So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カメラマン佐伯祐三の視線。 [気になる下落合]

クラマールA1924.jpg
 佐伯祐三Click!の図録や書籍には、第一次渡仏時に同行した木下勝治郎Click!のアルバムからピックアップされた写真が、あちこちに用いられている。最初のフランス行きでは、佐伯自身がカンナClick!と同様にカメラに取り憑かれている。さまざまな情景を撮影しては日がな1日、自分で現像している様子までが伝えられている。以下、1929年(昭和4)に出版された1930年叢書(1)『画集 佐伯祐三』(1930年協会刊)へ寄稿した、里見勝蔵Click!のエッセイ「回想のニ三」から引用してみよう。
  
 佐伯はずい分コリ性だつた。画を描けば、全く一生懸命だつたが又画を放棄して全く遊びつゞける事もあつた。/写真にこり出せば、朝から寝る時まで写真、写真、写真、写真、写真・・・・・・それしか何も無かつた。写真機をいぢくりまわし、ネヂをはずしたり、ヂャバラに穴が明いた(ママ)とて、穴ふさぎの方法を考た。写真機の三脚を何処かへ置き忘れて来て、大きな画架を持ち歩いて、その上に写真機をしばりつけて撮影した。/さて現像になると、これ又大掛け(ママ)で、夜なら未だしも、朝から、窓や入口を、大画布と毛布風呂敷を以つて光線をさえぎる。夏ならば暗中を幸ひ、素裸の男三四人、喜びにも失敗にも、ヒステリツクな動物的奇声を発して、写真製造------暑さと空腹と疲労とでやつと窓を開くと、すでに夕日は落ちてゐた事も五度や、八度では無かつた。クラマール住人にしては連日の事だつたに相違ない。
  
 里見の文章から、佐伯がかなり写真撮影にのめりこんでいた様子が伝わってくる。いや、木下勝治郎や佐伯に限らず、当時は個人で最新のカメラを持つのが、一種のステータスでありブームだったと思われ、第一次渡仏の往路「香取丸」でいっしょになった美術評論家の森口多里Click!や、パリでともに親しくすごした林龍作Click!などもカメラに凝っていた様子が記録されている。朝日晃によれば森口多里をはじめ、佐伯やその周囲にいた仲間たちが撮影したアルバムは、その多くが戦災で失われているようだ。でも、1923年(大正12)11月26日に神戸からともに「香取丸」へ乗船した、木下勝治郎のアルバムは無事に今日まで伝えられ、佐伯の資料類で頻繁に目にする機会が多い。
上海1923.jpg パリ1925?.jpg
パリ1924.jpg クラマールB1924.jpg
 木下アルバムには、もちろん佐伯夫妻や同行した木下夫妻、西村叡夫妻が写っている写真が残されているのだが、佐伯が不在で他の人物たちが写っているショットも少なくない。つまり、当時の状況を考慮すれば、おそらく佐伯が木下のカメラを借りたか、あるいは佐伯自身が持参したカメラでシャッターを切り、のちにネガを現像・プリントして配った・・・と思われる写真が少なからず存在しているのだ。佐伯の姿が見えず、木下夫妻や米子夫人、弥智子が写っているショット(佐伯がシャッターを切っている可能性のあるショット)は、人々が立ち並んだ記念写真的なものよりも、スナップ写真風のものが多いようだ。人物たちが次の動作に移るほんの刹那、あるいは動いている最中の(レンズをそれほど意識しない)一瞬を切り取ったような画面が見られる。もちろん、いかにも記念写真というようなショットもあるけれど、ピンボケの画面が多い。
 これは、被写体が動きを止めないうちにシャッターを切ってしまったか、あるいは木下(ないしは自身)のカメラに馴れないせいで、ピント合わせの操作がうまくいかなかったのかは不明だけれど、明らかに木下が撮影したと思われる写真に比べれば、カメラ操作のヘタなのが想定できる。被写体の人物たちがレンズに向かって静止せずに、いまだ動いているにもかかわらず、無頓着にシャッターを切ってしまうようなところが、佐伯の写真撮影にはあったのかもしれない。だからこそ、結果的にある瞬間を切り取ったような、リアルでドキュメント風の写真になってしまったのだろうか?
クラマールC1924.jpg 場所不明1924?.jpg
アルル1925.jpg クラマールD1924.jpg
 木下勝治郎アルバムでいちばんのお気に入りは、パリ郊外のクラマールで撮影された冒頭の写真だ。もちろん、カメラマンは木下勝治郎だと思われるが、いかにもフランスの田舎といった風情の広い道の上に、4人の人物がポツポツと写っている。なだらかな坂道の途中らしく、右側の塀は坂上にいくにしたがって段々状になっているのが見てとれる。人物は、右から里見勝蔵、佐伯米子Click!、その膝上に佐伯弥智子Click!、そしてかなり離れた左側の草むらの中で、あたかも“大”Click!のほうの用を足しているかのような格好をしながら、上半身だけヌーッと出してカメラをのぞいているのが佐伯祐三だ。里見勝蔵は、上掲の文章でこうつづけている。
  
 私達の大切な記念写真の多くは、斯様にして、盛大なる努力によつて製造されたのだが、不幸にして日に日に褪色甚しく、おそらく今後五年の中には、何も見えなくなるものもある様だ。しかし、たまには抜群の技術を示して、永久不滅と思はれる物さえある事は特記する必要があるが・・・
  
 もう1枚、あまり書籍や図録などで取り上げられない写真だが、やはり木下が撮影したと思われるモレ村での佐伯一家をとらえた写真がある。手前では、松葉杖を置いた米子が写生をしている。画面の奥では、佐伯がイーゼルをすえて制作中のようだ。明らかに逆光気味なのだが、右手の樹木の枝葉で陽光を木漏れ日状態にし、うまく絞りを合わせてシャッターを切っている。先のクラマールの写真とともに、構図的にもかなり安定しているので、カメラの腕前は木下のほうが佐伯よりも上だったように思える。このアルバムは、「静的」(ある意味で「絵画的」)で美しい木下の写真と、「動的」(ある意味でドキュメント的」)な佐伯が撮ったと思われる写真とのコントラストがおもしろい。
アルル1925?.jpg モレ1924.jpg
 街角や風景に展開する、ありふれた日常的な情景の美を瞬間的に写しとるような、驚異的な制作スピードClick!で有名な佐伯の作品なのだが、ある一瞬の「動的」な情景を切り取ろうとするカメラのシャッター操作との間に、はたして共通の意思や視線が存在しているものだろうか?

◆写真上:1924年(大正13)のクラマールにて、右から左へ里見勝蔵、米子・弥智子、佐伯祐三。
◆写真中上上左は、1923年(大正12)の上海で記念写真に収まる木下勝治郎で、ファインダーから見つめているのは佐伯か。上右は、撮影時期のキャプションがない記念写真で奧に木下、手前右に米子と弥智子、手前左には佐伯祐正Click!と思われる人物が写っているので1925年(大正14)の7月以降か。下左は、1924年(大正13)にパリの停車場で写された米子と弥智子。下右は、小島善太郎Click!が紹介してくれたクラマールのアトリエ前での米子と弥智子。
◆写真中下上左は、クラマールでの米子と弥智子で、カメラに向かって制止する前にシャッターを切ってしまっているピンボケ写真。上右は、同様に人々が歩きはじめた刹那に声をかけてシャッターを切っており、左側に木下勝治郎がいる。下左は、1925年(大正14)7月のアルル旅行時にゴッホの跳ね橋を写生する木下と思われる人物の背中。下右は、1924年(大正13)のクラマールにおけるピンボケ写真で、前列右から木下勝治郎、弥智子、米子、前田寛治。
◆写真下は、おそらくアルル旅行の車窓における木下勝治郎。は、木下撮影と思われるモレ村で手前に写生をする米子が、奧にはイーゼルを立てて制作中の佐伯が見える。


読んだ!(14)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 14

コメント 17

ChinchikoPapa

携帯では、つい入力の面倒さに絵文字を使ってしまいますね。スマートフォンでキーボード付きのものは、微妙です。w nice!をありがとうございました。>Webプレス社さん
by ChinchikoPapa (2010-09-28 10:19) 

ChinchikoPapa

幕末から明治初期に撮影された、四谷界隈の写真を見ますと山あり谷ありで、谷間に近い敷地に集落が集まっていたようです。宅地化される際、山はずいぶん削られたような感触ですね。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2010-09-28 10:27) 

ChinchikoPapa

静岡市には、ヴォーリズ設計の「マッケンジー邸」がありましたね。それにしても、もう少し早く気がつけば下落合のヴォーリズ設計「メーヤー館」も地元に保存されたんじゃないかと思うと、残念でなりません。nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2010-09-28 11:03) 

ChinchikoPapa

わたしのカメラにも接写機能があるのですが、やはり一眼レフでないとなかなか美しい写真が撮れないです。nice!をありがとうございました。>komekitiさん
by ChinchikoPapa (2010-09-28 13:32) 

ChinchikoPapa

切手作りは面白いですね。わたしも、いまだアートなど意識してない子どものころ、ずいぶんニセ切手作りで楽しみました。nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2010-09-28 13:35) 

sig

こんにちは。
最初の写真は佐伯祐三が撮ったものでしょうか。
これはもう、そのまま絵になっていますね。
by sig (2010-09-28 15:52) 

ChinchikoPapa

最近、時代劇をあまり見ていませんね。「歴史物」は当時の思想や規範をベースに、それぞれの人間性が描かれなければリアリティが湧きませんが、書かれているとおり当時生きていた人物の性格描写に、物足りなさを感じる作品が目につくからでしょうか。nice!をありがとうございました。>galapagosさん
by ChinchikoPapa (2010-09-28 18:22) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
冒頭の写真は、残念ながら佐伯がシャッターを切ったものではなく、おそらく木下勝治郎が撮影したのだと思います。里見勝蔵に佐伯米子・弥智子が坂道の中央へ集まっているのに、かなり離れた左側の草むらのところに佐伯がポツンと、上半身を見せているのが面白いですね。
最初は、坂道に4人が集まって記念撮影しようと木下がカメラをかまえたところ、左側にいた佐伯だけがファインダーから消え、道の左側へどんどん寄ってしまうので、木下はそれに合わせて佐伯の姿までが収まるよう、カメラをかまえながら急いで後退していった・・・というようなシチュエーションを感じます。ww
by ChinchikoPapa (2010-09-28 18:29) 

SILENT

佐伯祐三の写真好き
初めて知りました
尾張徳川の徳川義勝さんも写真好きだったようで
当時の写真に興味があります
昭和初期と明治では写されたものにも差が大きいですが
貴重な資料ですねー。
by SILENT (2010-09-29 07:32) 

ChinchikoPapa

江戸期からの甘酒茶屋が、あちこちの寺や神社の前に残っているのですが、夏場でも熱い甘酒を出しています。当然、注文はガタ減りだと思うのですが、アイス甘酒ならきっと飲む人は増えるでしょうね。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2010-09-29 14:19) 

ChinchikoPapa

外出したとたんに先生が発熱するのは、よほど嫌な生徒だったのかも。w
nice!をありがとうございました。>tamanossimoさん
by ChinchikoPapa (2010-09-29 14:22) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントとnice!をありがとうございました。
残念なのは、佐伯祐三が人のカメラではなく、自身のカメラを使って撮影した写真類が、あまり残されていないらしい点です。これらは、死後に処分されたか、散逸してしまったか、あるいは夫妻どちらかの実家に置いてあったとすれば、戦災で焼けてしまった可能性が高いのですが、なにを被写体にしてどのように撮影していたのか、とても興味がありますね。
特に、パリで購入した絵葉書の写真を見ながら、のちにアトリエで制作した「滞仏作品」もあるようですので、写真と佐伯との関わりは重要なテーマだと思います。ひょっとすると、「下落合風景」のモチーフ探しにも、ときどきカメラを携帯していたのかもしれませんね。
書かれている「愛宕社切通し」の風景、実はわたしも大好きなんです。この道を国道1号へと出るところに、昔ながらの白熱球の外灯(点くかどうかは不明ですが)が残っていて、昔の大磯の風情を味わうにはピッタリなポイントですね。
by ChinchikoPapa (2010-09-29 14:36) 

ChinchikoPapa

ご多聞にもれず、ミニデニムには70年代の昔から弱いわたしです。
nice!をありがとうございました。>cocomotokyoさん
by ChinchikoPapa (2010-09-29 23:08) 

ChinchikoPapa

台風通過のアクシデントで、調整予定が少し狂われたと思いますが、大健闘でしたね。nice!をありがとうございました。>キャプさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2010-10-01 00:16) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>つなしさん
by ChinchikoPapa (2010-10-02 22:04) 

アヨアン・イゴカー

佐伯は、大工仕事にも凝っていたという記事が以前にありましたが、写真にも凝っていたのですね。愉快な人物ですね。
by アヨアン・イゴカー (2010-10-04 23:12) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、こちらにもコメントとnice!をありがとうございます。
どうやら、相当な凝り性のようですね。なにかひとつのテーマに集中すると、ほかの世界が見えなくなってしまうようです。1ヶ月ぶっつづけで、毎日「すき焼き」というのも佐伯らしいですね。
by ChinchikoPapa (2010-10-05 10:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました