So-net無料ブログ作成
検索選択
気になるWebサイト ブログトップ

アクセスランキングにみる記事ベスト10。 [気になるWebサイト]

タヌキ+九条武子.jpg
 2004年11月にこのブログをスタートして以来、アクセスが多い記事にはどのようなものがあるか、丸8年が経過したいま興味がわいたので調べてみた。期間は2004年11月24日から、2012年11月11日までのほぼ8年間にわたって掲載した、1,434の記事が対象だ。もっとも、過去の記事になればなるほど、アクセス数が多いのは自明なので、ここ3年弱のベスト10の記事もついでに調べてみる。結果は、以下のとおりだ。(カッコ内は11月11日現在のアクセスカウント)
◆総合ランキング(2004年11月24日~2012年11月11日)
 総合1位:下落合が気になったわけ。 (34,012人)
総合1位.jpg
 これは、下落合を舞台にしたドラマ『さよなら・今日は』に関する初出の記事で、いまや記事のコメント欄が情報交換のボードのようになっており、コメント数もゆうに350を超えている。NTV関係者の方、あるいは映像ソフトの企画部門の方がご覧なら、2,000セットほどの限定販売(30,000円超の価格だろうか)で、十分に採算が合いそうな数字の感触では?
 総合2位:特報! タヌキの森裁判が全面勝訴。 (20,503人)
総合2位.jpg
 総合3位:さようなら、パンの「神田精養軒」。 (18,016人)
総合3位.jpg
 総合4位:ご近所でしたら、いつでもどうぞ。 (16,206人)
総合4位.jpg
 総合5位:本郷の岩崎美喜と、大磯の澤田美喜。 (14,898人)
総合5位.jpg
 総合6位:「荻外荘」で“近衛の桜”を拝見。 (12,353人)
総合6位.jpg
 総合7位:住民に罵声をあびせる「説明会」とは何事だ? (12.227人)
総合7位.jpg
 総合8位:高橋お伝の弁護をしよう。 (12,129人)
総合8位.jpg
 総合9位:劉生日記にみる関東大震災の予兆。 (10,774人)
総合9位.jpg
 総合10位:ページ全段が不倫騒動の朝日新聞。 (10,659人)
総合10位.jpg
◆次点
 総合11位:ネコ好き歌好きキレイ好きの九条武子。 (10,128人)
総合11位.jpg
 総合12位:B29が目白に墜ちてきた。 (10,373人)
総合12位.jpg
 「タヌキの森」は、他の記事も含めてアクセス数が多いテーマだ。また、下落合から「神田精養軒」がなくなってしまったことは、この地域に限らず東京全域にお住まいのみなさんが、相当ガッカリされている様子がうかがわれる。ミツワ石鹸も復活していることだし、1日でも早い事業再開で美味しいパンを再びとどけてほしい。高いアクセス数で意外なのが、大磯の澤田美喜に関する記事だ。上掲の記事に限らず、大磯に関する記事は人気が高い。
 もうひとつ意外なのは、下落合やその周辺域に住んでいた旧・華族について書いた記事へのアクセスが案外多いことだ。特に、九条武子に関する記事への関心は高く、彼女のどこにそれほど魅力があるのか、わたしにはよくわからない現象のひとつ。また、江戸期の(城)下町のエピソードに関する記事も、コンスタントにビジターを集めている。
 総合ランキングでベスト10入りした画家は、3.11の前日に震災がらみで書いた岸田劉生についてだった。この記事は、東日本大震災の直前に書き、3月11日をはさみ12日まで更新しつづけている。さて、8年間の記事すべてが対象では、古い記事の閲覧数が多いのはあたりまえなので、ここ3年弱の記事にしぼってランキングを調べると、どのような傾向が見えてくるだろうか?
劉生センセ+サエキくん.jpg
◆過去3年間ランキング(2010年1月2日~2012年11月11日)
 短期1位:補助73号線のために中央図書館がどく? (6,693人)
3年内1位.jpg
 おそらく、計画道路沿い(池袋・上屋敷・目白・下落合・上戸塚)の住民のみなさんが、強い危機感を抱いてアクセスされていると思われる。補助73号線に関する記事は、ほかにもいくつか書いているが、いずれも高いアクセス数をしめし、この問題についての関心の高さがうかがわれる。
 短期2位:前代未聞の「佐伯祐三」展。 (6,331人)
3年内2位.jpg
 短期3位:「荻外荘」の応接室を拝見する。 (5,369人)
3年内3位.jpg
 短期4位:目白にあった八甲田の雪中行軍写真。 (4,703人)
3年内4位.jpg
 短期5位:旧・陸軍東京第一衛戍病院へ入院しよう。 (4,288人)
3年内5位.jpg
 短期6位:愛しさ怖さガブのみ写真集。 (3,675人)
3年内6位.jpg
 短期7位:午前7時の九条武子。 (3,568人)
3年内7位.jpg
 短期8位:不可解な諏訪通りガードのトンネル工事。 (3,455人)
3年内8位.jpg
 短期9位:「標準語」は東京弁じゃないってば。 (3,169人)
3年内9位.jpg
 短期10位:佐多稲子のルポ・戸山アパート1953年。 (3,157人)
3年内10位.jpg
◆次点
 短期11位:江戸の製法そのままのゴマ油。 (3,153人)
3年内11位.jpg
 短期12位:一世を風靡した蕗谷虹児の少女たち。 (3,115人)
3年内12位.jpg
 最近の記事でみると、旧・陸軍の施設が林立していた戸山ヶ原関連のテーマがよく読まれているのがわかる。もっとも、わたしが集中的に取り上げたせいもあるのだけれど・・・。画家では、佐伯祐三と蕗谷虹児がランクインしている。文楽のガブが6位に入っているのは、きっとなにか別の写真集と勘ちがいしたアクセスが多いのではなかろうか?w
 ここでも、九条武子は強い。また、記事全体を通じて言えるのは、戦争に関連した記事の閲覧数が多いことだ。おそらく目白・落合地域をはじめ、戦争を同時代に体験した東京の方々からのアクセスが多いのではないだろうか。小野田製油所のゴマ油のランクインは、きっと混じり気のないピュアな美味しさから全国的に人気が高いせいだろう。ちなみに、わたしも昔から愛用しているし、下落合ならではの物産をご紹介したまでで、広告宣伝費はもらっていません。念のため。
 このほか、佐伯祐三に関する記事はコンスタントに読まれ、また福島第一原発の事故以降は貝原浩とチェルノブイリ関連の記事へのアクセスが急増しているのが目立っている。(城)下町のテーマでは、わたしの故郷である日本橋界隈を紹介した記事への訪問者が多いようだ。


読んだ!(24)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

軍事施設なみのデータセンター。 [気になるWebサイト]

 日本で最大規模のデータセンターへ行ってきた。警戒はきわめて厳重で、そのセキュリティは軍関係の施設なみだ。米国では、政府関連のネットワークシステムが入るデータセンターでは、実際に自動小銃を持った兵士たちが警備していると聞いている。日本はそれほどでもないが、それにしてもまるで要塞のような堅牢な造りをしている。通信キャリア側は明かさないが、おそらく政府関連のシステムも多数収容しているのだろう。大手プロバイダの主要システムや、これからの通信の主役であるIPセントレックスのサーバ・スイッチ群も、ここで稼動しているそうだ。
 なんのことはない、単にうちの会社のサーバを、「どんなところに設置されてるのかな?」とSEの作業にくっついて見に行っただけなのだが、そのものものしい警備ぶりと大がかりな設備にすっかり驚いてしまった。もちろん、撮影は全面禁止。何重にもかけられたセキュリティロックを通過しながら、ようやくサーバラックのある部屋までたどりつくわけだが、まるで刑務所に入ったような感じ。ビル全体に窓がきわめて少ないのも、異様な感覚にとらわれる要因なのだろう。セスナ機やヘリコプターがぶつかっても、ビルはびくともしないに違いない。
 建物は、震度7強の地震にも余裕で耐えられる構造で、木造住宅でいうと筋交いのような、極太の大きな鉄骨が斜めに入り、独特なしかけから建物の揺れを強力に吸収するらしい。巨大な高圧電線をじかに引き込んでいるので、建屋にはまるで電力会社のようなコントロールパネルが設置されている。万が一の停電時には、巨大なUPS群がバックアップし、停電が長引くようなら備えつけられたジェットエンジンが、いっせいに稼動して発電することになっている。そう、単なる大型発電機ではなく、旅客機に取りつけられるホンモノのジェットエンジンが、ビルの中にいくつも設置されているのだ。実際に見学したが、まさに旅客機のジェットエンジンそのものだった。

 こんなすごいところに、しょぼいしょぼいサーバをハウジング(預託)しているのかと思ったら、すっかり気がひけてしまった。テロの危険性は、米国ほど高くない日本のことだから、もう少し手を抜いてもらってハウジング費用を安くしてくれませんか?(><;☆\

■写真は窓がない要塞のようなデータセンター、はハウジングしているラックマウントサーバの一部。冷蔵庫ぐらいあったサーバが、同性能でもずいぶん小さくなった。


「下落合みどりトラスト基金」Webサイトがスタート。 [気になるWebサイト]

 「下落合みどりトラスト基金」のWebサイトがスタートした。できるだけ、検索ロボットにひっかかりやすいように、テキスト主体のシンプルな作りをしている。このサイトを閲覧すると、「下落合みどりトラスト基金」が発行しているパンフレットと、ほぼ同様の情報を知ることができるほか、随時、最新ニュースなどの掲載も予定している。みなさんの力で少しでも基金が充実し、第2の「野鳥の森公園」とでもいうべき、E邸が公共施設となってくれることを願う。
  「下落合みどりトラスト基金」Web Stage Click!
 また、あさってから、立てつづけに「下落合」と「E邸」がTVに登場する。NHK総合とNTV(日本テレビ)だが、後者はかなり長い間、撮影隊が下落合に入っていた。NHKのほうは再放送だが、最後に下落合ダヌキも紹介される。放映プログラムは、次のとおり。
  日本テレビ『報道特捜プロジェクト』 2月12日(土) 13:30~14:50
  NHK総合『地球だい好き~環境新時代~』 2月13日(日) 4:30~4:55(早朝)
 また、「下落合みどりトラスト基金」Web Stageでは、以下のリンクボタンを用意して、できるだけたくさんのサイトへのリンクをお願いしている。下落合や新宿を愛する方々はもちろん、目白・下落合界隈を散歩されるのが好きな方々、東京に少しでもみどりを残したいと共感いただける方々も、サイトをお持ちならぜひリンクボタンを設置してほしいと思う。

 重ねて、よろしくお願い申し上げるしだいです。m(__)m


★旅と散歩の部屋 [気になるWebサイト]

 わたしがよく訪問させていただき、おのさんが開設されている「旅と散歩の部屋」Webサイト。広島県・尾道市の情報を中心に、多彩な旅行や散歩のコンテンツがこれでもかというぐらい豊富に展開されている。おのさんとはご近所で、よく出かける喫茶店で偶然にもお近づきになり、尾道に一度も降り立ったことはないわたしでも、かろうじてお仲間に加えていただいている。(いつか出かけなければ…) 単なる「情報伝達」ではなく、さまざまなフィードバックを取り込んだインタラクティブ(双方向的)なWebサイト作りはこうあるべし…という、まさにお手本のようなサイトなのだ。
★旅と散歩の部屋
 http://homepage2.nifty.com/ONO_MICHI/


★三歩で散歩 [気になるWebサイト]

 宮沢さんが開設されている、「三歩で散歩」のWebサイト。東京・鎌倉・尾道・名古屋と、各地の珍しい情報や素敵な写真が、宮沢さん独特の視野・視点で満載の楽しいサイトだ。ほんとうは、「リンク集」というような部品があって、Webサイト紹介のエリアを設定できればいいのだが、このブログサービスでは「読んでるブログ(RSS)」のモジュールしかない。つまり、RSS機能に対応しているブログ以外のWebサイトは、このエリアに登録できないようなのだ。
 じゃあどうしよう?…ということで、「気になるWebサイト」というフォルダを暫定的に設けることにした。早く、Webサイトへのリンクエリアのモジュールができますように…。すみません>宮沢さん
★三歩で散歩
 http://homepage3.nifty.com/3podesampo/


気になるWebサイト ブログトップ