So-net無料ブログ作成

交流や連携がなさそうな住民互助会。 [気になる下落合]

近衛文麿19370608.jpg
 以前、下落合2丁目(現・下落合3~4丁目界隈)の住民互助組織である、同志会Click!についてご紹介をしている。1939年(昭和14)4月30日に、戦時体制下で新たに結成された下落合の各町会へと吸収される同会だが、同志会のエリアに隣接した地域にも、プレ町会と呼ぶべき同じような住民互助組織がいくつか存在していた。
 同志会エリアの東側に接する、下落合1丁目(現・下落合1~3丁目界隈)には「一睦会」が、同じく下落合1丁目の近衛町Click!を中心に「新田丸山協和会」と名づけられた組織が結成されている。下落合1丁目の中に、住民組織がふたつ存在するのはおかしいが、下落合地域へ正式に「丁目」表記が導入される以前、すなわち大正期から結成されていた組織なのだろう。以前の記事では、一睦会の会員だった21戸の家々が集団で同会を脱退し、隣接する同志会への入会を希望している出来事をご紹介した。
 一睦会からの集団脱会騒動は、1931年(昭和6)6月3日の同志会役員会例会(出席者20名)で報告されている。同会では対応に苦慮しているのだろう、一応受け入れはするものの同志会内での“分派活動”は許さない……というような確認をとっている様子がうかがえる。以下、1939年(昭和14)に出版された、『同志会誌』Click!(下落合同志会編)から引用してみよう。
  
 二、一丁目の一睦会員二十一名入会の件、会長の報告の通り承認同志会内に一睦会を作るのは本会の和協親睦の趣旨に背く懸念もあるから、町会発展の為一致尽力されたいと懇請したところ一睦会員もこれを諒として賛成本会に入会したのである。
  
 この一文からも感じとれるが、近隣に存在する住民互助組織がお互い緊密に連絡を取り合って、連携しながら町内事業にあたり行事を実施していたというよりも、お互い同士が不干渉で、あたかも“縄張り”を設定しているかのような感覚で活動していたのではないかとみられるフシがある。それは、江戸時代からつづく(城)下町Click!の、いわゆる町内会とはだいぶ様子が異なる乃手の特質だと思われる。
近衛新邸門跡.JPG
近衛新邸周辺1938.jpg
 たとえば、1912年(明治45)に発足している同志会は、いまだ落合村の村落共同体や田畑の展開、地主としての所有地の拡がりを基準に、活動エリアや同会への参加呼びかけを行なっているとみられ、その後にできた新興住宅地における住民互助組織は、落合府営住宅Click!目白文化村Click!、近衛町といったディベロッパーによる開発の経緯やエリアを基準にして結成・活動しているように思える。
 住民互助組織同士が、お互いにほとんど交流や連携がなかった事例として、1937年(昭和12)6月の出来事が挙げられる。同年6月8日の夜、下落合1丁目の新田丸山協和会が町内をあげての“お祭り騒ぎ”を演じ、そのエリア内を大規模な提灯行列Click!がめぐっているにもかかわらず、隣接する同志会では別になんの行事や活動もなされてはおらず、同会日誌にも特に記録されていない。むしろ日誌では、5月20日の理事会記録のあと、6月10日の評議委員会までの間は空白で、6月8日の項目は飛ばされて記載さえ存在しない。同じ下落合の町内なのにもかかわらず、まるで別世界のような趣きなのだ。
 1937年(昭和12)6月4日、近衛文麿Click!は林銑十郎内閣がわずか3ヶ月で瓦解したあとの首班指名を受け、第1次近衛内閣を組閣しはじめている。6月8日の夜、久しぶりに下落合436番地の近衛新邸にもどった近衛文麿を迎え、下落合1丁目の地元である新田丸山協和会では祝賀会を開催しているのだ。目白福音教会Click!目白英語学校Click!前に集合した、新田丸山協和会のメンバーたちは、近衛町の近衛新邸まで提灯行列を実施している。
 翌6月9日発行の、東京朝日新聞の記事から引用してみよう。
近衛文麿記事朝日19370609.jpg
近衛邸提灯行列19370608.jpg
  
 首相を別邸に迎へ/“近衛町”に歓声爆発
 ゆうべ祝賀提燈行列/人気は此処にも

 近衛首相の別邸のある地元町会――淀橋区下落合一丁目の新田丸山協和会では落合青年団第一支部、郷軍落合分会第四班と共同で八日夜町を挙げての歓びの大提燈行列を行つた、町民約一千名は午後七時同別邸近くの目白英語学校前に集合、喇叭鼓隊を先頭に手に手に提燈を掲げて祝賀行進、さすが「近衛町」で通つてゐる町だけに近衛さんの人気は大変なもの 老いも若きも町内総出の形で威勢よく同別邸へ繰込み萬歳の歓呼、この日午後五時すぎこの別邸に帰つて母堂や令弟水谷川忠麿男夫妻と夕食を共にした近衛さんは早速水谷川男、来合せた秀麿子夫人、令嬢、大山柏公令嬢たちと共に玄関にあの長身の和服姿を現し町の人達に答へたが余りの熱狂振りに近衛さんも少々面喰つた形、それでも一々会釈するなど当夜の近衛さんはなかなかの上機嫌だつた 約十五分間も同邸内はまるで提燈の渦を巻き身動きも出来ぬ位に埋め尽されたが公爵家お振舞ひの包み菓子と四斗樽を土産に八時頃引揚げた、町の誇りとばかり「近衛町」始まつて以来の賑はひだつたらう
  
 ここで、近衛新邸が「別邸」とされているけれど、これは同年に近衛文麿が購入している荻窪の荻外荘Click!を「本邸」と解釈していた記者の誤認だと思われる。近衛自身の位置づけでは、下落合の近衛新邸が本邸であり、荻外荘が別邸のつもりだったようだ。
 水谷川忠麿は、水谷川家へ養子に入った近衛文麿の弟のひとりで、秀麿は近衛新邸の別棟に住んでいた近衛秀麿Click!、大山柏は文麿の妹婿のことだ。「公爵家お振舞ひの包み菓子と四斗樽」の土産とあるので、近衛の帰邸は少し前から予定され準備されていたのだろう。近衛邸出入りの和菓子屋も、にわかに“近衛景気”でわいたかもしれない。
 これだけ大騒ぎを演じている、下落合1丁目の新田丸山協和会のすぐ隣りにあたる同志会では、その様子がただの1行も記録されていないのだ。町内で祝事の催しがあれば、提灯行列のコースとともに必ず詳しく記載している『同志会誌』なのだが、東隣りで行われた大規模な祝賀行事と提灯行列は、完全に無視するかたちになっている。同じ下落合の町内であるにもかかわらず、どこか冷ややかな空気が感じられる住民互助組織同士なのだ。
目白福音教会英語学校.jpg
目白教会.JPG
 近衛町を中心とした住民が数多く参加していたのだろう、地元の新田丸山協和会をあげての祝賀行事からわずか8年もたたぬうち、1945年(昭和20)4月13日と5月25日につづけて行われた山手空襲Click!により、近衛町の大半が焦土と化し、やがて大日本帝国が破滅することなど、提灯を手に熱狂していた会員たちは想像だにしえなかったにちがいない。

◆写真上:1937年(昭和12)6月8日の夜、下落合1丁目の新田丸山協和会が主催する祝賀会で下落合436番地の近衛新邸に姿を見せた近衛文麿。
◆写真中上は、新田丸山協和会のメンバーたちが提灯を手に繰りこんでいった近衛新邸へとつづく門跡の現状。は、1938年(昭和13)に作成された「火保図」にみる近衛新邸。ここでも「別宅」と記載されており、すでに世間的には荻窪の「荻外荘」が本邸と認識されていた様子がうかがえる。
◆写真中下は、1937年(昭和12)6月9日に発行された東京朝日新聞に掲載の祝賀会記事。は、新田丸山協和会が主催した提灯行列のコース。
◆写真下は、提灯行列の新田丸山協和会メンバーが集合した目白福音教会の目白英語学校。は、旧・目白英語学校の跡地に建つ目白教会の現状。


読んだ!(36)  コメント(43)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

読んだ! 36

コメント 43

ChinchikoPapa

最近、都外へでることが多く、都内の繁華街を散歩してないです。麻布・六本木も、しばらくご無沙汰ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 12:53) 

ChinchikoPapa

シチズンの腕時計は一度も使ったことがないのですが、知り合いに聞くと丈夫で使いやすそうですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 12:59) 

ChinchikoPapa

わたしも何度かあるのですが、目的にしていた資料館や展示室などが「改装のため臨時休館」とかになっていたりすると、そのガッカリ度が半端じゃないですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 13:04) 

ChinchikoPapa

わたしもより自由度が高い、Bluetooth仕様のキーボードやマウスを何度か使っていたのですが、ときどき入力がうまくいかずにストレスがたまり、早々に廃棄して有線にもどしました。道具が思い通りにならない、あるいは不確実なことに、わたしはガマンができない性格ですので、いまBluetooth対応のPCは1台しか残っていません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 13:12) 

ChinchikoPapa

この春から、自分なりにデトックスしようとしばらく絶食気味にしていたら、会社の健診の胃カメラで「胃液が、胃と十二指腸を消化しかけてます」といわれ、急いで中止したわたしです。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 13:18) 

ChinchikoPapa

かけがえのない人や対象を喪うと、顔の表面になにかが貼りついたように、しばらく表情がうまく作れなくなります。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>未来さん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 13:22) 

ChinchikoPapa

相模湾の海辺で、遊泳禁止になっていない海岸はほとんど泳いでいるのですが、片瀬海岸はなぜか経験がありません。そのすぐ西側にある、鵠沼海岸では泳いでいるんですが、子どものころの片瀬はラッシュだったせいで親も敬遠していたのかもしれないですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 13:28) 

ChinchikoPapa

こちらの低山では、そろそろヤマユリが咲きはじめるころです。森の中で鮮やかな色に出会うと、ちょっとドキッとしますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 13:35) 

ももなーお

昔よここで質問やコメントをさせていただいた者です。あの、昔の(1988)テレビあっとランダムという番組で、目白のことをやっていたのですが、駅から左に行ったところに稲毛屋という鰻屋さんが出ていたのですが、今もあるのでしょうか? 聖母病院の近くにある稲毛屋は、鶏肉屋さんだそうです。 グーグルマップでは、それらしきお店はもうありませんで゜した。
by ももなーお (2015-06-14 15:10) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 18:54) 

ChinchikoPapa

身体が思いどおりに動いてくれないと、わたしならグチどころか癇癪を起して耐えられないかもしれません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 19:00) 

ChinchikoPapa

病気のときも雑炊(おじや)が中心で、よほどの重病でないかぎり粥は昔から食べないですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 19:03) 

ChinchikoPapa

『Not In Our Name』は、発売と同時に手に入れた作品です。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 19:11) 

ChinchikoPapa

山梨県は海がないのであまり出かけないのですが、山間部をバスでたどりながらハイキングをすると、非常に興味深くて面白い史跡に出会えますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 19:17) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>HAtAさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 19:19) 

ChinchikoPapa

ももなーおさん、お久しぶりです。コメントをありがとうございます。
以前の「稲毛屋」は、聖母坂と目白通りがぶつかる角寄りにあり、格子戸と紺の暖簾とともにけっこう目立ちましたが、現在のマンションができてからはお店の入口が少し西側へ移動し、やや目立たなくなっています。
でも、近くまでいきますと、すぐに歩道へ張りだした「う」の看板が目につきますので、健在なのがわかりますよ。うなぎとともに、鶏肉の丼ものも昔どおりでそろってます。
by ChinchikoPapa (2015-06-14 19:24) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2015-06-14 21:15) 

ももなーお

返信ありがとうございます。あれ、テレビの映像の稲毛屋は目白駅から左に(これは書き方が悪かったです、駅から西の方角に)100~200メートルくらい進んだところにあるので、もうそこの稲毛屋さんは無くなったのかと...
by ももなーお (2015-06-14 22:22) 

ももなーお

稲毛屋さんから目白駅方向の映像があり、途中に富士銀行の看板が見えますので、目白駅、富士銀行、稲毛屋とちょうど等距離なのかなと。

その辺に稲毛屋さんって今ないですよね。
by ももなーお (2015-06-14 22:24) 

ChinchikoPapa

ももなーおさん、コメントをありがとうございます。
あっ、もうひとつの「稲毛屋」さんだったでしょうか。確か「サラリーマン割烹」というショルダーが付いていたような気もしますが、こちらのお店は知らないうちに見えなくなっていますね。
歩道に面して、メニューのショウウィンドウがありましたけれど、最近目白通りを歩いても気づきません。
by ChinchikoPapa (2015-06-14 22:33) 

ChinchikoPapa

カナダは、きっとフランス語圏と英語圏では、風俗や文化もけっこうちがうのでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 16:26) 

ChinchikoPapa

多彩な出来事を、どこまで自分の身になってとらえられるかが想像力を養い、ひいては社会観を形成していくのではないかと思います。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 16:33) 

ChinchikoPapa

この季節は、嵯峨野の寺々の苔がいっそう鮮やかに、青々として見えるでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 16:38) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>tai-zouさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 16:43) 

ChinchikoPapa

津波山という名称に、やはりひっかかりますね。どのような物語があったのでしょう。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 16:55) 

ChinchikoPapa

近々、四千両を盗み出した千代田城の御金蔵破りの芝居について、書こうと思っていました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>makimakiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 16:57) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>コミックンさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 16:59) 

ChinchikoPapa

お時間のあるときに、たまにはブログを更新してくださいな。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>じみぃさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 17:00) 

ChinchikoPapa

ハッキリいって、もう政府自民党はやることなすこと没論理かつ没倫理で、支離滅裂のメチャクチャですね。これだけヒドイめに遭いながら、なんでこの党に投票するんでしょ。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 17:04) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>nandenkandenさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 17:05) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>mentaikoさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 17:05) 

ChinchikoPapa

「東巨女子」は、面白いですね。好みとしては「銀座」ですが、もう少し色価にも配慮してほしいところです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>宝生富貴さん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 17:12) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>晴香のファッション通信ですよさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 17:37) 

ChinchikoPapa

微妙な土壌の変化にも、野菜は敏感に反応するのですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sarusanさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 20:54) 

ChinchikoPapa

J.ガンジャンさんは、なんだかものすごく強迫観念がありそうなアーティストですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>シルフさん
by ChinchikoPapa (2015-06-15 21:59) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2015-06-16 12:55) 

ChinchikoPapa

到達点や完成形を考えずに「まだまだ……」というのが、日々飽きないで前に進めるような気がします。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2015-06-16 20:30) 

ChinchikoPapa

「顔晴る」は、平原綾香さんが創作した言葉でしたか。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-06-16 21:59) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2015-06-17 13:19) 

ChinchikoPapa

丸本さん、コメントをありがとうございます。
上記の件、了解いたしました。のちほど、ご連絡を差し上げます。コメントは、削除させていただきました。ご確認まで。
by ChinchikoPapa (2015-06-18 13:21) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2015-06-18 13:50) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2015-06-18 18:25) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。> suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2015-09-05 11:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました