあれこれご紹介してきた。だが、東京市内にあった社会インフラの施設や設備が、どのような方法で守られようとしていたのかには、ほとんど触れてきていない。
 そこで、落合地域も含まれる新宿エリアに明治期から設置されていた、東京の代表的な社会インフラのひとつだった淀橋浄水場Click!の防空対策について検証してみたい。同浄水場で、本格的な「水道防衛」がテーマになったのは、1942年(昭和17)4月18日のB25によるドーリットル隊初空襲Click!からだった。同空襲では、牛込区(現・新宿区の一部)の早稲田中学校のグラウンドにいた生徒が、焼夷弾の直撃を受けて即死Click!している。東京市では、浄水場と水道網をいかに防衛するかが大きな課題となった。そこで、さまざまな「防衛工事」計画が策定されている。
 だが、新宿駅西口に10万坪以上の面積がある淀橋浄水場は隠しようがなく、爆撃機が高高度で飛行してもハッキリと視認Click!できるほど目立つ施設だった。いくら地図から抹消Click!したとしても、偵察機から空中写真を撮られればすぐにバレてしまう。また、施設の構造自体もきわめて脆弱なため、防御を強化するという発想よりも偽装、すなわちカムフラージュを主体とした消極的な「防衛工事」にならざるをえなかった。1944年(昭和19)の暮れまでに、淀橋浄水場では水面の遮蔽(水田偽装)や、場内の工場をはじめとする建物の偽装(壁面迷彩)、煙突など目立つ建築物の解体などが行なわれている。
 これらの施策は、東京市水道局と軍部が淀橋浄水場をめぐる6つの課題について検討する中で、漸次決定されていったものだ。以下、6つの課題を挙げてみよう。
 (1)浄水場と敷地の幾何学的な地形をどのように変更させるか。
 (2)防護に要する膨大な資材と労力が調達可能か。
 (3)短期間に完成する見込みがあるか。
 (4)浄水作業に支障をきたさないか。
 (5)水道水に汚染その他の支障が生じないか。
 (6)風雨雪等に対する耐久性はあるか。
 これらの課題にもとづき、濾池や沈澄池を水田に見立てる工事などが開始されたが、1940年代ともなれば新宿駅の周辺は、すでに商業地の繁華街や住宅街、学校、工場などがびっしりと建ち並ぶ都会化が進んでおり、その中へいかにも不自然な水田が拡がっているようにカムフラージュしても、ほとんどまったく効果がなかった。
 「防衛工事」は、まず濾池×24面(約28,800坪)に偽装網(綿糸製9cm各目)を張り、網目には木くずやシュロの葉などを貼りつけてカムフラージュした。濾池×4面(約27,700坪)には葦簀(よしず)を張り、丸太でそれを支えるようにして偽装している。また、浄水池や敷地内の水路など約60,000坪の施設は、水田や空き地に見せかけて(少なくとも計画者のアタマの中では) 浄水場には見えないように偽装した。広い浄水場内の「防衛工事」には、数百人の学徒が毎日動員されている。
淀橋浄水場新宿駅1941.jpg
淀橋浄水場沈澄池偽装.jpg
淀橋浄水場濾池偽装.jpg
 建物の「防衛工事」としてポンプ所と滅菌室の周囲には、爆撃時の爆風による被害を防ぐために土嚢が積まれた。浄水場から東京市内へ向けた配水幹線の上部には、直撃弾の対策として厚さ1mにもなるコンクリート製の防護遮蔽が取りつけられている。また、高い建造物は目標になりやすいということで、高さ130尺(約39m)のコンクリート煙突は解体され、場内いたるところにカムフラージュ用の樹木が植えられた。さらに、細菌類の投下による謀略戦を想定し、浄水池の通風筒を密閉する機能も追加されている。
 さて、上記のような「防衛工事」が施された淀橋浄水場だが、第2次山手空襲Click!では大きな被害が出ている。米軍はもちろん、新宿駅西口近くにある同浄水場のことは研究済みで知悉していた。1945年(昭和20)5月25日の22時3分に、東部軍管区情報として警戒警報が発令され、つづいて同日22時22分には空襲警報に変わった。約250機のB29が、おもに山手線西部の焼け残り地域を空襲し、M69集束焼夷弾と250キロ爆弾などあわせて148,700発を投下した。翌5月26日の未明にかけ、約2時間30分の空襲により山手線西側の街々は壊滅した。今日の新宿区(四谷区+牛込区+淀橋区)でいえば、この日までに全住宅地や全商工業地の約80%以上が焼け野原となった。
 5月26日の午前1時0分に空襲警報は解除されたが、淀橋浄水場では場内の建物火災は5時すぎまでつづき被害は深刻だった。火災により事務所(本部)1棟、木工所1棟、鍛冶工場1棟、原水ポンプ所3棟、硫酸ばんど注入所1棟の計332坪の建物を焼失した。また、機器設備として電動ポンプ×7基、硫酸ばんど注入設備×全部、自動車×1台を焼失している。これにより、東京市街へ給水する水道は配水量が50%にまで低下した。
 淀橋浄水場の空襲のみに限ってみれば、わずか1時間ほどの空襲で東京市の大部分にわたる水道インフラの、約50%の配水機能が喪失したことになる。水道が完全に断水しなかったのは、幸運とみるか「防衛工事」のおかげとみるかは意見の分かれるところだが、この空襲に先立つ同年3月10日の東京大空襲Click!により、淀橋浄水場系の本郷給水所(現・本郷給水所公苑)と芝給水所(現・港区スポーツセンター+芝給水所公園)が完全に破壊されている事例を考慮すれば、幸運だったといえそうだ。
淀橋浄水場滅菌室土嚢.jpg
淀橋浄水場機関室煙突解体.jpg
淀橋浄水場偽装1944.jpg
 第2次山手空襲のあとに計画された、不可解な証言も残されている。淀橋浄水場の地下にトンネルを掘り、米軍の本土上陸に備えるために極秘の部隊が配置されたという、当時、淀橋浄水場長だった方の証言だ。空襲後、「池の水面や構造物には、偽装、迷彩、防護などが施されていたし、資材や労力の不足で維持管理が行届かず、(浄水場の)機能は半減していた」ような状況で、トンネル掘りを命じられた部隊が配備されている。
 1966年(昭和41)に東京都水道局から出版された『淀橋浄水場史』(非売品)所収の、小林重一『淀橋浄水場の思い出』から引用してみよう。
  
 当時、浄水場には、隊長が大尉の小部隊が駐屯していた。話に依ると、敵軍の本土上陸が予想される。上陸した敵軍は、甲州街道と青梅街道を東京に向かって進撃してくる。これを邀撃するため、浄水場の下に縦横に地下道を掘り、作戦に機動性をもたすようにする。この地下道を造るのが、駐屯部隊の仕事だ、ということであった。/甲州、青梅両街道に面している浄水場が、敵軍邀撃の好個の拠点であることは肯けたが、深い池の多い浄水場の下にトンネルを掘ることは大変な難工事である。隊にはトンネルの専門家はいないらしい。新宿駅西口広場に集積された木材は支保工になるしろものではなかった。土木屋の私には全く狂気の沙汰としか思えなかった。本気で掘る積りなら、専門家によく相談して段取りをしなさいと注意した。/勿論、隊長は掘る気でいた。そして、上官から、おまえらの墓場を掘る積りでしっかりやれ、といわれてきた、ともいっていた。
  
 当時の陸軍は、湘南海岸の中央にあたる平塚海岸に大部隊を上陸させ、馬入川(相模川)沿いに北上して八王子を攻略し、甲州街道や青梅街道を東へ進撃して東京市街地へと侵攻する米軍のコロネット作戦Click!を、その空襲の規模や傾向などから、かなり正確かつリアルに把握していた様子がうかがえる。
 実際にトンネルが掘られたのかどうかは、小林重一の証言には書かれていない。空襲から敗戦まで、いまだ3ヶ月も残す時期のことなので、新宿西口広場に集められた資材を用いて、浄水場内のいずれかの地下にトンネルが掘られていたのかもしれない。また、敗戦から20年後の証言とはいえ、当時の軍事機密に属することなので、あえて証言が控えられている可能性も考えられる。
淀橋浄水場新宿駅1944.jpg
淀橋浄水場空襲19450525.jpg
淀橋浄水場跡1971.jpg
 あるいは、淀橋浄水場の跡地が競売にかけられているまっ最中に書かれた文章なので、地中には陸軍の地下壕が眠っているなどと書けば入札に影響が出ると考え、あえて証言を避けたのかもしれない。だが、トンネルが浄水場のどこかに掘られていたにせよ、跡地の大規模な「副都心開発」計画で、とうに破壊されているのはまちがいなさそうだ。

◆写真上:機関室の煙突がそびえていた、淀橋浄水工場が建っていたあたりの現状。
◆写真中上は、1941年(昭和16)に陸軍によって撮影された淀橋浄水場。は、沈澄池と濾池の偽装(カムフラージュ)工事。1944年(昭和19)に工事は実施されたが、大編隊のB29による絨毯爆撃にはほとんど意味がなかった。
◆写真中下は、爆風に備え滅菌室の周囲に積まれた土嚢。は、機関室に付属する130尺(39m)コンクリート煙突の解体工事。は、1944年(昭和19)撮影の偽装工事が完了したあとの淀橋浄水場。ご覧のように、いくら網や葦簀で池の水面を遮蔽しても、上空から見れば浄水場の形状は明らかでカムフラージュの効果はほとんどなかった。
◆写真下は、1944年(昭和19)に撮影された新宿駅西口から淀橋浄水場にかけての一帯。新宿駅南口から浄水場にかけ、防火帯35号線(淀橋浄水場線)の建物疎開Click!がはじまっている。は、1945年(昭和20)5月25日夜半にB29から撮影された空襲下の新宿駅(下)と淀橋浄水場(上)。は、1971年(昭和46)に撮影された淀橋浄水場跡地で、濾池跡の東端には京王プラザホテルが建設中だ。
おまけ
下落合の森でミンミンゼミやアブラゼミ、ツクツクボウシの大合唱に混じり、めずらしくクマゼミの声を聞きました。暑い日がつづいたので、西から迷いこんだものでしょうか。

読んだ!(25)  コメント(31) 
共通テーマ:地域

読んだ! 25

コメント 31

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>はじドラさん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 10:35) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 10:35) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 10:36) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 10:36) 

ChinchikoPapa

きょうはめずらしく、クマゼミの声を聞きました。先週の暑さで、北上してきたものでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 10:39) 

ChinchikoPapa

A.リンカーンの『in Paris』も、貴ブログではおなじみのアルバムですね。レディデイも同様ですが、彼女のvoを聴くと急に秋を感じるのはなぜでしょう。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 10:48) 

ChinchikoPapa

ジブリアニメの『コクリコ坂から』の直後だったでしょうか、港の見える丘がとんでもなく混んでいたのを憶えています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>tarouさん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 10:52) 

Marigreen

淀橋浄水場への空襲の際、水道が完全に断水しなかったのは「防衛工事」のお陰でなく幸運だったという推測は正解だと思うが、軍はいいとこと取り故、自分たちの「防衛工事」の手柄にするだろう。
又、林重一さんが土木屋さんの見地から浄水場の下にトンネルを掘るのを「狂気の沙汰」と証言しているのも面白かった。陸軍はなんといっても林重一さんのようなプロと違うからね。部下に「精神一到何事か成らざらん」と言いながら指揮している上官のやり方が目に浮かぶ。
by Marigreen (2019-08-20 14:55) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
新宿駅西口に、トンネル掘削用の資材が集積されていたといいますから、おそらく実際に掘りはじめていたと思われますが、どこにどれぐらいの深度で掘削していったのかが気になりますね。
米軍が八王子を拠点に、甲州街道や青梅街道を通って西から攻撃してくると想定すれば、まずは兵站や輜重を考慮した場合、地上の軌道(浄水場引込線)が破壊された場合を考えて、淀橋浄水場と新宿駅を結ぶ物資補給トンネルでしょうか。
証言が残らなかったのは、かなり小規模な工事しか進捗してはおらず、また建設・土木理論を無視した工法のあまりの稚拙さ加減から、あえて記録に残すほどのこともなかった……という可能性も否定できないですね。
by ChinchikoPapa (2019-08-20 16:17) 

ChinchikoPapa

子どものころ、夏休みが明けると担任の教師から、「前か後ろかわからない」といわれるほど、濃い日焼け(海焼け)をしていました。現在でも同様で、日焼けオイルはともかく日焼け止めはこれまで一度も使ったことがないですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyokiyoさん
by ChinchikoPapa (2019-08-20 16:22) 

クッキー

水道事業を民営化するのは反対、確かに此れからは設備が
老朽化してきて、浄水場や配管をやり直さないといけなくなりました
水道の使用料も減ってきて。事業としては赤字になるでしょうが
水道と道路は民営は嫌です
by クッキー (2019-08-20 21:47) 

skekhtehuacso

どこかにトンネルが眠っているかと思うと、探してみたくなっちゃう。
でもあれだけ再開発がされちゃっているところから察するに、たとえ見つかっていたとしてもめんどうだから報告することなく埋められてしまっているのかも。

by skekhtehuacso (2019-08-20 22:05) 

ChinchikoPapa

クッキーさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
わたしも、水道の「民営化」にはまったく賛成できないですね。おそらく、水道水の地道な品質維持と効率化・省力化とは両立できないでしょうし、海外の資本が入りこみ水質の安全性がゆらぐ可能性も高そうです。人の生命にかかわる社会インフラを、海外資本へ安易にゆだねては「国家百年の計」を誤ります。
by ChinchikoPapa (2019-08-20 23:05) 

ChinchikoPapa

skekhtehuacsoさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
ほぼ全面的に掘っくり返された新宿駅西口ですので、おそらくトンネルはもはやどこにも眠っていないでしょうね。むしろ地下通路や地下街、地下鉄を造るのに「便利」でちょうどいいということで、開発で出現した既存のトンネルを拡張活用してたりすると面白いのですが……。それでも、やっぱり黙って工事を進めちゃうでしょうね。w
by ChinchikoPapa (2019-08-20 23:13) 

ChinchikoPapa

ちょうどいま、うちにも大工さんが入ってまして、暑さに閉口しているようです。ときどき熱中症にならないよう、氷たっぷりの麦茶を差し入れてますが、それでも暑そうです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>サボテンさん
by ChinchikoPapa (2019-08-21 00:17) 

ChinchikoPapa

いちばん上の写真は、鳥居の「貫」が抜けてどこかへいってしまってますね。誰かのイタズラでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2019-08-21 09:43) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ありささん
by ChinchikoPapa (2019-08-21 09:43) 

ChinchikoPapa

労使紛争の解決、おめでとうございます。ようやく「使」側が折れたようですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2019-08-21 15:41) 

Marigreen

つかぬことをお聞きしますがPapaさんは記事書く時ブラインドタッチをしておられますか?私はブラインドタッチをしていると変なところを押してしまってパッと全部消えてしまうので手数が倍になり恐ろしい故、ブラインドタッチもそういいことはないと思っています。まあ私が下手だと言われればそれまでですが。
by Marigreen (2019-08-22 07:18) 

ChinchikoPapa

しぶい赤というより、濃い朱に近い赤と黒のワンピースですね。マニキュアは真っ赤のツヤツヤよりも、少しマット系のしぶい赤が似合いそうです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2019-08-22 10:17) 

ChinchikoPapa

蕎麦粉でも挽いてそうな森の中の水車小屋ですが、中は四阿風の休憩所になっているのでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>soramoyouさん
by ChinchikoPapa (2019-08-22 10:19) 

ChinchikoPapa

どちらかといいますと、わたしは原日本の匂いが強い「もののけ姫」のほうがお気に入りです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>suzuranさん
by ChinchikoPapa (2019-08-22 10:22) 

ChinchikoPapa

日本では「1664」の壜ビールを、ときどき見かけますね。やはり缶ビールだと、輸送の際に風味が劣化しやすいものでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2019-08-22 10:25) 

ChinchikoPapa

田中澄江さんではないですが、わたしも本人のいないところで「人の悪口」「陰口」をいい、ついでにグチをこぼす人間が苦手でキライです。自身で品性下劣だと、公言しているようなものだと思うのですが……。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ハマコウさん
by ChinchikoPapa (2019-08-22 10:29) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
若いころタイプライターを使っていたので、PCのキーボードも当初はローマ字入力のブラインドタッチでしたが、かな入力だとキータッチが2分の1で済むため、途中で変更してブラインドタッチを憶えました。ただし、メーカーによってキーの大きさや配置が微妙にちがうし、デスクトップPCとノートPCとではキーボード自体が大きく異なるので、実際には半ブラインドタッチというところでしょうか。特に、携帯する小型ノートPCが出てからは、デスクトップPCとの間でミスタッチが増えましたね。
by ChinchikoPapa (2019-08-22 10:37) 

ChinchikoPapa

「激辛担々麺」は、ワサビとカラシ以上の辛さが苦手なわたしには、ちょっと敷居が高そうです。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2019-08-22 19:41) 

ChinchikoPapa

浴風会本館は1926年(大正15)築だそうですが、関東大震災を経ているせいかガッチリした頑丈そうな造りですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>hirometaiさん
by ChinchikoPapa (2019-08-22 19:55) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2019-08-23 10:06) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2019-08-24 23:57) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2019-08-30 18:59) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ピストンさん
by ChinchikoPapa (2019-09-02 11:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。