So-net無料ブログ作成
検索選択

昭和初期の投機的なハト狂想曲。 [気になるエトセトラ]

ハト(浅草寺).jpg
 大正期から昭和初期にかけ、農家あるいは勤め人の副業にはさまざまなものがあった。農家では、農閑期を利用して手っとり早い現金収入が見こめる手段として、大きな魅力があったのだろう。また、勤め人にとっては安い給料を補う内職、今日的にいうならアルバイト的な感覚で手をだした人が多かったにちがいない。特に、給料が安かったサラリーマンが、家庭の妻や子どもたちを巻きこんで副業に取り組む姿は、それほどめずらしくはなかった。
 この時期、爆発的なブームを呼んだ副業に“鳥ビジネス”がある。大正期になると、家庭の愛玩動物として小鳥を飼うのが一大ブームとなり、特に洋風の生活をする家庭では、窓辺や庭先にセキセイインコやカナリヤの鳥かごを吊るすのが、「文化生活」における一種のステータスのような趣きにさえなっていた。また、庭が広い郊外住宅地では、ニワトリやシチメンチョウを放し飼いにして新鮮な卵や、肉を出荷して利益を得るという、愛玩と実益を兼ねたような鳥類の飼育がブームになっている。
 中村彝Click!が、アトリエの庭先にセキセイインコ(実はメジロを飼っていたのだが)の鳥かごを吊るし、『画室の庭』や『庭の雪』Click!、『庭園』(以上1918年ごろ)、『鳥籠のある庭の一隅』Click!(1919年)を描いている背景には、そのような小鳥ブームがあったからだ。また、佐伯祐三Click!が1926年(大正15)の春に第1次滞仏からもどった直後から、新鮮な卵を得るために飼いはじめている7羽の黒いニワトリも、誰かに奨められて手に入れた可能性が高い。佐伯は、庭先を歩くニワトリをスケッチに残しているが、第2次渡仏を前に処分に困り、曾宮一念Click!へプレゼントしているのは以前記事Click!にも書いている。
 さて、小鳥ブームやニワトリ・シチメンチョウブームが去ったあと、にわかに注目されだしたのがハトだった。1920年代の当時、米国では食用のハトを飼育するブームが起きており、日本では大阪を中心とした関西から流行に火が点いたようだ。
 なぜハトの肉が注目され、関西を中心に爆発的なブームを呼んだのだろうか? それは、米国ではハト肉が多く食べられ、いずれ日本にも波及する食生活だろうという将来予測のもと、ネズミ算ならぬ「ハト算」による大儲けの思惑があったからだ。その資産形成の思惑とは、以下、1928年(昭和3)発行の『主婦之友』2月号から引用してみよう。
  
 昨年春以来、小鳥の流行が稍下火になると共に、新しい職業である食用鳩の飼育が、関西を中心として勃興してまゐりました。/鳩屋さんに言はせると、産卵佳良の種鳩一番(つがい)は、毎月一番づゝの卵を産みながら、雛を育てて、生れた雛が五ケ月目には、また産卵を始めるから、1ケ年の終りには百十八羽となり、二ケ年の終りには、六千九百六十二羽となる。即ち幾何級数的に畜殖して行くから、最初の一番に百円を支払つても、二年経てば、一羽一円としても六千九百余円の商品を造ることができる…のださうであります。
  
 『主婦之友』の記者も、どこか「…なのださうであります」とやや懐疑的に書いているように、当時の飼育技術でハトがそれほど卵を産んで子孫を増やすとは思えないし、事実、農事試験場における実験や、実際にハトの飼育ビジネスに手を出してみた人々の成績も、上記の数字には遠く及ばないものだった。
鳩舎(大阪府農事試験場).jpg
鳩舎巣房1.jpg 鳩舎巣房2.jpg
 それでも、ハトブームが下火にならなかったのは、いずれ日本人の食生活にもハト肉は欠かせないものになるという、なんら根拠のない将来予測があったからだ。だけど、少し冷静に考えてみればわかることだが、いくら米国や中国などでは普通に食べられている食材(当時)とはいえ、食文化に関する人々のこだわりや嗜好は頑固で根強い。それは、国内でも地域の味がたいせつにされ、容易に別の地域の食文化が受け入れられないのは、当時もいまも変わらない状況だったろう。ましてや、個々の料理レベルではなく、そのもととなる食材に関してはよほど美味なものでない限り、すんなり受け入れられるとは思えない。
 また、ブームが持続した理由には、ハト肉が大量生産されるようになり買い取り価格が安くなったとしても、「種バト」つまり子どもをたくさん産む親バト、ないしは優秀な血統の生産用ハトの取引価格は下落せず、むしろ暴騰していくのではないか……という、これまた取らぬタヌキClick!の皮算用のような希望的観測が働いていたからだ。まるで、競走馬の飼育か犬猫のブリーダーのような感覚だが、当時は大マジメで主張されていた「鳩屋さん」たちの楽観的モチベーションだった。
 さて、関西の特に大阪でハトブームが起きたのは、自治体が率先してハトの飼育事業に取り組んだからだ。大阪府営の農事試験場が、食用ハトの飼育に乗りだしたのは1927年(昭和2)秋からだった。大阪市南区細工谷町に住む飼鳩家だった芝田大吉という人が、米国で購入したハト100番(つがい=200羽)を、府営農事試験場へ大きな鳩舎ごと寄付したのがはじまりだったらしい。同時に、小規模ながら農林省や東京府の種蓄場でも研究がはじまっているが、大規模な飼育を行なっていたのは大阪の農事試験場だった。以下、大阪を中心とする関西の飼鳩事業を取材した、同誌の記事から再び引用してみよう。
  
 (前略)農林省や、東京府の種畜場、大阪府農事試験場等が試験飼育を始めたのは、漸く昨年の秋からのことであります。そのうちで最も大仕掛けにやつてゐるのは大阪府農事試験場で、素晴しく立派な鳩舎が幾軒も建てられてゐます。鳥類といへば日本的に愛知県が盛んであり、従つて目先も速いのでありますが、何故大阪府が率先して鳩の飼育を始めたかと申しますに、それは大阪市に熱心な鳩の研究者があつて、その人が、農家の副業として有望なものであるから試育して御覧なさいと、自ら米国で購入した鳩の種禽百番を、鳩舎ぐるみ試験場に寄付されたゝめであります。
  
鳩舎(大阪養鳩家).jpg 鳩キング種.jpg
鳩カルノー種.jpg 鳩シルバーキング種.jpg
 ハトビジネスに手をだした人の中には、勤めていた役所や会社をやめて養鳩事業に専念した人たちも少なからずいた。奈良出身の代議士・馬場義興という人は、自邸に300番=600羽のハトを収容する鳩舎を建て、3年間で何羽になるかの実験をスタートしている。馬場代議士へハトビジネスを奨めたのは、奈良県警の特高課長だった池加美という人物で、警察をやめて養鳩事業に専念し「ホクホクしてゐられるやう」な様子だった。
 また、大阪市北区に住む足立精宏という人は、本業の新聞記者をやめてハトの飼育に乗りだしている。あっさりとハトブームが去ったあと、彼は新聞記者に復帰できただろうか? 大阪市郊外の田辺町に住む須賀田平吉という人は、大阪歯科医学専門学校の教授だが、ハトビジネスをすぐにでも軌道に乗せて「早く学校の方を辞め」たいと記者に答えているので、よほど学校でイヤなことでもあったのだろうか。そのまま、あわてて学校へ辞表を提出しなかったことを祈るばかりだ。
 さて、これらの記事のあと、『主婦之友』ではハトを飼育する具体的な方法やノウハウを紹介しているのだけれど、あくまで客観的な記述にとどまっており、ほかの記事には多く見られる読者には“おすすめ”的な表現では書かれていない。おそらく、関西で3週間もかけて取材した記者も、「ほんまかいな?」という疑念を抱いたまま、東京の編集部へともどっているからだろう。ただし、過去の小鳥やニワトリ、シチメンチョウなどの鳥ブームに比べ、ハトは手間がかからず「女子供」でも簡単に飼える鳥であることは、以下のように認めてはいる。ただし、誰でも容易に飼育できる鳥であるがゆえに、そもそも「儲け話」になるのかどうか? それ以前の課題として、日本の家庭でハト肉が喜んで食べられるようになるのかどうか?……そのあたりの疑念は解消していないように読みとれる。
  
 食用鳩の儲け話、即ち経営方法のことは以上の数例でお判りになつたと思ひます。さてそれほど有利なものなら、必ず飼育法も難しいのであらうと想像されませうが、今日一般に普及してゐる鶏でも、飼つてみれば案外手数のかゝるもので、難しく言ひ出せば際限のないものですが、お寺やお宮にゐる野鳩の群が、人手を借りずに繁殖して行くことを見れば、食用鳩とて、さまで難しいものではありません。この点が七面鳥などに比べて大いに勝つてゐませう。
  
鳩舎図版.jpg
鳩舎平面図.jpg
鳩の群れ.jpg
 案のじょう、戦前戦後を通じてハト肉が家庭の食卓へのぼることは、ついぞなかった。ひょっとすると、戦時中あるいは敗戦直後には食糧不足や飢餓状況から、寺社のハトが捕まえられて食べられた経緯があったかもしれない。でも、それはやむをえない非常(時)食ないしは代用食としてのハト肉であり、食材として常食化されるようになることとは、まったくの別問題だ。戦後にも第2次ハトブームが起きているが、それはすでに食用バトではなく、家庭での愛玩用のペットまたは競技用としてのハトの飼育ブームだった。

◆写真上:浅草寺山門前の電線にとまる、食用バトの末裔かもしれないドバト。
◆写真中上:大阪府農事試験場の巨大な鳩舎()と、内部に設けられた巣房()。
◆写真中下上左は、養鳩家の代表的な鳩舎。上右は、食用バトの代表種であるキング種。は、同様に食用バトのカルノー種()とシルバーキング種()。
◆写真下は、一般的に普及した当時の鳩舎図版とその平面図。は、いまや寺社や公園などどこにでもいるドバトの群。


読んだ!(33)  コメント(38)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

読んだ! 33

コメント 38

SILENT

食用バトの時代背景面白いですね。数年前にエジプトで見た鳩小屋の土の建造物が気に入りました。絵になっていましたが、アーミシュの人たちが飼う鳩小屋のスタイルも気になりました。
アンゴラウサギや、鶏の飼育とブームなど興味深い歴史がありそうですね。子供の頃ジュウシマツを買いました。鳥の繁殖用に雛を買いにオジさんが家々を回っていたのも懐かしい思い出です。それにしても鳩は食べる箇所が少なそうですね。スズメよりは大きいいですが。
by SILENT (2015-05-03 11:38) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>tai-zouさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:07) 

ChinchikoPapa

「神輿大全」は惹かれますね。神田明神の氏子町だけで、各町内の神輿を数えると数百基にのぼりますから、それぞれ意匠のちがいや各町のデザインの好みなどを研究すると面白そうです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:13) 

ChinchikoPapa

「ミスト」は、何度かリメイク版が作られていますね。最初に制作されたのは、海辺の灯台や教会が舞台になって「霧とともに何かがやってくる」物語だったでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>makimakiさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:16) 

ChinchikoPapa

「Montreux One Live」は好きですね。70年代後半のJAZZ喫茶でも、リクエストが多かった盤です。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:20) 

ChinchikoPapa

映画館にポップコーンを食べにいく人は、確かにいますね。w
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:23) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントをありがとうございます。
子どものころ、近所にハトを飼っている家がありましたが、もちろん食用ではなく伝書鳩のレース用として、趣味で飼育していたようです。また、近所の家々では、カナリヤやブンチョウ、ジュウシマツを飼っているお宅が多かったように記憶しています。
わたしは小学生のとき、毎年この季節になると巣からはみ出して落ちてくる、スズメの幼鳥をひろっては育てていました。人間によくなついて、かわいいんですよね。3羽ほど育てましたが、鳥かごではなく家の中で放し飼いにしていたせいか、1羽はネコにやられてしまいました。スズメは、ふつうの小鳥が食べるようなエサは好まず、ミルクに浸したパンなら喜んで羽を震わせながら食べましたね。
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:37) 

ChinchikoPapa

久しぶりに、寛永寺の五重塔の真下に立ちたいのですが、動物園の入園券を買わないとダメなので、いつも横目でにらみながら界隈を歩いています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:42) 

ChinchikoPapa

きょうは街中を歩くと、外国からの観光客だらけでした。これだけ日本語が聞こえてこないと、なんだか外国の街を歩いているような気がしてきます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:44) 

ChinchikoPapa

サクラ吹雪に陽光が反射して、青空を背景にキラキラと見事ですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:46) 

ChinchikoPapa

わたしは目的地へ着くまでの乗車時間も「旅」だと考えていますので、どこかへ旅行するのに景色さえ見えないリニアは利用しないでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>未来さん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:50) 

ChinchikoPapa

すみません、先ほどのコメントに書きもらしました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 20:51) 

ChinchikoPapa

ご訪問と「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 21:09) 

ChinchikoPapa

いつも、「読んだ!」ボタンをありがとうございます。>tweet_2さん
by ChinchikoPapa (2015-05-03 21:12) 

ChinchikoPapa

賢治全集が、絵本から単行本までいっせいに出版された年がありましたね。わたしは、絵本全集を買って読み直してました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 00:32) 

ChinchikoPapa

牛乳もそうですが、乳製品は体質的に合わない人が摂取したら“有害”ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>one_and_onlyさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 00:34) 

ChinchikoPapa

中学生のころ『怪盗ジバコ』は読んだ憶えがあるのですが、映画は知りませんでした。もっとも、小説のストーリーも忘れてますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 02:21) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kaizouNikuさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 10:38) 

ChinchikoPapa

初夏なのに家族に風邪ひきがふたりいて、うつらないかとヒヤヒヤしています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>茶の間さん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 10:56) 

ChinchikoPapa

デイゴの花弁が、しぶい橙色で美しいですね。沖縄の緑と、よく合いそうです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 11:06) 

ChinchikoPapa

小川をわたる、深緑の中の石橋が美しいですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 11:08) 

ChinchikoPapa

夏になると、バッタがたくさん飛びそうな公園ですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>RodorigesEXさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 11:10) 

ChinchikoPapa

駒沢公園は、一度出かけただけでご無沙汰しています。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 13:30) 

ChinchikoPapa

こちらはしばらく雨が降らず、気温が高くて乾燥しています。また、熱中症が心配ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>sarusanさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 13:32) 

ChinchikoPapa

手水に浮かぶ、サクラの花弁が美しいですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 13:35) 

ChinchikoPapa

ネズミの尻尾の動きは、よくネコがイライラしているときにする仕草ですが、このような動作のときにうっかり手を出すと、ネズミもネコと同じように噛みついたりするのでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 13:40) 

ChinchikoPapa

身体を壊したとき、家族のありがたさがわかりますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-05-04 20:14) 

ChinchikoPapa

住宅を建てたり、屋根や外壁を改修したりするときは近隣にけっこう気をつかいますね。養生や機材を設置する敷地境界もそうですが、工事の音については苦情が出ないよう特に気をつけています。挨拶まわりでは、虎屋の「夜の梅」とかを配ると、かなりの騒音でもグッと我慢をしてくださいますね。^^; 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2015-05-05 15:03) 

ChinchikoPapa

横浜臨港パークの3万人余の集会は、久しぶりに壮観でした。今年もまた、代々木公園での東京集会が近づくと、マスコミを総動員して「デング熱」の大騒ぎを起こし、行政は立入禁止にするでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2015-05-05 15:16) 

Marigreen

時々コメントを書いたつもりでいて、後で見ると消えてる。私の送信ミスならいいのだが、Papaさんが、公序良俗に反するとか、あまりにもくだらないとかで、削除してるのかなと思ったりする。
by Marigreen (2015-05-05 15:31) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
わたしは一度もコメントを消した憶えがないので、ブラウザのキャッシュで消えたように見えるだけでは? 同じページをもう一度見るときは、必ずリロード(再読み込み)してみてください。
最新のブラウザは、ネットのトラフィックやWebサーバの負荷を低減させるため、キャッシュが非常にしつこく設定されています。だから、それほど時間を置かずに同じページへ再びアクセスすると、コメントを書き込む以前のページ表示(つまり初回にアクセスした際のページ表示)が再び繰り返し表示され、最新のページ表示ではない可能性が高いのです。
by ChinchikoPapa (2015-05-05 15:39) 

ChinchikoPapa

場所がらから、大正期に造られた石垣のようですね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2015-05-05 20:35) 

sig

鳩肉の勧奨は、今ならまず大臣が試食するところをTVで見せるのでしょうか。国の施策でないところが広まらなかった原因かな。笑
とにかく初耳でした。でも、飢餓世代としては、雀がおいしいから鳩も食べてみたい気がしないでもありません。
by sig (2015-05-07 11:30) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2015-05-07 12:56) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントと「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
わたしも、ハトは食べたことがありません。スズメは、子どものころ巣から落ちた幼鳥をペットとして育てていたにもかかわらず、骨まで食べられる唐揚げが美味しいと思うのですが。^^;
でも、戦時中から戦後食糧難の時代には、各地の公園に棲みついていたハトたちは、きっと受難の時期だったのではないかと思います。かすみ網で、小鳥たちを捕まえては食用にしていた記録も残ってますよね。
by ChinchikoPapa (2015-05-07 13:03) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2015-05-08 15:23) 

ChinchikoPapa

以前の記事まで、わざわざ「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2015-05-14 15:56) 

ChinchikoPapa

かなり前の記事にまで、わざわざ「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2015-06-06 16:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました