So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

駈けこみ寺はなにかと物入り。 [気になるエトセトラ]

東慶寺1.jpg ヤマユリ.JPG
 妻の側が三行半(みくだりはん=離縁状)を書いて夫にわたした、かなりヒステリックな四谷左門町のお岩さんClick!のように、女性の側から宣告される離婚も、江戸時代には決して少なくなかった。(特に婿養子の場合はほとんどがそうだ) 時代劇や講談などでよく見られるパターンに、女性が逃げこむ「駈けこみ寺」(尼寺)の存在がある。旦那の博打ぐせや酒ぐせが治らず、DVに悩まされつづける女房が思いあまって近くの尼寺へと逃げこむという・・・お馴染みのシチュエーション。
 でも、貧乏な裏店(うらだな)住まいの女房が、「おまいさんの悪いくせが治らなきゃ、あたしゃ駈けこんじまうからね(離縁するからね)」なんて台詞を言ったとしても、亭主はまったく危機感を抱かなかっただろう。実際の史実と、時代劇や講談で一般化されたイメージ(フィクション)とはまったく別物だ。裏店住まいの女房が、駈けこみ寺へ行けるはずがない。着の身着のまま気軽に駆け込める尼寺など、江戸の街中には存在しなかった。「離縁の沙汰もカネしだい」、かなりのおカネ持ちでなければ駈けこみ寺は利用できなかった。髪をふり乱し、顔に亭主が殴ったアザの痕が残る町のおかみさんが、尼寺の門をたたくといったシーンを見かけるけれど、およそ江戸期にはありえない情景だ。いくら尼寺の門をたたいても、追い返されるのが関の山だったろう。
 「江戸時代にも女性側から離婚できる、駈けこみ寺という仕組みがあった」というのは、一部の富裕な女性層に限って・・・ということであって、女性なら誰もが利用・行使できた権利ではない。それよりも、身寄りや親戚が近くにいない女性は、借家の大家や差配を通じて町名主に相談し、落ち度がある問題の亭主に圧力をかけて離縁してもらう(三行半を書かせる)・・・というほうが、よほど現実的な解決策だったろう。あるいは、それも面倒ならどこかへさっさと雲隠れするか、愛人がいればすぐに駈け落ちしてしまう事例も多かった。駈けこみ寺は、「離縁」をビジネスにしている組織なので、おカネのない女性はハナから相手にしていない。
高見順墓.JPG 和辻哲郎墓.JPG
 江戸時代の前期には、江戸とその近隣の尼寺がこぞって離縁ビジネスに手を出していたけれど、なにか不都合な問題を起こしたのか、あるいは風紀を乱す事件でもあったのか、江戸後期には駈けこみ寺の離縁ビジネスは原則禁止されてしまう。大江戸市内の尼寺はすべて禁止だったが、例外として上州(群馬県)新田郡の満徳寺と、相模(神奈川県)の鎌倉松が岡にある東慶寺の2寺が、離縁ビジネスを許されていた。でも、江戸は「出女」(旅に出る女性)にはやかましかったので、この2寺に向かうのは生やさしいことではなかっただろう。鎌倉の東慶寺の場合は、江ノ島の弁財天へ参詣に出かける、「江ノ島講」Click!の旅行が利用されたかもしれない。
 先だて、ひさしぶりに東慶寺の裏山を歩いてきたので、同寺を例に駈けこみ寺の離縁ビジネスの実態を見ていこう。東慶寺の山門をくぐり、「離縁したいのでかくまって!」と堂内に駈けこんだとする。すると、さっそく寺役人が出てきて「縁切申立状を提出しなさい」と言われる。そんな書類、一度も書いたことがないので「どのように書けば?」と訊くと、門前の御用旅籠へ相談しろといって、さっさと寺から追い出されてしまう。東慶寺の門前には、柏屋、仙台屋、松本屋と3軒の御用宿があり、ここに宿泊しながら「縁切申立状」を作成することになる。文政年間ぐらいまでは、煎餅屋長右衛門という人物が東慶寺へ駈けこむ女性たちを、民宿のように自宅へ善意で泊めて面倒みていたらしいが、ビジネスになると踏んだ宿屋が門前に進出してきたのだ。
東慶寺2.jpg
 御用宿は、「縁切申立状」を作成する代書屋(司法書士)も兼ねているので、宿泊代のほかに代書費用も発生する。宿が混んでいれば、順番待ちとなるので1泊や2泊では済まないかもしれない。ようやく、「縁切申立状」ができて東慶寺へ改めて「駈けこむ」と、ようやく寺役人の事情聴取となり、女性の夫あてに町名主を通じて出頭命令を送付する。もし、なんの反応もなければ、寺役人が大江戸へ出張して町名主と打ち合わせをすることになる。この寺役人の行き帰りの出張費用すべてを、駈けこんだ女性が支払わなければならない。また、大江戸の町名主側は、鎌倉からわざわざ寺役人が出張してくれば、面倒な接待(散財)をしないわけにはいかない。そこで、問題の亭主に圧力をかけて、三行半をさっさと鎌倉へ返送することも少なくなかった。
 さて、ようやっと離縁が成立して喜ぶのもつかの間、女性はいちおう建て前上は仏門に入ることになるので、3年間の「修行」をしなければならない。「修行」には、当然おカネがかかるので、東慶寺へ寄付をしなければならない。「修行」は上等、中等、下等に分かれていて、もちろん上等「修行」がいちばん高価だが、いちばんラクな「修行」でもある。ここで高額寄付をしないと、まるで女中と同じように寺でコキ使われてしまうから大変だ。当初は3年間の「修行」だったが、幕末に近くなると2年間に短縮され、女性たちの回転をよくして収益率を上げている。
 1866年(慶応2)現在の東慶寺記録によれば、縁切り「修行」をしている女性は47人。中には、浮気が発覚しそうになったので相手と示し合わせて駈けこんだ女房や、もっとおカネ持ちと結婚したいので現夫と離縁したい女性など、「亭主の迫害」とは無縁な女性たちもずいぶんいたらしい。
真杉静枝墓.JPG 東慶寺3.JPG
 東慶寺は、1834年(天保5)から金貸し業をはじめている。名目は、「縁切寺法を執行する資金確保のため」としているけれど、これは話がまるっきり逆さまだろう。離縁ビジネスでもうけたおカネを元手に、さらに金貸しビジネスにまで手を伸ばした・・・ということにちがいない。1866年(慶応2)現在の貸付高は1,796両。これだけの蓄財があれば、無一文で着の身着のまま駈けこんでくる、ほんとうに困っている女性を、はたして何百人助けられたことか。

