So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小島善太郎がかいま見た長沼智恵子。 [気になるエトセトラ]

長沼智恵子「樟」1913.jpg
 1910年(明治43)ごろから大正期にかけ、小島善太郎Click!は洋画の勉強に谷中真島町1番地にあった太平洋画会研究所(旧)Click!へ、大久保の中村覚邸Click!から通わせてもらっている。同研究所は、中村不折Click!満谷国四郎Click!吉田博Click!らが1901年(明治34)に創立した太平洋画会を母体としているが、そこへ習いにきている画学生には中村彝Click!大久保作次郎Click!、足立源一郎、野田半三Click!らが、彫刻部には中原悌二郎Click!や戸張孤雁らがいた。
 ちょうど明治末から大正初期は、欧米へ留学していた画家や文学者たちが続々と帰国し、新しい思想を日本へと伝えている真っ最中の時代だった。洋画界では安井曾太郎Click!有島生馬Click!らがヨーロッパからもどり、文学では島崎藤村が渡欧して、国内では阿部次郎らの評論誌「白樺」や初の女性誌「青鞜」が創刊されている。また、1909年(明治42年)に欧米をまわって帰国した高村光太郎は、父親Click!が推薦してくれた東京美術学校Click!の教職をことわって駒込にアトリエを建設している。
 高村光太郎がヨーロッパで描いた画面を見せに、新宿中村屋Click!裏の柳敬助Click!アトリエ(のち中村彝のアトリエClick!)へ立ち寄っているとき、小島善太郎は偶然にも自身の作品を手に柳敬助を訪ねている。そこには、柳敬助と高村光太郎のほか、太平洋画会研究所の先輩でデッサンの「王者」Click!と呼ばれていた、新宿中村屋へ転居してくる直前の中村彝も同席していた。
 小島善太郎は、太平洋画会研究所での勉強を通じて、数多くの先輩画家や同輩の友人たちと知り合うのだが、その中にポツンと女性の画学生がひとり混じっていた。この当時、女性が洋画を習うには、本郷菊坂町89番地の女子美術学校Click!や師と仰ぐ画家、たとえば岡田三郎助Click!の私塾などへ通うのが一般的だったが、彼女は男ばかりの同研究所に通っては絵を勉強していた。名前は長沼智恵子といい、すでに目白の日本女子大学Click!を卒業して、洋画を改めて習得しに同研究所へとやってきていた。
 小島敦子様Click!にいただいた、1992年(平成4)出版の小島善太郎『桃李不言』(日経事業出版社)に収録された「智恵子二十七、八歳の像」から引用してみよう。同エッセイは、1977年(昭和52)出版の『高村光太郎資料第6集』に掲載されたものだ。
  
 その中に一人の女性の居るのがひどく目立ち、年の頃二十五、六歳に見えた。背は低かったが、丸顔で色が白く華車(ママ:華奢)な体に無口で誰とも親しまず、唯人体描写を静かに続けていた。その画架の間からのぞかせた着物の裾があだっぽく目につくといった女性的魅力を与え乍らも、ひとたび彼女のそうした気風に触れると誰としても話しかける訳にはいかなかった。画に向っては気むずかしく、時には筆を口にくわえ画面を消したりもする。しとやかに首をまげたなり考え込んでいる時もあった。手は絵具で汚れたりしたのであろうに、絵具箱は清潔で女らしい神経が現れていた。/人体描写が昼までで終ると、さっさと道具を片付けるなり例の無口さで帰って行く。帰る時コバルト色の長いマントの衿を立てたなり羽被って、白い顔をのぞかせ、顔の上には英国風に結った前こごみの束髪が額七分をかくし、やっと目を見せていた。彼女はやや前に首をかしげて歩く----それがくせの様にとれ、我々に見られるのがいやなのか、歩くのが早くて消えて行く様であった。
  
日本女子大.JPG
日本女子大泉山潜心寮正門.JPG
日本女子大泉山潜心寮舎.JPG
 小島善太郎は、その真面目な性格から絵の勉強に集中しているようでいて、けっこう同窓のめずらしい女性を細かく観察していた様子なのが面白い。
 長沼智恵子は、一見おとなしめでもの静かな印象とは裏腹に、気性や感情の起伏が激しいせいか、あるいは癇性できわめてプライドが高かったせいか、太平洋画会研究所内で行われた制作コンクールで、同研究所の実質的なボスである中村不折のアドバイスを、まったく無視して聞かなかったようだ。小島善太郎も参加していた、年末に行われる制作コンクールで、長沼智恵子は人体の色を太陽6原色(赤、橙、黄、緑、青、紫)で描いていた。彼女は、特にエメラルドグリーンが好きだったものか、この日のコンクールに限らず、それまでも画面へ常に多用していたようだ。
 制作中の画面を見た中村不折が、「エメラルドグリーンは、いちばんの不健康色だ。不健康色はつつしまねばならない」と忠告したらしい。エメラルドグリーンのどこが「不健康色」なのか、いまの感覚からすると意味不明な言葉だが、長沼智恵子は首をかしげたまま、師の言葉になにも反応せず黙ったままでいた。そして、中村不折が背後からいなくなると、「このアカデミズム!」と思ったかどうかは不明だがw、エメラルドグリーンをこれまで以上に画面へ塗りたくりはじめている。
 明らかに、師への反感・反抗が直接爆発した瞬間であり、小島善太郎はことさら印象深くその場面を眺めていたのだろう。彼は、師がまだ教室にいるにもかかわらず長沼智恵子が不満を爆発させたのは、欧米から最先端の洋画表現や技法をもち帰っていた高村光太郎と、すでに知り合っていたからだろうと推測している。
長沼智恵子.jpg 長沼智恵子2.jpg
太平洋画会研究所跡.JPG
太平洋美術会研究所.JPG
  
 何時か彼女の姿は研究所内に見かけなくなった。「長沼智恵子は高村光太郎と結婚したそうだ。----」/その後になって、なる程と僕は肯いた。彼女はすでに高村光太郎との接触が始まっていたのであろう。研究所内での態度はそれを物語っていたかの様にとれたからである。/僕は長沼智恵子がどの位同研究所に籍を置いていたかは知らない。時々顔を見せていたかと思うと暫く来なかったり、僕も休んだりして年数は覚えてはいないが、印象だけは深く残っていた。/僕の智恵子に対する知識は以上の様なもので、何も持っていないと云う方が正しいだろう。言葉一つ交わした事もなし又年齢からも五六年の開きがあった。しかし光太郎と結婚したと言う事で印象が改まり又関心も深まった。そうした事で光太郎氏を訪ねようと思ったりしていたが遂に実現はしなかった。
  
 正確にいうなら、長沼智恵子と小島善太郎は6歳ちがいで、彼女が結婚した1914年(大正3)現在、長沼智恵子は28歳で小島善太郎は22歳だったはずだ。
 小島善太郎にいわせると、彼女はある意味で貴族的かつ高踏的な志向を備えており、画面には「土色」や「ヤニ色」などの色素をいっさい使わなかったところから、画法を深め精進をつづけるうちに、どこかでいき詰まり悩みぬいたのではないか……と、暗に想像している。同時に、夫の現代風(当時)な表現を傍らで見つめながら、「きれいさ」から抜けだせない焦燥感にとらわれたのではないか。
 長沼智恵子は、どちらかといえば夫の『智恵子抄』とともに、統合失調症を発症してからの「紙絵」づくりとその作品にスポットが当てられがちだが、日本女子大時代から洋画家をめざしていた彼女は、絵画になにを求め、なにを表現しようとしていたのだろうか。
長沼千恵子デッサン1908頃.jpg
長沼智恵子「ひやしんす」不詳.jpg
 おそらく、病気の発症は芸術的な焦燥のみでなく、さまざまな要因が重なることで起きていると思うのだが、発症する40歳までの作品に、その苦しみの跡は残されていなかったのだろうか。でも、数多く描かれたであろう彼女の絵画作品は、夫によって処分されたものか、あるいは散逸してしまったものか、現在では目にする機会がほとんどない。

◆写真上:1913年(大正2)に制作された、長沼智恵子『樟(くすのき)』。
◆写真中上は、日本女子大学の正門と成瀬記念講堂。は、長沼智恵子が入居して通っていた日本女子大学泉山潜心寮の正門と寮舎の1棟。
◆写真中下は、女学校時代()と1914年(大正3)ごろの長沼智恵子()。は、谷中真島町1番地の太平洋画会研究所跡。は、現在の太平洋美術会研究所。
◆写真下は、1908年(明治41)ごろに描かれた長沼智恵子の石膏デッサン。は、制作年代が不詳の長沼智恵子『ひやしんす』。

読んだ!(17)  コメント(21) 
共通テーマ:地域

読んだ! 17

コメント 21

アヨアン・イゴカー

>彼女は、特にエメラルドグリーンが好きだったものか、この日のコンクールに限らず、それまでも画面へ常に多用

こういう色への拘りは、形への拘り、構成への拘りなどと同じで画家には付き物なのかと思います。
by アヨアン・イゴカー (2018-11-26 11:08) 

ChinchikoPapa

きのうは久しぶりに上野の森を散歩したのですが、紅葉はまだはじまったばかりという風情でしたね。不忍池のハスは一面、枯れ草色でした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 12:50) 

ChinchikoPapa

以前にも書いたかもしれませんが、どうも楽器でtbの音色は落ち着かず、しっくり身体になじみません。K.ウェンディングとJ.J.ジョンソンのアルバムは、ご指定名盤とされる作品以外は手もとに少ないですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 12:53) 

ChinchikoPapa

子どもがまだ小さいころ、マツボックリ(オオシラビソ?)の重りのついた鳩時計を探したのですが、ほとんどの製品がクォーツ仕様で、重りは単なる装飾になっていたのが残念でした。ほんとうに重りのついた機械式鳩時計は、ドイツ製のものが売られていましたが、とんでもない値札がついてましたね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 12:56) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 12:56) 

ChinchikoPapa

先のとがった板の垣根を見ると、白ペンキで塗りたくなる世代です。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okina-01さん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 12:58) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
わたしもイタズラして絵を描くとき、選びたくなる絵の具や色鉛筆がありますね。その色を選ぶのは、なにか幼児のころの原体験が影響してるのかと考えてみますが、思いあたる情景が見つかりません。

by ChinchikoPapa (2018-11-26 13:01) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>mwainfoさん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 18:57) 

ChinchikoPapa

金曜と土曜の夜は、ぼんやりと丸い月を眺めながら夜道を歩きました。金曜は少し赤みがかった月で、少しにじんで見えました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 19:00) 

ChinchikoPapa

『キネマの天地』は、映画館で観た憶えがあります。映画デビューしたての有森也実が、初々しい演技をするのが重なる作品でしたね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>おぉ!次郎さん
by ChinchikoPapa (2018-11-26 20:05) 

Marigreen

統合失調症は、今では治る病気なんですけどねえ。私も欝病だけでなく統合失調症でもあるので、境界性のもので、ベテランの医者でないと治せません。若い医者だと、私の持って行った薬を見て、「あなた欝病じゃないの?統合失調症の薬がはいっている。あなた何の病気なの?」と驚いている。
by Marigreen (2018-11-27 08:38) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2018-11-27 10:13) 

ChinchikoPapa

菊花壇の上に、すごい人形が載ってますね。どなたかが考案した、菅原道真キャラでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>soramoyouさん
by ChinchikoPapa (2018-11-27 10:16) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
医者が処方薬を見て、「あなた何の病気なの?」は困りますね。w 病気治療の細々分化(専々門化)が進みすぎて、隣りの科ではなにをしているのか、もはや不明になりつつあるのでしょうか。
by ChinchikoPapa (2018-11-27 10:22) 

ChinchikoPapa

国民年金保険料の納付が「2年で時効」というのは、制度としてなんとかならないものでしょうかね。個人経営や店舗の加入者が多いでしょうから、当然売り上げにも少なからず波があり、面倒な申請や手続きなしに、さかのぼって支払える仕組みにすればいいのにと思います。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyokiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-11-27 15:28) 

Marigreen

精神分裂病を統合失調症と変え、躁鬱病を双極性気分障害と変えて、何の意味があるのだろう。侮蔑に見えるから、と変えても、変えた言葉に侮蔑がくっつくだけだ。と子供と言っている。子供は法学部だったから、禁治産者を成年被後見人と変えても侮蔑はついて来る。くるくる名前を変えないで欲しい、とも言っている。
by Marigreen (2018-11-27 18:25) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、重ねてコメントをありがとうございます。
コトバだけ変えても、なんの解決にもならないのは、こと病名だけの課題にとどまらないのは、過去のあまたの事例が証明してますね。いくら地名を変えても、いつまでたっても地域差別がなくならないのも、その一例でしょうか。
先日、「〇〇屋」という表現は差別的だといった人物がいて驚きましたが、どのような感覚をしているのか不明です。少なくとも、表店(おもてだな)で屋号を名乗れる店舗(たとえば千疋屋とか中村屋とか高島屋とか)が差別的だなどと、この江戸東京では聞いたことがありません。
by ChinchikoPapa (2018-11-27 20:00) 

ChinchikoPapa

ふだん口にする酒がウィスキーだからでしょうか、「辛口」と書いてある日本酒を飲んでも、ピリピリとくることがあまりありません。きっと、舌が辛さに馴れてマヒしてしまったせいでしょうか。でも、中学生のころ祖父からイタズラで舐めさせてもらった日本酒は、すごく辛かったように感じたものです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2018-11-28 12:46) 

ChinchikoPapa

「坊主が大勢」というのは、江戸時代の付会の臭いがしますが、百済勢の話は納得してしまいます。ナラのヤマトを中心に、朝鮮半島の勢力がそれぞれ各地域に根づいた中で、最近の研究では岡山県の南部は百済勢力が支配していたということになっていますので(岡山北部は出雲圏で対立していました)、内海の島嶼部にも進出していたのかもしれませんね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2018-11-28 12:52) 

ChinchikoPapa

子どものころ駄菓子屋で飴の代りでしょうか、氷砂糖と黒糖のかたまりが売られていて、ときどき氷砂糖をなめてました。いまだと、黒糖のほうがコクがあって美味しく感じるかもしれません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2018-11-28 12:57) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2018-12-01 13:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。