So-net無料ブログ作成
検索選択

逃げろや逃げろ上落合の吉川英治。 [気になる下落合]

上落合553_1.JPG
 吉川英治が『宮本武蔵』Click!で描いたのは、物語の前半と後半で武蔵がたどる「剣術」と「剣道」のちがいによって生じた、人としての思想や死生観にもとづく実存の相違なのだろう。「剣道」とは、もちろん今日的なスポーツとしての剣道ではなく、剣術の奥義を踏まえたうえで、どこか農本主義的な匂いも混じる武蔵の「剣の道」のことだと思われる。ちなみに、剣術ではなく竹刀を叩きつけるスポーツとしての剣道に、いくら上達しても日本刀Click!は扱えない。
 小説『宮本武蔵』では、武蔵は決闘を終えるとさっさと現場から離れる(逃亡)することが多いが、これは決闘相手の門人や係累たちの追撃あるいは意趣返しを避けるためだ。生命のやり取りをした現場で、感慨にひたることが少ない小説の武蔵だが、上落合553番地(現・上落合2丁目)に自宅を建てて暮らしていた吉川英治は、「逃げるが勝ち」を実践したことで“有名”だ。もちろん、吉川英治が逃げだしたのは決闘相手の武芸者などではなく、ヒステリーと浪費癖が止まない、生活観のまったく異なる連れ合いのやす夫人からだった。その逃亡生活は徐々に頻繁で深刻となり、1930年(昭和5)にはついに1年近くも上落合を抜けだし、逃避行をつづけて自宅に寄りつかなくなってしまった。
 吉川英治が上落合553番地に自宅を新築したのは、1926年(大正15)に大阪毎日新聞へ連載した『鳴門秘帖』が、平凡社の『現代大衆文学全集・第9巻/吉川英治集』(1928年)に収録され40万部も売れたからだ。また、同全集の『第37巻/吉川英治集』(1930年)には、『鉄砲巴』『邯鄲片手双紙』『剣侠百花鳥』『蜘蛛売紅太郎』『増長天王』などが収録されて、この時期、彼の手もとには膨大な印税が転がりこんだ。だが、吉川英治はにわかの大金で贅沢な暮らしをしようとはせず、質素な生活をつづけようとした。彼は満ち足りた生活をすれば、作品が書けなくなるのを本能的に察知していたのだろう。
 吉川英治は、上落合553番地に自宅を新築する以前、大正末には下落合に住んでいるのだが、その住所がどこだかハッキリしない。おそらく、関東大震災Click!で日本橋の水天宮近くにあった青物屋(八百屋)2階の借間が被害を受け、一時的に乃手の下落合へ引っ越してきたのではないかと思われるのだが、落合地域では上落合の自宅が圧倒的に目立つ存在であり、下落合の住居(おそらく借家)は影が薄い。
 吉川英治は、少年時代を極貧生活の環境ですごしている。高等小学校を中退し、一家の稼ぎ手として働かなければならないほど、吉川家の家計はひっ迫していた。18歳のとき、横浜船渠株式会社の乾ドックでいろいろな雑役をこなす「かんかん虫」にもなった。船底に付着した牡蠣殻やフジツボ、サビなどを大きなハンマーでカンカン叩き落とすのでそう呼ばれる労働だが、当時、欧米航路に就航していた日本郵船「信濃丸」の船腹を塗装する作業中に、操作係が吊るした足場の移動のタイミングを誤り、英治は12m落下して船台に叩きつけられ死にそこなっている。足場の板といっしょに落ちたため、頭蓋骨がコンクリートに叩きつけられて潰れずにすんだ、奇跡的な生還だった。
上落合553_1929.jpg
上落合553_2.JPG 上落合553_3.jpg
 1ヶ月ほどで退院した英治は、事故をきっかけに横浜船渠を辞めて東京へやってきた。当初は蒔絵師の弟子として働いたが、大正川柳に興味をおぼえて投稿をはじめている。川柳仲間の親戚が経営する待合へ英治が遊びに寄ったとき、芸者になりたての“いく松”(赤沢やす)と出会った。当時21歳の赤松やすは、牛込(現・新宿区の一部)の畳屋の娘で、華やかな芸者にあこがれて座敷に出はじめていた。その後、ふたりは一時中国の大連にわたるなど、さまざまな経緯や同棲生活をへて1923年(大正12)8月に結婚している。ふたりは貧乏で困難な生活を耐えつづけ、気心が知れた間がらのはずだった。
 だが、英治の小説が売れ印税の大金が手もとに入ると、やす夫人の生活態度は一変した。やす夫人は、売れない小説家・吉川英治を陰に陽に支えつづけた、彼にしてみればかけがえのない妻のはずだったが、彼女はそのまま質素な生活をつづけることに我慢がならず、カネがあればあるだけ思う存分につかって、贅沢な暮らしを求める女になっていた。彼女は、夫が作家であることになんの興味も抱かず、大金があるのになぜ地味な生活をつづけなければならないのかが理解できなかった。また、学校へ満足に通わず文字が読めない妻のために、英治が手習いや教養を身につけさせようとすると、露骨に嫌悪感をあらわすような性格だったようだ。
 そんな生活態度を改めさせようと、吉川英治は子どものいない家に養女(園子)を迎えるが、やす夫人の浪費家ぶりやヒステリーは変わらなかった。なまじ大金があるからいけないのだと、英治は手もとにあるカネをほとんど費やして浜田という建築家に依頼し、1929年(昭和4)に上落合553番地へ建設したのが初めての自邸だった。だが、せっかく新築した自邸で英治とやす夫人との生活をめぐる感覚のズレは埋まらず、彼はだんだん家にはいづらくなっていく。どこか地方を旅しながら、執筆する機会が増えていった。
 そのころの様子を、2012年(平成24)に岩波書店から出版された『新・日本文壇史―大衆文学の巨匠たち―』第9巻から引用してみよう。
  
 「神州天馬狭」と「続鳴門秘帖」を連載中の英治は、体調を崩したことと、やすとの間で繰り返される日々の摩擦が理屈では解きほぐせないストレスとなり、休養を欲した。そのため英治は三年九月二十四日、ついに家を出て、東北本線に乗って仙台へ行き、塩釜、女川、石巻、金華山、平泉をへて奥入瀬に入り、蔦温泉に一泊した。次に十和田湖を渡り、滝ノ沢峠を越え、温川温泉に着いた。温川の渓谷を見下ろしながら進むのは絶景であった。英治はそのまま温川山荘に滞在した。/やすとの溝が深まるとともに、英治は津の守の芸者一郎との交渉が深まった。東京市四谷区荒木町の一帯は昔、美濃高須藩松平摂津守Click!の上屋敷跡で、その花街は一流ではなかったが、客筋がよかったことで知られた。一郎の本名は菊池慶子で、妹ののぶ子とともに桃の家という芸妓屋をやっていた。
  
 おそらく、吉川英治は上落合への転居後、少しでもチャンスがあれば自宅から逃げだす算段ばかりしていたのではないだろうか。家には帰らず、帰ってもやす夫人とはケンカばかりで、すぐにいたたまれずに抜けだしてくるという生活がつづいている。芸者の一郎とは、その後も交渉をもちつづけ「逃避行」を繰り返すようになった。
吉川英治1925.jpg 吉川英治一家.jpg
吉川英治「神州天馬侠」1927大日本雄弁会講談社.jpg 吉川英治「女人曼荼羅」1934中央公論社.jpg
 当時の様子を、『新・日本文壇史―大衆文学の巨匠たち―』第9巻に掲載された吉川英治の『自筆年譜』、1935年(昭和10)の項目から孫引きしてみよう。
  
 徹夜仕事、飲み歩きなど、不摂生つづく。家事また顧みず、内事複雑、この頃、恐妻家の名をはくす。一夜、万年筆を袂に、ふらふらと女中の下駄をはいたまま家庭を出奔、以後、遠隔の温泉地を転々として家妻の眼を避く。オール読物のため旅先にて短編「梅颸の杖」など書いては送る。多くは上林、上山田温泉にとどまる。四谷の一妓、おなじく東京を出奔して尋ねて来、ずるずるべったりに一しょに居る。上山田警察の刑事が来て、両名、つぶさなる取調べを受く。
  
 特高Click!と思われる刑事がやってきたのは、偽名と思われる怪しいふたり連れが長期逗留しているので、旅館側が怪しみ警察へ通報したものだろう。地元の警察では、東京から潜行してやってきた共産党関連の活動家を疑ったかもしれない。彼の自宅が落合町上落合というのも、ますます警察の疑いを濃くして、取り調べが長期にわたる要因となったように思われる。
 やす夫人は、吉川英治の留守が長期間におよぶと友人や出版社などのつてを頼って、彼を探しに逗留先の温泉などへやってくるようになった。英治はそれを察知すると、尻をはしょって別の温泉地へ逃げだすなど、ふたりは反発力が生じる磁石の同極のような、わけのわからない夫婦関係になっていく。
 せっかく上落合に建てた新居だが、ふたりの性格のミゾを埋め気持ちを近づけるどころか、かえって拡げる結果となってしまった。英治は1935年(昭和10)6月、ついに上落合の家を処分すると赤坂区赤坂表町3丁目24番地へ転居して妻とは別居し、まもなく1937年(昭和12)にはやす夫人と離婚している。
 吉川英治が暮らした当時の上落合は、あちこちにプロレタリア文学Click!の作家たちが住んでいたはずだが、小学校を中退し10代からさまざまな苦労を重ね、労働者として暮らしてきた叩き上げの英治は、彼らとの交流をほとんど持たなかったようだ。もっとも、当時は「大衆文学」分野の小説家といえば、「純文学」をめざす作家たちからは一段も二段も低く見られていた時代なので、下落合や上落合に住んだ作家たちのほうから、あえて吉川英治に近づこうとはしなかったのかもしれない。
上落合553_1936.jpg
上落合553_1938.jpeg
 吉川英治が上落合にいた最後の年、1935年(昭和10)8月から東京朝日新聞に『宮本武蔵』の連載がスタートしている。新聞の連載小説としては、空前の大ヒットを記録する同作だが、やす夫人との離婚が成立して間もなく、1937年(昭和12)の暮れに英治は“お通”のモデルといわれている、同年夏に知り合った池戸文子と再婚している。

◆写真上:上落合1丁目553番地(現・上落合2丁目)の、吉川英治邸跡の現状。
◆写真中上は、1929年(昭和4)に作成された「落合町市街図」にみる上落合553番地。は、上落合553番地周辺にみる現在の風情。
◆写真中下上左は、1925年(大正14)に撮影された下落合時代の吉川英治。上右は、上落合時代の吉川一家で左から右へ吉川英治と養女・園子、やす夫人。下左は、1927年(昭和2)に大日本雄弁会講談社から出版された吉川英治『神州天馬侠』第2巻。下右は、1934年(昭和9)に中央公論社から刊行された吉川英治『女人曼荼羅』。
◆写真下は、吉川一家の転居直後に撮影された空中写真にみる吉川英治邸と思われる上落合1丁目553番地の住宅。は、1938年(昭和13)作成の「火保図」にみる同邸跡。すでに住宅が解体され、大きめの有馬アパートが建設されている。


読んだ!(38)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 38

コメント 43

ChinchikoPapa

消化器の好不調が肌に出るというのは、経験則としても納得できますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 10:23) 

ChinchikoPapa

岬の尾根の上は、隠岐の島のように牧場にできそうな草原ですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 10:28) 

ChinchikoPapa

きょうの暑さは、さすがにエアコンを入れてしまいそうです。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>makimakiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 10:31) 

ChinchikoPapa

『WAHOO!』は、50年代末の“ファンキー”を感じさせるサウンドですね。「Take 5」風の変則リズムは、時代の流行でしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 10:40) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 10:43) 

ChinchikoPapa

林泉寺の西に拡がる、貞静学園と跡見学園女子大学のキャンパス一帯が、地名の位置からかけ離れて残る山手線「大塚駅」の由来となった大塚古墳跡ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 10:53) 

ChinchikoPapa

この陽射しですと、そろそろアジサイはしおれてきそうです。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 10:57) 

ChinchikoPapa

きょうは猛暑日ですね、冷たい飲み物が進みます。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 14:30) 

ChinchikoPapa

きょうは、外を歩いていたらめまいがしました。猛暑でしたね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 18:27) 

ChinchikoPapa

カメラならぬPCを持って出かけたのですが、あまり仕事ははかどらなかったです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>hideyaさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 18:29) 

ChinchikoPapa

サブノートPCのファンが、もうすぐ壊れそうで内部の温度が急上昇しています。ノート/デスクトップPCを問わず、自分で買い換えようと思うまでPCが壊れた経験はなく、たとえサブとはいえICTベンダーではなく、家電系メーカーのPCは二度と買うまいと誓うのでした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>Ujiki.oOさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 18:34) 

ChinchikoPapa

先日、神奈川県立歴史博物館へ出かけたのですが、大雨の日で日本大通りには寄らないで帰ってきました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>(。・_・。)2kさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 18:43) 

ChinchikoPapa

酒名を見ただけで、ちょっと飲んでみたくなりますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 21:18) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>コミックンさん
by ChinchikoPapa (2015-07-11 23:09) 

ChinchikoPapa

わたしが若いころ勤めていた会社のビルは古く、エレベーターに少し段差がついて停まるので怖かったですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 00:14) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>nandenkandenさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 00:16) 

SILENT

むすめに与ふという 吉川英治の言葉を書家が書いた色紙があります。以下読みながら吉川英治の生涯をかみしめました。こんな人生の人だったのですね。学生時代に作家の本が好きになり後に、周五郎ファンになった自分です。
 
   倖せ何と ひと問はば
   むすめは なにと答ふらん
   珠になれとは いのらねど
   あくたになるな 町なかの
   よしや三坪の庭とても
   たのしみもてば 草々に
   人生 植えるものは多かり
by SILENT (2015-07-12 08:03) 

U3

吉川英治は残念ながら読んだ事がありません。
by U3 (2015-07-12 08:16) 

ChinchikoPapa

ロゼットと聞くと、白子さんと黒子さんを思い浮かべるわたしは、思いっきり昭和人ですね。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:03) 

ChinchikoPapa

わたしは昔から、シュークリームとそれに近い食べ物が苦手なのですが、子どものころに食べすぎて頭が痛くなった経験がトラウマになっているのでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:05) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>mentaikoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:06) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
超有名人だった女性のもとへ、押しかけ亭主となった同時代人の三上於菟吉に比べ、落合の吉川英治はとても地味な存在ですね。それは、小学校を中退せざるをえなかった極貧生活(といっても洋画家・小島善太郎ほどではないですが)に根ざす、裕福で派手な生活に対する彼ならではのコンプレックスを強く感じます。
もうひとつ、文学を修めていない「大衆文学」の書き手ということで、少なからず他の作家たちに引け目を感じていたこともあるでしょうか。落合地域にあまた住んだ作家たちは、必ずご近所同士で密接に連絡を取り合い、ときにはお互いの家を頻繁に訪問し合っていますが、吉川英治にはそれが感じられません。
いつもひとり離れて、ポツンと存在しているような感触が強いですね。

by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:33) 

ChinchikoPapa

U3さん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
わたしも、吉川英治は決して「読んだ」と言える冊数は読んでないです。横浜の根岸界隈は、なぜか歩いてるんですけどね。w
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:43) 

ChinchikoPapa

なぜ、あんなに詰めこむんでしょうね。w
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>宝生富貴さん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:45) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:47) 

ChinchikoPapa

うちの親父は70歳をすぎたころから、脳と頭蓋骨との“すきま”を指摘されていました、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>未来さん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:49) 

ChinchikoPapa

そろそろ、子どもたちは夏休みを迎える準備ですね。さて、みんな夏休みの自由研究は、なにをするのでしょう。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 17:51) 

ChinchikoPapa

録音は古いですが、YouTubeのメニューイン盤もいいですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 18:10) 

ChinchikoPapa

クロマツ林へ出かけると、ときに極彩色の大きなガに出あいますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 18:16) 

ChinchikoPapa

久しぶりに出歩いた人も多かったようですが、炎天下の橋の上で20cmもありそうなハイヒールをはいた女の子が、足首を思いっきりひねってました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>銀鏡反応さん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 18:19) 

ChinchikoPapa

よく冷えた、“らいでんメロン”を食べたいです。きょうの北海道は、各地で酷暑でしたね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>沈丁花さん
by ChinchikoPapa (2015-07-12 20:30) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>tai-zouさん
by ChinchikoPapa (2015-07-13 00:11) 

niki

『新・平家物語』が大好きで高校生の頃よく読んでいました。
でもバイオグラフィーは知らなかったので勉強になりました^^

by niki (2015-07-13 09:32) 

ChinchikoPapa

江戸期の絵師の仕事には、実際にトラを見たことがないため、「猫虎」風の作品があって面白いですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2015-07-13 09:58) 

ChinchikoPapa

nikiさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
上でSILENTさんが書かれている山本周五郎は、ほとんど全作品に目を通しているのですが、吉川英治はあまり読んでないです。「新平家」も未読ですね。
書かれた記事中の変わった屋根をした西洋館、きれいですね。屋根上のTVアンテナをもう少し目立たなくすると、もっといいと思います。w

by ChinchikoPapa (2015-07-13 10:08) 

ChinchikoPapa

きょうは室内にいても、34℃とすさまじい暑さですね。南向きの窓のあるところでは、エアコンをきかせないと何もする気が起きないのではないでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-07-13 16:16) 

ChinchikoPapa

新造船の試運転はワクワクする半面、設計者と船主は最高に緊張する場面なのでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>オカベンさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2015-07-15 18:14) 

sig

こんばんは。
吉川英治は身近な作家なのに、ほとんど小説は読んでいないことに気が付きました。みんな映画からのイメージなんですね。
by sig (2015-07-17 21:35) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
わたしも、意外に読んでないんですよね。あと、有名なのにほとんど読んでない作家に、中里介山とか直木三十五、三上 於菟吉などの作品があります。
by ChinchikoPapa (2015-07-17 22:23) 

ChinchikoPapa

ハーツ・バーンのフルボディは、味わってみたいですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-19 01:04) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2015-07-19 20:48) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>じみぃさん
by ChinchikoPapa (2015-07-27 14:05) 

ChinchikoPapa

東京ビッグサイトは、わたしも仕事でときどき出かけるのですが、たいがい展示場内で迷子になります。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 14:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。