So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1926年(大正15)9月1日の新聞広告。 [気になる下落合]

大黒葡萄酒1933.jpg
 大正期から昭和期にかけ、人々はどのような広告を目にしていたのか、これまで多種多様なメディアの広告をご紹介してきた。たとえば、大正期を代表する児童雑誌「赤い鳥」Click!に掲載の広告をはじめ、地域誌(たとえば『高田村誌』Click!『落合町誌』Click!)の広告、主婦向けの雑誌広告Click!、スポーツ広告Click!、グラフ誌の広告Click!、共産党の機関誌「戦旗」Click!の広告、新聞各紙の広告Click!、敗戦後まもない時期の広告類Click!、そして商品テーマごと(たとえば石鹸Click!ディベロッパーClick!牛乳Click!)など、さまざまな時代の世相を映す広告表現について取りあげてきた。
 本記事でご紹介する媒体広告も、当時の世相や風俗を知るうえでは面白い素材だろう。1926年(大正15)9月1日に発行された東京朝日新聞の、1面すべてを使って掲載された6社の広告だ。しかも、広告主の社名が伏字になって、それを当てるクイズ形式になっているのがめずらしい。モデルを起用した写真やイラストが中心の表現で、当時としては“流行り”で先端のグラフィック表現だったのだろう。では、1社ずつ見ていこう。
甲斐産商店.jpg
 召せ……………/純国産品の権威/大黒葡萄酒を
 葡萄天然の美味を保有し/優越なる滋養量と/然も経済にも適合せる
 キット皆様に/御満足をさゝげます
 東京市外下落合一〇  甲〇産〇店
 いわずと知れた、下落合10番地に壜詰工場Click!があった大黒葡萄酒Click!の広告で、社名は「甲斐産商店」が正解だ。どこか女給さんのような、派手な着物を着た女性がグラス片手にニッコリしているのは、この手の広告にありがちなビジュアルなのだけれど、コピーの日本語が不自由で明らかにまちがっている。
 この当時、専門のグラフィックデザイナーはもちろんコピーライターも存在せず、企業の広報部や役員自身が広告の文案を考えるのがあたりまえの時代だった。だから、中には表現や用法がおかしく、文章の主体や客体がクルクル入れ替わる、文脈の通らないコピーが少なからず存在している。
二輪屋株式会社.jpg
 米車/インデアンの/―特徴―/品質堅牢・優美・頗る経済的にして
 重量車 大チーフ型 (プリンセスサイドカー附)
 中量車 スカウト型 (軽量車プリンス型)
 何もインデアン独特の電気装置完備し価格最も勉強也
 東京四谷東信濃町  二〇屋〇式〇社
 現在でも販売されている、バイクマニアなら一度は乗りたいインディアン・モーターサイクル社のオートバイ広告だ。なぜか三つ揃えのスーツを着たヘンリー・フォンダ似の男が、プリンセスサイドカー(?)へ厚化粧した竹内結子みたいな女性を乗せて走っている。いや、女性に身体を左へ傾けさせ、カーブを疾走しているように見せかけて、実は停車して撮影しているのだろう。
 大正末の当時、米国インディアン社のバイクを買えるのは、よほどの高給とりかおカネ持ちに限られており、庶民にはまったく手がとどかなかった。クルマの普及はかなり早かったが、バイクはなかなか一般家庭には普及せず、各地でバイクレースを開催するなど、イベントを通じたプロモーションが盛んに実施されていた。日本におけるインディアンを輸入していた代理店の社名は、「二輪屋株式会社」だろう。
講談社.jpg
 日本人にシツクリ合つた/趣味の雑誌/『講談倶楽部』
 円満平和の家庭に/必ずこの雑誌あり
 東京本郷  講〇社
 怒ると八重歯が伸びそうでちょっと怖い、いまの東京都知事(2018年現在)の若いころのような顔をしたモデルが、派手な縞柄の普段着姿でニッコリする、家庭の主婦をターゲットにした「講談倶楽部」の広告だ。当時のモダンな文化住宅で流行った、縞柄の壁紙やテーブルクロスが写っているが、縞柄の着物に縞の壁紙がとても野暮ったくて、現代のスタイリストやカメラマンなら絶対にコーディネートしない組み合わせだろう。誌名に答えがのぞいているが、もちろん社名は「講談社」だ。
合同蓄音機株式会社.jpg
 針の運びを止めて
 〇〇ちやん八重歯で/プツリと糸を………/うつとりと聴き惚れる
 最高級蓄音器/ライオン三号 ¥70,00
 レコードは/新進の紹介 曲種の最新/技術の優秀 実演其儘の
 ヒコーキレコード/九月新音譜発売/お買上げは最寄の蓄音器店へ
 東京銀座  合〇蓄〇器〇式〇社
 できるだけモダンな広告をつくろうと、各社が表現に工夫を凝らしている中で、なんだか江戸時代にもどってしまったのがレコードと蓄音器の広告だ。まるで芸妓のような女性が、裁縫をしながら歯で糸を切ろうとしているその刹那、レコードに聴き入って動きを止めた瞬間……というシチュエーションらしい。なぜ、このような表現なのかというと、当時のリスナーにもっとも売れていたのが洋楽でも歌謡曲でもなく、三味Click!をバックにした小唄や長唄、××節などお座敷唄のレコード類だったからだ。
 当時は、オーディオ装置Click!とディスクの販売がいまだ分離しておらず、レコードが蓄音器屋で売られていたのがわかる。ちなみに大正末の70円は、今日の給与換算指標に照らすと18万円ほどになる。クイズの社名は、「合同蓄音器株式会社」だろう。
フロー製薬合資会社.jpg
 復方チレオイン錠/若さ美しさの精
 東京市四谷見付外  フ〇―製〇合〇会〇
 このクイズ広告シリーズでは、もっとも短いキャッチコピーだ。それほど、大正末には有名な“若返り”の薬剤だったらしい。「復方」と書かれているので漢方薬っぽいが、牛の甲状腺からつくる「特殊製剤」だったようだ。効能も多岐にわたり老耄症・早発性老衰症や神経衰弱・ヒステリー、性欲衰弱、生殖器発育・官能不全、乳汁分泌不全、血圧亢進症、動脈硬化、貧血性諸症、鬱血症、喘息、新陳代謝機能障害……と、いわゆる「血の道」の病気と呼ばれる症状に効果があったらしい。
 南風洋子風のモダン髪の女性が、もの憂げにジトッと湿った眼差しをあらぬ方角へ向けているのが、なんとなく思わせぶりで艶っぽい広告なのだ。今日のキャッチフレーズでいえば、「強い男が好き!/みなぎる活力」とか「男の自信がV字回復」とか、「すごいわ……/男の自信を取りもどせ!」といった広告と同類の、大正時代のアンチエイジング薬または精力剤だったのだろう。社名は、「フロー製薬合資会社」だと思われる。
日米商店.jpg
 破天荒廉価提供/ラーヂオートバイ/世界唯一/四バルブ/四スピード
 廿五年来/盛名斯界に冠たる/ラージ自転車 (イラスト+ロゴマーク)
 東京銀座  日〇商〇   支店/大阪、名古屋、福岡、京城、台北
 6社の広告の中では、イラストやロゴマークを大きくあしらった広告らしい広告だろう。当時、バイクは一般家庭への浸透が遅れていたが、自転車は大正後半から爆発的に普及しだしている。「四バルブ/四スピード」とは、4気筒でギアが4変速ということだ。今日の大型バイク(リターン式)では7変速が一般的だが、当時は4変速が最先端の技術だった。自転車は、今日の仕様やデザインとほとんど変わらず(ただし変速ギアは未装備)、女性でも手軽に乗れるよう軽量化が進められている。
 この広告が秀逸なのは、イラストでターゲットと製品の用途・事例を具体的に描き分けているところだ。自転車は、工具をかついで現場に通う職人、通学の女学生、郵便配達員、クラブを背負って趣味のゴルフに出かける休日のサラリーマンが描かれている。また、バイクはサイドカーに恋人を乗せたデート中とみられる男と、サイドカーへ子供を乗せた主婦が描かれ、具体的な利用イメージが顧客へストレートに伝わるよう表現されている。クイズの社名は、ロゴマークの中に「NICHIBEI SHOTEN LTD」と答えが出てしまっているが、「日米商店」が正解だ。
東京朝日新聞19260902.jpg
 さて、佐伯祐三Click!米子夫人Click!は、1926年(大正15)9月1日の新聞広告を、おそらくウキウキ気分で眺めていたにちがいない。なぜなら、滞欧作が夫婦そろって二科展に入選(8月末に内定)しており、この日は東京朝日新聞の記者やカメラマンが来訪して、アトリエで記者会見Click!が予定されていたからだ。そして、翌9月2日の同紙には一家の写真とともに、「夫婦一緒に入選/佐伯祐三氏夫妻の喜び」の見出しで報じられている。

◆写真上:1933年(昭和8)に飛行機から撮影された、雑司ヶ谷道Click!添いの下落合10番地にあった甲斐産商店「大黒葡萄酒」の壜詰工場。画面下の細長い屋根群が工場で、目白貨物駅に着いた樽詰めワインをここでボトルに詰めて東京市場へ出荷していた。左上に見えている緑の斜面は、学習院昭和寮Click!(現・日立目白クラブClick!)。
◆写真中:1926年(大正15)9月1日発行の、東京朝日新聞に掲載されたクイズ広告。
◆写真下:1926年(大正15)9月2日発行の、東京朝日新聞に掲載された佐伯夫妻の二科展入選(佐伯祐三×18点、佐伯米子×2点)を伝える記事。

読んだ!(21)  コメント(30) 
共通テーマ:地域

読んだ! 21

コメント 30

ChinchikoPapa

まるで70年代のトレーンのような、バリバリの溌剌ブローですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 11:52) 

ChinchikoPapa

やはり気温が低いと、紅葉が鮮やかに赤くなりますね。まだまだ暖かいせいか、近所のモミジはグラデーション状態です。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 11:58) 

ChinchikoPapa

雲の様子が不穏ですね。上空では風が強く、雨雲がすばやく移動してそうです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 12:11) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 12:12) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 12:13) 

ChinchikoPapa

ときおりベランダにカマキリが姿を見せますが、ネコに攻撃されてそそくさと逃げていきます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okina-01さん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 12:15) 

skekhtehuacso

いまでこそワインは720ml瓶が主流ですが、かつては葡萄酒は一升瓶入りだったのですね。
そういえば、名張毒ぶどう酒事件でも、葡萄酒は一升瓶入りだったことを思い出しました。
by skekhtehuacso (2018-11-23 21:17) 

ChinchikoPapa

「ダム女子」、知っています。w 最近、妙なところに女子が多いなと思うと、「〇〇女子」なんですね。昔は男の趣味だった刀剣分野にも、たくさんの「カタナ女子」がきてとまどっています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyokiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 22:42) 

ChinchikoPapa

いまさっき、カキを食べたばかりです。暑い日がつづいたせいでしょうか、今年は甘いカキが多いですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>takaさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 22:44) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>はっこうさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 22:46) 

ChinchikoPapa

skekhtehuacsoさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
いまでも、生協の注文や生産地へ直接オーダーしたりすると、地ワイン的な銘柄は一升瓶でとどくことがあります。でも、風味は同じだとはいえ、一升瓶からワイングラスへ注いでも、なんとなく絵にならないですね。w
by ChinchikoPapa (2018-11-23 22:51) 

ChinchikoPapa

今年は北国までが亜熱帯のような暑さでしたので、ビールの風味のキメ手、ホップの出来はどうだったのでしょう。ワインのブドウとはちがいますので、ちょっと気がかりです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 22:56) 

ChinchikoPapa

東日本大震災の年に編まれた2012度予算案の記事でも、そのとき偶然に起きた政府へのサイバー攻撃に絡めて書きましたけれど、この国の政治家や官僚を問わず、ICTやシステムに関する知識のなさ、スキルの低さ、勉強をしない怠惰さは深刻を通りこして、もはや笑い話の世界です。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2018-11-23 23:12) 

古田宙

大黒葡萄酒ですか?実物は飲んでませんが、オーシャンウィスキーと並んで、下落合の名産品でした。南風が吹くと後者にアルコールを醸造する時にでる独特の香りが流れてきました。工場の跡地に集合住宅が建てられたと思いますが、中学生時代までは工場がありました。その後区画整理やら再開発やらで、あの辺の地図は様変わりに。
by 古田宙 (2018-11-24 09:11) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ありささん
by ChinchikoPapa (2018-11-24 10:25) 

ChinchikoPapa

古田宙さん、コメントをありがとうございます。
工場の北側跡地には、1972年に高田馬場住宅が建てられましたね。わたしが2年後、高校生のときに下落合を初めて訪れたとき、周囲に高いビルがまったくなかったため、この高層の建物は周辺を圧して非常に目立っていました。当時は、ワイン工場があったなどとは、夢にも思いませんでした。アルコールの醸造香、どのような匂いだったのでしょう、現在はやたら錦松梅のカツオブシの香りが流れています。
大黒葡萄酒の流れは、現在のシャトー・メルシャン(メルシャンワイン)だそうですが、なかなか大黒葡萄酒の趣きと結びつきません。
by ChinchikoPapa (2018-11-24 10:39) 

ChinchikoPapa

高級ニシキゴイの競り市というのは、すさまじいですね。中国のバイヤーが参加する中、億単位の金額が乱れとんでビックリです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2018-11-24 23:21) 

ChinchikoPapa

1980年代でしたか、星砂がやたら流行ったことがありましたね。わたしも、小さなボトルを誰かからもらって持ってました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>soramoyouさん
by ChinchikoPapa (2018-11-25 01:11) 

Marigreen

今朝は、とても嫌なことを思い出し、4時に起きてしまったので、元気貰おうと、Papaさんの記事を真っ先に読んでいます。
by Marigreen (2018-11-25 06:51) 

Marigreen

記事の感想をいうのを忘れていました。広告に載っている女性の特徴に対するPapaさんの表現の仕方が面白いなあと思いました。私だとこんな表現はしないなあと思います。
by Marigreen (2018-11-25 07:16) 

ChinchikoPapa

「心頭滅却すれば火も自ら涼し」をもじって、「心頭滅却しても火はやっぱり熱い」といった昭和の僧侶がいましたけれど、いくら修業をして「無」の境地に達しても、失神しない限り火はやっぱり熱いでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2018-11-25 14:58) 

ChinchikoPapa

平均年齢51歳で「若い」仕事場といわれると、事業の継続性がかなり心配になりますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2018-11-25 15:05) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2018-11-25 15:07) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
>女性の特徴に対するPapaさんの表現の仕方が面白い
それは、やはり異性に対する表現だからでしょう。
Marigreenさんは同性ですので、きっと男とはまったくちがうところを観察して、広告のモデルの特徴を掴んでいるのではないかと…。
by ChinchikoPapa (2018-11-25 15:14) 

ChinchikoPapa

動物園で売っているのは、から揚げとかホットドッグなどの揚げ物が多くて、臭いをかいでいるだけでお腹がいっぱいになりそうです。手軽に食べられるから、油ものが多いんですかね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>(。・_・。)2kさん
by ChinchikoPapa (2018-11-25 20:21) 

アヨアン・イゴカー

どの広告も面白いです。時代の背景をあれこれ想像しました。
インデアンというメーカー、知りませんでした。バイク好きでバイクに乗る義兄や甥っ子などは知っているかどうか訊いてみようと思います。
by アヨアン・イゴカー (2018-11-26 11:26) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、こちらにもコメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございました。
現在でも、日本でインディアン・バイクは売られているようですが、マニア向けなのでしょうか、いい値段がついてますね。クルマの軽から高級車までが買えてしまいそうな価格のラインナップです。
https://www.indianmotorcycle.co.jp/lineup

by ChinchikoPapa (2018-11-26 13:08) 

アヨアン・イゴカー

早速urlからラインアップを見て見ましたが、本当に高級なバイクも販売しているのですね。何故か形(デザイン)から、バイクの懐かしさを感じさせられました。
by アヨアン・イゴカー (2018-11-26 14:04) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、重ねてコメントをありがとうございます。
ハーレー・ダビッドソンと人気を二分しているモデルもあるそうですが、価格が高い製品の中には、半組立ての状態で受注してから仕上げるモデルもありそうですね。米国の白バイに似たモデルもありますので、州によっては警察車両に採用されているのかもしれません。
by ChinchikoPapa (2018-11-26 15:56) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2018-12-02 19:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。