So-net無料ブログ作成

幻の最高峰だったアムネマチン。 [気になる本]

アムネマチン山.jpg
 きょうは、落合地域にも江戸東京にもまったく関係のない、わたしが子どものころ、特に印象に残った“山”がテーマの記事だ。わたしは基本的に山よりも海のほうが好きなのだが、Click!にもテントや食料、飯盒などを背負ってけっこうキャンプに出かけていた。この記事は、幼い時代の覚え書きということで……。
  
 子どものころ、少年少女世界のノンフィクションというようなシリーズ本で、標高9,040mもある“謎”につつまれた世界最高峰の山が中国に存在する……という記述があったのを、なぜか急に思い出した。それが、どのような本だったのか探しまわってみたら、金の星社が1967年(昭和42)に出版した「少年少女・世界のノン・フィクション」シリーズの第2巻、『世界を驚かした10の不思議』(日本児童文芸家協会)に所収の白木茂「世界一高いまぼろしの山」であることがわかった。おそらく小学生のときに、図書室か児童図書館で読んだものだろう。
 ヒマラヤのチョモランマ(英名エベレスト)の 8,848m(ネパール政府認定値)をはるかに凌ぐ、未踏の崑崙(コンロン)山脈にそびえ立つ幻の最高峰「アムネマチン」の記憶は、当時、ほとんど鎖国状態で神秘のベールに包まれていた革命後の中国国内の様子とともに、地球上に残された“世紀の謎”として、子ども心にことさら強い印象をとどめたものだろう。本書が出版された1960年代半ばには、すでに中国の登山隊が登頂に成功しており、正確な標高は判明していたと思われるのだが、中国政府はそれをいまだ公式に発表してなかったものだろうか……。
 世界最高峰の山を“発見”した経緯は、米軍のパイロットの証言にもとづいている。1944年(昭和19)3月の第2次世界大戦が末期に近いころ、インドの米空軍基地から中国国民党政府の拠点である重慶へ向け、支援物資を輸送中の米空軍4発輸送機が飛行コースをまちがえたことに端を発している。タクラマカン砂漠をかすめ、輸送機は東南東の重慶へ向けて飛行していたはずが、航路がやや北側にずれていることにパイロットが気づいた。当日は曇天で、いつも目標にしている天山(テンシャン)山脈もタリム川もまったく見えなかった。やがて、右手に崑崙(コンロン)山脈の峰々が近づいてくるのが見えたので、パイロットは安全のために飛行高度を8,500mまで上昇している。崑崙(コンロン)山脈には、ヒマラヤ山脈にある8,000m級の山は存在しないはずなので、8,500mの高度を保てばたいがいの峰は超えられると判断したのだ。
 ところが、危機は目前に迫っていた。雲間から突然、目の前に雪をいただいた巨大な三角の峰が迫ってきたのに気づいたからだ。輸送機は衝突を避けるために、高度10,000mにまで急上昇した。それでも、その峰を超えるときにはすぐ足下に頂上が見えた。パイロットは、衝突の危機をなんとか回避できたことに安堵すると同時に、まず搭載されている高度計の故障を疑った。しかし、何度テストを繰り返しても高度計は故障していなかった。こうして、重慶の飛行場に着陸したパイロットから、さっそく標高10,000mに迫る山の存在が報告書に記載された。でも、パイロットの報告はほとんど誰からも信用されず、そのまま黙殺された。唯一、中国に詳しい米国人から、「それは、たぶん、アムネマチン山にちがいない」という話を聞いた。
世界を驚かした10の不思議1967.jpg 世界一高い幻の山1967.jpg
 当時、幻の山といわれていたアムネマチン山は、かつて誰も正確な標高を測ったことがない山だった。地元の民族からは、神が宿る神聖な山としてあがめられ、容易に登山家や探検家を近づけなかった。欧米人が初めてアムネマチン山を目にしたのは、1932年(昭和7)にイギリス陸軍のペレイラ将軍が実施した青海省の探検だった。彼は、「7,000m級の他の山々が、まるで巨人につかえる家来に見えた」と、突出したアムネマチン山の様子を報告書に書いた。翌1933年(昭和8)、ペレイラは探検隊を編成して再びアムネマチン山をめざすが、途中で彼は病死してしまう。
 つづいて、アムネマチン山をめざしたのはフランス人のランが編成した探検隊だが、同山へ登ろうとするフランス隊と“聖なる山”を蹂躙されると考えた現地のゴロク族との間で戦闘となり、同隊は全滅した。また、同じ時期にドイツからやってきたフィシュネル率いる探検隊と、イギリス人のミゴットが編成した探検隊とがアムネマチンをめざしたが、やはりゴロク族との対立で犠牲になっている。1948年(昭和23)3月、ボールペンの販売で財をなした米国レイノルズ社のレイノルズは、航空機からアムネマチン山を観察・測量しようと、米国と中国の学者たちを連れて上海空港を離陸しようとした。ところが、自家用機C87が滑走中にスリップしてそのまま土手に突っこむ事故を起こし、飛行機は大破して使いものにならなくなってしまった。このころから、ゴロク族との対立による犠牲者の続出とともに、聖山を犯す「アムネマチンの呪い」のウワサが囁かれはじめた。
 1949年(昭和24)4月、米国の探検家レオナード・クラークが率いる探検隊が、改めてアムネマチン山をめざして青海省の西寧(シーニン)市を出発した。青海省は護衛のために、同探検隊へ20名を超える兵士を同行させている。途中、旧・日本軍の三八式歩兵銃で武装したゴロク族と銃撃戦を交えながら、ようやく万年雪が残るアムネマチンが見える尾根に取りついた。同年5月6日、天候がようやく回復すると午前8時35分、クラーク探検隊は山脈の上にひときわ突出した巨大な三角形のアムネマチンを目にした。一行は、よりアムネマチンに近づこうと尾根伝いを歩きつづけ、もっとも見晴らしのいい場所に設営して、天候が変わらないうちにさっそく測量をはじめた。
レオナード・クラーク.jpg クラーク探検隊.jpg
 クラークは測量器を組み立てると、山頂から300mほど下に照準を合わせてみた。彼は測量のベテランで、雪山では太陽光の屈折のせいで実際の高度よりも山が高く見えることを知悉していた。つづいて、アムネマチンの山頂に照準を合わせて測量してみた。測量値をもとに計算してみると、アムネマチンの標高は9,040mとの結果が出た。チョモランマ(エベレスト)よりも、192mも高い最高峰ということになる。山の測量は、同時に3回繰り返し行わなければ公式の記録とはならない。3回測量して、その平均値が公式記録として認定される。しかし、1回めの測量直後から山頂に雲がかかりはじめ、アムネマチンの姿をアッという間に隠してしまった。
 クラークはあきらめきれず、悪天候の中3日間もキャンプにとどまっていたが、嵐が近づいていたのでついに測量を断念して下山してしまった。彼は、たった一度しか測量できなかったので、米国へもどってからもその結果を公表せず、あえて沈黙を守りつづけた。でも、おそらく同行した隊員たちの間から、「9,040m」という測量結果が漏れたのだろう、世界でもっとも高い山は崑崙山脈にある……というウワサが広まっていった。さて、今日の水準測量技術でアムネマチンを計測すると、クラークが測定した値に近い「9,041m」ということになる。つまり、クラークの測定は“正確”でまちがってはいなかったのだ。「じゃあ、最高峰はチョモランマじゃなくてアムネマチンでしょ!」ということになるのだが、中国政府が発表している同山の数値は標高6,282mだ。
 この数値の齟齬には、地球の重力に関わるトリックがある。重力は、常に地球の中心に向けて働いている……とは限らない。地域によっては地面の真下を指向せず、微妙にズレている地点があるらしい。つまり、水平面から直角に真下へ伸びた線が、地球の中心へと向いていない地域があるそうだ。そのような場所で、水準測量を行うと誤差が大きく、実際の高さよりも高い(あるいは低い)数値が記録されてしまうことになる。重力基準の水準測量で山の高さを測れば、いまでもアムネマチンは世界最高峰であり、2位がK2(チョゴリ)で、チョモランマ(エベレスト)は第3位へと転落してしまうらしい。
 重力を測量基準には用いず、レーザーやGPSなどを用いた最新の測量技術で測れば、アムネマチンは中国の測量隊が規定したように6,282m前後になる……というわけだ。もちろん、もっとも高い山はチョモランマ(エベレスト)であることに変わりはないようだ。そのチョモランマ(エベレスト)だが、ネパール政府が公式に認定している標高8,848mもまた、重力基準の水準測量数値に依存している。だから、ヒマラヤ地域の重力誤差が考慮されておらず、最新技術で測量すると同山はもう少し高くなるらしい。
アムネマチン山空中.jpg
 さて、子どものころからずっと記憶にひっかかり、気になっていた幻の世界最高峰アムネマチンなのだが、この文章を書くことでようやくスッキリした。いまでは、Googleマップの空中写真を崑崙山脈に合わせ、マウスでクローズアップさせるだけで、いつでもアムネマチンの姿を目にすることができる。どこかの国の登山隊が撮影した写真も、いくつか登録されているのでアムネマチンが“身近”になったぶん、子ども心をワクワクさせた「世紀の謎」や「まぼろしの山」が消えてしまったのは、ちょっとさびしい。

◆写真上:水準測量では、いまでも「最高峰」のアムネマチン山。(Googleマップより)
◆写真中上は、1967年(昭和42)に出版された『世界を驚かした10の不思議』(日本児童文芸家協会)。は、同書に収録された白木茂「世界一高いまぼろしの山」の扉。
◆写真中下は、米国の探検家レオナード・クラーク。は、晴れた日に近くの尾根からアムネマチン山を眺めながら測量を行なうクラーク隊一行。
◆写真下:Googleマップにみる、上空からとらえられた巨大なアムネマチン山。現在でも、山頂近くを飛行する航空機の古い高度計は、9,000m超を記録するという。


読んだ!(29)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 29

コメント 39

うたぞー

おもしろい話ですね。読んでいてわくわくしました。子どもの頃に世界の7不思議のたぐいが大好きだったことを思い出しました。山の高さの測量ってどうやるのか子供心に不思議でしたが、でも不思議ですよね。そもそも標高って海抜との差だと思いますが、海抜がどこなのか考え出すとさっぱりわかりません。ですからそれはさておき、ぶつかりそうになったパイロットの驚きが我がことのように思えた記事でした。
by うたぞー (2014-11-04 00:27) 

ChinchikoPapa

うたぞーさん、コメントとnice!をありがとうございます。
「世界の7不思議」とか「世にも不思議な物語」とか、子どものころ夢中になって読んだ憶えがあります。きっと怪談やUMAが好きになったのも、「幽霊を科学する」とか「ネッシーの謎」というようなノンフィクションを読んだからでしょうね。
「海抜」という概念も、おかしいですよね。潮の干満によって高さが変わるわけで、その平均値をとったとしても、じゃあそもそも海面の高さがちがうパナマのような国では、太平洋側と大西洋側とでは海抜0mの高さ基準がちがうのか……とか、考え出すと寝られなくなりそうな課題がいっぱいです。
by ChinchikoPapa (2014-11-04 10:11) 

ChinchikoPapa

分倍河原の周辺域は、クライアントが2つあるのでときどき出かけるのですが、国内最大の上円下方墳である府中熊野神社古墳を除き、周囲の古墳散策はできていません。おそらく、南武蔵勢力の北端で北武蔵勢力との最前線に近いエリアではないかと思うのですが、今度、ぜひ出かけてみたいと思います。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 10:24) 

ChinchikoPapa

今朝は、布団のぬくもりから出るのが、ちょっと辛かったですね。だんだん寒さが身にしみてきました。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 10:27) 

ChinchikoPapa

そろそろ、メナシとクナシリのアイヌたちによる蜂起の現場へと差しかかりましたね。nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 10:41) 

ChinchikoPapa

PCI-Expressの一種であるExpEtherは、理系の大学や専門学校などの授業や研究所で使われているのを聞きますね。コンテンツ(画像や動画)を、先生と学生との間ですばやく配信・共有できるからでしょうか。nice!をありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 10:52) 

ChinchikoPapa

駒沢の水道塔は、水滴の王冠リングのようなデザインが目を惹きますね。nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 10:54) 

ChinchikoPapa

Rollins,のVol.2は、いつかも書きましたがDiskUnionで輸入盤を買ったため、ジャケットの右下が斜めに切られていました。日本のLPがていねいなつくりで紙質もよかったのに対し、70年代後半の米国で生産されたJAZZレコードは粗末な印象でしたね。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 10:59) 

niki

初めて知りました、アムネマチン。
はかり方によって高さが変わるのですね。面白いです!
by niki (2014-11-04 11:21) 

ChinchikoPapa

nikiさん、コメントとnice!をありがとうございます。
アムネマチンあたりの重力は、その誤差の大きさからどうなっているんでしょうね。なんだか、身体を斜めにして立っていられそうな、M.ジャクソンのゼログラヴィティを思い浮かべてしまいました。w
by ChinchikoPapa (2014-11-04 11:54) 

ChinchikoPapa

この映画は、当時ずいぶん評判になりましたね。けっこう、原作に忠実だったように記憶しています。nice!をありがとうございました。>makimakiさん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 19:19) 

ChinchikoPapa

街を歩くと、イチョウの紅葉グラデーションがきれいですね。
nice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 19:20) 

ChinchikoPapa

そういえば、冬になると手のひらをグーにしている状態が多いですね。コートやジャンパーのポケットの中では、いつもグーです。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 20:43) 

ChinchikoPapa

夢殿の救世観音の石膏マスクが、早大の会津八一記念館に残っていますが、どうやって採ったのでしょうね。顔にガーゼをかぶせ、粘土を押し当てたのでしょうか。nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2014-11-04 22:55) 

ChinchikoPapa

半熟の目玉焼きをつくって、それをアツアツご飯の上に載せ、生醤油をかけて食べても美味しいですね。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 11:52) 

ChinchikoPapa

銭湯は学生時代に通いましたが、開いたばかりの午後2時すぎに出かけると、広い浴槽を独占できて気持ちがよかったです。nice!をありがとうございました。>simousayama-unamiさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 12:40) 

ChinchikoPapa

水道を引く必要のないのが、うらやましいですね。こちらも1960年ぐらいまでは、水道のないお宅はめずらしくなかったようですが、地下水の汚濁で井戸が徐々に使われなくなりました。nice!をありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 12:44) 

ChinchikoPapa

ネコを飼うようになってから、使わなくなった水槽がありますが、クローゼットの中でモノ入れになっています。nice!をありがとうございました。>sora_pさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 12:49) 

ChinchikoPapa

きょうは上着がないと、外歩きは寒いですね。地下鉄では暖房を入れてました。nice!をありがとうございました。>okin-02さん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 15:33) 

ChinchikoPapa

わたしは日曜に上野へ出かけたのですが、観光客のあまりの多さに人酔いして、早々にバスで逃げてきました。nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 15:35) 

ChinchikoPapa

途中に設けられている休憩所での、お弁当や飲み物も楽しみですね。nice!をありがとうございました。>mitchさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2014-11-05 17:52) 

ChinchikoPapa

学生時代に聴いたレコードを引っぱり出し、CD化しています。当時の思い出深い曲なのですが、案外CD化されていない作品が多いですね。nice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 17:53) 

ChinchikoPapa

羽田にはBIG BIRDがありますが、はたして飽きずに1日楽しめるかどうか……ですね。nice!をありがとうございました。>sakugiiさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 22:46) 

ChinchikoPapa

ほんとうに、旧制高校の寮歌をイメージさせる曲想ですね。なんとなく、ポプラ並木が茂るキャンパスを連想させます。nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2014-11-05 23:24) 

ChinchikoPapa

最近、タイワンリスは住宅街でも見かけますね。
nice!をありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2014-11-06 09:46) 

ChinchikoPapa

八丁畷という地名は、江戸期に拡がっていた田園の中を、ずっとつづいている街道を想起させますね。nice!をありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2014-11-06 14:38) 

desidesi

お邪魔してます。
子どもの頃、世界七不思議みたいな本が家にありました。
ナスカの地上絵とか、イースター島の巨人石とか、
いまでもその手の話しは、大好きですが、
この話は、全然知らない話でした。
測量の逸話も面白いですね。
ブログをまわっていると、知らないことがいっぱいあって
とてもワクワクします。
素敵な話しをありがとうございました。
by desidesi (2014-11-06 15:35) 

ChinchikoPapa

desidesiさん、コメントとnice!をありがとうございます。
小学校の図書館には、けっこうこのテの本がそろっていて、人気があるのがどれも汚れていました。当時は、「世紀の謎」とか「世にも奇妙な物語」といった児童書のブームだったものでしょうか、各社から出ていたような印象があります。図書館では、ちゃんと席について読むのではなく、書棚の前へ座りながら次々と手に取って読んだ記憶がありますね。
いまでも古本屋で、「世界のノンフィクション・幻の怪獣」とか「幽霊を見た」とかの背表紙を見ますと、なんだか買って帰り読みたくなってしまいます。w
by ChinchikoPapa (2014-11-06 17:10) 

ChinchikoPapa

「オバカイ」は、変なイントネーションで強調するとケンカになりそうですね。w nice!をありがとうございました。>(。・_・。)2kさん
by ChinchikoPapa (2014-11-06 20:11) 

ChinchikoPapa

きょうはなんとか持つかと思っていたのですが、降ってきましたね。少しは気温が上がったようですが。nice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2014-11-06 20:15) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2014-11-07 14:10) 

Marigreen

Papaさんがこんなわくわくする記事書くから、私も『ソロモンの洞窟』を思い出した。あれもわくわくすることないですか?とかトロイの遺跡を発見したシュリーマンの話とかも。
by Marigreen (2014-11-07 17:20) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
小学生のころは冒険や探検など、未知の世界のノンフィクションにはまりましたね。小学校高学年から中学生になると、推理小説が好きになり、ずいぶん読んだ憶えがあります。
by ChinchikoPapa (2014-11-07 18:00) 

sig

とても興味深いお話ですね。私の子供の頃の興味は、暗黒大陸と呼ばれていたアフリカでの冒険譚でした。この山がChinchikoさんが幼年時代に心躍らせたであろうことが良く伝わってきました。今ではその真偽を自分の目で確かめられる、すごい時代になったわけですね。
by sig (2014-11-10 23:01) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
図書館では、この種の本の「争奪戦」があり、返却されたタイミングでうまく借りないと、なかなか次の番がまわってきませんでしたね。表3に挿まれた図書貸出カードも、すぐに名前がいっぱいになるぐらいの人気でした。いちばん人気だったのは、やはり幽霊やUFOについて書いたノンフィクション本、あるいは恐竜についての図鑑だったかと思います。
わずか40年余で、世界中のあちこちに拡がる景色が、たちどころに(ときにリアルタイムで)確認できる時代がくるなど、思いもよらないことでした。
by ChinchikoPapa (2014-11-11 14:23) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、ごていねいにnice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2014-11-13 15:11) 

ChinchikoPapa

かなり以前の記事にまで、nice!をありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2014-12-06 12:34) 

Pino

私もこの本を小学校で読んだ記憶あります。
by Pino (2016-03-11 22:08) 

ChinchikoPapa

Pinoさん、コメントをありがとうございます。
コメントが重なっていたので、ひとつ消去させていただきました。
この本は、図書室にいくと貸し出し中が多くて、小学校でもなかなか人気のシリーズでした。w このほかにも、いろいろな出版社から同じようなノンフィクションシリーズが出てましたね。
by ChinchikoPapa (2016-03-11 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました