So-net無料ブログ作成

ジャズ歯医者。 [気になる音]

 わたしが、定期健診に通っている歯医者さんは、なんとJAZZ歯医者だ。いつも朝っぱらから、マイルスやコルトレーン、バードやペッパーなどをけっこうな音量で流してる。JAZZ喫茶とかJAZZバーとかは聞くけれど、JAZZ歯医者というのは珍しい。きっと、わたしの主治医は、かなりのJAZZファンなのだろう。よく聴いてると、それがけっこうマニアックな選曲をしていて、1964年トロント・ライブのフリー突入直前をとらえた『マイ・フェイバリット・シングス』(コルトレーン)とか、アルトを質に入れたバードがテナーを持って演奏する『スウェディッシュ・スナップス』とか、いわゆる“名盤”と呼ばれる作品ではなくて、濃いJAZZファンだったらついニヤッとするような玄人好みのアルバムを選んで流している。昨年のクリスマスには、文字どおりマイルスとモンクのPrestigeクリスマスセッション(俗に喧嘩セッション)が流れていて、思わず大きなマスクをした先生に両目でウィンクをしてしまった。
 いつも口をアーンと開けて、歯石を取ってもらってるから、改めて「はひゅははれかおふひれふは?(JAZZは誰がお好きですか?)」などと間の抜けた質問もできないし、なかなか詳しいことを訊けないでいる。それに、彼女は治療に熱中するとちょっと怖いし、ちゃんと歯磨きを実行してないと容赦なく叱られる。でも、キーーンと水圧で掃除されたり、ガーーッと歯ヤスリで磨かれたりしているとき傍らでJAZZが流れていると、とても救われるのだ。「この曲は海からの帰り、横浜の“ちぐさ”でリクエストした」とか、「懐かしの田園コロシアム版ライヴ・アンダー・ザ・スカイで生を聴いたぜ」とか、サウンドとともに思い出がよみがえり、とにかく気がまぎれて現実逃避にはもってこい。
 そんな楽しみもあって、ずいぶん以前からJAZZ歯医者さんへ通っているのだが、先週出かけてみて驚いた。いつもの4ビートや8ビートじゃなく、ピアノのソロが流れていたのだ。「おや、きょうは珍しくキース・ジャレットかリッチー・バイラーク、はたまたレイ・ブライアント路線か?」と聴き耳を立てたら、…ぜんぜん違うのだ。そのうちストリングスが加わって、なんと『冬のソナタ』のサントラCD。どうも彼女、「冬ソナ」にいかれちゃってJAZZを流すのをやめてしまったようなのだ。先生、お願いだからJAZZを流して。「冬ソナ」じゃ、キーーンにガーーッの気がまぎれません!(汗)


読んだ!(3)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容・健康(旧テーマ)

読んだ! 3

コメント 16

かあちゃん

世にも珍しい歯医者好きなかあちゃんです、こんにちは!
治療の最中に口を「パクパク」開けてうがいを「ぺ」っと
わざと大きな声を出してやったら反応するかしら(>_*)☆\(^_^;)
by かあちゃん (2004-12-01 18:15) 

ChinchikoPapa

歯医者好きとは珍しい! 虫歯ではお世話になったことはありませんが、定期メンテナンスも虫歯治療と同じぐらいに、キーキーガリガリやるようなのです。JAZZを聴きながらだと、その時間を忘れられるのですが、「冬ソナ」だとジトッとしてよけいに煩わしく感じたりして。(笑) うがいを「ペッ」なんてしたら、二度と口きいてもらえなくなりそうな…。(^^;
by ChinchikoPapa (2004-12-01 19:32) 

かあちゃん

あ、歯医者さん好きの間違いでした<意味が違う(>▽<;;
確かに治療中のBGMは大事ですよね~。(虫歯の治療がないのは
素晴らしいですね!)
冬ソナだと痛くなくても涙しちゃいそう(;_;)
んー、韓流と安全地帯がだぶってしまうのは私だけ?
by かあちゃん (2004-12-01 23:51) 

ChinchikoPapa

きっと歯医者さんにとっては、「ユジン」にこれでもかと繰り返し痛めつけられても痛めつけられても、懲りないで通ってくる「サンヒョク」のようなマゾヒスティックかつ自虐的な人が、理想的な患者なんじゃないかと思います。(笑)
あ、かあちゃんさんは「冬ソナ」をご覧じゃなかったですね。(^^;
by ChinchikoPapa (2004-12-02 12:23) 

せろ

ChinchikoPapaさん、はじめまして。粋なblogですね。
JAZZ歯医者さんは確かに珍しいですね。
私もソナタよりもジャズの方が気が休まるように思います。
そういえばマイルスは歯医者さんの息子でしたっけ。
by せろ (2005-02-18 13:08) 

ChinchikoPapa

せろさん、はじめまして。(^^
先日、再び定期健診に行ったら、ジャズのBGMにもどってました。(笑) 「冬ソナ」の“はしか”は終わったようなのです。先日かかっていたのは、デイブ・ブルーベック・カルテットのDisneyアルバムでした。そういえば、マイルスの父親は歯医者さんでしたね。だから、比較的裕福に育てられたとか・・・。
せろさんのブログ、とてもクールでかっこいい。ときどき寄らせていただきます。
by ChinchikoPapa (2005-02-18 13:54) 

読んでいて思わず、ニヤリとしてしまいました。
是非言ってみたいです!
by (2005-03-27 02:23) 

ChinchikoPapa

takujazzさん、nice!をありがとうございます。今週末に、2ヶ月に一度の定期健診があるのですが、また先生から「ブラシがちゃんと当たってませんよね~。歯間ブラシはちゃんと使ってくださいね~。ヤニは相変わらずですよね~。できれば、やめてくださいね~」・・・等々、いろいろ叱られてきます。(笑)
by ChinchikoPapa (2005-03-27 14:22) 

いのうえ

Chinchiko Papaさん こんにちは。 掘り起こしちゃって すみません。
というのも こんな歯医者さん見つけたものですから。

http://asabo.exblog.jp/1873280/
by いのうえ (2005-04-24 23:10) 

ChinchikoPapa

おおっ、こちらはヘッドホン+映画歯医者ですか。現実逃避にはもってこいですけれど、治療にかかるとヘッドホンを外されるのが惜しいですね。でも、モニタに「呪怨」とか「こっくりさん」とか流したら、秋葉OLさんはダブル恐怖で失神かな。(笑) ヘッドホンではなく、イヤホンなら治療には邪魔になりそうもないですのに。
by ChinchikoPapa (2005-04-24 23:26) 

私の

通っている歯医者さんも、かなりジャズ歯医者です。
待合室はプロジェクターでジャズ映像が映されているし、
診療室の中にもの凄い大きいスピーカーがあり、真空管のアンプで
モダンジャズが流れています。
by 私の (2006-05-27 21:52) 

ChinchikoPapa

真空管アンプということは、4ビートの40~50年前のバップかハードバップあたりでしょうか。診療室に巨大なスピーカー(アルテックかJBL?)があるなんて、ほとんどJAZZ喫茶のノリですよね。(笑) わたしも真空管アンプを使っていますが、JAZZではなく、クラシック専用にしています。
わたしの歯医者は、最近なんでもありみたいでJAZZばかりでなく、いろいろな曲が流れています。ひょっとすると、このブログをお読みで、「JAZZはもうかけてあげない。映画音楽でもお聴き」・・・なのかもしれませんね。でも、映画音楽では気が紛れないんです。(^^;
by ChinchikoPapa (2006-05-28 01:10) 

Marigreen

実を言うと、私はジャズ音痴なのだ。ジャズと演歌は良さがわからないのだ。
ところでエルトンジョンの夫人が男性だと知ってましたか?私は、昨日初めて知りました。
by Marigreen (2012-10-19 17:15) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
わたしは、ポップスやロックの音痴なので、ぜんぜん知りませんでした。ひと口にJAZZといってもこの100年ほどの間に2ビートから4ビート、8ビートから16ビートまで、まったくちがう音楽だと思いますが・・・。
by ChinchikoPapa (2012-10-19 19:09) 

ChinchikoPapa

ずいぶん以前の記事にまで、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2014-06-30 17:38) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2014-06-30 17:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました