So-net無料ブログ作成

新吉原の「お上がりなさいませ!」。 [気になるエトセトラ]


 八丁土手(日本堤)から、新吉原界隈を散歩してきた。さすがに親父は、子供のわたしを連れ歩いてはくれなかったエリアだ。見返り柳を左手に見ながら、元は編笠茶屋の並んだ「五十間」を通り、おはぐろどぶを越えて大門をくぐった(つもり)。江戸期の黒塗りの大門は、1881年(明治14)にアーチ型の鉄門へと造りかえられたが、大震災以降は照明が載るただの門柱となっていたらしい。もちろん、現在はおはぐろどぶも門も存在しないし、わたしも実際に見たことがない。
 大門をすぎると、引手茶屋がズラリと両側に並んで・・・なくて、柳並木の仲の町(新吉原メインストリート)が、突き当たりの吉原神社や弁天池(花園池)跡のあたりまで通っている。関東大震災のとき、新吉原の南側にあった弁天池へ娼妓たちが殺到し、500人近くが死んだ話は、さすがに親父から聞かされて知っていた。さて、仲の町を歩いていて意外だったのは、乳母車を押した女性や子供たちがふつうに歩いていることだ。一時期のソープランド街と化した面影さえ、いまやなくなりつつある。大門脇にはampmが、仲の町のまんまん中にはサンクスだって開店しているのだ。
 
 いまだ、さまざまなそれらしい看板があちこちに出ているけれど、店名から上のショルダーがすべて削除されている。たとえば、「ソープランド江戸紫」とか「ファッションヘルス小百合」という看板だったのが、「○○○江戸紫」や「○○○小百合」というように、風俗店を思わせるような部分がいっさい消されてしまった。おそらく、周囲の住宅街や学校を意識して配慮した、商店組合の申し合わせなのだろう。だから、ただの店名だけの看板となり、いったいなんの店か一見してわからない。夜間、この場所が新吉原だと気づかない人がブラブラやってきて、「おっ、寿司屋発見、江戸紫とくらぁ」とか「あそこの小百合ってバー、入ってみようか」などということもあるのではないか?
 
 仲の町の並木は桜と決まっていたのに、いまではなぜか柳に植えかえられている。ここの桜並木を描いた浮世絵や図絵、あるいは芝居の書割は数知れない。仲の町を書割にした芝居に、河竹新七(黙阿弥)の『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべ・さとのえいざめ)』(通称「籠つるべ」)がある。絹商人の次郎左衛門が、兵庫屋の遊女・八つ橋のもとへ通いつづけ、あげくの果てには「大っキライ!」と愛想をつかされる芝居。八つ橋と兵庫屋を恨んだ次郎左衛門は、ついに名刀「籠つるべ」をひっさげて兵庫屋へと斬りこみ、遊女たちを殺傷するという筋立てだ。この芝居、実はほんとうに新吉原で起きた事件を題材にしている。以前にも書いたけれど、江戸期には大刀や脇差を所有していたのは、なにも武家ばかりとは限らないClick!のだ。おそらく、このような痴情話は戦後すぐのころまで、この街のあちこちに転がっていただろう。

 桜並木の仲の町ならぬ、柳並木をブラブラ歩いていたら、いきなり右手の建物から真っ白いワイシャツに黒づくめ姿のボーイが出てきて、客とおぼしき中年の男性を、迎えのワゴン車へとすばやく誘導する。「お上がりなさいませ!」と、ボーイは客に最敬礼した。「お帰りなさいませ!」は、秋葉原のメイド喫茶の迎え言葉だけれど、新吉原では以前から「お上がりなさいませ!」が客への送り言葉らしい。確かに、「風呂」から上がったばかりなので、「お上がりなさいませ!」なのだろう。いや、それともなにかを「召し上がった」からなのか?(爆!)
 そして、仲の町通りに停められたワゴン車は、その店が手配りした辻駕籠ならぬ、最寄り駅へと客を送迎する、どうやら“シャトルバス”らしいのだ。お昼すぎのやたらまぶしい新吉原、「お上がりなさいませ!」は一度きりしか聞こえなかった。

■写真上:新吉原の仲の町通り。桜並木が“お約束”なのだが、いまでは柳が植えられている。
■写真中上は、見返り柳を左に見て・・・。は、1950年(昭和25)ごろの見返り柳。八丁土手(日本堤)通りから見た光景で、左へ曲がるとおはぐろどぶ、大門から仲の町へとつづいていた。
■写真中下は、1853年(嘉永6)作成の尾張屋清七版・切絵図「今戸箕輪浅草絵図」。は、安藤広重が描いた『名所江戸百景』の第38景「廓中東雲(かくちゅうしののめ)」(部分)。手前に見える桜並木の通りが仲の町で、正面に見える小路は江戸町のいずれかの丁目だと思われる。
■写真下:黙阿弥作の『籠釣瓶花街酔醒』(通称「籠つるべ」)の舞台写真。昭和初期の撮影で、右のうしろ向き次郎左衛門は二代目・市川左団次、左の八つ橋は二代目・市川松蔦。書割には、引手茶屋がズラリと並ぶ仲の町通りが描かれている。このふたりの役者は、稀代の名コンビとして絶賛されたが、くしくも1940年(昭和15)にふたりとも相次いで病没している。


読んだ!(6)  コメント(13)  トラックバック(7) 
共通テーマ:地域

読んだ! 6

コメント 13

ChinchikoPapa

Krauseさん、いつもnice!をありがとうございます。
by ChinchikoPapa (2007-11-06 13:59) 

ChinchikoPapa

ご評価いただき、ありがとうございました。>Qちゃんさん
by ChinchikoPapa (2007-11-06 14:00) 

ChinchikoPapa

いくつかの記事も含めまして、ご評価いただきありがとうございます>>komekitiさん
by ChinchikoPapa (2007-11-06 14:01) 

ChinchikoPapa

いつもお励ましいただき、たいへん恐縮です。>takagakiさん
by ChinchikoPapa (2007-11-06 14:02) 

ChinchikoPapa

一真さん、nice!をありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2007-11-06 14:02) 

krause

こちらこそ、有難うございます。いつもnice押しばかりで恐縮です。いつも楽しくブログを拝見させて頂いています。
by krause (2007-11-06 14:28) 

ChinchikoPapa

わざわざ、ありがとうございます。
Krauseさんのブログも、楽しく拝見させていただいております。(^^
by ChinchikoPapa (2007-11-06 16:02) 

恵美子777

吉原と今の風景は、全く違うのでしょうね。

私が、実際に通ってみても、分からないと思います。

負の遺産は知らない間に消えてしまう運命でしょうか?
by 恵美子777 (2007-11-06 16:05) 

ChinchikoPapa

恵美子777さん、コメントをありがとうございます。
江戸期から明治にかけての面影は、いまやゼロといってもいいかもしれません。そもそも、1970年代半ばに日本堤の山谷堀が埋め立てられたころから、すでに昔日の面影はなくなってしまいました。
わたしは子供のころ、新吉原まではもちろん足を踏み入れてはいませんが、一度だけ山谷堀の近くへ今戸焼きを買いに、親父に連れて行ってもらった憶えがあります。そのとき周囲をよく観察していれば、ずいぶんとそれらしい風景が印象に残ったのかもしれませんが、今戸焼きの粗末で素朴ながら、かわいらしいキツネやタヌキに気をとられて、周囲の風情が印象に残りませんでした。
by ChinchikoPapa (2007-11-06 17:10) 

利口馬鹿

千束通りは、歩かれませんでしたか。1930年代前半の長谷川利行の油絵がありますが、広々した通りに3階建てに見える建物がずらりと続いて、壮観です。ただ、利行の絵は美しいものの、何が描いてあるのだか不明な状態で(文章の様に?笑)、小生にとって、なぞの通りとなっていました。
by 利口馬鹿 (2007-11-06 18:52) 

ChinchikoPapa

千束通りまでは行かず、熊手の鷲神社から国際通り側へと出て、三ノ輪へ引き返してしまいました。そういえば、長谷川利行があの界隈を描いてますね。
もう少し歩いて千束通りへと出れば、商店街があったのですね。出かけたのが日曜でしたので、ほとんどのお店が閉まってて、休むにも食べ物屋か喫茶店がなかなか見つからず、かといって新吉原の仲の町通りにあるものすごい意匠の喫茶店には入る気が起こらず(笑)、三ノ輪までもどってきてしまいました。
そういえば、長谷川利行が佐伯祐三の作品を観て、批評している文章があるのですが、記事を書くのをすっかり忘れてました。ものすごい文章ですが、近々アップいたします。(^^;
by ChinchikoPapa (2007-11-06 19:36) 

ChinchikoPapa

ponpocoponさん、TBをありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2008-02-28 23:47) 

ChinchikoPapa

そのほか、たくさんのnice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2009-06-16 13:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

トラックバックの受付は締め切りました