So-net無料ブログ作成
検索選択

横手貞美のリアルタイムな佐伯証言。(下) [気になるエトセトラ]

上落合の散歩道.JPG
 横手貞美Click!の証言が特に貴重なのは、フランスにおける佐伯祐三Click!の様子をリアルタイムで報告しているからだ。のちに“思い出”として、薄れつつある遠い記憶の中から手繰り寄せた、多少の思い入れや思いちがい、粉飾や結果論などが混じりやすい証言ではなく、自身も佐伯の死から3年後にフランスで死去してしまうため、当時の様子をリアルタイムで、あるいは記憶がまだ鮮やかなうちに書きとめている文章ばかりだからだ。
 同時に、佐伯祐三とはかなり親密というわけではなく、たまたま渡仏の時期にパリにいた佐伯といっしょになって、短い期間を郊外写生に同行したり、アトリエを訪ねたりしているにすぎない。したがって、佐伯の人物像をことさら顕彰する必要も、また師弟関係あるいは画会の会員や同人、作品応募者といった義理やよしみ、利害などの関係も存在せず、記述内容や表現に気をつかう必要がない立場にいたからだ。
 さらに、横手の証言類は出版を前提とする“公”の文章ではなく、すべてが兄あての手紙あるいは日記がわりに使ったスケッチブックに書きとめられたものであり、そこに粉飾や虚飾・虚栄が入りこむ余地が少ないことも挙げられる。
 横手貞美は、佐伯祐三と娘の彌智子の死を見送ったあと、自身も少しずつ健康を害していく。「僕もし肺でもわるくなったらドンドン帰ります」と、1928年(昭和3)6月27日の兄あての手紙に書いた横手だが、彼が再び日本へ帰ることはなかった。横手は病気が悪化するなかで、佐伯が少しずつ狂っていく様子をフラッシュバックのような悪夢で見ていたらしく、そのたびに憂鬱になり精神的に落ちこんでいたらしい。
 当時、フランスで横手貞美と行動をともにすることが多かった向井潤吉は、佐伯祐三が死んだ1928年(昭和3)の夏に見た横手の様子を、彼が死去した直後の1931年(昭和6)10月19日に記録している。同年に刊行された『故横手貞美滞欧遺作集(全)』所収の、向井潤吉「巴里で」に記された文章だが、2007年(平成19)に出版された尼子かずみ『沈黙のしずく 画家・横手貞美の生涯』(郁朋社)から孫引きしてみよう。
  
 昭和三年の夏、僕達はもう一人の友人を加へて南独逸からベルリンへ出て、更らに和蘭白耳義へと美術館巡礼に廻つたが約半月ほどのその旅行が終ろうとする或晩、佐伯氏のイヤな夢を見たと云つてすつかり憂鬱になつて了つたので励ますようにしてパリに帰つて見るとやつぱり佐伯氏は危篤の状態におかれて居た。そして間もなく逝去の報が吾々を驚かしたが旅の疲れの充分に癒えない矢先き、その看護と跡の用事に無理をしたらしく急にリウマチの痛さと重ねて顔面神経痛の苦しさを体験してしばらくはベトイユの方へ転地写生に赴いたりしたがその頃にはもうパリの街の魅力にとりつかれたような形で悶々とし乍らも結局はルユ、ダゲールのアトリエを動く事が出来なかつた。
  
 この文章から、佐伯祐三の「発狂」による錯乱と衰弱死が、横手へ大きな精神的打撃を与えていたのがわかる。それは、頼りにしていた同業の“先輩”を喪ったというよりも、自身も既往症のある不安定な体調であり、いつ佐伯と同じような境遇に陥るかわからない……という不安感のほうが、より大きかったように思える。向井潤吉の証言から、横手は佐伯や彌智子の急死後、軽い鬱状態になっていたようにも思える。
モラン(佐伯・横手).jpg
横手貞美「煉瓦の二階家」1930.jpg
 向井潤吉と横手は渡仏する直前、1927年(昭和2)の暮れに親しくなっているらしい。横手は佐伯と制作活動をともにすることで、自身の新しい表現を模索していったようだが、向井は佐伯のグループに加わることはなかった。この時期、横手貞美は兄の横手貞護あての手紙に、「佐伯氏がブラマンクから聞いた事を話してくれることが非常に為になる」と書いている。1972年(昭和47)に発行された「文藝春秋」3月号掲載の向井潤吉『佐伯祐三とその追随者』を、1980年(昭和55)に出版された朝日晃・編『近代画家研究資料 佐伯祐三Ⅲ』(東出版)から、少し長いが引用してみよう。
  
 当時の横手君は少しの風雨ぐらいは頓着せず、佐伯流に二十号をかついで写生に出るのが日課であり、行けば無理でも仕上げる程の覇気にみちていた。ひまな時は百貨店で買ってきた布を枠に張り、亜麻仁油と石鹸と亜鉛華を混ぜて煮た異臭の塗料で、せっせと下塗Click!をしていた。この方法も佐伯直伝であった。/私は食事をすますと、毎夜のようにモンパルナスの研究所へ、クロッキーの練習に通った。いつも後の壁を背にした高い床几を定席にしていたが、あるときふと気がつくと佐伯さんと隣り合わせており、それとなく手元をのぞくと、佐伯さんはモデルの方をいっさい見ずに、食い入るようににらんだスケッチ帖に、ただ三角や丸の線を引くことに熱中していた。言葉を忘れたようなその姿をみると、私も声をかける機会を失ってそのままになったが、すでにそのころは病状も大分悪化していたらしく、異常に神経をはりつめたその冷ややかな表情は、何ものも寄せつけない鬼気さえ感じたのである。私が見た佐伯さんの最後であった。/佐伯さんが亡くなってからも、横手君の生活は変らず、制作は旺盛に進んで行った。
 「佐伯さんはね、描くときはライオンの如くうなるんだ」
 と自分でもその真似の声を出して意気軒昂たるものがあり、酔うと二人で肩を組んで深夜の町を呑み歩いた。
  
 佐伯が制作中に、ライオンのような唸り声を上げたというような証言は、このときの向井を通じた横手貞美の言葉にしか見えない。精神的に追い詰められた焦燥感、あるいはなんらかの強迫観念が無意識にそのような声を上げさせていたものだろうか。
佐伯祐三「モランの寺」1928.jpg 横手貞美「モランの教会」1928.jpg
横手貞美「自画像」1927.jpg 横手貞美と向井潤吉.jpg
 横手は佐伯のアトリエへと通い、キャンバスづくりから絵画表現まで、さまざまなことを習っていた様子がうかがえる。だが、モデルを前にしてスケッチブックに三角や丸しか描こうとはしなくなってしまった佐伯を、向井潤吉が目撃するようになったころから、横手も佐伯の異常には当然気がついていただろう。
 佐伯がベッドから抜けられなくなった1928年(昭和3)4月以降、横手は頻繁に彼のもとへ見舞いに訪れていたにちがいない。特に精神的な錯乱がひどくなった同年6月には、14区リュ・ド・ヴァンヴ5番地の佐伯アトリエに、パリへいっしょにやってきた荻須高徳や大橋了介、山口長男らとともに詰めて、佐伯が外へ彷徨い出ないよう見張り役もしている。佐伯が入院してしまうと、向井潤吉とともにドイツへ旅行していることは先述したが、パリへもどって早々に佐伯の死に遭遇し、同年8月18日にはペール・ラシェーズ墓地で行われた仮埋葬の葬儀に出席している。そのわずか12日後、今度は娘の彌智子Click!の死も看取っている。
 以前、ベッドで息絶えた彌智子の通夜の写真を何枚か拝見したことがある。花や人形に囲まれて、まるで眠っているように絶命している彌智子の姿だが、鬱的な症状からか精神病院で食事を拒否してやせ細り衰弱死した、鬼気迫るまるで別人のような父親の死顔とは異なり、その表情は清潔で安らかだった。
 1931年(昭和6)の冬、フランスのサヴォア高原にあるトネー・オートヴィル療養所で、死の床についた横手貞美は、佐伯祐三や娘の彌智子のことを3首の短歌に詠んでいる。彼が療養所に持ちこんだ、日記がわりの小さなクロッキー帳に書きとめられたものだ。佐伯一家や仲間たちと出かけた、1928年(昭和3)2月のモランへの写生旅行で、おそらく横手は娘の彌智子と非常に仲よくなったものだろう。
  三年昔かの祐三の発狂も むべなるかなと思ひそめつも
  肺病みてパンテオンの宿に永眠(ねむ)りたる ヤチ子のことも思ひ出でつも
  白き花胸に散らして永眠りたる ヤチ子を思ふ寂しきかなや

 1931年(昭和6)3月21日に、横手は結核治療のために胸部切開手術を受けたあと、翌22日の未明に死亡している。享年31歳だった。
横手貞美「新聞雑貨店」1929.jpg 横手貞美「モンマルトル風景」1930.jpg
横手貞美「フランス革命記念祭の集い」1930.jpg
 1971年(昭和46)7月から9月にかけ、横手貞美の滞仏日記が長崎新聞に連載されている。彼の手紙類も含め、佐伯祐三が有名になった後世に“思い出”として語られたものではなく、佐伯の身近に寄り添い、その現場をリアルタイムで記録したという点でたいへん貴重だ。横手貞美については、今後も機会があれば、また紹介していきたい。

◆写真上:横手貞美が上落合のどこに住んだかは不明だが、おそらく付近を散歩しながら近所の風景をスケッチしていたのだろう。上落合の、神田川沿いにある散歩道。
◆写真中上は、モランのレストランで食事をともにする佐伯祐三(左)と横手貞美(右)。は、1930年(昭和5)に制作された横手貞美『煉瓦の二階家』。
◆写真中下上左は、1928年(昭和3)制作の佐伯祐三『モランの寺』。上右は、同時に描かれた横手貞美『モランの教会』。下左は、1927年(昭和2)におそらく上落合で制作の横手貞美『自画像』。下右は、滞欧中に撮影された横手貞美(左)と向井潤吉(右)。
◆写真下上左は、1929年(昭和4)制作の横手貞美『新聞雑貨店』。上右は、1930年(昭和5)に描かれた横手貞美『モンマルトル風景』。は、同年制作の横手貞美『フランス革命記念祭の集い』。当初は佐伯の色づかいや表現によく似ているが、佐伯の死後は徐々に横手貞美ならではのタッチや暖かみのある色づかいに変化してきているのがわかる。


読んだ!(39)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 39

コメント 52

ChinchikoPapa

大磯町議会に女性が多いことは知っていましたが、議員数が平塚市の半数もいるとは知りませんでした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 10:39) 

ChinchikoPapa

『他人の顔』は面白そうですね。京マチ子ファンとしては、ぜひ観たいです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 10:43) 

ChinchikoPapa

鎌倉の旧・前田侯爵別邸が、清水組の仕事であることを最近知りました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 11:39) 

ChinchikoPapa

わたしも『妖怪ウォッチ』は見たことがないのですが、ポケモンの妖怪版しいったところでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 11:41) 

ChinchikoPapa

自由ヶ丘という街はなじみが薄く、「ヴェニス」も知りませんでした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 11:44) 

ChinchikoPapa

狭山茶は、そろそろ一番茶から二番茶が出荷される時期でしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kawasemiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 11:47) 

ChinchikoPapa

1週間ほど前、耐震設計をほどこすために新宿区役所の本庁舎(8階建て)を、南東方向へズルズル「曳き家」しているのですが、ビルが壊れたとも崩れたとも聞きませんので、うまくいったものでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 12:02) 

ChinchikoPapa

いまの登山用品は、次々と発明される新繊維のおかげで、昔の半分あるいは3分の1の質量ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 12:03) 

ChinchikoPapa

本島西の久米島では、疑心暗鬼になった守備隊による住民の虐殺までが起きてますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>未来さん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 12:09) 

ChinchikoPapa

蒸し暑い空気の中、夏の花がいっせいに咲きはじめましたね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 12:12) 

ものたがひ

落合道人さま、こんにちは。
向井潤吉の、佐伯についての最後の記憶として凍結されていたであろう「モデルの方をいっさい見ずに、食い入るようににらんだスケッチ帖に、ただ三角や丸の線を引くことに熱中していた」という目撃談も、貴重ですね。この時佐伯は、キュビズムの表現を模索していたように見えます。それまでの佐伯は、いつも見えるものとの交感のなかで描いてきたのに、異質な発想を要するキュビズムが、佐伯にとって必然性のある問題となったという、大転換直後の様子を書き留めているように見えます。佐伯の発狂の要因の一つとして、制作上の苦闘があるとするならば、この「見ること」一筋からの脱皮の問題であったように、私は考えています。
by ものたがひ (2015-06-26 13:58) 

ChinchikoPapa

ものたがひさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
なるほど、次の表現を模索していたという想定ですね。フォービズムからキュビズムへ移行した画家は、その後の独立美術協会などでも多くみられる顕著な流れようですので、可能性は大いにありそうです。
もうひとつ、晩年の佐伯が次の表現を模索していた“証拠”となるかどうかはわかりませんが、いくらモチーフにデフォルメを加えようと、それまでの佐伯はおしなべて忠実に風景を写しとっているように見えますが、死去する年、1928年に制作された『工場』(大阪市立近代美術館建設準備室・蔵)などでは、とても実景とは思えない“構成”的な要素を強く前面に押し出している感じを受けますね。
パリで暮らしながら、少しずつ自身の画面に変化をつける、さまざまな表現を吸収した上での“実験”を、試みようとしていたものでしょうか。
by ChinchikoPapa (2015-06-26 15:46) 

ChinchikoPapa

どこか、アルバムジャケットのような感じの作品が多いですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>シルフさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 15:47) 

ChinchikoPapa

最近の日本映画は、世間が物騒で疲れているせいか癒し系の作品が多いですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>makimakiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 16:55) 

ChinchikoPapa

もう、6月最後の週になりますね。今年前半は、あまり活動ができていない感触がありますので、後半にがんばりたいと思います。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 17:29) 

ChinchikoPapa

わたしはたぶん、身近にいても馴染めないんじゃないかと思います。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sephirothさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 18:46) 

ChinchikoPapa

最近は自分を見失うこともなく、逆に自意識が邪魔でうっとうしいことがあります。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>井上さきさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 19:56) 

ChinchikoPapa

弥生末の遺跡から見つかる食材の痕跡から、フィミカ(卑弥呼)の食卓はあんがいリアルに想像できそうですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-26 20:01) 

ChinchikoPapa

そろそろ、アイスクリームとかき氷が恋しい季節です。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 00:46) 

ChinchikoPapa

+15の酒といっても、ビリビリと辛いとは限らないようですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 00:49) 

ChinchikoPapa

この豪雨の中での、国会前座り込みは尋常ではないですね。それだけ怒りが強いということでしょうが……。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 00:58) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>mentaikoさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 12:10) 

ChinchikoPapa

RSSがバージョンのちがいによるコンパチ不足のせいか、うまく機能しないケースがなかなか減りませんね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>Ujiki.oOさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 12:20) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>tai-zouさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 12:23) 

ChinchikoPapa

わたしがいちばん最初に沖縄戦について書かれた本を読んだのは、1960年代後半の小学生のときに出た偕成社の「少年少女世界のノンフィクション」シリーズの1冊、『ひめゆり部隊のさいご』だったように思います。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 12:40) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>宝生富貴さん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 12:41) 

ChinchikoPapa

生を観に出かけたことはありませんが、大宮敏充の舞台はTVで中継されていましたので、ときどき観ていました。確か、小学校の授業が午前中だけあった、土曜日の昼すぎに放送されていたように思います。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>TERUさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 12:46) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>nandenkandenさん
by ChinchikoPapa (2015-06-27 13:07) 

Marigreen

狂死した佐伯も苦しかったろうが、それをつぶさに見ていた横手は「ああ、俺もああやって死ぬんだ」という予期不安でさぞかし怖かったろう、苦しかったろうと思うのです。
by Marigreen (2015-06-27 18:31) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
横手は佐伯晩年の中に、その既往症から「自分の未来像を垣間見てしまった」・・・という観念=一種のトラウマを、植えつけられてしまったのかもしれませんね。それにとらわれつづける、晩年の横手の姿を感じます。
by ChinchikoPapa (2015-06-27 18:54) 

pinkich

佐伯祐三が晩年にキュビズムに傾倒していたとのものたがいさんのご指摘や晩年の作品 工場 がキュビズム的との落合道人さんのご意見など興味深いです。晩年の作品には空間が歪んだような作品やモランの寺のように形を極端に単純化したものがありますね。それがキュビズムなのかどうかわかりませんが何を目指していたのか興味深いです。
by pinkich (2015-06-28 11:23) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、コメントをありがとうございます。
準備室の『工場』(1928)はキュビズムというより、さらに自由な表現をめざした、デフォルメをさらに超えたところにある実景の改変・改造、すなわち“構成”表現の要素が強いように思います。昭和期に入ると、たいていの具象的な表現をする画家たちが、ふつうに採用するようになる手法ですね。
以前にご紹介いただきました今西中通も、フォービズム時代の画面を見ると、多分に“構成”的な要素が加わっているように見えます。それは、ときに建物の色自体を変えるのはもちろん、建設位置を実際の場所から別の場所へ「移築」して描いたり、実景ではなにもない野原に別の場所でスケッチしておいた家々や樹木を加えてみたり、ときには東西の方角さえ変えてしまう・・・というような、大正期の「写実」的な洋画表現では、それほど多くは見られなかった手法です。
それによって、画家自身が抱く心象的な風景イメージや、自分なりの美のイメージに近づけようとする表現といえるのかもしれませんね。
by ChinchikoPapa (2015-06-28 15:24) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>じみぃさん
by ChinchikoPapa (2015-06-28 15:26) 

ChinchikoPapa

楽器博物館は面白そうですね。最近のYAMAHAというと、楽器やバイクよりもネットワークスイッチのイメージが強くなりつつあります。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2015-06-28 15:29) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2015-06-28 15:30) 

ChinchikoPapa

マーラーの曲はどれほど協和音を崩そうが、どこか予定調和的に「心地よく」響いて聴いていられる、ナイロンザイルの“際どさ”と“安心感”とを感じます。一歩まちがえると、かなり通俗的に聴こえる楽曲でも、退屈させない技術(表現ワザ)を備えているように思えますね。そこが、マーラー・フリークにはたまらないところでしょうか。どこか、JAZZのJ.マクリーン(as)のように、異なるイディオムの音楽へ挑んでも退屈させずに聴かせるテクニックがあるのだけれど、本質的には「バップから出て来ないよね」・・・というような感覚でしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2015-06-28 18:49) 

pinkich

ありがとうございます。佐伯祐三の死因は諸説あり、死因を研究した本まであるようですが、落合道人さんの記載が自然かもしれませんね。
by pinkich (2015-06-28 20:07) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、ごていねいにコメントをありがとうございます。
“構成”的な表現は、いくら斬新ではあっても過去の表現のアンチテーゼとはならず、やはり多くの画家たちはキュビズムやシュルレアリズムのほうへ惹かれていったのでしょうね。
佐伯の第2次滞仏作品のどこかに、彼の髪の毛が厚塗りの絵具の下へ塗り込められていたり、形見として爪などが残っていたりすると、現代の分析科学では死去する直前の身体の様子がだいぶ解明できそうですが、どこかに残ってないものでしょうか。^^
by ChinchikoPapa (2015-06-28 20:54) 

ChinchikoPapa

わたしも夏に備えて先日、散髪したばかりです。
重ねて、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-06-28 20:56) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>ジュディさん
by ChinchikoPapa (2015-06-28 21:05) 

ChinchikoPapa

甘く熟した、サンカヨウの実を食べてみたいですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>モリガメさん
by ChinchikoPapa (2015-06-28 21:25) 

ChinchikoPapa

こちらにも「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2015-06-29 15:05) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2015-06-30 13:56) 

pinkich

佐伯氏を看取った友人に椎名其二がいます。椎名其二は野見山暁治と交友があり、野見山氏のエッセイにたびたび登場します。そのエッセイに椎名氏が野見山氏に語った佐伯氏の思い出話が出てきます。佐伯氏の死の真相はともかく、フランスから一次帰国した椎名氏宅の風呂釜が壊れたことを知った佐伯氏が、椎名氏のために風呂桶を背負ってやってきた話など佐伯氏のユーモア?がおもしろいです。
by pinkich (2015-07-04 11:48) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、コメントをありがとうございます。
椎名其二は、さまざまなところで佐伯の想い出や、当時のパリ文化の様子を証言していますね。わざわざ証言を訊きに、美術関係者や雑誌編集者が、ずいぶんパリの椎名のもとを訪れているようです。
彼の翻訳本で、最近、某新左翼出版社から改訂版が出た『出世をしない秘訣』は、けっこう面白かった憶えがあります。発想が自由で、独特なユーモアのある人物ですね。
by ChinchikoPapa (2015-07-04 18:31) 

sig

こんばんは。
佐伯祐三の最期の真相を初めて知りました。かなりショックです。
それにしても。人を「狂」や「死」にまで追いやってしまう芸術(絵画に限らず)とは、いったい何なのでしょう。
by sig (2015-07-06 00:48) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>Simpleさん
by ChinchikoPapa (2015-07-06 10:13) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
佐伯の死には諸説ありますけれど、晩年のさまざまな証言を細かく読んでみますと、死去する1928年(昭和3)の冬から春先にかけては、非常に感情の起伏が激しく、春から夏にかけては鬱々として精神的に深く落ち込んでいる様子がうかがいしれます。
佐伯に限らずですが、自分の思うような表現ができず、それによって焦燥感や譫妄感にとらわれ、ときに発作的な行動を起こすのは美術や文学に限らず、けっこう多いタイプのように感じます。むしろ自分を追い詰めるような、その感覚がないといい作品は表現できないのかもしれませんね。
by ChinchikoPapa (2015-07-06 10:20) 

ChinchikoPapa

空気が乾燥していてすがすがしく、ワインも美味しそうですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2015-07-17 22:32) 

山本光紀

佐伯の丸や三角って、キュビズムに転向しようとしていたのでしょうかね〜
僕自身は最晩年の工場の平面的な表現や、モランの寺院をあらゆる角度から描写した作品群からそう思って観ているんですけどね。
結果早逝されちゃいましたが、横手さんもいい先輩に巡り会えたものですね。
最近藤田嗣治の資料とか数冊読んで、表ヅラにだまされたらあかんなぁと思うようになりました。
スタイルや思考こそ違え、作品に真摯に向き合う姿は真似しなくちゃいけないです。
by 山本光紀 (2015-07-21 21:59) 

ChinchikoPapa

山本光紀さん、コメントをありがとうございます。
おそらく画家に限らず、なんかの表現者は作品として残す残さないは別にしても、その時代に考えられる表現はすべて(密かに)試みているんでしょうね。そして、自身の感覚にみあう表現を見いだし、そこにやむにやまれぬ必然性を感じたとすれば、ためらわずに変化するのだと思います。
ただ、その変化をとげるのに延々苦しみ、もがくように少しずつ変わる表現者もいれば、いともたやすくステップの軽みさえ感じさせて、次々とスタイルの変化をしづける表現者もいます。佐伯が生きつづけていたとすれば、前者のタイプのような歩みをして苦しんだのではないかと、密かに想像してしまいますね。
by ChinchikoPapa (2015-07-21 22:32) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、以前の記事にまで「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 11:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました