So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

下落合を描いた画家たち・宮本恒平。(1) [気になる下落合]

 

 目白文化村に住んだ画家に宮本恒平がいる。下落合で暮らしていた画家たちの中では、彼は比較的に裕福だった。第ニ文化村Click!が売り出されるとほぼ同時に、土地を購入して自宅兼アトリエを建てている。以前、空襲直後の文化村を描いた、宮本の『戦災後の文化村』Click!(1945年・昭和20)をここでも紹介している。
 1938年(昭和13)に描かれた『吾家の庭』と題される上の作品は、もちろん第ニ文化村の自邸(アトリエ)から南東の方角を向いて描かれた作品だと思われる。右手(南西)の方角から強い光が射していて、画面の陰影が濃いので夏の午後だろうか? 正面には、道路を隔てた向こう側の家が描かれている。この作品が描かれる2年前(1936年)の空中写真を見ると、庭には樹木が繁っているだけだが、戦後の1947年(昭和22)の写真には庭に大きな別棟の建物や小さな東屋のようなものが建設されているので、このような光景ではなかったのではないだろうか。邸の南東に面した部屋にイーゼルをすえ、窓を開けて庭先を眺めた風景のようだ。
 
 もうひとつ、1928年(昭和3)に制作された『落合風景』は、翌年の1月に開催された「第四本郷展」へ出品されている。樹木の間から草原を横切る、まるでハイキングコースのような横木を渡した坂道らしい小径が見えている。その向こうには、中腹に家々が建ち並んだ丘が見える。遠景には、河岸段丘のような小高い丘(森?)の連なりがうっすらと描かれている。地形は、画面の左手へ向かって少し傾斜しているように見える。宮本がイーゼルを立てているところも、丘上あるいは坂の途中のような場所だ。この描画ポイントがどこなのか、正確にはわからない。ただし、昭和初期の風景を前提とすると、自宅のある目白文化村からそれほど離れてはいないような気がする。
 
 宮本邸のあった第ニ文化村の坂下、六天坂や見晴坂が通う翠ヶ丘の斜面、あるいは市郎兵衛坂のほうへと抜ける傾斜地には、1936年(昭和11)現在でも広大な原が拡がっているのが見てとれる。この草原のどこからか、彼は西の方角を向いてこの作品を仕上げたのではないか。目白崖線の下には、すでに西武電気鉄道が開通していた時期なので、線路や妙正寺川らしいものが見えないところをみると、左手の下が中ノ道の通うバッケ下、正面に見えているのは第ニ文化村からアビラ村Click!方面にかけての眺めのようにも思える。1940年(昭和15)前後なると、この手前にあるやや傾斜した広大な草地で改正道路(山手通り)の工事が始まり、1967年(昭和43)には十三間通り(新目白通り)が貫通し、5~10mも掘削されて地形そのものが大きく変わってしまう一帯だ。
 1970年代、下落合のあちこちを歩きまわっていたころ、わたしは第ニ文化村の宮本恒平邸を実際に目にしている。一見、コンクリート造りのように見えた邸だが、木造モルタル造りの西洋館だった。また、画家のアトリエとは思わず、目白文化村に建てられたモダンなお屋敷のひとつとして見ていた。空襲をスレスレにまぬがれた宮本邸は、玄関先に茂る大きな針葉樹と白い垣根が印象的な邸宅だった。この玄関先の樹木は、低層マンションになった現在でも見ることができる。

■写真上は、宮本恒平『吾家の庭』(1938年・昭和13)。は、解体される前の宮本邸。
■写真中は、1947年(昭和22)の空中写真にみる宮本邸。庭には、すでに大小の建物が見えている。は、いまもマンションの南側に残る、旧・宮本邸の大谷石製の塀。
■写真下は、『落合風景』(1928年・昭和3)。は、同作に描かれたと思われる広い草原。
 


読んだ!(1)  コメント(9)  トラックバック(5) 

読んだ! 1

コメント 9

Mr.カラスコ

お久しぶりです。
期間限定だそうですが、面白い地図サイトを見つけました。
http://map.yahoo.co.jp/kochizu/
by Mr.カラスコ (2007-02-01 15:24) 

ChinchikoPapa

はい、わたしも、はにぞうさんのコメントで教えていただき、楽しんでいました。ときどき、このサービスのアプリケーション版である丸善発売のソフトを参照しているのですが、やはりサイトにあると便利ですね。
期間限定にしないで、Web2.0的な発想でずっと置いてくれるとありがたいのですが、ソフトが売れなくなるからダメでしょうね。(笑)
by ChinchikoPapa (2007-02-01 17:22) 

Mr.カラスコ

すでに話題に出てましたか。
丸善のソフトも知りませんでした。早速調べてみます。
昭和初期あたりの地図もあるといいですね。
by Mr.カラスコ (2007-02-02 11:04) 

ChinchikoPapa

発行が株式会社エーピーピーカンパニーで、発売が丸善株式会社のアプリ「江戸・明治・東京重ね地図」という製品です。
http://pub.maruzen.co.jp/cd_others/edo_meiji_tokyo/index.html
発売当初は、「江戸・東京」だけだったのですが、「明治」の地図がはさまって、4,000円ほど高くなってしまいました。(^^;
by ChinchikoPapa (2007-02-02 11:11) 

Mr.カラスコ

情報有難うございました!
早速注文しました。
しかしパソコンといいインターネットといい、
便利な世の中になったものですね。
by Mr.カラスコ (2007-02-04 12:38) 

ChinchikoPapa

ほんとに! 苦労して標定図とにらめっこしながら空中写真を取り寄せたり、元図を忠実に複写した切絵図を求めて図書館や古書店を探し回っていた数年前が、まるでウソのようです。(^^
by ChinchikoPapa (2007-02-04 13:13) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2009-12-25 13:20) 

pinkich

いつも楽しみに拝見しております。版画堂さんのカタログに宮本恒平作品が掲載されております。ルノアール調の婦人像です。papaさん所属の耳野卯三郎のアトリエを描いた作品の北欧風の画風とも異なり、画風の変遷が興味深いです。
by pinkich (2018-10-06 09:16) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、コメントをありがとうございます。
ルノアールばりの人物画というと、かなり古い作品かもしれないですね。実は、以前ご紹介いただいた彝の『林泉園風景』ですが、描画ポイントが判明しましたので、近々記事にしたいと思っています。また、第二文化村の宮本恒平アトリエの詳細もご紹介予定です。
by ChinchikoPapa (2018-10-06 17:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました