So-net無料ブログ作成
検索選択

矢田津世子と船山馨・春子夫妻の接点。 [気になる下落合]

矢田津世子邸跡1.JPG
 上落合八幡耕地206番地に住んだ芹沢光治良Click!は、1939年(昭和14)に実業之日本社から出版された矢田津世子Click!『花蔭』に、わざわざ手紙を書いて好意的な批評を寄せている。芹沢光治良が批評を寄せたのは、上落合からではなく、階段に佐伯祐三Click!のセーヌ河畔の街並みを描いた50号のタブローが架かる、戦災で焼失した上落合に隣接する東中野の家からだった。
 当時の矢田津世子Click!は、ほとんど毎年のようにベストセラーを出しつづける、売れっ子の女性作家に成長していた。1936年(昭和11)の『神楽坂』(改造社)を皮切りに、1939年(昭和14)の『花蔭』(実業之日本社)、1940年(昭和15)の『家庭教師』(同)、1941年(昭和16)の『茶粥の記』(同)と、出版する短編集がすぐに20版を超える流行作家の仲間入りをはたしている。また、松竹では彼女の小説を原作に、次々と映画化のプロジェクトが進行中だった。
 特に、雑誌「改造」に執筆した『茶粥の記』で、矢田津世子は女流文学のトップに踊りでてきた。だが、彼女が絶頂期を迎えようとしていたとき、太平洋戦争がはじまって執筆の機会を次々と奪われ、同時に結核の進行を止められなくなっていく。では、芹沢光治良の手紙を、1978年(昭和53)に講談社から出版された近藤富枝『花蔭の人 矢田津世子の生涯』から孫引きしてみよう。
  
 この書物(花蔭)のなかであなたを発見したやうな喜びを感じました。精神を深くをさめてゐない人には、このやうに澄んで暖な小説は書けないと思ひます。全部読んでから後記を読みますと、胸にしみるほど作者が耐へて来た不幸----と申しますか、人生体験が私にも響くやうな気がしました。
  
 ちょうど同じころ、矢田津世子は北海道の「北海タイムス」に長編小説『巣燕』を連載している。『巣燕』は、1939年(昭和14)8月15日から翌1940年(昭和15)1月9日まで、「北海タイムス」の夕刊に連載された。このときの「北海タイムス」文芸部の担当記者が、のちに下落合4丁目1982番地(現・中井2丁目)の矢田邸Click!から西へ400mほどの、下落合4丁目2107番地に住むことになる、作家の船山馨Click!だった。船山馨は、おそらく「北海タイムス」の東京支社に詰めていたのだろう、矢田邸へ毎日のように原稿を受け取りに通ってきていた。
 船山馨Click!と矢田津世子は気が合ったものか、彼女が1944年(昭和19)に死去するまで交流があったらしく、1942年(昭和17)に豊国社から出版された『鴻ノ巣女房』は、船山が装丁を引き受けている。このとき、矢田津世子を担当した豊国社側の記者が編集者名「佐々木翠」、つまりのちに船山馨と結婚して春子夫人となる坂本春子だった。ちなみに、豊国社の社長・高田俊郎の自宅も下落合にあり、矢田と高田とは近所同士で知り合いだった可能性が高い。戦後、疎開先からもどった船山夫妻が寄宿したのも、下落合の高田邸だった。のち、高田俊郎の所有地だった下落合4丁目2107番地の宅地へ、船山夫妻は自邸を建設することになる。
矢田邸1950頃.jpg
芹沢光治良.jpg 船山馨.jpg
 では、船山馨と佐々木翠(春子夫人)の証言を、前掲書から引用してみよう。
  
 「若いころの志賀直哉を女にしたような端正な人で、私も心惹かれていました。津世子さんは長生きできないと覚悟していたせいか、一期一会の思いがつよかったのだと思います。会っているときは相手に誠意をつくすだけつくして非常にやさしかった人です。しかもそこに匂うような女らしさがあり楽しかった。私に川端さんを紹介してくれたのは矢田さんです」/と船山氏は津世子賛美の思いを述べた。病中でも、人に会うときは、髪を調え、着替えをしてからでなければ会わず、晩年は和服ばかりで朱がところどころ灯のようにともった大島を着ていた姿が多かったと、これは船山夫人の記憶である。/そのころ肌は蚕(かいこ)が上蔟(じょうぞく)するときのように溶明な白さとなり、またからだはやせつづけ、眼ばかりいよいよ大きかった。大体津世子は日ごろからクリームをつけ、ちょっと粉をはたく程度の化粧よりしたことがなかった。粉はいつもコテイを使っていた。/「叔母さまの晩年は神々しいほどりっぱだった」と言うのは姪の百合子さんである。
  
 矢田津世子へ原稿を依頼にやってきたご近所に住む編集者は、豊国社の高田社長ばかりではなかった。ときに、エッセイ誌「雑記帳」Click!を発行していた下落合4丁目2096番地の松本竣介邸Click!綜合工房Click!から、おそらく禎子夫人が原稿を依頼に訪れている。四ノ坂の松本竣介アトリエから、下落合4丁目1986番地(「雑記帳」への執筆当時)の矢田邸までは、わずか250mほどしか離れていない。
 1936年(昭和11)10月に発行された「雑記帳」第2号(11月号)に、矢田津世子は『書について』と題する随筆を寄せている。その一部を、同誌から引用してみよう。
  
 富本一枝さんの字は、をかしがたい気品のうちに稿れた味ひがあつて、こゝまでくれば「筆蹟」といふよりは、一種の香り高い「芸術」の感を抱かせられる。眼をつむれば、今でもありありとあの素晴らしい筆勢が浮び出てきて、私は、自分の貧しい手習ひなど犬にでも食はれろと打遣りたくなる。/若いかたでは、大谷藤子さんも風格のある好もしい字をかゝれる方である。/林芙美子さんの字も優しい、いかにも女性にふさはしい素直な字をかゝれる。仲町貞子さんの筆の字は、まだ拝見してゐないが、いつか頂いたペンのおたよりで、急にお目にかゝりたいと思つたほど、心惹かれた幽雅な筆蹟だつた。
  
 くしくも、その前のページには、「雑記帳」創刊号の藤川栄子Click!につづき、女性画家としてはふたりめの三岸節子Click!が、美しい女友だちがくると顔ばかり見ていて話の内容を忘れてしまう……という趣旨の、『女の顔』という面白いエッセイと絵を寄せている。(ご紹介できないのが残念)
近藤富枝「花蔭の人」1978.jpg 矢田津世子プロフィール.jpg
矢田津世子邸跡2.JPG
 だが、新聞社の担当記者や文芸雑誌の編集者は、矢田津世子のもとを訪れると徐々に気が重くなっていくのを感じている。別に、矢田津世子に会うのは気持ちがよいのだが、気が重くなるのは矢田家を辞したあとの帰り道だった。矢田へ原稿を依頼すると、林芙美子Click!からなにをいわれるか、知れたもんではなかったからだ。矢田津世子へ原稿を依頼したあと、下落合4丁目2096番地の林芙美子邸Click!のもとを訪ねても訪ねなくても、さんざんイヤミや文句をいわれるのが目に見えていた。当時の記者や編集者たちへ実際に取材した、近藤富枝の前掲書から引用してみよう。
  
 一時新聞や雑誌の編集者すべてが、矢田家へ訪問したあと、いやな気持に襲われたという。それはこのまま帰ってしまうと、いつの間にかかぎつけた林芙美子が、/「矢田さんのところへ寄りながら、私のところへこなかった」/とイヤミをいい、行けば行くで、/「矢田さんとこの帰りでしょう」/と言ったからであった。矢田津世子が美女だからという説と、ライバル視していたからという説とあるが、おそらくその両方の理由だったのにちがいない。(中略) もと『改造』の編集者で、いつも両家に顔を出すために、気を使うことの多かった一人、青山銊治氏は、/「林さんは個人的な悪口を矢田さんについて言うことがよくあった」/と回想している。
  
 林芙美子は、矢田津世子から感想を求められる原稿を預かりながら、一度も目を通さずに押し入れに突っこんで、そのまま「行方不明」にした。よほど、矢田津世子のことを憎んでいたのだろう。(『放浪記』を「女人藝術」に掲載してくれた長谷川時雨Click!も、矢田津世子と同じぐらい憎悪していたフシを感じるのだが……) 原稿は、作家にとっては生命と同じぐらいたいせつなものだと、もちろん林芙美子も知っていただろう。まことに残念ながら、林芙美子はこの地方=江戸東京地域(特に旧・市街地)では、もっとも嫌われ忌避されるべき人間像を、下落合で演じつづけてしまっているようだ。
雑記帳193611.jpg 松本竣介.jpg
矢田津世子「書にふれて」1936.jpg
 1936年(昭和11)9月に発行された「雑記帳」創刊号(10月号)には、林芙美子のエッセイ『良人へ送る手紙』が掲載されている。もし順序が逆で、松本竣介・禎子夫妻が創刊号でたまたま矢田津世子へ原稿を依頼し、2号めに林芙美子のもとへ原稿を頼みにノコノコ出かけていったとしたら、松本夫妻は彼女からなにをいわれたか知れたものではない。

◆写真上:下落合4丁目1982番地の、一ノ坂に面した矢田津世子邸跡(左手)。
◆写真中上は、山手通りが開通した直後の1950年(昭和25)ごろに撮影された写真で、一ノ坂に面して戦災を受けなかった矢田邸がとらえられている。『おちあいよろず写真館』(コミュニティ「おちあいあれこれ」より) 下左は、自身も結核だったせいか矢田津世子の作品へ好意的な批評を寄せつづけた芹沢光治良。下右は、「北海タイムス」の記者時代に矢田津世子と交流した船山馨。同時に矢田の本を介して、豊国社の記者・佐々木翠(坂本春子)と知り合い結婚することになる。
◆写真中下上左は、1978年(昭和53)に講談社から出版された近藤富枝『花蔭の人 矢田津世子の生涯』。上右は、めずらしくリラックスした様子の矢田津世子。は、松本竣介の「雑記帳」へ寄稿したころ住んでいた下落合4丁目1986番地の矢田邸跡(右手)。現在は山手通りの絶壁に近く、新宿の高層ビル群が一望できる。
◆写真下上左は、矢田津世子が寄稿した1936年(昭和11)発刊の「雑記帳」11月号(第2号)。上右は、下落合4丁目2096番地のアトリエで撮影された松本竣介。は、「雑記帳」の同号に掲載の矢田津世子『書にふれて』。


読んだ!(38)  コメント(47)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

読んだ! 38

コメント 47

ChinchikoPapa

なんだか、「ふぉんとにあった尾瀬の怖い話」みたいなタイトル文字ですね。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>tweet_2さん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:07) 

ChinchikoPapa

新潟の浜辺は春・夏・秋はいいのですが、冬に出かけると殺伐としていて、しかも砂の粒子が細かいせいか日本海から吹きつけてくる強風に混じって、顔が飛び上るほど痛いです。寒さの痛みに加え、砂の痛みを感じたのは、冬の新潟海岸と金沢の内灘海岸でしたね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:16) 

ChinchikoPapa

「Tales of the Algonquin」は、ジャケットが印象的ですね。一度見たら、忘れないデザインです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:20) 

ChinchikoPapa

最近カツ丼づいていて、蕎麦屋や洋食屋に入ると和洋のカツ丼を食べました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:21) 

ChinchikoPapa

「似てしまうのは、どうしても仕方ない」というような、仲間内をかばうCDの“な~な~コメント”がTVで流されていましたけれど、文章や絵画、イラスト、立体、建築、グラフィックの各デザインにしろ、表現というのはどこまでも真剣勝負であって、酷似を指摘された時点で自身の「不明と不勉強」を恥じて取り下げるべきものですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:33) 

ChinchikoPapa

どこでも走れる「Walk Car」が出たら買いですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:37) 

ChinchikoPapa

「庭で採れました」とゴーヤをいただくことがあるのですが、わたしは苦手です。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:39) 

ChinchikoPapa

わたしはどちらかというと、ボルドーよりブルゴーニュのワインを飲むことが多いようです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:42) 

ChinchikoPapa

最近、箱根までは足を延ばしてないですね。つい、その手前で下車してしまいます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>TERUさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:45) 

ChinchikoPapa

野山で目立つ、キキョウやリンドウの季節ですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:56) 

ChinchikoPapa

わたしは1つのブログでもフーフーいっているのに、5つも運営されるのは凄いですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>Ujiki.oOさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 17:59) 

ChinchikoPapa

輪島で塗り箸やお椀を買ったのは、もうずいぶん昔になりますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 18:01) 

ChinchikoPapa

昨日は、打ち合わせで街をめぐり、汗びっしょりになってしまいました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 18:03) 

ChinchikoPapa

恐竜の化石を多く産出する、東北地方には案外「恐竜博物館」がないのですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sora_pさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 19:14) 

ChinchikoPapa

松島智里さんの作品を観ていると、「死後写真」を思い出してしまいました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>シルフさん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 20:45) 

ChinchikoPapa

街角に洗濯物が揺れてると、親しみを感じますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>八犬伝さん
by ChinchikoPapa (2015-09-03 22:22) 

ChinchikoPapa

なるほど、チーバくんが横を向くと、房総半島のかたちをしていたのですね。いま、気がつきました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 10:30) 

ChinchikoPapa

そろそろ夏野菜が影をひそめ、秋の野菜が目立ちはじめましたね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 10:33) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>nandenkandenさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 10:36) 

ChinchikoPapa

国会前だけでなく、デモの流れは日比谷方面まで延々とつながっていたわけですから、警察発表は議事堂前の大通りのみの恣意的な数字で、実際には10万単位でしたね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 10:42) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>コミックンさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 10:43) 

ChinchikoPapa

ネコは、ケージに入れると嫌がりますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>mentaikoさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 19:06) 

ChinchikoPapa

小林市のCM、秀逸ですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>宝生富貴さん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 19:12) 

ChinchikoPapa

食事から帰ったら、まず化粧室へ入るでしょ。w
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>モグラたたきさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 19:13) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>shingekiさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 19:14) 

ChinchikoPapa

京マチ子の怨霊は、案外あっさりと引きさがりましたけれど、「八つ墓村」の小川真由美のように、凄い顔をして追いかけてくる彼女の演技も見たかったですねえ。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2015-09-04 19:24) 

月夜のうずのしゅげ

いつもコメントをありがとうございます。
わがブログにコメントをいただいても、丁寧に答えられる自信も知識も時間もなく、いつかはきっとコメント欄を開いていたいと願いつつ・・・。
雨月物語の源十郎が、神官から体にお経(梵文字)を書いてもらって、朽木屋敷に戻った時、若狭と乳母の怨霊に取り囲まれて、執拗に責め立てられます。その時の写真をブログに取り込み、若狭と乳母のせりふなどまた書いてみます。
by 月夜のうずのしゅげ (2015-09-04 21:02) 

ChinchikoPapa

月夜のうずのしゅげ さん、コメントをありがとうございます。
確か、身体に梵字を書いた源十郎がめざめると、侍たちに囲まれて太刀とカネを取り上げられ、茫然と屋敷の焼け跡を見つめるシーンがありました。どこか、「耳なし芳一」の物語習合が感じられますね。
どちらかといいますと、「雨月物語」のラストシーンが、眠りから覚めて妻・宮木の消えた自宅の焼け跡を茫然と見つめる……というイメージがあります。京マチ子の怖いシーン、楽しみにしています。
by ChinchikoPapa (2015-09-04 22:26) 

Marigreen

「雨月物語」といえば『菊花の約』は子供の頃読んだ本では義兄弟の契りを結んだとなってたけど、あれはホモセクショアルの関係を結ぶことなのでしょう?
by Marigreen (2015-09-05 03:36) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
さあ、わたしは『菊花の約』の展開を、そのまま素直に武家の規範や徳義にありがちな「義兄弟」と読みましたけれど、現代的な眼から見ると怪しいでしょうか。w
by ChinchikoPapa (2015-09-05 10:59) 

ChinchikoPapa

鎌倉の源平池でも、いまごろは蓮の花がさいているでしょうね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>大和さん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 11:00) 

ChinchikoPapa

戦後初めて、一式陸攻の墜落現場まで入り取材されたNHKのディレクターが、近くに住まわれています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 11:24) 

ChinchikoPapa

3人組=トリオというのは座りがいいですが、48人組というのはウンザリです。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 11:30) 

ChinchikoPapa

わたしは昨夜、よ~く見憶えのある場所を歩いていて、そこを曲がると既知の風景が拡がる……という夢を見ましたが、起きてみるとまったく知らない風景なのに気づきました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>U3さん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 11:34) 

ChinchikoPapa

ピンクの公民館は、目が痛いですね。(汗)
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 11:35) 

ChinchikoPapa

まったく同感です。ついでに、米国隷属の原発推進もやめてほしいですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 14:31) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>trending-nowさん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 14:32) 

ChinchikoPapa

ラムネ好きとしては、一度「ラベンダーラムネ」を味わってみたいですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 17:58) 

ChinchikoPapa

長岡の花火は見事ですね。最初の平和を願う3発の「白菊」は、近ごろのキナ臭い動向を見るにつけひとしお感慨深かったです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 18:30) 

pinkich

矢田津世子さんと船山馨さんが北海タイムズの連載小説が縁でお付き合いがあったということをはじめて知りました。ご両人は林芙美子さんともお付き合いがあり、しかも住んでいるところも至近なのでつくづく縁があるようですね。船山馨さんの小説にはご自身の生い立ちなどが濃厚に反映されているようですね 表現者は全人格をかけて自身の作品を創るわけですから当然ですね 最近のエンブレム問題を思うとあれはクリエイターか?と考えさせられますね
by pinkich (2015-09-06 11:32) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、コメントをありがとうございます。
豊国社の佐々木翠(春子夫人)をめぐって、船山馨の恋のライバルだった文芸評論家の十返肇も、千鶴子夫人と結婚すると下落合に住んでいますね。いまでも、権兵衛坂には十返さんは住まわれているようですが、保存活動のきっかけとなった中村彝アトリエがそのまま残っているのを知ったのは、たまたま十返千鶴子のエッセイからでした。
このあたり、文学関係の下落合人脈を探っていくと、面白い文学マップが描けそうですね。十返千鶴子の作品には、そのあたりの人間関係がいろいろ登場していそうです。
by ChinchikoPapa (2015-09-06 20:14) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2015-09-06 21:26) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2015-09-06 21:27) 

sig

ありがとうございました。真珠湾での慰霊の長岡花火も恒例行事として定着したようで、うれしい限りです。
by sig (2015-09-07 16:01) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントをありがとうございます。
中国とも同じような交流ができればいいのですが、同国を「仮想敵」とみなす現在の政権では無理でしょうね。長岡花火は「平和花火」として、世界中で華を咲かせてほしいです。
by ChinchikoPapa (2015-09-07 20:34) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2015-09-07 22:32) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、こちらにも「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2015-09-13 18:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。