So-net無料ブログ作成
検索選択

どーんと来い! 大正の超常現象。 [気になるエトセトラ]

細川邸跡.JPG
 以前、明治末に目白台の細川護成侯爵邸Click!へやってきた、御船千鶴子Click!について記事にしたことがある。そこでは、さまざまな「透視」実験が行われ、後日、再び東京帝国大学理科大学の教授たちを前に同様の実験が実施された。はたして、御船千鶴子の「透視」や「予言」がトリックだったかどうかは、ほどなく彼女が自殺してしまったため、曖昧で未解明のまま終わってしまったが、明治末のこの時期は不可思議な現象や迷信、怪奇現象、超能力などへ科学が積極的にかかわろうとした時代でもあった。
 その動向は、大正期に入ってからもそのまま継続し、全国各地で超能力者や霊能力者と自然科学者との間で、さまざまな検証実験が繰り広げられている。御船千鶴子の死後、全国各地で30人ほどの超能力者(霊能力者)が出現し、似たような実験や検証が行われているが、「お前らのやったことは、マルッとお見通しだーっ! だーっ!」と、トリックを暴いた事例は意外なほど少ない。
 むしろ、京都帝国大学のように、思い浮かべた文字や画像などをフィルム(乾板)へ思念で焼きつける「念写(射)」、または遠隔の密閉された容器内の中身を「透視」するスキャニング能力を、人体から発生するなんらかのX線と同じような放射線の一種によるものと想定し、「京大光線」あるいは通称「頭脳光線」などと呼称している事例さえある。はたして、「京大光線」の論文は現代でも撤回されることなく、どこかに埋没しているのだろうか。それとも、「なぜベストを尽くさないのか?」と研究は継続して、細ぼそとながらどこかの研究室でつづけられているのだろうか。
 明治末から大正期の有名な超能力者(霊能力者)には、長尾郁子(香川県)、高橋貞子(岡山県)、松山菊子(愛知県)、栗本淑子(岡山県)、松井忠治郎(京都府)、藤本栄二(山口県)、真壁光子(秋田県)、伊藤米吉(静岡県)、山崎玉江(和歌山県)……などがいて、ほぼ全国各地に存在していた。東京の新宿地域では、牛込区新小川町12番地に住んでいた牛込区職員の阿萬理愛(当時29歳)と、四谷区伝馬町新1丁目に住んでいた中野馨(当時12歳)のふたりが注目を集めている。前者は、御船千鶴子に刺激されていろいろ試みているうちに、自分にも「透視」能力があることを発見したようなのだが、かなり宗教(神道?)がかった言動が多かったせいか、自然科学的な実験が行われた記録はみられない。
 後者の中野馨は、四谷第一尋常小学校へ通ういまだ子どもだったせいか、よけいな信条や予断が入りこみにくい、実験向きな好モデルと判断されたのだろう、学者らの立ち合いのもとで詳細な実験が繰り返し行われた。ただし、当人が成長してからは、これらの能力が消えてしまったものか、実験が長期間にわたり継続的に行われたという記録は残されていない。立ち合い実験は、まず1923年(大正12)4月11日に帝大の医学博士・杉田直樹、理学博士・松村任三、文学士・浅野和三郎ら帝大チームが見守るなか、「自動書記」の実験からスタートしている。学者たちが用意した脱脂綿を厚く目に当て、その上からボール紙を何重にか折ったものをかぶせ、さらに藍染め手拭いを6重折りにしたもので中野馨に目かくしをほどこしている。その上で、さまざまな絵や文字を書かせる実験だった。
霊能力者リスト1.jpg
霊能力者リスト2.jpg
 中野少年によれば、「自動書記」とはいくら厳重に目かくしをされようが、頭に浮かんだ思念や「透視」した対象を認知することで、手が勝手に動いて絵や文字を正確に書くことができる……というものだった。「自動書記」実験の白眉は、学者がその場で任意に書いた文字列を目かくしした彼の前に見せ、そのすぐ横に全文カナの振り仮名をつけさせるという、トリックの入りこみにくい設定だった。余談だが、帝大の田中館愛橘Click!は「透視」実験の際、現場での偶然性を重視し、その場で箱の中へサイコロをふって出た目を当てさせるという方法を考案している。以下、その実験の結果を1924年(大正13)に帝国教育研究会から出版された、『精神科学/人間奇話全集』から引用してみよう。
  
 (出題)
 猫に小判/花より団子/かねは上野か浅草か/論より証こ/犬もあるけば棒に当る/吉野山かすみの奥は知らねども見ゆる限りは桜なりけり
 (中野少年の自動書記)
 ネコニコバン/クワ(カ)ヨリダンゴ/カネハジヨウノカアサクサカ/ロンヨリシヨウコ/イヌモアルケバボウニアタル/ヨシノザンカスミノオクハシラネドモミユルカギリハサクラナリケリ(カッコ内引用者註)
  
 面白いのは花を「か」、上野を「じょうの」、吉野山を「よしのざん」と振り仮名をつけているが、本人は正しい読み方を知っているにもかかわらず、それに逆らって手が勝手にそのような文字を書いてしまう……という点だ。もちろん、本人にはこの文面全体が見えていないので、文字のすぐ横に振り仮名をふること自体、ふつうの人間にとっては至難のワザだろう。この段階で学者たちは、中野少年が視力以外に対象物を正確に認知する、なんらかの能力を備えていると判断したようだ。
 次に、「透視」実験が行われたが、箱の中に隠したものを中野少年はいい当てることができなかった。それは、ボール箱でも鉛の箱でも材質を問わずに同じ結果だった。ところが、その中身を外光にさらしたとたんいい当てている。中野少年の背後で出題した品物を外光に当てると、すぐに答えをいい当てたようだ。学者たちは、先にほどこした目かくしを疑い、6重手ぬぐいの下にブリキをはさんだり、鉛入りのゴム板をはさんだりして繰り返し実験を試みたが、中野少年はすべていい当てている。しかし、出題した物品を紙1枚でくるんでも、「紙」の存在はいい当てられるものの、その中身についてはわからなかった。帝大の実験チームは以下のようなレポートをまとめている。再び同書から引用してみよう。
四谷伝馬町.jpg 新小川町12番地.jpg
四谷第三尋常小学校卒業式1929.jpg
  
 これで中野馨少年の透視能力は精神感応の結果でない事がいよいよ明瞭になつた。/茲(ここ)に一言付記せねばならぬ事は、此少年の能力が、十数年前福來博士が長尾郁子、御船千鶴子等に対して試みた透視実験の報告によりて与へられた一般的概念とは余程別種のものであることである。彼はどんな目隠しをされても平気で、それを透して物品を視る事が出来るが、其物品が必らず或る程度の光線に当たる事を必要条件とするものである。若しも其物品にして光線を遮断さるれば(例へば函に入れるとか、又は紙布の類にて包まれるとかすれば)もう其透視能力は消失する。
  
 「ウソくせ!」といってしまえばそれまでだが、ほかにも数々の実験が行われており、これは学者たちが長時間かけて実施したマジメな実験結果だ。中野少年の超能力を、帝大の実験チームが確信したかどうかは別にして、少なくとも論理的かつ具体的な否定作業は行われていない。当時の学者たちは、自身が参加した実証実験の結果を受け、現状の科学レベルでは解明できないが、なんらかの能力が存在しているのだろうとする肯定派と、物理学者などを中心に「科学で説明ができる現象と、それ以外はなんらかのトリックだ」とする否定派に分かれた。
 落合地域の西隣りにある井上哲学堂Click!を創設した井上円了Click!は、現在の科学では解明できないレベルの超能力や怪異現象(説明のつかない自然現象など)を、「真怪」と名づけて否定はしていないが、おもに京都帝大が行なった「念写」実験などを対象に、当時の否定派を代表するような文章を残している。以下、井上円了『眞怪』から引用してみよう。
  
 念射(写)の事は余はどうしても信ぜられぬ、若し是が出来るものならば、真怪でなくて魔怪である、我が心内で文字や物体を念じても、是が写真に写る筈はない、写真に写るならば、其の形が客観的に光線に写しなければならぬ。/さうなると、心と物との区別がないものになると、同時に従来築き上げたる学術の根底が破れて了ふ。又実際念写の実験が奇々怪々、一種の手品のやうになつてゐる。(カッコ内引用者註)
  
六賢台内.JPG 哲理門烏天狗.jpg
 「真怪」と名づけて、不可思議な怪異現象や心霊現象は、科学が未熟・未発達のせいで説明がつかず「存在」すると認めていた井上円了は、その後、膨大な量の「幽霊」話や「妖怪」譚など怪談奇談を採集して著作に次々と発表し、ついには「オバケ博士」「妖怪博士」の異名をとることになるのだが、それはまた、別の物語……。

◆写真上:御船千鶴子の「透視」実験が行われた、現・新江戸川公園の細川邸跡の一画。
◆写真中上:明治末から大正期にかけての超能力者(霊能力者)たちで、1924年(大正13)に出版された帝国教育研究会『精神科学/人間奇話全集』所収のリスト。
◆写真中下上左は、中野馨少年が住んでいた四谷伝馬町と通っていた四谷第一尋常小学校界隈。上右は、牛込区職員の阿萬理愛が住んでいた新小川町12番地界隈。は、1929年(昭和4)に撮影された四谷第三尋常小学校の卒業式。
◆写真下は、井上哲学堂(哲学堂公園)内にある六賢台の塔内から“下界”を見下ろしたところ。は、哲理門内に幽霊姉さんとともにいる烏天狗像。


読んだ!(31)  コメント(44)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

読んだ! 31

コメント 44

suzuran6

長いけど読んだ!!
何時からこうなってましたっけ?
思わずニヤニヤとしてしまいました。
以前はよく通勤電車内でスマホで拝見させていただいておりましたが、
「長いから・・・(笑)」じっくりと読みたく、家に帰ってからPCで、と思い拝見する事にしておりまして・・・
意外と家で、じっくりと読むタイミングが取れずに、お邪魔する機会が非常に不定期になってしまっておりますm(_ _)m
by suzuran6 (2015-01-24 11:52) 

日本科技大野球部員

これはお邪魔せずにはいられませんw

CSのファミリー劇場で「超常現象」特集やってくれないかなーと思う今日この頃ですw
by 日本科技大野球部員 (2015-01-24 11:58) 

kiyo

リングの原作の山村貞子の母親「山村 志津子」は、御船千鶴子をモデルにしているのでしょうね。
虐げられた異能力者の代表なような感じですね。

ある意味、当時の未発達な科学会は、目で見た実験を信じず、誹謗中傷で貶めることで、自分の手を汚さずに、「非科学」的事象・現象を無かったことにしようとしていましたからね。
後年、実際に能力があったか、なかったかが不明なケースが多々あると思います。
by kiyo (2015-01-24 12:56) 

ChinchikoPapa

ラッパの“朝顔”のような、あるいはキノコのようなデザインが、継続して使われているのですね。nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:27) 

ChinchikoPapa

正月に医療関連の原稿を書き、クリニカルパスだのアウトカム、バリアンスだのと、頭の中が医療システム現場になっています。nice!をありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:32) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>げいなうさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:33) 

ChinchikoPapa

デジタルリマスタリング作業をしてからBD/DVD発売してほしい、昔の映像作品がけっこうあります。nice!をありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:36) 

ChinchikoPapa

海辺の近くにクロマツ林でなくアカマツ林は、こちらではあまり見かけずめずらしいですね。nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:39) 

ChinchikoPapa

リズムセクションが、確かダブルのマクリーンアルバムですね。pはK.ドリューとS.クラークのしぶいところだったでしょうか。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:42) 

ChinchikoPapa

1,000記事の達成、おめでとうございます。わたしも、次は2,000記事をめざしてがんばります。nice!をありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:46) 

ChinchikoPapa

越屋根をアリバイ的に茅葺きにしているところが、なんとも面白いですね。当時の武家よりも、よほど裕福で権勢を誇っていたお家のようですね。nice!をありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:49) 

ChinchikoPapa

最近、気がつくと仕事でランチを食べそこなっていますが、正月にちょっと食べすぎたのでちょうどいいのかもしれません。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 13:51) 

ChinchikoPapa

suzuran6さん、いつも長くてすみません。w コメントをありがとうございます。
大晦日あたりのオバカ記事から、ちょっと「こんな」感じがつづいています。次の記事も、ちょっと「こんな」感じです。^^;
できるだけ正確に記述したり、当時の裏づけ証言や資料を引用したりしますと、長くなってしまうのが考え物ですね。引用箇所のモーダルウィンドウ化が簡単にできる仕組みを、So-netさんがつくってくれると少しは短くなるでしょうか。
「不定期」など気にされず、おヒマな時間や空いた時間にのぞいてやってください。こちらこそ、よろしくお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2015-01-24 14:01) 

ChinchikoPapa

日本科技大野球部員さん、コメントをありがとうございます。
先年、大崎広小路の「日本科技大」を訪れる機会があったのですが、正門の階段のところで妙なことをしている体育会系の学生とか、不可解な現象には出会えませんでした。w
by ChinchikoPapa (2015-01-24 14:10) 

ChinchikoPapa

kiyoさん、コメントとnice!をありがとうございます。
当時の資料を読んでますと、何度も実証実験をつづけて継続的に研究をつづけているケーススタディが、時代を下るにしたがって少なくなっていくのがわかります。
これは大学内において、特に自然科学系の学問で「超常現象」や「心霊現象」をテーマにすると、とたんに教授会から白い目で見られ、研究費を削られたり役職から外されたり、ヘタをすると大学から追われかねない圧力が、陰に日にかかっていたのではないかと想像できますね。
ところが、自然科学ではなく人文科学系の民俗学や心理学などでは許容範囲が広かったせいか、かなりあとまで研究テーマとしてつづいていくようです。ただし戦後は、研究テーマを「幽霊」や「超能力」にしたとたん、大学当局へ辞表を書かなければならない土壌が、さらに強くなっているようですね。
by ChinchikoPapa (2015-01-24 14:21) 

ChinchikoPapa

きょうは先ほどから、オナガの群れがさかんに棕櫚の幹にくちばしを入れて何かしています。越冬する虫でもいるのでしょうか。nice!をありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 14:24) 

ChinchikoPapa

1990年代以降、各地の縄文遺跡から稲のプラントオパール発見や、DNA鑑定による採集ではなく栽培植物の確認など、歴史を塗り替える発見が20年前から続々とつづいてますね。nice!をありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 15:25) 

ChinchikoPapa

先ほど歯医者へ定期検診に出かけたら、正月のご馳走や甘いもの食べすぎを、さっそく見透かされてしまいました。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 16:22) 

ChinchikoPapa

妹を喪ったときの、賢治の慟哭が非常に印象的です。
nice!をありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 17:38) 

ChinchikoPapa

1931年(昭和6)ごろ、映画会社の宣伝部長をしていた軽部清子は、月に200円を超える給与をもらっていたようですので、当時の女性としてはかなりの高給とりだったんでしょうね。nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2015-01-24 21:25) 

dendenmushi

@昨日(1/24)の朝日の関東別刷りだったと思いますが、この話が出ていたので驚きました。ChinchikoaPapaさんも、透視ができるんじゃ〜ないのか!?
by dendenmushi (2015-01-25 07:12) 

ChinchikoPapa

「観てのお楽しみ」といわれますと、つい観たくなってしまいます。
nice!をありがとうございました。>makimakiさん
by ChinchikoPapa (2015-01-25 19:22) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2015-01-25 19:23) 

ChinchikoPapa

ウストヴォリスカヤの作品アルバムは、CD棚にはなかったと思います。
nice!をありがとうございました。>lequicheさん
by ChinchikoPapa (2015-01-25 19:28) 

ChinchikoPapa

きょうは少し暖かかったせいか、昼寝がしたくなりましたね。
nice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-01-25 19:36) 

ChinchikoPapa

居眠り運転が防止できそうな、強烈なカラーリングですね。
nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2015-01-25 19:43) 

ChinchikoPapa

dendenmushiさん、コメントをありがとうございます。
きのうの朝日の別刷りを見たのですが、特に超能力関連の記事は見当たりませんでした。dendenmushiさんお住まいの、神奈川版別刷りだったものでしょうか。わたしは、なにかしらの気配はときどき感じることはありますが、「透視」力はないと思います。^^;
by ChinchikoPapa (2015-01-25 19:54) 

ChinchikoPapa

派遣村のインタビューで、「いっそ刑務所ならメシが食える」と答えていた方が記憶に残ってます。nice!をありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2015-01-25 20:57) 

ChinchikoPapa

おそらく地域性のせいでしょうか、わたしはメメしいナヨナヨした女性が苦手です。“いさみ”を感じさせる女性海賊ふたりは、ちょっと好みかもしれませんね。nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2015-01-25 23:16) 

アヨアン・イゴカー

中野少年の実験、超能力と考えるのも面白いですし、トリックと考えるのも面白いです。実験した人々の中にさくらがいたと言うものなどでもいいのですが。
by アヨアン・イゴカー (2015-01-25 23:21) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントとnice!をありがとうございます。
トリックで考えると、たとえば少年の両親とか親しい人物が、その場に立会人として混じってはいなかったか?……というのが気になりますね。目かくしはされていても、さまざまな声や物音を「信号」にかえて伝えられると思うのですが、ただ用意されたものではなく、その場で偶然に書かれた文章や試験者が任意で持参した物品を当てる「透視」というのは、ちょっと説明が難しそうです。
by ChinchikoPapa (2015-01-25 23:46) 

dendenmushi

@すみません、いいかげんな情報で…。どうも記憶が混線して…。
正しくは、「2015年1月24日 土曜日の朝日の夕刊」でした。内容は主に御船千鶴子についてです。
むかしから「千里眼」という言葉には、なじみがありましたが、こういう歴史があったからですね。
by dendenmushi (2015-01-26 07:21) 

ChinchikoPapa

dendenmushiさん、重ねてコメントをありがとうございます。
お手数をかけてしまったようで、すみません。さっそく探して参照してみます。その昔、下町の占い師(巫女)さんの家で、「千里眼」と書かれたポスターだか看板を見た記憶があります。
by ChinchikoPapa (2015-01-26 10:59) 

ChinchikoPapa

これから2月の厳寒をひかえ、1ヶ月ほど冬眠したい心境です。
nice!をありがとうございました。>沈丁花さん
by ChinchikoPapa (2015-01-26 13:32) 

ChinchikoPapa

鬼瓦神輿は、大きくて立派ですね。あれだけのサイズの鬼瓦を焼成するには、瓦職人の相当な熟練を要するのでしょうね。nice!をありがとうございました。>mitchさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2015-01-26 21:47) 

Marigreen

私は科学で説明できない現象が存在してほしいと念願する人間だ。それは私があまりにも霊性がない現実的な人間なので却ってないものねだり的に超常現象とか心霊現象とかに憧れ、欲しているからだ。全部科学で説明できる世界など夢がないではないか?
by Marigreen (2015-01-28 15:59) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
もうひとつ面白い側面があって、科学が発達すればするほど、それでは説明できない事象やテーマが新たに発見されて増えていく……という現象がありますね。つまり、従来は気にもとめられてなかったことが見いだされ、新たなテーマを生むというネズミ算的な“気づき”の経緯です。
そう考えれば、このところやたら心霊写真や心霊ビデオが多いというのは、高性能デバイスの普及による“気づき”機会の増加なのかもしれません。(爆!)
by ChinchikoPapa (2015-01-28 19:18) 

sig

こんにちは。
現段階での科学レベルでは説明不可能な現象と言うのは、あるような気がします。これまでも分からなかったものが科学の進展によって解明されてきているのですから、これらもいずれは解明されるのではないでしょうか。
by sig (2015-01-30 11:22) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
わたしも、そう思いますね。なんらかの不可思議な現象は、いまだ気づかれてない能力に由来しているのではないかと想像しています。「脳科学」の分野は、ようやく研究の緒についた……ぐらいの状況ではないでしょうか。あるいは、正体が不明なミトコンドリアに、なんらかの要因があったりして……。w
by ChinchikoPapa (2015-01-30 13:11) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>二郎三郎さん
by ChinchikoPapa (2015-02-01 14:04) 

ChinchikoPapa

少し前の記事にまで、nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2015-02-01 22:03) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、ごていねいにnice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2015-02-02 19:46) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、こちらにもnice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2015-02-03 19:05) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、重ねてnice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2015-02-04 18:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。