So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1930年協会展で急増する「落合風景」作品。 [気になる下落合]

1930年協会第5回展1930.jpg
 1926年(大正15)から1930年(昭和5)まで、5回にわたって毎年開催された1930年協会展Click!には、落合地域とその周辺域の風景画がたくさん出品されている。1926年(大正15)5月15日~24日に開かれた第1回展(室内社)は、5人の画家たちClick!による滞欧作の風景画がほとんどだが、日本の風景作品としては、小島善太郎Click!の連作『四ツ谷見附』(冬)(夏)(曇)Click!や『相模川』などが目立っている。いまだ、東京郊外の風景に、画家たちがそれほど画因をおぼえなかったころだ。
 だが、1927年(昭和2)6月17日~30日に開かれた第2回展(上野公園内日本美術協会)では、佐伯祐三Click!を筆頭に数多くの東京郊外風景が出品されている。このとき、佐伯祐三が出品した作品の画面は判明しており、真冬の八島さんの前通りClick!を描いた『風景』Click!、妙正寺川の橋ごしに川沿いの小さな住宅群を描いた『風景』Click!八島邸Click!の赤い屋根と門を描いた『落合村風景』=『門』Click!、前年の晩夏には完成に近い画面を確認(二科受賞の記者会見Click!)できる、曾宮一念アトリエClick!の前につづくコンクリート塀を描いた『落合村風景』=『セメントの坪(ヘイ)』Click!、そして八島さんの前通りを北から描いた『落合村風景』Click!の計5点だ。
 ちなみに、佐伯祐三は作品に「落合村」とタイトルしているが、これは彼が渡仏前まで馴染んでいた呼称で、1924年(大正13)の町制施行により3年前から落合町になっていた。また、佐伯の出品作リストには『落合村風景』に「A」と「B」の区別があるが、それがどの画面のことを指しているのかはいまだ規定できていない。
 さて、同じ第2回展には、笠原吉太郎Click!の『青い屋根』と『大学構内』、『練馬風景』、『上州風景』が出品されている。この中で、『青い屋根』が落合風景の可能性がありそうだ。笠原が、いまだ『下落合風景』の連作Click!にかかる前のようで、このあと佐伯祐三と同様に下落合に拡がるあちこちの風景を描いていくことになる。ちなみに、『大学構内』は早稲田大学か立教大学のキャンパスだろうか。
 同展には、伊倉晋が『下落合風景』と『千駄谷風景』、『横浜近郊風景』の3点を出品している。この『下落合風景』がどのような画面だったかは、まったくわからない。伊藤晋は、1930年協会の会員である佐伯の影響を受け、下落合を訪れては描いていたのかもしれない。また、井上長三郎は『初夏板橋風景』を出品している。そろそろ東京近郊の風景を描くブームが、画家たちの間で起きはじめていたのがうかがえる。
 1928年(昭和3)2月11日~26日に開かれた第3回展(上野公園内日本美術協会)では、東京近郊の風景作品が急増している。特に落合地域の作品が多く、丸太喜八の『落合風景』や藤田嘉一郎の『下落合風景』、宮崎節の『文化村風景』、佐久間周宇の『落合風景』と『落合の工場』、田中修の『山の手風景』などが挙げられる。いずれも実際の画面は不明だが、宮崎節の『文化村風景』は目白文化村Click!のいずれかの場所を、佐久間周宇の『落合の工場』は目白崖線の麓、旧・神田上水か妙正寺川の沿岸で操業していた、いずれかの工場を描いていると想定できる。
井上長三郎「風景(下板橋)」1926-27.jpg
伊藤研之「黄色い建物」1929.jpg
小野幸吉「駅頭」1929.jpg
 藤田嘉一郎は『水辺風景』や『神田風景』、『高円寺裏』を同時に出品しているが、『水辺風景』は落合地域のいずれかの川沿いの風景かもしれない。また、戸田秀男は『庭』と『学習院寄宿舎の一部』、『道(冬)』を出品しているが、これらも落合風景の可能性が高い。特に『学習院寄宿舎の一部』は、同年に竣工間近な近衛町Click!学習院昭和寮Click!の一部を描いたのではなかろうか。さらに、鷲山宇一は『街景』と『角の食料品店』を出品したが、佐伯の風景画をコピーしていると展覧会評で批判されているので、これらも目白通り沿いの下落合風景を描いたものかもしれない。
 このように、第3回展では明らかに佐伯の連作『下落合風景』Click!を意識した、あるいは追随した画面が急増しており、画家たちの間には「落合の風景を描けば入選できる」というような、妙なブームないしはジンクスがあったのかもしれない。同展には、南風原朝光が『長崎町風景』を、竹原千男が『曇日の池袋』を出品するなど、郊外に目を向ける画家たちが増えているのがわかる。
 1929年(昭和4)1月15日~30日に開催された第4回展(東京府美術館)では、佐伯祐三の死去とともに作品が特別展示されている。ただし、第2次渡仏作ばかりで下落合の風景は見えない。同展では、前年に多かった落合の風景画は出品されておらず、東京近郊の風景作品が多かった。
 たとえば、井上長三郎は『樹立』と『金井窪風景』を出品しているが、おそらく双方とも板橋風景だろう。竹原千男は『長崎村』と『佃島風景』を、黒田祐治は『立教大学附近』を、南風原朝光は『哲学堂附近』を出品しており、落合地域に接した北側や西側の風景画が目立っている。竹原千男は長崎に住んでいたのか、1926年(大正15)に町制へ移行した長崎町を、佐伯の「落合村」と同様に従来から呼びなれた「長崎村」とタイトルしているのかもしれない。
林武「下落合風景(仮)」.jpg
靉光「屋根の見える風景」1929.jpg
中村節也「石置場風景」1929.jpg
 最後の1930年協会展となった、1930年(昭和5)1月17日~31日開催の第5回展(東京府美術館)には、林武Click!が『文化村風景』と『落合風景』を出品している。この『文化村風景』が、1926年(大正15)に制作された『文化村風景』Click!と同一の画面かはハッキリしないが、同展には林武の作品を41点も展示しているので、おそらく過去に描いた作品も展示されていると思われる。また、『落合風景』の画面もわからないが、妙正寺川沿いの下落合に建つ東京電燈谷村線Click!の高圧線鉄塔を、上落合側から描いた『下落合風景(仮)』Click!と同じ画面の可能性がある。
 同展には、樋口加六の『落合風景』と外山五郎が描く『落合風景』も出品されているが、いずれもどのような画面だったかが不明だ。また、渡辺幸恵の『高田の馬場風景』や南風原朝光の『中野風景』と、落合の周辺風景も相変わらず画家たちのモチーフに選ばれている。ちなみに、南風原朝光は2年連続で中野地域の風景を画因にしているので、この時期は中野町ないしは野方町あたりに住んでいたのだろう。また、渡辺幸恵の『高田の馬場風景』は、幕府の練兵場だった高田馬場(たかたのばば)跡が残る早稲田通り沿いの住宅街を描いたものか、山手線の高田馬場(たかだのばば)駅Click!周辺の風景をモチーフにしたものかは不明だ。
 さて、1930年協会展に出品された、佐伯祐三をはじめとする画家たちの「下落合風景」あるいは「落合風景」は、ほんの一部の作品にすぎない。つまり、同展に入選した作品のタイトルのみが、今日まで伝わっているということだ。たとえば、下落合679番地にアトリエをかまえていた上掲の笠原吉太郎Click!は、このあと佐伯に劣らず数多くの連作「下落合風景」Click!を描いていくし、1930年協会とは接点のない画家たち、たとえば下落合623番地にアトリエを建てて住んだ曾宮一念Click!をはじめ、下落合584番地の二瓶等Click!や、下落合1385番地に住んでいた帝展の松下春雄Click!もまた、数多くの「下落合風景」作品Click!を残している。さらに、フランスから帰国した昭和初期の清水多嘉示Click!は、渡仏前に引きつづき「下落合風景」の連作Click!を残していると思われる。
小島善太郎「戸山ヶ原」1927.jpg
前田寛治「メーデー」1924.jpg
福沢一郎「風景(人間嫌い)」1928.jpg 「昭和洋画の先達たち」1994青梅市立美術館.jpg
 早くから落合地域の風景を描いていた画家たち、たとえば中村彝Click!曾宮一念Click!小島善太郎Click!鬼頭鍋三郎Click!里見勝蔵Click!清水多嘉示Click!など一部の作品を例外とすれば、やはり「落合風景」ブームに火を点けたのは1930年協会展であり、中でも佐伯祐三の影響がとりわけ大きいのだろう。

◆写真上:東京府美術館の前で、1930年(昭和5)1月に撮影された1930年協会第5回展の記念写真。メンバーはさま変わりしており前列右から中山巍、鈴木千久馬、伊原卯三郎、後列右から川口軌外、宮坂勝、林武、中野和高、小島善太郎。すでに佐伯祐三は2年前に死去し、里見勝蔵は前年に退会、前田寛治は病床で回復不能の重体だった。また、木下孝則と木下義謙、野口彌太郎は渡欧中で不在だ。
◆写真中上は、1926~27年(大正15~昭和2)ごろに制作された井上長三郎『風景(下板橋)』。井上は昭和初期に、板橋風景の連作を出品している。は、1929年(昭和4)制作の伊藤研之『黄色い建物』。は、1929年(昭和4)に描かれた小野幸吉『駅頭』。
◆写真中下は、第5回展の『落合風景』かもしれない林武『下落合風景(仮)』。は、1929年(昭和4)制作の靉光『屋根の見える風景』。は、1929年(昭和4)制作の中村節也『石置場風景』。郊外には、宅地造成用の石置き場が随所に見られただろう。
◆写真下は、1927年(昭和2)に描かれた小島善太郎『戸山ヶ原』。は、1924年(大正13)の渡仏中に描かれた前田寛治『メーデー』。下左は、1928年(昭和3)の渡仏中に描かれた福沢一郎『風景(人間嫌い)』。下右は、1994年(平成6)に青梅市立美術館で開催された「昭和洋画の先達たち―1930年協会回顧―」展図録。同図録には、5回にわたる1930年協会展で展示された作品の詳細が参照できる。

読んだ!(22)  コメント(26) 
共通テーマ:地域

読んだ! 22

コメント 26

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>はじドラさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 11:54) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 11:54) 

ChinchikoPapa

八王子の夢美術館は、ときどき1930年協会の関連展をはじめ、下落合に関連深い洋画家展を開催するので見逃せないんですよね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 11:56) 

ChinchikoPapa

いつも、ごていねいに「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 11:57) 

ChinchikoPapa

永観堂が、すごいことになっていますね。紅葉の季節を外すと、ひっそりとした佇まいにもどるのでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 11:59) 

ChinchikoPapa

『1- Oqa+19 』は学生時代のアルバムですが、これがかかっていたJazz喫茶の記憶がないですね。わりと地味な販売か、輸入レコードのみだったでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 12:03) 

ChinchikoPapa

うちにもネコがいますが、家にきたとき真っ先にしたことは病院での健康診断と、各種の予防接種を受けさせることでした。ペットを介しての感染症は怖いですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyokiyoさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 15:46) 

ChinchikoPapa

熱海は戦前に祖父の別荘があったところですが、わたしはほとんど熱海へ遊びにいったことがありません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>tarouさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 21:02) 

ChinchikoPapa

小倉は「アンパン」のようにも思えますがw、やわらかそうで美味しそうですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うまかモン。さん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 21:04) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>ADHD大ちゃんさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 22:27) 

ChinchikoPapa

酒の銘柄で見かける「正宗」は、もとは「清酒」にひっかけて「せいしゅう」と読むんだそうですね。わたしは、日本刀の最高峰に君臨する鎌倉の刀工・五郎入道正宗にあやかったとばかり思っていたのですが、大きな勘ちがいでした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2018-02-28 22:34) 

skekhtehuacso

ChinchikoPapa様、私の酒臭いブログをお読みいただきましてありがとうございます。

“正宗”の元祖である灘の櫻正宗さんのWebsiteによれば、「ある日家祖がかねてより親交のあった山城国深草の「元政庵」住職を訪ねた時、 机の上に置かれていた経典に書かれた「臨済正宗」の文字を見て、「正宗(セイシュウ*)」が「清酒(セイシュ)」に語音が通じる事から、 「正宗」を樽印としたのが始まりです。 (* ただし仏教読みでは「セイシュウ」ではなく「ショウシュウ」となります」とありますね。

ただ、「「まさむね」は名刀、正宗にも通じる。伊丹の「剣菱」が男性的な響きで愛されたのと同様あやしい気品をたたえる名刀への連想から、銘酒「正宗」もまた広く愛された。」(読売新聞阪神支局編『宮水物語-灘五郷の歴史』p.53(1966.12 中外書房))とあることから、名刀正宗にあやかったということもけっしてまちがいではないと思います。
by skekhtehuacso (2018-02-28 22:48) 

ChinchikoPapa

skekhtehuacsoさん、ごていねいなコメントをありがとうございます。
「臨済正宗」の「正宗」なんですね。「日蓮正宗」はいまでも「しょうしゅう」と一般的に発音されますので、日蓮宗の寺だったらつい「しゅうしゅう」と読んでしまい、シャレを思いつかなかったかも。w
神戸ですと、同じ瀬戸内の沿岸に備前長船鍛冶の本拠地がありますので、「友成」でも「長光」、人気の「祐定」でも酒銘につけそうなものなのに、なんで遠く離れた関東の「正宗」?……と長い間疑問に思っていました。
ひょっとすると、刀工・正宗を重ねるイメージは、明治以降なのかもしれないですね。

by ChinchikoPapa (2018-02-28 23:19) 

ChinchikoPapa

路面電車のふる風景はいいですね、惹かれます。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>soramoyouさん
by ChinchikoPapa (2018-03-01 00:25) 

ChinchikoPapa

やはりシャンパンとキャンドルに、ランの組み合わせがしっくりきます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2018-03-01 10:00) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ありささん
by ChinchikoPapa (2018-03-01 10:00) 

ChinchikoPapa

退職金も一括ではなく分割年金払型にする企業が増えていますから、あれも「財形貯蓄」のような体裁になりつつあるようですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>おぐけんさん
by ChinchikoPapa (2018-03-01 10:06) 

ChinchikoPapa

きょうの明け方の大雨はすごかったです。ネコが脅えて、めずらしくわたしの寝床にやってきました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okina-01さん
by ChinchikoPapa (2018-03-01 10:09) 

ChinchikoPapa

日替わりのひと皿は、チーズ風味たっぷりのドリアでしょうか。ハマグリの吸い物には目がありません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>みっち〜さん
by ChinchikoPapa (2018-03-01 14:36) 

skekhtehuacso

ChinchikoPapa様、刀の本拠地までは、私は考えが及びませんでした。
でも、灘の酒は樽廻船で江戸へ運ばれて灘の生一本としてもてはやされたそうですから、もしかしたら山邑さん(櫻正宗)は江戸で売り込むためにもあえて正宗を選んだのかもしれませんね。
by skekhtehuacso (2018-03-01 22:17) 

ChinchikoPapa

skekhtehuacsoさん、重ねてコメントをありがとうございます。
その可能性は、多分にありますね。室町末期から江戸時代にかけ、相州伝の人気は全国的に沸騰し、中でも江戸東京の大名から武家、町人にいたるまで相州伝の作品は人気がありました。
中でも、象徴的な存在である国光や正宗、貞宗は誰もが知る鎌倉鍛冶だったでしょうから、酒のネーミングには多分にマーケットを意識したかもしれないです。
これらの刀匠たちは、芝居や講談にも登場する馴染み深い名前ですから、酒銘が記憶に残りやすいというメリットもありますね。
by ChinchikoPapa (2018-03-01 22:39) 

ChinchikoPapa

1970年代のフォークソングが、子ども世代で音楽の教科書に載るとは思ってもみませんでした。ザ・ピーナツとかも唄うんですよね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2018-03-01 23:44) 

ChinchikoPapa

ついに不当労働行為認定と、救済命令が出ましたね。一歩前進というところでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2018-03-02 12:06) 

ChinchikoPapa

高層ビル群をシルエットにして、新宿方面の朝焼けがきれいですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>hirometaiさん
by ChinchikoPapa (2018-03-02 13:48) 

ChinchikoPapa

こちらの落合地域は、岡田首相が隠れた佐々木久二邸(下落合)があったことと、そこからわずか600mのところに蹶起将校の自宅(上落合)があったことで、二二六事件は繰り返し取り上げてきました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2018-03-02 13:51) 

ChinchikoPapa

わざわざこちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2018-03-14 14:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。