So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中村彝アトリエの保存をめぐる初期テーマ。 [気になる下落合]

中村彝ご近所マップ.jpg
 街にはたくさんの人の想いがこもり、集まり、堆積されている。そこには、膨大な物語が眠っているのだが、それをたんねんに掘り起こすのは気が遠くなるけれど、楽しい作業だ。なぜなら、それらの物語はどこからか、わたし自身の物語へと結びついてくるからだ。
 街中には、ひときわ人の想いが強くやどっているポイントがある。下落合の林泉園Click!にある中村彝アトリエClick!も、そのひとつだ。彝アトリエの保存Click!が決まり、このアトリエに眠る多くの物語が改めて注目を集めようとしている。2012年には、「中村彝アトリエ記念館」(仮)としてオープン予定だが、アトリエの解体あるいは復元に際しては、いくつかのテーマや課題がすでに見え隠れしている。以下、わたしなりに気づいたテーマや課題を、主なものだけピックアップしてみよう。
★いつの時代でのアトリエ再現か?
 1916年(大正5)の建築当初の姿で再現(『エロシェンコ氏の像』が制作された1920年含む)するか、あるいは1923年(大正12)の関東大震災Click!で東側の壁が剥落したのち、窓をつぶして寝部屋を増築した彝晩年のアトリエの姿とするか?・・・の、大前提となる課題がある。ちなみに、茨城県近代美術館へ建設されたレプリカClick!は後者、つまり彝晩年のアトリエを再現している。
★当時のドアのペインティング精査
 中村彝の死Click!の直後に撮影された、1925年(大正14)1月のアトリエ写真Click!には、彝が描いたとみられるドアペインティングが確認できる。現状は、当時のドアClick!にライトグレーのペンキが上塗りされているとみられ、最新の熱型赤外線センサカメラ(手持ち)あるいはX線カメラなどによる非破壊検査でペインティングの有無を確認し、当該ドアのペンキ洗浄による調査をしていただきたいと思う。そのために、区の貴重な予算を消費するのはもったいないので、東京文化財研究所Click!などへ依頼すれば、国の文化財調査ということで最新設備による無償の精査が可能ではなかろうか。また、もし発見できた場合は油絵具を残し、上塗りのペンキのみを洗う技術をお持ちかもしれない。
★西側壁の壁龕(へきがん)の復活
 現状では石膏で埋められている、西側壁面の壁龕Click!を復活させたい。彝の作品には、この壁龕が何度も画因(モチーフ)として取り上げられているので、アトリエの重要な意匠のひとつ。
落合のアトリエ1916.jpg 中村彝アトリエ1916.jpg
建築中のレプリカアトリエ1988.jpg 中村彝アトリエ.JPG
★アトリエおよび母屋の精査
 解体にともない、アトリエを建てた大工や設計者(工務店)の墨書き、あるいは大正期の部材、彝アトリエ時代からのものが残されていないかどうか、天井裏まで含めて精査する必要があると思う。特に、曾宮一念アトリエClick!の意匠と彝アトリエのそれとが、瓦の色や下見板張りの外壁(カラーも)、部屋の配置などが非常によく似ているため、天井裏などに残されているかもしれない大工、あるいは設計者(工務店)の墨書きは重要課題だと思われる。
★アトリエにあった調度のゆくえ
 彝アトリエのイーゼルや家具類で残されたものは、鈴木正治様の時代に茨城県近代美術館へ建設されたレプリカアトリエへと運ばれているが、彝の時代に撮影された写真に写るモナリザの複製画Click!(曾宮一念との写真背後)や、会津八一からの贈り物かもしれない十二神将or風神雷神と思われる石膏顔像Click!(ニンツァーの写真背後)などが、どこか(アトリエ天井裏の藤製ケースなど)に残されていないかどうかの精査も必要だと思われる。なお、彝の時代から使われてきたランプ状の照明器具も、鈴木様より過日拝見させていただいている。
★イーゼル位置の再現展示
 ソファに腰かけたワシリィ・エロシェンコClick!を描いた、中村彝『エロシェンコ氏の像』と鶴田吾郎『盲目のエロシェンコ』のイーゼル位置Click!へ目印を設置するか、実際にイーゼルを立てて佐伯アトリエ記念館で行なわれているようにカラー複製キャンバスを載せて展示すると、同作が生れた彝アトリエらしいリアリティや雰囲気が高まると思う。また、彝が描いた「下落合風景」や「庭」の作品群の画像展示も魅力的だ。特に、竣工したばかりの自身のアトリエを描いた『落合のアトリエ』Click!(1916年)、アトリエ北側の一吉元結工場を描いた『雪の朝』Click!(1919年)、同じくアトリエ北西側の建築家ヴォーリズが設計したメーヤー館Click!を描いた『風景』Click!(1918~1919年)や『目白の冬』Click!(1920年)などが、いずれも下落合の当時をしのばせてたいへん貴重だと思う。
中村彝遺作展覧会目録(1925画廊九段).jpg
★同時代の下落合に住んだ画家たちのクローズアップ
 「佐伯祐三-下落合の風景-」展Click!で制作した、同記念館にも展示してあるアトリエ周辺の画家たちの「ご近所マップ」Click!と同趣旨のマップを、彝アトリエを中心に作成する必要があると思う。特に、彝とは親しく交流した曾宮一念Click!鶴田吾郎Click!鈴木良三Click!二瓶等(徳松)Click!中村春二Click!会津八一Click!酒井億尋Click!などは重要な存在。中でも、佐伯祐三Click!と東京美術学校の入学時にクラスメイトだった二瓶等(徳松)は、彝アトリエへ出入りし『女の像(俊子像)』を彝から購入するなど親しく交流していたことから、佐伯は二瓶を通じて彝の作品や近況の情報を得ていたと思われ、これまで二瓶等と二瓶徳松とが同一人物と思われていなかったせいか、いまだスポットライトが当てられていない佐伯と彝とをつなぐ未知領域のテーマでもある。ちなみに、二瓶等も盛んに「下落合風景」を描いており、佐伯とは正反対のモダンな下落合風景を選んでいるようだ。
★アトリエ敷地の緑の保存
 アトリエ敷地内にある樹木のうち、建築時に彝みずからが植えた庭中央のアオギリをはじめ、コブシなど当初からの樹木がかなり残されているものと思われる。タヌキも通う下落合東公園Click!の緑との連続性も考慮し、敷地内の樹木は近隣の方々ともじっくり話し合われて、できるだけ残す方向で検討していただければと思うのだ。ただし、彝が林泉園に面して植えたオオシマツバキは、鈴木誠Click!時代に植え替えられ、現在はカワリツバキが育っている。
★中村彝に詳しい美術史研究家の参加
 アトリエの解体・復元には建築専門家の参加も重要だが、中村彝のアトリエをめぐる今日的な課題や研究テーマに熟知・精通した、彝を専門とする美術史研究家の眼が不可欠だと思う。個人的には、茨城県近代美術館の研究者の方が適任だと思うのだが、ついでに『目白の冬』のモチーフ問題Click!および制作年の齟齬を、下落合の地元側から訂正していただくきっかけにもなるだろう。また、茨城近美のレプリカアトリエに展示されている彝のイーゼルや家具類をお借りして展示するなど、今後の茨城近美と新宿とのコラボレーションのきっかけ作りにもなるにちがいない。
カルピス1922.JPG カルピスの包み紙のある静物1923.jpg
 以上、好き勝手なことを書いてきたけれど、彝アトリエに眠る物語を見つづけてきて、とりあえず気がついたことを列挙してみたしだい。好き勝手ついでに、中村彝が毎日愛飲していた当時のカルピスを、大正時代の包み紙とともに復活させるというのも面白い。目白・落合地域でしか買えない「大正カルピス」は、ちょっと名物になりそうな気がするのだが・・・。w カルピスClick!の創業者・三島海雲は、困窮して生活できない画家たちを救援するために、カルピス・ポスターの国際コンペティションまで開催した人物だから、美術分野との関わりも深いのだ。カルピスは1919年(大正8)に発売され、中村彝の『カルピスの包み紙のある静物』(1923年)に描かれたパッケージは、前年の1922年(大正11)から発売されている2代目のデザインだ。
 それに、同年から使われつづけている「初恋の味」というキャッチフレーズも、どこか彝と相馬俊子Click!とのはかないエピソードに、ピッタリくるような気がするのだが・・・。中村彝アトリエの保存記念に、地域限定の「大正カルピス」復刻販売はいかがでしょう?>カルピス株式会社さん

◆写真上:「佐伯祐三 下落合の風景」展のマップに、中村彝に関連する人物たちを加えた「ご近所マップ」。佐伯に関係の深い人物を除き、彝と同時代の画家たちやゆかりの人物たちを加えたマップがほしい。同マップのデータはPhotoShopなので、レイヤ管理がフレキシブルだ。
◆写真中上上左は、1916年(大正5)に竣工直後のアトリエを描いた中村彝『落合のアトリエ』。上右は、完成した直後の彝アトリエの同じ一画。下左は、1988年(昭和63)撮影の茨城県近代美術館に建築中の彝アトリエレプリカ。下右は、現在のアトリエと大きく育った庭先のアオギリ。
◆写真中下:1925年(大正14)に、画廊九段で開かれた「中村彝遺作展」の目録。洲崎義郎Click!今村繁三Click!に混じって、佐伯の同級生・二瓶徳松(等)が所蔵品『女の像』を出品している。
◆写真下は、1922年(大正11)に新パッケージと新キャッチフレーズ「初恋の味」で発売された2代目カルピス。は、翌1923年(大正12)に制作された中村彝『カルピスの包み紙のある静物』。


読んだ!(24)  コメント(30)  トラックバック(4) 
共通テーマ:地域

読んだ! 24

コメント 30

ChinchikoPapa

90年代後半ぐらいから、矢野顕子のピアノはどんどん凄くなっていきましたね。彼女の場合、JAZZの“ビート”というよりクラシックの“テムポ”を感じますので、インプロヴィゼーション中心の「コンテンポラリーミュージック」とでも呼ぶのでしょうか。nice!をありがとうございました。>galapagosさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 10:30) 

ChinchikoPapa

夜中から今朝にかけてのSo-netメンテは、ちょっと長かったですね。
nice!をありがとうございました。>ものたがひさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 10:47) 

ChinchikoPapa

四谷の新宿歴博へ寄ったあと、ときどき策の池界隈を散歩します。夏は、都会のトンボたちが集まるオアシスになってますね。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 10:51) 

ChinchikoPapa

京都は昔から、ライブハウスやさまざまなジャンルの音楽喫茶が多かったですね。それも、旅先での楽しみのひとつでした。nice!をありがとうございました。>Webプレス社さん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 11:14) 

ChinchikoPapa

最近あまりつかわれなくなった東京弁なのですが、そういう「こまっちゃくれた」子どもが多いですね。nice!をありがとうございました。>tamanossimoさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 11:18) 

ChinchikoPapa

千葉国体ボート競技の、emiさん/ねねさんによるレポート、楽しみにしています。nice!をありがとうございました。>キャプさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2010-10-01 13:38) 

sig

こんばんは。
着々と復元が進められているようですね。
ChinchikoPapaさんのいろいろな考察、さすが、と思います。
長い間の呼びかけが、ぜひともいい形で結実するよう、期待しております。
by sig (2010-10-01 20:19) 

ChinchikoPapa

笠間というと美術館もあり、美術が色濃い街というイメージがあります。
nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 22:28) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
アトリエ保存の方向性は基本的に、ずっと見守ってこられた地付きの方と、近隣の方へお任せするのがいちばんいいと思うのですが、下落合風景を含む「中村彝展」は、ぜひやってみたいですね。w 特に、実物を見たことがない『目白の冬』や『風景』、『落合のアトリエ』はぜひ間近で観てみたいです。
by ChinchikoPapa (2010-10-01 22:39) 

ChinchikoPapa

「Destination Out」のアルバムジャケット(LP)のベージュ部分に、手垢がついていたせいでしょうかカビが生えてしまい、歯ぎしりした憶えがあります。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 23:15) 

ChinchikoPapa

甘酒といいますと、甘酒専用に米麹で作られた製品と、日本酒を絞ったあとの酒粕をもとに作るものとがありますけれど、わたしは酒粕で作るほうの甘酒が好きです。w nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 23:38) 

ChinchikoPapa

夏以降の、ドラゴンズの追い上げは見事でした。
nice!をありがとうございました。>cfpさん
by ChinchikoPapa (2010-10-01 23:41) 

ChinchikoPapa

レモン牛乳というのは一度も飲んだことがありませんが、酸を牛乳に入れるとなるとヨーグルトのような風味でしょうか。nice!をありがとうございました。>cocomotokyoさん
by ChinchikoPapa (2010-10-02 16:55) 

ChinchikoPapa

最近、映画などのロケ地に角館がつかわれることが多いそうですが、落ち着いた武家屋敷街のような風情ですね。nice!をありがとうございました。>漢さん
by ChinchikoPapa (2010-10-02 16:58) 

ChinchikoPapa

アンナ・バナナさんのバナナシリーズ切手、楽しいですね。
nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2010-10-02 17:01) 

ChinchikoPapa

「次善の策」とは少しニュアンスが異なるかもしれませんが、「理想的な道」がわかっていても「別の道」を対峙させて考えることがあります。nice!をありがとうございました。>つなしさん
by ChinchikoPapa (2010-10-02 22:03) 

しいなまちお・K

「大正カルピス」復刻のアイデアいいですね!水玉模様の包装紙、まさに大正ロマン!
またトキワ荘の話ですがこちらにも「チューダー」という飲み物があります。まだ二十歳そこそこのマンガ家たちがサイダーに焼酎をたらしてビール気分で飲んでいたそうです。地元イベントでは「チューダー」の屋台を出して100円で販売します。銘柄にも指定があり「三ツ矢サイダー」と「宝焼酎」です。二つとも歴史のあるブランドです。宝のラベルは今も古風で一升瓶もありますがすが、三ツ矢サイダーの昔のボトルは味があっていいですよね。こちらもラベルだけでなくボトルまで復刻していただければ面白いのですが。
でもサイダーって当時からあんなに甘い飲み物だったでしょうか?ちょっと焼酎にはキツイほど甘いのが… かなり低レベルな話ですみません。
by しいなまちお・K (2010-10-03 01:06) 

ChinchikoPapa

最近、インド人による料理店が多いせいか、ガネーシャの姿をよく見かけますね。nice!をありがとうございました。>tkさん
by ChinchikoPapa (2010-10-03 15:28) 

ChinchikoPapa

「ホットケーキ」飲料は甘すぎて、飲むとアタマが痛くなりそうな気がします。(汗) nice!をありがとうございました。>あんぱんち〜さん
by ChinchikoPapa (2010-10-03 15:31) 

ChinchikoPapa

しいなまちお・Kさん、コメントをありがとうございます。
「チューダーあめ」が家族じゅうで受けたのは、あの透明できれいなブルーの色と、甘さがそれほどきつくないからだと思います。w また、椎名町へ買いに行きたいと思います。
三ツ矢サイダーのビー玉のような淡いブルーのボトル、いまでもはっきり憶えています。そういえば昔よりも、確かに甘さが強くなった感じがしますね。それとも、大人になってからの味覚の変化なのでしょうか? 三ツ矢サイダーの淡くて洗練された風味と、ラムネの少し垢抜けない味わいと、よく飲み比べをしては子供のころ楽しんでいました。カルピスソーダも案外、誰かがサイダーの中にカルピスを混ぜて飲んだのが、アイデアの元となっているのかもしれません。「チューダー」が屋台で100円とは安い。w イベントで屋台が出るときは、ぜひこちらへご案内ください。
三ツ矢サイダーが、戦時中の海軍でのご用達だったことは有名ですね。戦闘の合い間に配られる握り飯には、「清涼飲料」が付いていたそうですが、それが三ツ矢サイダーでした。ちょうど、米軍におけるコカコーラのような存在だったんでしょうね。
by ChinchikoPapa (2010-10-03 15:46) 

しいなまちお・K

「チューダーあめ」は去年の8月のイベントでデビューしたのですが、おかげさまでまだまだ売れ行き好調ですよ。こちらも1袋100円なのでお土産にもお手頃です。
サイダーの清涼感は体調が悪い時にも癒されますよね。でも海軍の御用達とは知りませんでした。チューダーの屋台を出店する際には必ずご案内いたします。柿ピーの小袋も付いて100円です。もちろん焼酎抜きでも販売いたします。三ツ矢さんにお願いしてサイダーの歴史についても小さなパネル展示でも出来るように考えます。
by しいなまちお・K (2010-10-04 12:25) 

ChinchikoPapa

このところ毎晩、BS11で太宰治の作品をイメージ化したシリーズ番組を放映してますね。またまた、人気が高まっているのでしょうか。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2010-10-04 15:16) 

ChinchikoPapa

びっくりするほど、美しいアトリエですね。ベドウィンをとらえた無声映画の『草原』は、ずいぶん前にTVで見たことがあります。3chあたりの記憶でしょうか。nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2010-10-04 15:22) 

ChinchikoPapa

しいなまちお・Kさん、重ねてコメントをありがとうございます。
今度、「チューダー」屋台の情報と、「チューダーあめ」が買えるお店の情報と、合わせてお願いいたします。柿ピーは、ピーナッツばかり食べてしまうわたしですがw、またゆっくり椎名町を散歩したいと思います。
三ツ矢サイダーさんに相談されれば、おそらく当時のビンやラベルもすべて保存されているでしょうから、展示しても面白いですね。「チューダー」に合うおつまみレシピとか、チューダーW(焼酎ダブル)/チューダーS(焼酎シングル)とか、もう無限に面白い企画が浮かびます。^^
by ChinchikoPapa (2010-10-04 15:34) 

アヨアン・イゴカー

復元と言っても、確かに、どの時代を復元するか、面白い問題ですね。
個人的には、解体時の状態が、一番いいとは思いますが。中村彝の最期の瞬間までの歴史の刻まれた状態が。
by アヨアン・イゴカー (2010-10-04 23:38) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントとnice!をありがとうございます。
現状のアトリエですと、基本的な支柱や内部の意匠は当時のままの部分もありますが、鈴木誠アトリエになってからの増改築が行なわれた状態ですので、初期の状態にもどすにしろ彝晩年のアトリエにもどすにしろ、建物全体の見直しが必要になりそうです。
by ChinchikoPapa (2010-10-05 10:09) 

ChinchikoPapa

nice!をありがとうございました。>動画娘さん
by ChinchikoPapa (2010-10-05 10:13) 

ChinchikoPapa

定期的につづけていた文章を中止し、しばらくたってから再開しようとすると、けっこう勇気や労力がいるものです。リスタートは少しずつ、あまり無理をされませんよう。w nice!をありがとうございました。>ひまわりさん
by ChinchikoPapa (2010-10-05 17:49) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>himakkoさん
by ChinchikoPapa (2010-10-09 21:58) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、nice!をありがとうございます。>タッチおじさんさん
by ChinchikoPapa (2010-10-12 10:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました