So-net無料ブログ作成
検索選択

「眉目秀麗・挙止端正」な画家・田口省吾。 [気になるエトセトラ]

田口省吾アトリエ跡1.JPG
 たとえば、ある画家が同じ画家の作品を評する場合、批評対象となる画家の父親が時代を代表する主要美術誌の経営者だったりしたら、「あとあとのことを考えるとさ、うっかりしたこたぁ書けねえぜ」……と思うにちがいない。だが、その作品をどうしても気に入らない場合は、遠まわしに皮肉っぽい評論を書くか、イヤミったらしく褒めに褒めるか、あるいは当該の作品評をあえて避け、これから先の表現についての希望や展望を書いて逃げたりするのだろう。
 長崎村字新井1832番地(のち長崎町1832番地=現・目白5丁目)に中央美術社を創立した田口掬汀(田口鏡次郎)は、同じ広い敷地内へ息子のために乳母もいっしょに住める大きなアトリエを建設している。息子とは、以前に淡谷のり子Click!の怪談話に登場した、二科の田口省吾Click!のことだ。父親の田口鏡次郎が美術誌「中央美術」の経営ばかりでなく、編集の責任者までつとめているとなると、執筆する人々の批評は、こと息子の田口省吾に関しては“萎縮”して甘くなっただろう。ましてや、「美術大鑑」や「美術全集」をも出版しているところともなれば、もし息子をけなすようなことを書いて、万が一にも自分が選ばれず収録から漏れたらタイヘンだ。
 しかも、同社が主催する中央美術展で息子の作品をお手盛りで入選させ、二科会の有力者との太いパイプまで形成されてしまうと、同誌に批評を載せる執筆者はいろいろと気をつかわなければならない。たとえていうなら、TV局の経営者が俳優になった息子を自局のドラマへ無理やり出演させ、映画界との太いパイプを利用しながら映画賞の受賞まで働きかけている、というような構図に見えるだろうか。どんな失敗をしても、プロデューサーでさえ文句をいえない状況……。息子がかわいいのは理解できるし、親としての身びいきもわかるけれど、周囲はつかわなくてもいい気をすり減らさなければならないので、少なからず辟易したのではないか。
 以前、外山卯三郎Click!里見勝蔵Click!を評して「野に咲くアザミの花」と書いた、1928年(昭和3)発行の「中央美術」2月号をご紹介Click!したが、同号には中川紀元Click!による田口省吾評が掲載されている。当然、原稿は父親である編集長がチェックするので、5歳年下の田口省吾を批評するのに細心の注意を払っている表現だ。同号の中川紀元「眉目秀麗・挙止端正」から引用してみよう。
  
 田口君は人も知るとほり「中央美術」の息子である。お父さんが眼に入れても痛くない、世に仕合せな息子さんである。/彼資性温厚よく人と和し、加ふるに眉目秀麗、挙止端正にして正に貴公子の風がある。そんじよそこらに秘かに彼に思を寄せるモダン・ガールが定めて多数のことゝ思ふ。/しかし省吾君ももう部屋住の齢でもない。お仲間も大抵は嫁さんを取つて収まつて居るのだから、この辺で一つ何とかいゝ人を一人きめたらどうかと思ふ。あのゆつくり構えてゐた亜夫君もいよいよ目付かつた様子だからね。/君も以前兎角身体が弱くて幾度も切開の大手術を受けたりしたが、この頃はすつかり丈夫になつたのは何よりだ。/田口君が二科会へはじめて入選したのは確か震災の年だつたと思ふ。あの頃のことを考へるとその後の君の進歩は著しいものだ。家があれだからいつも新しい西洋の本や絵なぞを見る便宜はあるし、立派な画室で何の心配もなく只管絵だけ勉強してゐればよいのだから何としても境遇は結構なものだ。
  
 「亜夫君」とは、1930年協会に参加していた鈴木亜夫Click!のことだ。この文章はヨイショしているようでいて、読みようによっては皮肉たっぷりに書き綴った文章ともとれるだろう。中川紀元が、はからずも文中につかっている「家があれだから」というワードは、画家の仲間うちで羨望と軽蔑と揶揄の入り混じった表現として、田口省吾を語るときに用いられてやしなかっただろうか?
中央美術192802.jpg 田口省吾1928.jpg
中央美術192708.jpg
 つづけて、中川の「眉目秀麗・挙止端正」から引用してみよう。
  
 「田口の絵はすこしあまい」といふやうなことを云ふ者が以前にはあつたが、自分は省吾君にそのあまさをこれからもモツトあまくして欲しいと注文する。どうもイヤに萎びた貧粗な絵が多すぎる。砂糖が足りなくてからくなつたからさは困る。/田口君のあまさは一つは普段のその豊かな生活から来てゐるだらうが、大体画面にくばる用意の極めて緻密なところに原因してゐるやうに思ふ。君の絵にはやりつぱなしがない。砂糖やダシをよく効かせてゐる。そしてすつかり火を通して煮つめる。支那料理だ。/省吾君は頭がいゝ上にうまい技巧を持つてゐる、現代美術の精神をよく呑込んだ新時代の画家であると同時に、そのほか文学演芸音楽等すべての事柄に興味と理解を持つ好個のゼントルマンである。
  
 これも、読みようによっては「カネ持ち息子の手ずさび」と書いているようなニュアンスが感じられる。確かに、当時の画家たちの顔つきと比べてみると、田口省吾のマスクは「眉目秀麗」かどうかはともかく、女性うけするような非常に甘い表情をしている。
 この文章が書かれた時期、田口はほとんど毎日、午後になると通ってくるモデルの霧島のぶ子(淡谷のり子)をモチーフに、せっせと筆を走らせていたころだ。淡谷家は、雑司ヶ谷(現・南池袋)の東洋音楽学校(現・東京音楽大学)にも通いやすく、画家たちのアトリエも近い下落合や上落合の借家で暮らしていた。前々年の1926年(大正15)から、淡谷のり子は田口省吾の学費援助で休学していた東洋音楽学校へ復学し、生涯の師ともいうべき久保田稲子から徹底した歌唱指導を受けるようになった。
 また、前田寛治Click!から専属モデルの霧島のぶ子(淡谷のり子)を貸してくれと頼まれ、田口は快く承諾はしたものの、だんだん彼女のことが心配になり、気が気ではなかった時期でもある。1928年(昭和3)の秋、前田寛治は第9回帝展に彼女をモデルにした『裸婦』を出品している。田口にしてみれば、里見勝蔵のお気に入りモデル・中村恒子Click!のように、片時も離れずそばでマネージャーのように、いっしょにいたかったのではないか。
中央美術192211.jpg 中央美術192506.jpg
中央美術192803.jpg 中央美術192811.jpg
田口省吾1932.jpg
 さて、周囲の画家たちは当時、田口省吾のことをどのように見ていたのだろう。前田寛治と同じ1930年協会Click!木下義謙Click!が、友人の田口省吾の様子についてのちに証言している。1989年(昭和64)に文藝春秋から出版された、吉武輝子『ブルースの女王 淡谷のり子』から引用してみよう。
  
 「『おのぶは東洋音楽学校の声楽家の学生だが、稀にみる美声の持ち主で、将来を嘱望されているそうだ。だが、家庭の事情で一時休学して、モデルで稼いでいるらしい。おのぶなら必ず声楽家として成功する。そのためにも、ちゃんと学校に通わせてやりたいと思う』/と、無口でおとなしい男にしては、珍しく興奮気味で、饒舌になっていた田口省吾のことをよくおぼえている。/『あいつは、ひょっとしたら、女嫌いなのではないか』/と噂されるほど、それまでの田口省吾にはスキャンダルめいたはなしが一切なかった。/最初は、淡谷のり子の才能に惚れこみ、次第に淡谷のり子という女性に惚れこむようになっていったのではないか。結婚を真剣に考えていた時期もあったが、それは所詮かなわぬ夢であった。息子の画才に夢を賭けていた父親は、裕福な家の娘と結婚させる心づもりでいた。貧乏は才能の最大の敵だというのが、掬汀(田口鏡次郎)の不動の信念でしたからね」/と、かつて田口省吾と親交があり、現在、一水会の審議委員をつとめている木下義謙は、過去を追憶する。(カッコ内引用者註)
  
 田口省吾が、音楽家としての彼女の才能を見抜く眼差しは確かだったようで、淡谷のり子は東洋音楽学校が開設されて以来、初めての女性首席として卒業している。だが、父親をうまく説得するすべを知らない焦りが、そして自分の思い通りにことが運ばないイラ立ちが、甘やかされて育った野放図な“自我”とあいまって、前後の見境なくモデルをつとめる淡谷のり子へ襲いかかるという、致命的な失態を演じてしまったように見える。
田口省吾アトリエ跡2.JPG
淡谷のり子1929.jpg 淡谷のり子1931.jpg
 もし、アトリエでオバカな行為におよばず、父親を少しずつ説得して、あるいはどうしても説得できなければ、彼女と駆け落ちしてまでもいっしょになっていたら、まったくちがうその後の人生が田口省吾の前に開けていただろう。たとえ、「田口の絵はすこしあまい」ままで作品の売れいきはよくなかったにしても、クラシックにジャズ、ブルース、のちにシャンソンとジャンルを股にかけて稼ぐ女房が傍らにいれば、失意のうちにわずか46歳で死去することもなかったように思うのだ。

◆写真上:長崎町1832番地(現・目白5丁目)にあった、田口省吾アトリエの現状。
◆写真中上上左は、1928年(昭和3)発行の「中央美術」2月号に掲載された中川紀元「眉目秀麗・挙止端正」。上右は、同じころ撮影された田口省吾のポートレート拡大。は、1927年(昭和2)発行の「中央美術」8月号の奥付。中央美術社の所在地は、編集部のある長崎ではなく営業部の京橋になっている。
◆写真中下:年代別にみる「中央美術」の表紙で、1922年(大正11)11月号(上左)、1925年(大正14)6月号(上右)、1928年(昭和3)3月号(中左)、同年11月号(中右)。下は、1932年(昭和7)に長崎町1832番地のアトリエで撮影された滞仏から帰国後の田口省吾。
◆写真下は、霧島のぶ子(淡谷のり子)が目白通りをわたり下落合側から田口省吾アトリエへ通った道筋。下左は、1929年(昭和4)に撮影された東洋音楽学校卒業時の淡谷のり子。下右は、大岡山へ家族とともに新居を建設した1931年(昭和6)撮影の淡谷のり子。


読んだ!(22)  コメント(31)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

読んだ! 22

コメント 31

ChinchikoPapa

夏の鵠沼海岸あたりがTVに映ると、石川セリの歌声とともに「八月間濡れた砂」がアタマの中に響きますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:17) 

ChinchikoPapa

まだまだ、Amazonランキングでがんばりましょう。^^
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:20) 

ChinchikoPapa

そういえば最近、ほんとうに美味しい叉焼を食べてないです。以前は家でよく作っていましたけれど、やはり台所の油汚れを片づけるのが面倒になったせいか、叉焼料理をしなくなりました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:26) 

ChinchikoPapa

泉谷しげるの「おまえら募金しろ!」奥尻チャリティは、いまでも憶えています。桑田佳祐や忌野清志郎などと、いっしょに開いたコンサートでしたね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:32) 

ChinchikoPapa

モード演奏が主流になり、J.マクリーンが「なんとかしなきゃ」という想いにかられていたころの、びっくりマークいっぱいなアルバムですね。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:36) 

ChinchikoPapa

秋らしく、美しくて香ばしそうな田園風景です。どこからか、焚き火の匂いが漂ってきそうですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:38) 

ChinchikoPapa

AKB48のカードバトルゲームがあるとは、知りませんでした。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:41) 

ChinchikoPapa

ドングリたちの国へ、国を丸ごと売っているエノコログサの政府は、ひょっとこアヒルが当選したことで、ドングリ国とのドレイ関係を解消する千載一遇のチャンスが巡ってきたにもかかわらず、ひょっとこアヒルに取り入ろうと、毛だらけの身体を精一杯揺らして媚びを売っています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 16:53) 

ChinchikoPapa

いまの季節、夕陽の沈みゆく先には富士山頂があるんでしょうね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 17:04) 

ChinchikoPapa

写真をモノクロにすると、なんだか時代感覚が狂ってきそうです。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 17:11) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>AKIさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 17:11) 

ChinchikoPapa

コンサートを記録したマイルスの映像ブートレグも、以前からゴマンと出てますね。たいがいは、各国の放送局から流出した中継録画が多いですが、中にはスタジオ録画のものもありました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 17:15) 

ChinchikoPapa

箱根は紅葉、真っ盛りですね。まだまだ平地では、イチョウが色づきかけてますがモミジが青いです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 20:52) 

うたぞー

パパさんはご一読いただけましたでしょうか。
by うたぞー (2016-11-17 22:55) 

ChinchikoPapa

越のクニの謡「花筺」というと、畿内の外からやってきて生涯にわたり都から疎外されつづけた、天皇・継体を想起してしまいます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2016-11-17 23:59) 

ChinchikoPapa

うたぞーさん、コメントをありがとうございます。
先週、Kindle for PCのアプリをダウンロードしたのですが、うまくOSとの間がアッパーコンパチだったのか動作せず、そのままになってしまいました。マシンを変えて、再度ダウンロードしてみます。拝読したら、感想を書きますね。
by ChinchikoPapa (2016-11-18 00:01) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ありささん
by ChinchikoPapa (2016-11-18 01:13) 

ChinchikoPapa

ボジョレー・ヌーヴォーの輸出先は、5割以上が日本だと聞いて驚きました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2016-11-18 10:40) 

ChinchikoPapa

何度か登場しているヤマガラが、かわいいですね。身体の配色が、かわいさの秘密でしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2016-11-18 10:43) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>朱美さん
by ChinchikoPapa (2016-11-18 20:26) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>たかおじーさん
by ChinchikoPapa (2016-11-18 20:27) 

ChinchikoPapa

なんだか、中世ヨーロッパの街へ迷いこんでしまったようですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2016-11-19 12:06) 

ChinchikoPapa

あの手この手の詐欺が、あとから途切れずにつづきますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>hirometaiさん
by ChinchikoPapa (2016-11-19 12:57) 

ChinchikoPapa

うたぞーさん、ようやくKindle for PCがDLできて拝読しました。
異邦の人々が家を訪れて、コミュニケーションがはじまり、お互いの文化のちがいを意識しつつ交流していくシーン、つまり、これまでまったく知らなかった人と人とが出会うシーンが、やはりいちばん面白いですね。「国際交流」という表現で書かれていますが、明治期から日本で行われていた「民間外交」と、なんら変わらないものだと思います。
このような交流あるいは接触の場が存在することで、お互いの国の関係が後世に大きく変わっていくのは、日本の近代史が大きく証明していますね。下落合には明治末から東京同文書院(のち目白中学校)という施設がありましたけれど、中国をはじめベトナムや東南アジアの留学生を集めており、また同院から日本の各大学へと進学した留学生も少なくないと思います。その生徒や学生たちの寄宿先だった家庭や下宿などでは、まさに今日のAirBnBに似た情景が繰り広げられていたのだと思います。
日本の「家庭」や「下宿」を経験して帰国した彼らは、30~40年後に「親日派」として各国政治の中枢に登場してきますね。たとえば、現在ではほとんどいなくなってしまいましたが、革命後の中国になぜあれほど「親日派」が数多くいたのか?……は、考えてみるべき非常に重要なテーマだと感じます。日本の一般的な国民に接し、その何気ない生活や暮らしを経験した人物(留学生や亡命者)たちに、時間がたっても変わらない「親日派」が多いことは象徴的な出来事だと思います。
大勢の観光客が訪れたせいからか、中国ではわずか数年で「嫌日」が10%以上も低減しているのが象徴的ですね。中国に限らずどこの国でも、その国の飾らない国民の生活や暮らしぶりに接し、ほんのわずかでも人と人とが交流することで意識が急激に変わる「民間外交」は、想像する以上に大きな効果をもたらすものだと思います。
それでなくても、日本にやってくる観光客は、「日本が好き」あるいは「日本に興味がある」人たちばかりですので、たいせつに「もてなし」を繰り返せば、数十年後には政府外交を超えて、目に見えるほどの大きな変革をもたらす可能性がありそうです。
なんだか、漠然とした感想で申しわけないですが、特に街中でAirBnBの家を探している外国人と初めて出会う「きっかけ」シーンや、各国からの訪問者が次々とやってきて初めて出会う「スリリング」なシーンが、わたしにはことさら印象的でしたので、たとえ国が異なっても「人と人との出会い」はその後、なにを生みだしていくのかが楽しみ…というような観点から、感想を書いてみたくなりました。
いろいろなご苦労も書かれていてたいへんでしょうが、これからも、とても重要な事業(民間外交)だと思われるAirBnBを、ぜひつづけられてください。^^

by ChinchikoPapa (2016-11-19 18:22) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2016-11-20 20:16) 

Marigreen

眉目秀麗・挙止端正という題名に惹かれて読みました。さぞや上品で美しい青年紳士が出てくるだろうと期待して。美しい男性は好きなので。読んでみたら、父親の七光り、過保護で育ったお坊ちゃまでしたね。でも淡谷のり子に寄せる思慕は本物で素朴で、思いを遂げるための計画性の無さが、却って哀れでした。
by Marigreen (2016-11-24 15:45) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、ここちらにもコメントをありがとうございます。
「眉目秀麗・挙止端正」は、女性によって好みが分かれるところでしょうが、淡谷のり子が泊まった旅館の離れに(彼女の被害妄想でなければの話ですが)恨みがましく化けてでるとは、なんとも情けなく、いさぎよくない性格のように思いますね。
ましてや、次のお抱えモデルに、逃げていった女性と同じ名前をつけて呼ぶというのは、ちょっと情けないを通りこして、異様さを感じてしまいます。
by ChinchikoPapa (2016-11-24 17:05) 

pinkich

いつも楽しみに拝見させていただいております。田口省吾の作品はあまり見る機会がないので何とも言えませんが、淡谷のり子との関係など、世間知らずなお坊ちゃんと言われても仕方ない面もあるようですね。中川紀元の批評は正直なだけにかなり嫌味なところがあります。そんなことより、前田寛治が淡谷のり子をモデルにした作品が帝展に出品されていたというのは初耳でした。図録でみる限り、9回帝展出品作は前田寛治の裸婦の中でも代表作ではないかと思います。近美が所有しているようですが実見したいものです。
by pinkich (2016-11-27 19:16) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、コメントをありがとうございます。
わたしも、田口省吾の作品で印象に残っているものはありませんが、強いていえば一連の記事を書いたおかげで、淡谷のり子をモデルとする何作かの裸婦像でしょうか。
昨年、八王子の夢美術館で開かれた「小島善太郎・前田寛治展」では、1926年の前田『裸婦』が展示されていた憶えがあるのですが、翌1927年に描かれたかなりタッチの異なる『裸婦』は、かつて一度も観たことがないですね。
by ChinchikoPapa (2016-11-27 19:54) 

kanako hayasaka

仕事で記事を参考にさせていただきたく存じます。メールアドレスやSNS等個別にやり取りできる連絡先を教えていただけないでしょうか?
by kanako hayasaka (2017-01-04 20:57) 

ChinchikoPapa

kanako hayasakaさん、メルアドの掲載から2日間を経過しましたので、すでに控えられたと判断し、連絡先を削除させていただきました。
by ChinchikoPapa (2017-01-06 22:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました