So-net無料ブログ作成
検索選択

落合・目白地域に伝わる「名刀」たち。 [気になる下落合]

藤稲荷.JPG
 目白には、正宗をはじめ多彩な名刀類がそろっている。それは、刀剣の蒐集・観賞が趣味だった細川護立邸Click!が目白台にあったせいだが、現在でも同家の刀剣展が永青文庫で開かれると、ついフラフラと散歩がてら観にいってしまう。でも、きょうは由来や素性がハッキリし、戦後の進んだ研究や厳密な鑑定などで真作とされている同家の名刀類ではなく、落合・目白地域に伝わる「名刀」たちについてご紹介したい。
 まずは、下落合309番地にある御留山Click!藤稲荷社Click!に伝来する「名刀」について、金子直德が寛政年間に著した『若葉の梢』(『和佳場の小図絵』)の現代向け口語訳版、海老沢了之介による『新編若葉の梢』(新編若葉の梢刊行会)から引用してみよう。
  
 藤稲荷社は、王子稲荷社よりも年暦が古く、むかし六孫源経基の勧請といわれ、御神体は陀祇尼天の木像で、金箔が自然にはげ、ところどころ朽ち損じ、木目が出、いと尊く拝せられる。年代はいかほどなるか不明であるが、およそ九百年も前のものだろうかといわれる。仕物には、正宗の太刀一振があった。
  
 「正宗の太刀一振」とあるが、鎌倉の相州伝「正宗」Click!の作が100振りあれば、その99振りまでが贋作、いや100振りすべてが贋作といわれるほど、この日本刀の最高峰に君臨する刀工の太刀(たち)と短刀の人気は絶大だ。その高い人気は室町後期から現代まで変わらず、武器としての斬れ味と美術品としての美しさにおいて、この刀匠をしのぐ作品はこの800年間にわたり出現していない。正宗が編みだした技法が、後代まで伝わらず不明とされているのも、同刀匠の技量を超えられない大きな要因だろう。
 おそらく、相模国(神奈川県)で産出するきわめて高品質な砂鉄と、それをカンナ流し(神奈流し)の仕組みで採集し、目白=鋼(はがね)を生成する大鍛冶(タタラ製鉄)の優秀さ、そして鋼を鍛え類例を見ない日本刀を産みだす新藤五國光や正宗、貞宗などに代表される鎌倉鍛冶の、新たに編みだされた相州伝を基盤とする高度な技術力と、3拍子がそろったからこそ創造しえた作品群なのだろう。
 室町末期から江戸時代にかけ、特に武家である将軍家や大名家の贈答品として正宗の人気は沸騰し、それでなくても数が少ない作品は巷間から姿を消した。明治以降、上野の国立博物館や各地の美術館に収蔵されていない正宗は、細川家のように元・大名の家々から作品を高額で譲り受け蒐集したもののみだ。また、下落合の近衛家にも、その売り立て目録Click!に掲載された刀剣類の質の高さから、公家の家筋とはいえ正宗の作品がまぎれこんでいたかもしれない。
 当然、人気が高く高額な正宗には、ニセモノが掃いて棄てるほど作られるようになる。その数たるや、日本画の応挙や大観、洋画なら岸田劉生Click!佐伯祐三Click!の贋作数をはるかにしのぐだろう。また、ホンモノと思われる作は家宝として秘蔵し、タダであげてしまう贈答品の用途には贋作とわかってはいても、それらしい作品を「正宗」に仕立てて贈り、贈られるほうもまた贋作と知りつつ黙って受け取るという、あえて形式的な慣習のために贋作を活用するようにまでなる。鎌倉の正宗は、自身の作品が観まちがえられるはずがないという自信からか、茎(なかご)にはほとんど銘を切らなかったといわれている。だから、「伝・正宗」ということで無名の太刀や短刀を、「正宗」に仕立てたケースも数が知れない。
永青文庫.JPG
包丁正宗.jpg
新藤五国光(代不明).jpg
 さて、藤稲荷社に少なくとも江戸時代の寛政期まで伝わる「正宗」は、鎌倉時代の作らしく「太刀」と記録されている。だが、なぜ同作が室町期以降に造られた刀(打ち刀)ではなく「太刀」だと明確に規定しえたのだろうか? 金子直德の文章を素直に読めば、「太刀」と規定できる要因、すなわち「正宗」という太刀銘が茎(なかご)に切られていたらしいことがわかる。おもに鎌倉期以前の太刀と、室町期以降の刀(打ち刀)とでは、騎馬戦から徒歩(かち)戦という戦闘方式の大きな変化で用途がまったく異なり、腰に佩く(吊るす)と腰に指すの用法のちがいで表裏が逆だ。
 鎌倉期の太刀は、馬上で腰に佩いて(吊るして)用いるので、刃が下になる側の茎(なかご)面が表となる。だが、室町中期以降は刀(打ち刀)を腰の帯に指して持ち歩くので、刃が上になる側の茎が表面となる。だから、藤稲荷に伝来していた「正宗」は室町期以降の刀とは逆の茎面に、「正宗」とわかる銘が切られていた可能性がある。しかも、銘が残っているということは、太刀がほとんど摺り上げClick!られていない(江戸期の規制に合わせて短縮されていない)ことを意味しており、伝来の体裁としては鎌倉期に奉納され、そのまま江戸期まで伝わった……ということになりそうだ。太刀の長さ(全長ではなく刃長のこと)が不明だが、もし生茎(うぶなかご:制作当初の茎のままで手が加えられていないこと)であれば、鎌倉期の太刀は5尺(150cm)以上の作品がふつうなので、長大なものでなければおかしなことになる。
 この「正宗」が、現代に伝わっているかどうかは知らないが、おそらく贋作か「正宗」ちがいの作品だろう。室町期以前、古刀と呼ばれる日本刀のカテゴリーに正宗を名のった刀工は、1975年(昭和50)出版の『刀工全書』(藤岡幹也)によれば13名存在している。だが、ほとんどが室町期の刀工であり、刀銘ではなく太刀銘を切る刀工の数はおそらくもっと絞られるだろう。実見していないのでなんともいえないが、太刀造りで3尺(90cm)前後の長さの正宗の銘入りであれば、贋作の可能性がきわめて高いと思われる。わたしは現在、国宝や重文に指定されている銘入り(あるいは金象嵌銘入り)、あるいは無銘の正宗が、下落合から発見されたという経緯を寡聞にして知らない。
 さて、雑司ヶ谷村あるいは高田村には、名主の家に伝来する「名刀」類が多い。1919年(大正8)出版の『高田村誌』(高田村誌編纂所)によれば、永禄年間より名主の中山本兵右衛門家に伝わったものに、「長光の刀」と「肥前の伊賀守脇指」がある。「長光」は、鎌倉後期の備州長船を代表する刀工なのだが、太刀ではなく「刀」と書かれているので室町時代の後代かもしれない。また、「大般若長光」と同人作として伝承されていたら、偽物の疑いが強いことになる。古刀期の長光は後代を含めて11名もおり、室町末期の戦乱期には数打ちもの(大量生産の粗悪品)らしい作品も見られる。
大般若長光.jpg
和泉守兼定(之定).jpg
伊賀守菊平.jpg
 もうひと振りの「肥前の伊賀守脇指」は、ちょっとリアルな伝来作品だ。九州の肥前で、伊賀守を受領しているのは源菊平ひとりしか存在せず、晩年には「法橋伊賀守入道菊平」と銘を切ることが多かった刀工だが、この刀工が注目され人気が出るのはおもに近代のことであり、そのほとんどの作品は散逸して所在が明らかではない。だから、名主の中山家に伝わった菊平の脇指は、あえて真作の可能性が高いように思われる。
 同じく『高田村誌』によれば、名主・平次左衛門(姓不明)家に伝来した刀に、「和泉守兼定鑓」と「國光短刀」が記録されている。「和泉守兼定」は、美濃を代表する関鍛冶のひとりで、おもに室町末期の戦闘に向く実用的な刀(打ち刀)を造りつづけた刀工集団だ。中でも「関孫六の三本杉」と呼ばれた互(ぐ)ノ目の2代・兼元がもっとも有名だが、実戦刀であるがゆえに関鍛冶の多くの作品は美術的な評価があまり高くない。
 和泉守兼定は、その中でも美術的な評価が高く、匂造りの地肌に銀砂を撒いたような小錵のついた、どこか相州伝を髣髴とさせる作風が美しく、特に二代目・兼定(通称「之定」)は鎌倉鍛冶の作品群とともに現在でも人気が高い。でも、江戸近郊の農村地帯に、希少な古刀期の和泉守兼定が伝わるとは考えにくく後代の可能性も高いのだが、刀ではなく「鑓(やり)」だというところに若干のリアリティを感じる。現在でもそうだが、太刀や刀、脇指、短刀に比べて鑓や長巻、薙刀の人気は決して高くはなかったので、蒐集家の数も限られていただろう。
 もう1作の「國光短刀」は、以前にこちらの記事でもご紹介した金山稲荷Click!の近くに工房を設けた、石堂派の墓所から出土したものだと思われる。「國光」を名乗る刀工は、古刀期には32人、新刀期には9人、新々刀期には3人ほどいるのだが、石堂家の墓所から見つかったとすれば室町以前となり、古刀期刀工32人のうちの誰かの作ということになる。だが、この短刀の作者が正宗の師匠格にあたる刀匠、相州伝の鎌倉鍛冶を代表する新藤五國光であったなら、正宗と同様に発見されしだい国宝または重文指定はまちがいないだろう。わたしは、高田や雑司ヶ谷に由来する新藤五國光の短刀は聞いたことがない。茎に後世の贋作とは思えない、自然なタガネ痕の「國光」銘があったとすれば鎌倉鍛冶ではなく、まったく異なる地域の刀工・國光だろう。石堂派が得意とした備前伝だが、備前鍛冶にも國光は古刀期だけで4人もいる。
藤稲荷1955.jpg
神田久保.JPG
金山稲荷.JPG 金久保沢.JPG
 最後に余談だが、椿山Click!の東側にある目白坂にあった目白不動が、少なくとも戦前まで、刀鍛冶や金工師の崇敬を集めていたことがわかった。やはり、目白は江戸期に生まれた多様な付会を超えて、大鍛冶(タタラ製鉄)の鋼(はがね)に直結する地名であり、また目白不動の北側には神田久保(かんたくぼ)という小字があったことも判明した。神田は、日本語地名の“たなら相通”の法則にしたがえば、神奈(かんな)が転訛したものだと思われる。おそらく、目白崖線のあちこちでは急斜面を利用してカンナ流し(神奈流し)Click!が行なわれていたのであり、雑司ヶ谷の金山は神奈山(カンナやま)、金川は神奈川(カンナがわ)、さらに目白駅のある金久保沢は神奈久保沢(カンナくぼさわ)と呼ばれていたのだろう。しかも、神田川(旧・平川)をはさんだ南の戸塚側(早稲田側)にも、金川(神奈川)が流れていたことがわかった。もし時間があれば、このテーマは今年の夏休みの宿題として、ぜひ記事に書いてみたい。

◆写真上:「正宗」の太刀が伝来していた、下落合の御留山にある藤稲荷社。
◆写真中上は、収蔵品のほとんどが国宝・重文・重要刀剣に指定されている細川家の刀剣展が開かれる永青文庫。は、透彫りの護摩箸と独特な身幅から短刀の中では出色の「包丁正宗」。は、正宗の師匠格にあたる新藤五國光の短刀だが何代目かは不明。
◆写真中下は、備前長船長光の代名詞となっている「大般若長光」。は、最近の女性には圧倒的な人気らしい2代・和泉守兼定(之定)。は、あまり作品が残っていない肥前の伊賀守菊平の作でめずらしい太刀と茎の太刀銘。
◆写真下は、1955年(昭和30)ごろに撮影された御留山の藤稲荷社。は、清土鬼子母神堂がある神田久保の谷間。下左は、宅地造成で崩された雑司ヶ谷の金山。下右は、目白駅西側の谷間に通う金久保沢の階段。


読んだ!(41)  コメント(45)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

読んだ! 41

コメント 45

sig

こんぱんは。
刀と太刀の違いとか、目白や神奈川が刀鍛冶に関係のある地名とは知りませんでした。古墳のお話や、アイヌ語から転化した地形・地名のお話などとも通じるところがあるのでしょうか。
by sig (2015-07-23 01:31) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
おそらく、弥生末から古墳期にかけて、旧・平川(現・神田川~日本橋側)の流域に展開した、神奈流し(神流)集団を想像させますね。これらの産鉄集団は、関東の流域に多い氷川社に代表される出雲神の社の存在から、鉄のタタラ(製錬)技術に優れた出雲の亡命勢力だとされる説もありますが、わたしは出雲からのタタラ技術や産鉄神までを伝承した、地元の集団も少なからずいたのではないかと想像しています。
by ChinchikoPapa (2015-07-23 14:10) 

ChinchikoPapa

外出するときサングラスはいつもかけて出ますが、帽子は持ってないのです。ときどき頭がジリジリと熱く、麦わら素材の帽子が欲しくなりますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kurakichさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 14:18) 

ChinchikoPapa

清水寺の沿道が、なにやら原宿のようになっていますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 14:26) 

ChinchikoPapa

「アナナ」のほうが、「パインナップル」よりよほど言いやすいですね。アナナとバナナは、近くで売られそうです。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:09) 

ChinchikoPapa

その昔、延々とつづく砂浜にもかかわらず、湘南海岸にはウミウがけっこういたのを憶えています。あれは、真鶴や三浦の岩場や崖場から“出張”してきたんでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:16) 

ChinchikoPapa

そろそろメンバーで、怪談会などないのでしょうか。w
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:17) 

ChinchikoPapa

Impulse期のF.ハバードは、総じて若々しく好きですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:19) 

ChinchikoPapa

わかやま国体の本選出場権の獲得、おめでとうございます。この調子で、本選でも入賞めざしてご活躍ください。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ベッピィさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:22) 

ChinchikoPapa

踊り子の楽屋裏を見ますと、マーティ・ベイチの『Broadway Bit』(Jazz)のアルバムジャケットを思い出してしまいます。CDではそうでもありませんが、LPレコードだとすごく映えるデザインでした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:36) 

ChinchikoPapa

雅叙園の百段階段で、こんな催しをやっているんですね。昼間ばかりで夜は撮影したことがないのですが、わたしが撮ると妙なものが写りそうです。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:39) 

ChinchikoPapa

子どものころ山歩きをすると、スカンボやノブドウを口にするのですが、ノブドウはまずくてペッペッと吐き出してました。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:44) 

ChinchikoPapa

大磯が水不足なら、隣りの平塚はもっとひどかったのかもしれませんね。大磯へ出かけるたびに、地福寺のナトリウム分の多そうな井戸水を飲むのが楽しみです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:49) 

ChinchikoPapa

きのうは、「白くまくん」という棒アイスを食べました。涼しい夜中に食べたせいでしょうか、冷えてトイレに起きてしまいました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:51) 

ChinchikoPapa

ポツダム宣言の記述もそうですが、「亡国」思想や「亡国」政権が支えた大日本帝国は破滅・滅亡したことを、いまだ事実として認識できない人々がいるようです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 15:58) 

ChinchikoPapa

今年は、まだスイカを食べていません。みずみずしくて美味しそうですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sarusanさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 16:01) 

ChinchikoPapa

子どものころ海の家に行くと、氷を砕いた中に缶ではなく瓶のラムネやコカコーラ、チェリオなどが冷たそうにささっていました。なんとなく、懐かしさを感じますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 17:27) 

ChinchikoPapa

G.チンクエッティの「雨」とか「つばめのように」は、わたしが小中学生のときに、ラジオからずいぶん流れていた記憶があります。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>シルフさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 17:30) 

ChinchikoPapa

エクスクラメーションマークの雲には、ビックリですね。w
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 19:27) 

ChinchikoPapa

「恋人いない歴30年」というシチュエーションは、物語にしやすいのかあちこちの設定で見ますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>makimakiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 19:31) 

ChinchikoPapa

近くの公園の池や大岡川で発生したやぶ蚊が、大量に襲撃してくるのでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>hideyaさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 19:54) 

ChinchikoPapa

6月ごろでしたか、取りこんだ洗濯物にカナブンがついてたらしく、夜に家の中を飛びまわる騒ぎがありました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 20:12) 

ChinchikoPapa

占い師には、一度も見てもらったことがないですねえ。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ジュディさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 22:04) 

ChinchikoPapa

記事に刺激され、いただいて仕舞っておいた南部の大吟醸の栓を、つい開けてしまいました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-23 23:49) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>mentaikoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 00:33) 

ChinchikoPapa

改竄され何かが仕込まれたとみられる、警告ポップアップの表示されるブログにはいまだ出あってません。長期間放置してたりすると、知らないうちに乗っ取られる危険がありますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>Ujiki.oOさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 00:38) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>宝生富貴さん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 10:33) 

ChinchikoPapa

C.ロイドは懐かしいですね。書かれているK.ジャレットやJ.ディジョネットが参加している、60年代後半のアルバムを何枚か買った憶えがあります。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 10:46) 

ChinchikoPapa

水面が温められて靄でかすむ、桧原湖の森がいいですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>gillmanさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 10:49) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>コミックンさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 10:51) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>nandenkandenさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 14:12) 

ChinchikoPapa

きょうも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>モグラたたきさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 16:52) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>mwainfoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-24 22:35) 

ChinchikoPapa

いつも、ごていねいに「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>じみぃさん
by ChinchikoPapa (2015-07-25 21:07) 

ChinchikoPapa

「馬でお越しの…」の白木の木札が出現したときは、けっこう物珍しさも手伝って撮影している人をけっこう見かけました。いまは、あまり目立たないせいか、気づかない人も多いですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2015-07-25 23:46) 

ChinchikoPapa

天守にたどり着くまで、延々と鉄砲や矢の表に立つことになりますね。周到な城郭です。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2015-07-25 23:49) 

うたぞー

刀を製造する技術は当時も世界的にすばらしい鍛造技術があったのだろうと思うのですが、時代の流れとしてそれがかなり廃れてしまうのは惜しいモノですね。
by うたぞー (2015-07-26 08:31) 

古田 宙

金久保沢という地名、初めて耳いや目か、にしました。続編大期待です!
by 古田 宙 (2015-07-26 10:46) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2015-07-26 20:46) 

ChinchikoPapa

うたぞーさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
1種1枚の鋼を折り返し鍛錬して剣を造る技術(素延べ鍛練)が海外の主流ですが、3種類以上の異なる性質の鋼を組み合わせて複雑な折り返し鍛錬をする技術は、日本刀ならではの製法ですね。出雲で生産されている、砂鉄のタタラ製鉄による鋼の量が限られているため、現在では昔ながらの作刀も限られてきますね。
昔ながらの原始的なタタラよりも、よほど純度が高い現代工業で生産された鋼で作刀しても、まったくいいものができないのは、大鍛冶(タタラ)の段階から、すでに刀に向く独特な製法があったことをうかがわせます。ある程度不純物が残っている鋼だからこそ、美しい日本刀が生み出せるんだと思います。
by ChinchikoPapa (2015-07-26 21:06) 

ChinchikoPapa

古田宙さん、コメントをありがとうございます。
それが、今年の夏は“本来業務”の「宿題」が多くて、書きためていた記事が底をつきそうになっています。「自由研究」にまで、手がまわるかどうか……。^^;
by ChinchikoPapa (2015-07-26 21:08) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2015-07-26 23:15) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2015-08-08 11:23) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 14:21) 

ChinchikoPapa

昔の記事にまで、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2016-12-31 20:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。