■写真上:東慶寺の裏山にて。は、神奈川県の県花であるヤマユリ。
■写真中上は、女性に人気の高見順の墓で、さすがにタバコを供えるのを遠慮してたら彼女たちが一服しだした。は、新薬師寺をめぐって相馬黒光Click!に「尼寺」批判された和辻哲郎の墓。
■写真中下:1960年代に、向かいの円覚寺から撮影された東慶寺の全貌。
■写真下は、落合界隈では武者小路実篤Click!の関連資料にときどき登場する真杉静枝の墓。ほかに、下落合ではお馴染みの安倍能成Click!をはじめ、西田幾多郎、田村俊子、岩波茂雄、鈴木大拙などの墓が本堂の裏山に散在している。


読んだ!(14)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 14

コメント 18

アヨアン・イゴカー

>駈け込み寺は、「離縁」をビジネス
>門前の御用旅籠
なんだか法務局近くに立ち並んでいる、司法書士事務所、行政書士事務所を連想します。昔から、これが商売と言うものなのですね。
by アヨアン・イゴカー (2009-09-24 08:38) 

ChinchikoPapa

マリオンのソロアルバムは、一度も聴いたことがなかったと思います。1977年というと、JAZZフュージョンまっただ中ですね。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2009-09-24 11:35) 

ChinchikoPapa

元町のパレード、めちゃくちゃ楽しそうですね。学生時代の一時期、縁あって元町の北側のコーヒーショップでバイトしてたことがあり、懐かしいです。nice!をありがとうございました。>takemoviesさん
by ChinchikoPapa (2009-09-24 11:40) 

SILENT

鎌倉は苔むした世界が好きですね
ひんやりと
墓巡りはどうも霊感が強くて苦手です
墓と霊とは本当は関係ないのでしょうが

by SILENT (2009-09-24 11:43) 

ChinchikoPapa

きのう国分寺崖線を東西に歩いてきたのですが、古墳の匂いがプンプンします。鳥居龍蔵が調査した国分寺の丸山地域は、すっかり住宅街になっていて丸山神社も家々に囲まれてますね。貫井神社の裏山は、思いのほか小高い地形なので、古墳の形態は要検討だと思いました。丘上に築かれた古墳の下の谷戸に、貫井神社が築かれたものか・・・。70年代とはまるっきり異なり、萱葺きの家はさすがに見かけませんでした。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2009-09-24 11:56) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントとnice!をありがとうございます。
離縁の成立が長引くと、その間の寺での滞在費もかさみますので、「修行」費も含めて50両や100両では足りなかったかもしれませんね。当時の“司法書士”が一定の様式で「縁切申立状」を作成する際にも、当の女性に縁切りの理由を取材して聞き書きするわけですから、1回や2回の打ち合わせでは済まなかったかもしれません。
by ChinchikoPapa (2009-09-24 12:02) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントとnice!をありがとうございます。
わたしは霊感がほとんどないせいか、お墓へ出かけても案外平気なのですが、気持ちの悪いエリアやスポットというのは、たまに感じることがあります。どうしても、その場の空気に馴染まない感覚、あるいは違和感とでもいうのでしょうか。鎌倉の場合は、たいがい潮風の香りで気持よくなってしまうのですが。w
陶器の「小屋」、いいですね。その昔、海岸の砂浜に漁師が地曳用のモーターや網、浮きなどをしまっておく、トタン屋根の小屋が並んでいました。黒や青に塗られた板壁に、青や灰色のトタン屋根・・・という配色でした。台風が来ても、案外小屋は持ちこたえていましたので、けっこう丈夫に造られていたのかもしれません。
by ChinchikoPapa (2009-09-24 12:22) 

hide-m

駆け込み寺も金次第とは、驚きました。巷間言われている話とは、実際は違うのですね~。
by hide-m (2009-09-24 12:40) 

ChinchikoPapa

hide-mさん、コメントとnice!をありがとうございます。
きっと、大中規模の商家のおかみさんクラスにならないと、縁切りの権利行使はできなかったんじゃないかと思います。大金を持って、大江戸から鎌倉へ行く旅費も、察しのいい亭主が世間体をはばかって差し向ける追っ手を意識して、早駕籠なんかを利用すれば、どんどん出費はかさむ一方ですね。
by ChinchikoPapa (2009-09-24 14:47) 

ChinchikoPapa

Helen Stumpさんとのコラボ・メールアート、どこかのアトリエでぶら下がっていた人たちを思い出します。w nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2009-09-24 14:51) 

ChinchikoPapa

背の高いコスモスの花をかき分けて追いかけるというシチュエーションは、いくつになってもやってみたいです。いや、なにを追いかけるって・・・。w nice!をありがとうございました。>shinさん
by ChinchikoPapa (2009-09-24 14:57) 

ChinchikoPapa

楽しく自分なりに表現する・・・というのは、簡単そうでいて実はけっこうたいへんな作業ですね。nice!をありがとうございました。>トメサンさん
by ChinchikoPapa (2009-09-24 15:01) 

ChinchikoPapa

いろいろな食材のバーベキュー、ついお腹が鳴ってしまいました。口先だけのコメンテーターが多い世の中、なにをするにも主体的に取り組む学生がいるのは、とても頼もしいことですね。nice!をありがとうございました。>ほりけんさん
by ChinchikoPapa (2009-09-24 16:59) 

sig

こんばんは。
駆込み寺がしっかりビジネスだったとは、びっくりでした。
しかし、考えれてみればそうかもしれませんね。
そこへいくと煎餅屋長右衛門さんはご立派だったんですね。
by sig (2009-09-24 17:44) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
長右衛門さんがやっていた門前の煎餅屋は、その後どうなったんでしょうね。きっと、旅籠と寺と役人とが結託して、長右衛門さんのボランティア行為をご法度とし、「違法」行為にしてしまった・・・ような気がします。
by ChinchikoPapa (2009-09-24 22:57) 

ChinchikoPapa

早いものですね、今年のラストレースがんばってください。
nice!をありがとうございました。>キャプさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2009-09-25 13:02) 

ChinchikoPapa

#49~#50にかけて、舞台照明の腕の見せどころでしょうか。照明しだいで、舞台の印象がガラリと変わってしまいますね。nice!をありがとうございました。>漢さん
by ChinchikoPapa (2009-09-25 17:44) 

ChinchikoPapa

ほかにも、わざわざnice!をいただきありがとうございます。>一真さん
by ChinchikoPapa (2009-10-02 13:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました