So-net無料ブログ作成

落合第四小学校の開校記念写真。 [気になる下落合]

落四小校庭1.jpg
 先日、資料を整理していたら、めずらしい写真を見つけた。1932年(昭和7)4月に設置された落合第四尋常小学校Click!の開校時を含む、戦前に撮影された写真が載った冊子だ。掲載されていたのは、2002年(平成14)に発行された『落四のあゆみ/開校70周年記念誌』だ。以前、堀尾慶治様Click!がお持ちの1941年(昭和16)卒業アルバムClick!に掲載された写真をご紹介しているが、開校直後に撮影されたとみられる画面は、それより9年前の写真ということになる。
 まず冒頭の写真は、1932年(昭和7)の開校から間もない時期に撮られた写真で、西側の校舎ぎわから校庭で体操する生徒たちを撮影したものだ。南(右手)へと下る相馬坂の向こうには、相馬孟胤邸Click!の敷地内にあたる御留山Click!がきれいに見えている。ちょうど正面やや右手が、現在のおとめ山公園で四阿(あずまや)が設置されているピークにあたる。校庭の右端に見えている、斜めの棒のようなものは低学年用に設置されたすべり台の一部だ。左に見えている校庭掲示板のさらに左側に、相馬坂から校庭へと入る校門がある。
 写真は、陽射しの方角と人物たちの影から朝礼風景だろう、校庭に集合する生徒たちをとらえたものだ。校庭の中央あたりから“「”字型の校舎の角のほうへカメラを向けてシャッターを切っている。おそらく開校後間もないころと思われ、“「”型校舎の角に大型拡声器(スピーカー)がいまだ設置されていない。また、画面左側の校舎前に植えられたヒマラヤスギの丈が小さく、教室1階の窓をいまだ越していない。
 写真は、高学年の授業風景を撮影したものだ。写真が粗すぎて、黒板の白墨文字が読みとれないが、「〇〇〇〇の長所短所」と書いてあるように見えるので社会科の授業だろうか。写っているのは男組で生徒数は多く、確認できるだけでも35人ほどが写っている。画面左の枠外、窓側に座る生徒たちを含めると、1クラス45~50人ほどになるだろうか。まだ1932年(昭和7)ごろの教室なので、教壇の横に「一億一心」とか「これからだ/出せ一億の底力」といった、戦時標語Click!のポスターは貼られていない。
 写真は、落合第四尋常小学校の開校時から少したって撮影された、“「”字型校舎の角にあたる部分だ。ヒマラヤスギの丈が伸び、校舎の角には大型拡声器(スピーカー)が設置されている。花壇も設置されたのか、ヒマラヤスギの下には白い垣根が見えているが、昇降口の右手に生えていた樹木がなくなっている。代わりに土が掘り返され、新たに花壇を造ろうとしているようだ。ちなみに、9年後に撮影された1941年(昭和16)の卒業アルバムには、校舎の角に写る大型スピーカーが見えない。近隣から苦情がでて、少し小型の四角い野外スピーカーに付け替えたものだろうか。
落四小校庭2.jpg
落四小授業風景.jpg
落合第四小学校1938.jpg
 少し余談だけれど、落合第四小学校のチャイムの音が、1990年代に入ってからほとんど聞こえなくなった。おそらく、ご近所から「うるさい!」といわれて、だんだんボリュームを下げていった結果だろう。1970年代には、かなり遠くまでチャイムの音が響いていたし、近隣の家々では窓を閉め切っていたとしても落四小のチャイムClick!は聞こえたはずだ。そのチャイムの音と時間で、「そろそろお昼か」とか「ああ、もうそんな時間か」とか、生活のサイクルをまわしていた方も少なからずいたにちがいない。
 きっと、落合第二尋常小学校Click!のスピーカーから流れる童謡に腹を立てていた宮本百合子Click!のような人がいて、学校に申し入れをしたのではないだろうか。確かに文章を考えているとき、「チーチーパッパ」が大音量で流れてきたら、わたしも家から逃げだして喫茶店にでも避難するだろう。また、なにか作曲中の音楽家の方にしてみれば、たまったものではない。運動会が近づくと、落四小では下落合一帯の住宅へ運動会の行事用にスピーカーから音楽を流すから、あらかじめ「ご了承ください」というようなチラシを撒くようになったので、よほど気をつかっているのがわかる。
 次の写真は、1937年(昭和12)に校庭の崖下へプールが完成したときの記念写真だ。男組と女組と思われる2クラスが写っており、右手の崖上に校庭が拡がっている。プールの背景(西側)には、大倉山(権兵衛山)Click!の山麓の緑がとらえられているが、この時期の大倉山はほとんど宅地開発がなされておらず、いまだ権兵衛坂Click!も存在していない。斜面には濃い樹林が繁り、山頂のあたり一帯には草原がひらけ、大倉山の神木だったカシの巨木Click!も、大きな枝を拡げていただろう。かろうじて山頂の北側には、テニスコートと数戸の小さな建物が確認できる程度だ。また、写真にとらえられた背景の林のさらに西側(正面左手)には、落合キリスト伝導館(旧・基督伝導隊活水学院Click!)の大きめな建物があるはずだが、樹林が濃くて建物のかたちを確認できない。
落四小校舎.jpg
落四小プール.jpg
写真まちがい.jpg
下落合横穴古墳発掘現場.jpg
 『落四のあゆみ/開校70周年記念誌』では、1941年(昭和16)の日米開戦から学童疎開Click!、空襲の様子なども伝えている。同誌から、少し引用してみよう。
  
 戦争はますます激しくなり、東京の町にも空襲があり、たくさんの爆弾が落とされるようになりました。昭和19年、4年生以上の子どもたちは、空襲をさけて学童疎開をしました。第1次として266名が、茨城県西茨城郡西山内村の西念寺などに出発しました。その翌年には、第2次として、群馬県佐波郡芝根村の常楽寺(42名)・法連寺(27名)などに疎開しました。茨城県に疎開していた児童は、県下の空襲が激しくなり、後に群馬県の疎開先に合流しました。/疎開中は、お寺で寝起きしたり、勉強したりしました。食べ物や薬さえ不足し、がまんばかりのきびしい生活でした。/下落合もたびたび空襲を受け、多くの家屋が焼けました。/落合第四小学校の校庭にも爆弾が落ち、炎が上がりましたが、当時校舎を使用していた警視庁警備隊や、地域の人々の協力で消し止められ、校舎は焼けずにすみました。
  
 もし校庭に250キロ爆弾でも落ちたら、爆風で下見板張りの脆弱な校舎は相当なダメージを受けたと思われるので、消火が必要だったのは焼夷弾だろう。
 さて、戦時中の記述に添えられた写真のキャプションが、ちょっとおかしい。まず、「戦争当時のまちの様子」として紹介されている写真だが、これは1928年(昭和3)の冬(おそらく雨量換算で50.3mmの大雪が降った2月14日の数日後)、1926年(大正15)に練馬Click!へ移転した目白中学校Click!の広大な空き地から、目白通り方面の商店街を撮影した写真Click!だ。いまだ大正期の姿を残した目白通りの様子で、1928年(昭和3)の時期を「戦争当時」とはいわないだろう。ちなみに、日米開戦当時の1941年(昭和16)には、目白通りの拡幅も済み、目白中学校の跡地にはすでに家々が建ち並んでいる。
 また、空襲による「焼けあと」として紹介されている写真だが、これは1966年(昭和41)7月15日に「落合新聞」Click!竹田助雄Click!が撮影した写真で、下落合2丁目829番地(現・下落合4丁目)で宅地造成中のパワーショベルの土に人骨が混じり、驚いて作業を中止した建設会社のスタッフたちが写っている。つまり、下落合の横穴古墳群Click!が発見された瞬間で、戦争や空襲とはまったく関係のない写真だ。(爆!) 写真へ半円とともに書きこまれた2・3・4の白い数字は、第2号墳から第4号墳までの位置を示しており、写真の出典は新宿区教育委員会の報告書か、調査を担当した早稲田大学の資料だろう。
 落合第四小学校はそろそろ90周年も近いので、また『落四のあゆみ』のような冊子を制作するのであれば、上記2点の写真はぜひ差し替えていただきたい。
落合第四小学校1936.jpg
落合第四小学校19450517.jpg
落四小空中2002.jpg
 最後に、もうひとつ気になったのは画家の西原比呂志が描いた挿画だ。『落合翠ヶ丘』というタイトルで、おそらく縄文時代をイメージして描いていると思われるが、土器の表現を除いて、これではプレ縄文期の旧石器時代人のイメージだ。前世紀の三内丸山遺跡の発掘以降、次々と新たな発見により縄文時代のイメージが大きくくつがえり、稲作も含め弥生時代との区別が曖昧になりつつあるので、縄文人=槍を振りまわす「ウッホウホホの原始人」(それにしては、やたら高度で芸術的な土器を焼くアンバランスな人々w)のような、子どもたちに誤解を与える表現は避けるべきではないだろうか。

◆写真上:1932年(昭和7)の開校から間もないころ、校庭で撮影された体育授業。
◆写真中上は、朝礼時に撮影された1葉。は、開校当時の授業風景。は、1938年(昭和13)の「火保図」にみる落合第四尋常小学校と撮影ポイント。すでにプールは竣工していた時期なので、「火保図」の採取ミスと思われる。
◆写真中下は、大きな拡声器が取り付けられた校舎。は、1937年(昭和12)に校庭下へ設置されたプールの記念写真。は、キャプションがおかしい写真2葉と、「焼けあと」の全景写真である1966年(昭和41)7月15日に竹田助雄が撮影した下落合横穴古墳群の発見現場。左手に、人骨を掘りあてたパワーショベルが写っている。
◆写真下は、1936年(昭和11)に撮影された落四小でプールはまだ設置されていない。は、1945年(昭和20)5月17日にB29偵察機から撮影された落四小。同年4月13日夜半の空襲で、周囲の延焼が確認できる。は、2002年(平成14)の開校70周年のときに撮影された空中写真。同小学校のプールは、落合第四幼稚園の屋上に移設されている。

読んだ!(20)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 20

コメント 27

古田宙

落四の旧校舎とプールは、私が入学した時も写真のままでした。暖房用のストーブの煙突も時代を感じさせますね。いつ校舎の建て替えをしたのか調べてみたいです。プールの使用再開は1940年代末だったような記憶があります。男子は皆“六尺”着用でした。今キャップが必須ですが、それもなかった時代でした。
by 古田宙 (2017-07-24 07:16) 

ChinchikoPapa

古田宙さん、コメントをありがとうございます。
1970年代の半ばには、すでに鉄筋校舎になっていた印象がありますね。木造校舎を見た記憶がありません。いまでは、1Fに幼稚園の入る校舎の屋上プールで水泳の授業を行っているようですが、夏休みに入ると各学年で「プール開放日」があって、子どもたちが楽しみにしています。
そういえば、神田川でも水泳教室(水遊び教室?)があるらしく、去年でしたか戸塚地域センターの横で、水着姿の小学校低学年の生徒たちがたくさん神田川へ入っていました。
by ChinchikoPapa (2017-07-24 13:57) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>はじドラさん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:24) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:25) 

ChinchikoPapa

アナログの一眼レフを「卒業」したあと、いくらお小遣いがあっても足りなくなりそうですので、デジタル一眼レフには手を出していませんが、アナログ時代のレンズを互換マウントで活かす手はありますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:28) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:29) 

ChinchikoPapa

海岸線に巌が現れると、目がクギづけになります。「一見ゴジラ岩」は、1954年の初代のゴジラが咆哮しているフォルムですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:35) 

ChinchikoPapa

このC.ヘイデンアルバムは、学生時代のリアルタイムです。『For Turiya』が印象的で、美しいですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:39) 

ChinchikoPapa

ヒンデンブルグ号の浮揚用水素ガス爆発事故が想い浮かびますが、水素ガスは爆発・燃焼力が強いので要注意ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:45) 

ChinchikoPapa

セミ時雨が、もうあちこちで聞かれますね。きょうもこちらは猛暑で、ちょっと外に出ると汗びっしょりです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 14:48) 

ChinchikoPapa

ギンヤンマの♀でしょうか、とてもきれいですね。ひとつ前の記事で、稲の葉にとまっているのはウスバキトンボのようです。大きな群れをつくって海を渡ってくる謎の多いトンボですが、こちらでも草原があると群れで飛んでいるのを見かけます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 20:43) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>hirometaiさん
by ChinchikoPapa (2017-07-24 21:53) 

ChinchikoPapa

以前、和歌山県の熊野古道に湧く清水を飲んだことがあるのですが、生れたときから富士山の火山灰土壌(関東ローム)のやわらかめな水を飲み馴れているせいか、舌の両側にちょっとした苦みというかエグミを感じました。日本酒に凝りはじめますと、仕込みに使用する水の質にもこだわりたくなりそうですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2017-07-25 12:59) 

ChinchikoPapa

なにはなくとも、かき氷の季節です。わたしは氷レモンが好きなのですが、いまでも食べると舌がまっ黄色になるのでしょうか。w きのうも、レモンSADREを食べました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2017-07-25 13:02) 

ChinchikoPapa

下落合好人さん、お手紙をありがとうございます。
以前、京都の西陣局よりお便りをいただきましたが、差出人名がなかったためお返事できず、そのままになってしまいました。前回は、「下落合の落合道人」でちゃんと配達されています。ww 今回も、京都よりお手紙をいただきましたがお返事できず、こちらでリプライを差し上げます。
小林千恵子さんの件、了解しています。『ひこうぐも』はすでに参照し、記事を書き終えて今年の8月15日前後にアップするよう、すでにセッティング済みです。いまのところ、小林少佐の記事を先にするか、陸軍兵務局による近衛文麿へのスパイ工作をはじめたら即敗戦……を先にするかは未定ですが、8月の中旬には必ずアップロードしますのでご安心ください。
それから『さよなら・今日は』の件、了解いたしました。また、予告編をアップしますので、こちらもお楽しみに。w
京都は、いまごろ盛夏ですよね。東京は新宿の片隅にある下落合ですが、京都の方にも読んでいただけるのはとても嬉しいです。今後とも、よろしくお願いいたします
by ChinchikoPapa (2017-07-25 13:18) 

ChinchikoPapa

福島の放射線障害による統計が、みごとに報道されていませんね。原爆投下後の被曝者に対するさまざまな差別を意識してか、あえて報道しないのでしょうか。チェルノブイリと同じことが福島で起きているわけですが、少なくとも旧・ソ連(途中からロシア)でさえWHOと連携し、被曝者の実態を調査・公開しつづけていたはずですが。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2017-07-25 13:28) 

NO14Ruggerman

私が在学中の小学3〜4年の頃建て替えたかと思います。(1960年代終盤)
校長先生が椎名先生から岡本先生に替わった時期です。
屋上プールが出来たのはそのずっと後です。
by NO14Ruggerman (2017-07-25 18:46) 

ChinchikoPapa

ほんとうに、少子化が急ですね。つい先日も、連れ合いがfacebookで卒業校を選ぼうとしたら、「統廃合で選べない!」と嘆いていました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ハマコウさん
by ChinchikoPapa (2017-07-25 19:10) 

ChinchikoPapa

NO14Ruggermanさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
1960年代末というと、万博を控えていた時期に建て替えが行われたんですね。屋上プールのある、落合第四幼稚園を含む校舎は、ちょうどわたしが初めて下落合に足を踏み入れた1974年の春、工事中だったのを憶えています。
ドラマのロケが行われた相馬坂を、真っ先に上ったり下りたりしましたので、幼稚園敷地の工事が印象に残ったんだと思います。w
by ChinchikoPapa (2017-07-25 19:17) 

和久井政夫(前橋市在住)

①疎開先の記述で群馬県佐渡郡芝根村の常楽寺(42名)の記述ですが、群馬県佐渡郡は、佐波郡かと思います。芝根村は現在玉村町になります。
②母の実家は今も雑司ヶ谷(旧高田本町)にあります。戦時中、B29が日本の飛行機の体当たりで墜落するのを見たと聞いています。母(死去)は北方面に落ちていったと話していましたが、学習院下だとすれば実家の近くです。墜落した日はいつだったのでしょうか日付が分かれば確認できるのですがよろしくお願いします。
by 和久井政夫(前橋市在住) (2017-07-26 00:53) 

ChinchikoPapa

和久井政夫さん、コメントをありがとうございます。
さっそく、佐「波」郡に修正させていただきました。同小冊子の誤植かもしれません、ありがとうございます。
B29が学習院の南側、現在の高田3丁目にあった国産電機の工場に墜落したのは、1945年(昭和20)5月25日夜半~26日未明にかけての、二度めの山手空襲時です。南長崎(豊島区)には、迎撃した戦闘機が銭湯の窯場へ落ちてきた逸話も語り継がれていますね。
B29を迎撃する戦闘機が、機銃だけではなかなか撃ち落とせず、体当たりで撃墜するエピソードはあちこちに残っています。パイロットは、体当たり直前にパラシュートで脱出するのですが、脱出するタイミングを誤ると衝突に巻きこまれてしまうため、戦死者も多かったようですね。
by ChinchikoPapa (2017-07-26 10:02) 

ChinchikoPapa

世界最南端のワイン産地は、南アフリカかチリだと想像していたのですが、ニュージーランドだったんですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2017-07-26 21:14) 

ChinchikoPapa

そろそろ、ヤマユリとともに鮮やかなオニユリも咲きはじめました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2017-07-26 21:21) 

ChinchikoPapa

さまざまな形のグラスが、大好きですね。オンザロック用に江戸切子のグラスを愛用していますが、ほかにも5~6種類ほどのグラスを、気分によって使い分けながら楽しんでいます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2017-07-26 21:25) 

アヨアン・イゴカー

黒板の文字
「我が国民性の」と読めなくもないような気がしました。
二枚目の写真の校舎懐かしいです。世田谷区立明正小学校も、戦後に建てられた校舎でしたが、あんな風だったと思います。
by アヨアン・イゴカー (2017-07-30 00:02) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
ほんとですね、「我が国民性の長所短所」と読めます。ということは、「修身」の時間ででもあるのでしょうか。政府が「右向け」といえば、なんの問題意識もなく「右」を向く国民性でないことを祈ります。
わたしも、薄緑色に塗られた下見板張りの校舎で学びましたので、この情景は懐かしいです。
by ChinchikoPapa (2017-07-30 13:39) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2017-08-12 11:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました