So-net無料ブログ作成
検索選択

「下山事件研究会」を主催した南原繁。 [気になる下落合]

下山事件現場検証.jpg
 1964年(昭和39)7月12日、下落合2丁目702番地の元東京大学総長・南原繁Click!らを中心に、ひとつの研究会が発足した。警視庁が自他殺の判定を放棄した下山事件について、改めて当時の資料や新たな証言、より進んだ科学的な分析技術などを集め、改めて同事件について考察する「下山事件研究会」だ。下山事件(1947年7月5日発生)の時効が成立した、わずか7日後のことだった。
 同事件は、東京地検と捜査二課が他殺を確信して捜査をつづけ、捜査一課が自殺を前提に傍証を集めるという異例の展開となっていたが、警視庁の上層部が捜査一課の方向に傾き「自殺」を発表する直前に、GHQからの圧力で発表が無理やり抑えられた。また、他殺説をとっていた捜査二課の捜査員や東京地検の担当検事が、次々と「栄転」あるいは異動させられて捜査本部が瓦解し、自他殺不明のまま今日にいたっている。
 内村鑑三Click!の弟子でもあった南原繁が代表幹事をつとめる「下山事件研究会」は、参加メンバーに作家の広津和郎Click!や劇作家の木下順二、作家の開高健、京都大学の仏文学者・桑原武夫、作家の松本清張Click!などをはじめ、都立大学(塩田庄兵衛・沼田稲次郎)や東京大学(団藤重光)、立命館大学(佐伯千仭)など当時日本の主だった法学関連教授、さらには弁護士など法律のエキスパートたちも参集して検証が行なわれている。事件の時効成立後に同研究会が旗揚げしているのは、事件にかかわる新たな証言を期待してのことであり、事実、事件当時に米軍の諜報要員だった人物(元CIA要員)の証言が得られている。
 下山事件研究会の設立趣意は、同事件が国民に与えた異常な衝撃ははかり知れないものであり、この衝撃を利用して行なわれた占領下の諸政策は、その後の日本の進路を決定したといっても過言ではないとし、わたしたちの想像を超える“なにか”が実行された可能性があるとしている。また、つづいて起きた三鷹事件や松川事件Click!に大きな影響を与え、日本の国際的な位置づけや政治の潮流を決定づけた、戦後民主主義の流れに位置する“起点”であり一大転機だったと規定している。
 そして、治安当局が時効成立とともに、永久に真相を究明することができなくなったいま、有志を結集して事実と真相の究明につとめ、「私たちは、これ以上、時日が経過しない間に下山事件についての関係者の証言や知識を集め、科学的・実証的に、事実の一つ一つを歴史の中にきざみこんでゆきたいと思います」と宣言している。同研究会へ証人として参加したのは、下落合1丁目473番地の東大法医学教室教授・古畑種基Click!(鑑定医)をはじめ、下山常夫(下山定則実弟)、加賀山之雄(国鉄副総裁)、桑島直樹(解剖執刀医)、矢田喜美雄(朝日新聞記者)、GHQの元・諜報機関員たちなどだった。(カッコ内の役職は事件当時)
南原繁.jpg 南原繁邸跡.JPG
南原繁邸1947.jpg 古畑種基邸1947.jpg
 1969年(昭和44)8月にみすず書房から出版された、下山事件研究会編『資料・下山事件』より南原繁の言葉を引用してみよう。
  
 死体の解剖と死因の鑑定は、直ちに東大医学部の「法医学教室」に、ついで着衣の附着物質については、同「裁判化学教室」に、検察当局から依頼があった。これは、たまたま私が東大に在職していたときのことである。解剖の結果や、それに伴う各種試験の経過は検察当局に随時報告されたが、鑑定書の最後の完成までには、あるものは数ヵ月、あるものは一年半を要した。それほど徹底的にあらゆる疑点にわたって、関係教室の教授・助教授・講師・助手、一体となって、時に昼夜にわたる試験研究の結果であった。/古畑教授(法医学主任)と秋谷教授(裁判化学主任)は、しばしば総長室に見えて、その経過を語られたが、東大医学部の結論は「死後轢断」、すなわち他殺を意味するものであった。
  
 発足から5年後、1969年(昭和44)7月5日に下山事件研究会は、日比谷公園の一画にあった松本楼で記者会見し、下山事件20周年に当たっての声明「国民のみなさんへ」を発表している。この5年間の活動を報告するとともに、結論として「下山国鉄総裁はなにものかによって殺害されたものであるという疑いを、到底払底することはできない」という結論を発表した。また、同研究会が発足した当時の日本政府も、初めて「他殺」の可能性がきわめて高いという姿勢(1964年6月26日衆議院法務委員会)を表明し、一部の鑑定資料などの情報公開をはじめていたが、同研究会では捜査資料の全面情報開示をするよう改めて強く要請している。
東大死体検案書死体損傷状況.jpg
腕の生前死後反応所見.jpg 生体反応皮下出血.jpg
 これらの膨大な研究成果は、上掲の下山事件研究会編『資料・下山事件』として刊行され、その後に同書は下山事件を追及する重要な基礎資料の役割りを果たすことになった。同書の「あとがき」から、再び引用してみよう。
  
 (前略)当会の目的は、ただ単に下山元国鉄総裁の死が、自殺であるか他殺であるかの論争を、追求するだけのものだけではないということである。法医学、裁判化学によって明らかにされた真実をまもり、政治学、歴史学、その他あらゆる社会科学がさし示す真実を記録し、占領下日本の政府がうやむやにしたこの事件の真相を総合的に明確にして後世に残すことが、当会に結集したわれわれの希求するところである。(中略) だから「自他殺論争」として読者が本資料を読まれる場合は、本書の資料が主として、一九四九年の事件発生直後に活字になったものが多いことに注意をはらっていただきたい。これらはいずれも、まだ東大鑑定書が公表される以前のものであり、また、プレス・コードおよび政令三二五号(占領目的阻害禁止令)によって、憲法上の言論の自由が侵害されていた当時の物である。
  
 さて、それからさらに40年以上の年月が流れた今日、さまざまな捜査書類の開示や発見、新たな証言者の登場や告白などにより、下山事件の実行部隊はG2と太いパイプをもち、日本橋室町のライカビルで亜細亜産業を経営していた矢板機関とその関係筋である可能性が高いことが、柴田哲孝『下山事件 最後の証言』(祥伝社/2005年)に収録された、当の機関総帥・矢板玄(くろし)の「最後の証言」などによって濃厚になっている。
手書き検証図版.jpg
下山事件研究会「資料・下山事件」1969.jpg 柴田哲孝「下山事件最後の証言」2005.jpg
 自殺説を補強するために、捜査一課が集めた「目撃情報」(特に五反野を徘徊していた人物の人相風体)の大半は刑事たちの“創作”であり、調書を取られた目撃者たちが抗議していた様子も判明している。また、もっとも重要かつ「詳細すぎる」目撃証言の提供者、五反野駅近くにあった末広旅館の女将の夫が、元・特高警察の刑事であり、いずれか米軍機関のG2ないしはCICとのつながりが想定されるなど、現代にいたるまでいまだに事件の追及がつづいている。一方、事件直前に五反野駅や常磐線ガード付近をウロウロ歩いていた、「下山総裁」の替え玉の人物特定さえ、すでに示唆される段階になっている。

◆写真上:1949年(昭和24)7月5日に起きた下山事件の、常磐線の轢断現場検証。
◆写真中上は、下落合2丁目702番地に住んだ南原繁()と南原邸界隈の現状()。は、1947年(昭和22)の空中写真にみる南原邸()と古畑種基邸()。
◆写真中下は、東大の死体検案書にみる下山総裁の遺体損傷状況。下左は、解剖所見資料にみる左腕の生前傷痕と死後傷痕の様子。下右は、同解剖資料の顕微鏡写真にみる生前の打撲によって生じたと思われる陰茎部の③皮下出血。
◆写真下は、下山事件研究会が作成した手描きの現場検証図版。下左は、1964年(昭和49)に出版された下山事件研究会編『資料・下山事件』(みすず書房)。研究白書ないしは資料集の体裁をしており、装丁はなく真っ白だ。下右は、2005年(平成17)出版の柴田哲孝『下山事件 最後の証言』(祥伝社)。


読んだ!(34)  コメント(39)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

読んだ! 34

コメント 39

ChinchikoPapa

歯医者へは2~3ヶ月に一度クリーニングに出かけるだけですが、直前になるとやはり面倒に感じますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>讃岐人さん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 20:24) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 20:25) 

ChinchikoPapa

春の木々のつぼみが、もうだいぶふくらんでいますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 20:29) 

ChinchikoPapa

陽当たりのよい南斜面では、早くも梅が散りきってしまいました。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 20:39) 

ChinchikoPapa

うちにも雛人形が飾られていますが、いたってシンプルで地味な造りです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ままさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 20:43) 

ChinchikoPapa

2020年の東京五輪が終わるまで、西部地域複合施設の建築はペンディングだそうですので、豊島区の美術的な収蔵品は新区役所内がメインの展示場になるのでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 20:52) 

ChinchikoPapa

レンズ9個のカメラというのは、見たことがないですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:01) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:02) 

ChinchikoPapa

箱根から伊豆に沈む黄金の夕陽が、見とれるほどキレイですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:08) 

ChinchikoPapa

このアルバムは、C.ラウズのtsがしぶくていいですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:14) 

ChinchikoPapa

オレゴンというと、抜けるような青空をイメージしてしまうのですが、寒暖の差が大きくブドウの育成には向く土地柄なのでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:17) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:19) 

ChinchikoPapa

今年もおみくじは、昨年と同様に「小吉」でした。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:23) 

ChinchikoPapa

福井の「観音裏」のネーミングは、浅草の観音裏(千束通り)のことなんですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2016-02-21 21:42) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>banpeiyuさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 11:59) 

ChinchikoPapa

『瞳の中の訪問者』は観ましたが、あまり面白くなかったです。なんでしょう、CGのない時代ですがもっと不可解で、怖い世界に映像化できたように思います。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 12:03) 

ChinchikoPapa

フラッシュストレージ(SSD)に馴れてしまうと、HDDがやたら遅く感じますね。FD→HDの時代を思い出してしまいました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>Ujiki.oOさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 12:06) 

ChinchikoPapa

海の上に、ポツンポツンと大小の島影が見える風景は、やはりめずらしくて新鮮に感じます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 12:11) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>コミックンさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 12:12) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>mentaikoさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 12:15) 

ChinchikoPapa

ヴェポラッブ入りのコーンスターチとベーキングパウダーは、風呂場の下水を詰まらせますね。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>宝生富貴さん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 12:21) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>justiceさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 12:25) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>モグラたたきさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 14:28) 

ChinchikoPapa

ちょっと、食べさせすぎのネコですね。w
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>shingekiさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 17:06) 

ChinchikoPapa

ICTベンダーの中でも、日本IBMの影がかなり薄くなりつづけてます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 17:09) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>mangaharaさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 19:08) 

ChinchikoPapa

わたしは映画を観て、急に子どものひろの海辺の記憶がクルクルと頭の中をめぐりました。やはり、なにかきっかけとなる音や映像に触れると、当時の匂いまでが甦りますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2016-02-22 20:00) 

アヨアン・イゴカー

この事件は、非常に気になります。GHQによる統治が行われていた当時、アメリカの意向が働いていなかったはずもなく、世界各地で何度も繰り返されているCIA等機関の陰謀の一つに過ぎないのではないでしょうか。一つ一つしっかりと検証し、繰り返されることがないように、と願っています。
by アヨアン・イゴカー (2016-02-22 23:13) 

うたぞー

昭和50年代に映画で見た記憶があります。確か仲代達矢だったかと。サンフランシスコ平和条約の調印後、米軍が撤退するまで三鷹事件、松川事件など奇妙な事件は続きます。もく星号撃墜事件なども謎の事件です。
by うたぞー (2016-02-23 00:49) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
現在は、かなりのことが判明してまして、実行犯はCIAではなく、米軍第8軍のG2傘下のCICに所属する日系2世米軍人が3人、雇われた機関員の日本人6名の計9名による犯行でほぼまちがいないようです。(その背後には、10人近い人間が関与していますが) また、従来いわれていたZ機関(キャノン機関)は、ほぼ無関係だったこともほぼ明らかになっています。
つまり、捜査一課の自殺発表では「下山事件」を政治的に利用(左翼潰し)できないため、また東京地検や捜査二課の他殺捜査の対象が国鉄労組を離れ、旧・日本軍の特務や諜報員、さらに米軍関係者にまで及びそうなので、警視庁に圧力をかけて捜査をストップさせたのは、GHQ参謀長下のG2だというのが明らかになってきてますね。

by ChinchikoPapa (2016-02-23 16:11) 

ChinchikoPapa

うたぞーさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
1981年(昭和56)に公開された、熊井啓監督の『謀殺・下山事件-日本の熱い日々-』ですね。わたしも、映画館で観ました。
いまから35年前の当時に比べ、現在ではさまざまな関係者の証言・告白によって、かなり真相に近いかたちにまで「下山事件」は絞り込まれ、解明されていると思います。映画では、実行犯のひとりが最後に「消され」てしまいますが、総裁の死体を線路まで運んだS氏は、現実には生き残って証言をつづけます。
また、糠油や染料を使う工場に出入りしていた、ビュイックに乗る経営者あるいはフィクサー然とした男、映画では民藝の大滝秀治さんが演じていた男ですが、この男もおおよそ誰かが判明しています。政治家や米軍人たちが数多く出入りをしていた、その男が経営する会社に勤めるとある人物が、下山総裁のメガネをかけ上着を着て、目撃者づくりのために五反野を歩きまわっていた…というところまで、どうやら想定できる段階にまでなっています。
by ChinchikoPapa (2016-02-23 16:30) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>まおたさん
by ChinchikoPapa (2016-02-23 16:33) 

ChinchikoPapa

「谷中湖」の鉱毒は、100年が経過して消えたのでしょうか。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>(。・_・。)2kさん
by ChinchikoPapa (2016-02-23 19:28) 

アヨアン・イゴカー

>現在は、かなりのことが判明してまして、実行犯はCIAではなく、米軍第8軍のG2
なるほど、そいうことなのですね。勉強になりました。有難うございます。
by アヨアン・イゴカー (2016-02-23 22:52) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、重ねてコメントをありがとうございます。
首都圏で起こす「事件」ですので、目撃者が出てしまう怖れが多分にあるため、動員されたのは東日本のCICではなく、姫路CICの日系2世米軍人3名ということまで判明しているようです。
もっとも、日本の占領期間が終わりGHQが解体されたあと、G2やCICの諜報・謀略要員の多くがCIAへと再編されるため、南原繁の「下山事件研究会」のころは、「CIA要員」を名のる証言者ということになります。
by ChinchikoPapa (2016-02-23 23:57) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2016-02-24 19:22) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ba42381さん
by ChinchikoPapa (2016-02-25 22:04) 

sig

こんにちは。
不可解のままに幕が降ろされたと思われたこの事件は、下のコメントにあるように、かなり真相が解明されているんですね。
by sig (2016-03-09 11:37) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
1990年代になって、いろいろと調査に進展があり、また証言や告白が増えてきた……という経緯が見えますね。特に、取材者や調査者がバラバラに調べていた内容が、2000年以降に統合されはじめているという流れもあるようです。
by ChinchikoPapa (2016-03-09 18:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。