So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大正期に落合地域へ集合する工務店。 [気になる下落合]

宮川工務店.jpg
 以前、下落合768番地に事務所をかまえていた服部政吉Click!が経営する、服部建築土木請負い事務所Click!(工務店)について記事を書いたことがある。服部工務店は、下落合の同社周辺に建っていた住宅建設を請け負っていると思われ、また新宿中村屋Click!の建築(中村屋会館)なども手がけたことが判明している。
 おそらく、郊外住宅地として注目されはじめた大正中期ごろ、下落合に事務所をかまえて営業をスタートしていると思われ、大正末の1/10,000地形図にはすでに社屋とみられる建物が採取されている。服部工務店は、建築の設計士(2名)から施工の大工たち、屋根を葺く瓦職人まで抱えており、同社に建築を依頼すれば設計から竣工まで、ワンストップで住宅や施設が建てられるような組織になっていた。
 大正期から、下落合のあちこちで確認できる建築土木請負い業(工務店)だが、もっとも早くから進出していたのが、明治末から計画が進み大正初期には建設がはじまっていた、落合府営住宅Click!の周辺域だろう。落合府営住宅の敷地は、堤康次郎Click!が東京府に寄付したもので、郊外遊園地「新宿園」Click!と同様に、遊園地「不動園」Click!のマーケット形成が目的だったとみられる。
 しかし、開発状況の進捗を見つつ、入場者数の推移と維持費との採算が合わないと判断したのか、あるいは当初からの目論見だったのかは曖昧だが、堤康次郎は不動園のプロジェクトを突然中止すると、目白文化村Click!の建設計画に切り替えている。落合府営住宅の連続的な建設(落合第一府営住宅~第四府営住宅)とともに、この箱根土地Click!の大規模な開発計画を知った市街地の工務店は、高い建築需要が見こめると踏んで落合地域への社屋移転を考えただろう。
 落合府営住宅は、東京府の制度を利用して住宅建設資金を積み立ててきたオーナーが、好みの意匠の住宅を建てられる仕組みだった。したがって、工務店も自由に選択することができ、長期にわたり面倒をみてもらえそうな、下落合とその周辺域が地元の工務店に依頼するケースも多かっただろう。箱根土地の建築部にも設計士や大工たちがいて、盛んにモデルハウス(西洋館)も建設し文化村の敷地内に展示していたが、目白文化村に建っていた住宅の大半は同社の仕事ではない。おそらく、地元の工務店が建てた住宅も少なくはなかっただろう。
 冒頭の写真は、落合第三府営住宅の近くで営業をしていた、下落合1536番地の宮川工務店の社屋だ。第一文化村に近接した北西、落合第二府営住宅のすぐ西側にあたる位置で開業していた。1925年(大正14)に撮影されたもので、当時の「大日本職業別明細図」(通称「商工地図」Click!)に広告入りで掲載されている。社屋とはいえ、まるで目白文化村か近衛町Click!に建っていそうな西洋館の意匠をしており、同社のオフィス自体がモデルハウス(自宅兼用)として機能していたのかもしれない。社主は宮川操という人物だが、残念ながら『落合町誌』(1932年)には収録されていない。
宮川操1925.jpg
宮川工務店広告.jpg
宮川工務店1925.jpg
 さて、宮川工務店から東北東へ150mほど、落合第二府営住宅の北側で目白通りに面した位置に、もうひとつ石井菊次郎が経営する石井工務店が営業していた。現在の街並みでいうと、長崎バス通りの出口にある二又交番の、目白通りをはさんで向かいにあたる位置、当時の地番でいうと下落合1521番地で開業していた。社屋の写真が残る宮川工務店よりも、むしろ目白通りに面した石井工務店のほうが、事業の規模が大きかったかもしれない。なぜなら、1926年(大正15)発行の「下落合事情明細図」を参照すると、宮川工務店の南側に「石井石材店」(下落合1597番地)が採取されており、石井工務店の系列会社だった可能性があるからだ。
 石井石材店は、1925年(大正14)発行の「商工地図」や「出前地図」には広告も含め掲載されていないが、翌年の「下落合事情明細図」には店舗が採取されている。また、13年後の「火保図」(1938年)では、すでに石井石材店の敷地へ一般の住宅が2棟建設されているので、おそらく下落合での営業期間は10年ほどではなかったかとみられる。当時の石材店は、宅地開発の築垣や塀、礎石、縁石、側溝のフタなどに用いられた大谷石に代表される石材をはじめ、住宅の庭石までを幅広く手がけているが、同時代の広告でもよく見かけるように、商材にはセメントも扱っていた。
 石井工務店の石井菊次郎もまた、宮川操と同様に『落合町誌』(1932年)の人物事業編には、残念ながら収録されていないので、どのような人物だったかは不明だ。
宮川工務店1926.jpg
宮川工務店1938.jpg
宮川工務店1947.jpg
 1925年(大正14)発行の「商工地図」には、落合地域から宮川工務店と石井工務店の2社だけが、裏面に広告を掲載している。また、石材店では小野大理石工場と宇田川石材店の2社がエントリーしている。おそらく、大正期に入ると郊外住宅地の大規模開発をあてこんで、多くの工務店や石材店、材木店、塗装店などが市街地から移転してきて、落合地域やその周辺域で事業をスタートしているのだろう。
 最後に余談だが、宮川工務店から第一文化村の方角(東側)へ向かう道をたどり、目白通り(小野田製油所Click!のある角地)へと出られる三間道路の左手に、「下落合事情明細図」(1926年)には「萩ノ湯」Click!(下落合1534番地)という名称で採取されている銭湯があった。この銭湯は、少し前まで「萩ノ湯」→「伊乃湯」→「人生浴場」という店名の変遷だと思っていたが、大正期の「萩ノ湯」のあとに、「第一美名登湯」という店名時代のあったことが、「火保図」を参照していて判明した。
 したがって、近隣の方々にはおなじみのこの銭湯は、大正期(おそらく創業時)から昭和初期にかけては「萩ノ湯」、1930年代後半から戦時中ぐらいまでが「第一美名登湯」、戦後から1960年代末ぐらいまでが「伊乃湯」、そして1970年代から廃業するまでの間が「人生浴場」……という経緯だったようだ。
石井工務店1925.jpg
石材店1925.jpg
宮川工務店跡.JPG
 わたしがアパート暮らしをしていた学生時代、最寄りの銭湯「久の湯」(旧・仲の湯)が休業のとき、たまに通った際の店名は「人生浴場」だったことになる。年に数回、ほんのたまにしか出かけない銭湯だったので、目白文化村に直近のこの店名の記憶がない。その裏側わずか40mほどの西寄りに、宮川工務店は開業していたことになる。

◆写真上:1925年(大正14)に撮影された、下落合1536番地の宮川工務店。まるで文化村住宅のような社屋で、同社のモデルハウスも兼ねていたのかもしれない。
◆写真中上は、1925年(大正14)の「商工地図」に掲載された宮川(操)工務店と石井(菊次郎)工務店。宮川工務店の位置を、まちがえて記載している。は、同地図裏面に掲載された宮川工務店と石井工務店の広告で、宮川工務店には電話が引かれていた。は、1925年(大正14)作成の「出前地図」(南北が逆)にみる宮川工務店。
◆写真中下は、1926年(大正15)作成の「下落合事情明細図」にみる宮川工務店。は、1938年(昭和13)発行の「火保図」にみる宮川工務店。は、二度にわたる空襲から焼け残った1947年(昭和22)の空中写真にみる宮川工務店。
◆写真下は、1925年(大正14)の「出前地図」(南北が逆)にみる石井工務店。は、同年の「商工地図」裏に掲載された石材店。は、宮川工務店跡の現状。(右手)

読んだ!(23)  コメント(25) 
共通テーマ:地域

読んだ! 23

コメント 25

pinkich

いつも楽しみに拝見しております。銭湯のお話がありました。他の地域に比べて落合地域には銭湯がある方だと思いますが、昔はもっと銭湯があったのでしょうね。火葬場の煙突もあり煙突だらけだったのかも。
by pinkich (2018-10-06 09:06) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
戦前までの下落合は、煙突だらけだったでしょうね。銭湯の煙突も多かったでしょうが、神田川や妙正寺川沿いには中小の工場の煙突が並び、購買組合や寮、学校など大き目な施設には焼却炉の煙突もあったはずです。きっと、煙突を省略せずに描く、佐伯祐三や手塚録敏の風景画がリアルな姿なのでしょうね。
by ChinchikoPapa (2018-10-06 18:21) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>はじドラさん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 18:23) 

ChinchikoPapa

D.ピアソンの同アルバムは、LP時代から購入しています。メディアは変わりましたが、いまでもたまにターンテーブルへ載せる楽しい作品ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 18:29) 

ChinchikoPapa

今年は地震に台風に、災害の連続でたいへんですね。今回の台風25号にも、お気をつけください。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 18:33) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 18:34) 

ChinchikoPapa

万華鏡は、いまでも欲しくなります。これはイイナと思う製品だと、軽く万単位の値段がついてますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 20:08) 

ChinchikoPapa

夏にかき氷を何度か食べたのですが、ふつうのかき氷屋がなかなか見つからず、よけいなデコレーションや工夫を加えた「オシャレ」で「豪華」なものばかりでした。何気ない、昔ながらのかき氷が食べたかったのですが、写真のお店は期待できそうですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 20:14) 

ChinchikoPapa

台風が北へそれてくれたおかげで、少し風が強い1日となりましたが、夏がもどってきたような暑さでした。これだけ気温が乱高下すると、体温調節がおかしくなりますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okina-01さん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 20:23) 

ChinchikoPapa

台風の予想進路がどんどん北へとズレていき、なんだか計画がうまくまとまらなかった3連休となりました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2018-10-06 21:12) 

ChinchikoPapa

うちも必ず食卓には、毎回なにかしらの海藻が載っています。昆布にモズク、ワカメ、ヒジキ……といろいろですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2018-10-07 00:13) 

ChinchikoPapa

相撲は「国技」などといわれますけど、法的根拠などまったくなく、ただ慣例的に言ってるだけ…ですね。日本ならではのオリジナルスポーツなら、武術の各競技、たとえば剣道のほうがふさわしいかと。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyokiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-10-07 00:17) 

ChinchikoPapa

10月なのに、こちらでもアゲハチョウが飛んでます。いつまでも、夏の陽気が抜けない秋ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>(。・_・。)2kさん
by ChinchikoPapa (2018-10-07 18:37) 

ChinchikoPapa

失礼しました。3品から選ぶとすれば、わたしも迷わずAコース=野菜と豚肉の炒飯ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>マルコメさん
by ChinchikoPapa (2018-10-07 18:39) 

ChinchikoPapa

大阪から知り合いが訪ねてくる、または大阪から親戚のおばちゃんがやってくる…というドラマの展開があると、園佳也子かミヤコ蝶々が出てくるというようなシチュエーションを、何度も見たような気がします。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2018-10-07 18:44) 

ChinchikoPapa

いつも、ご訪問と「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2018-10-07 18:46) 

ChinchikoPapa

最近、手水に水が張られていない街角の社を見かけますが、手入れや面倒をみる氏子がいなくなってしまったものでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>はっこうさん
by ChinchikoPapa (2018-10-08 11:02) 

ChinchikoPapa

その昔、映画やドラマで都会の雰囲気を増幅するサウンドとして、Jazzとシャンソンが多用されましたけれど、快活でウキウキするような、そしてどこか懐かしさを感じさせるような街角の表現は、やはりシャンソンが似合いますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2018-10-08 18:03) 

ChinchikoPapa

フォルムもめずらしいですが、2色の鳥居というのもめずらしいですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2018-10-08 21:55) 

ChinchikoPapa

3階建ての木造建築というのは、独特な雰囲気が醸しだされていいですね。いま、ちょうど大正初期に開業した木造3階建ての「ホテル」について、調べているところでした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>八犬伝さん
by ChinchikoPapa (2018-10-09 11:30) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございます。>soramoyouさん
by ChinchikoPapa (2018-10-09 11:33) 

ChinchikoPapa

第1次世界大戦時の、ドイツ軍捕虜との交流エピソードは有名ですね。鳴門市ドイツ館は、まだ出かけたことがありません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2018-10-10 09:47) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ありささん
by ChinchikoPapa (2018-10-10 11:55) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2018-10-11 09:57) 

ChinchikoPapa

なんだか、その地域を見る目にバイアスがかかってしまいそうで、「遊女発祥の地」などという事蹟まで“顕彰化”して、観光資源にしなくてもいいのでは?……という気がしないでもありません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2018-10-29 10:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。