So-net無料ブログ作成
検索選択

虫だらけの下落合このごろ。 [気になる下落合]

野鳥の森公園.jpg
 今年は、例年にも増して昆虫類Click!がたくさん見られる。特に目につくのがアゲハやカナブンの類で、さまざまな種類の虫が花に群がっている。晩年の三岸好太郎Click!が見たら喜ぶだろうけれど、うちの女性たちが眺めたら卒倒しそうな光景だ。トンボの数も多く、久しぶりにおとめ山公園Click!の草原でウスバキトンボの大群を見た。
 セミの多さはケタ外れで、9月になってもまったくセミ時雨が衰えない。例年だったら、8月の後半になるとツクツクボウシの声が主流になり、ミンミンゼミやアブラゼミの声は少なくなるはずなのだが、まるで8月初旬並みの賑やかさのままだ。そして、もうひとつの特徴は、御留山Click!ヒグラシClick!の大合唱がもどってきたことだろう。いままでの下落合では、ヒグラシの声はそれほど多くはなく、朝夕たまに鳴いているのが聞こえるぐらいだった。ところが、拡大されつつある今年のおとめ山公園は、夕暮れとともにヒグラシの合唱がかまびすしい。
 また、セミの棲息には面白い特徴がみられた。下落合(現在の下落合のことで、このサイトの表現で多用する中落合や中井を含めた旧・下落合全域のことではない)の東部でも西部でも、夏にはヒグラシの声が響いていたのだが、今夏は下落合の西部でほとんど声を聞かなかった。つまり、ヒグラシは下落合東部の御留山Click!に集中して鳴いていた・・・ということなのだ。
 「落合秘境」と呼ばれた昔から、御留山Click!はヒグラシが群生するエリアとして知られていた。その数が目に見えて(耳に聞こえて)減ってきたのは、大気汚染や河川汚濁などの公害が話題になった1970年代ごろからだろう。1982年(昭和57)に出版された、竹田助雄Click!『御禁止山-私の落合山川記-』(創樹社)から、公園化する以前の夏を迎えた御留山の様子を引用してみよう。
  
 それよりも私には最前から森の奥から聞こえてくる蜩(ひぐらし)の群唱が気になって仕方がない、ところどころで一匹や二匹鳴く蜩なら珍しくはないが、戦後この方こんなにたくさんの蜩が一斉に鳴いている風情なんて初聞きであった。ここは何も彼もが昔のままなのだ、まことに閑静な雰囲気である。(中略) 真夏の林は一層昏い。陽は木の間を漉して斑かに落ちる。葉は熱を遮り、土は音を吸収する。その閑静な林に蜩が一入らぎやかなのである。私は樹々を見やった。根方で鳴いているのもおればすぐ側から不意に飛び立つのもいる。その一匹なんぞは慌てて飛び立って笹薮の中にとび込み、出られなくなって地べたでぱたついている。手を差し延べて捕え、軽く握ると蜩は、透明な翅を敏捷に振るわせて必死に逃げ出そうとする。私はそれを抓んで群唱の中に立っていた。林は厳然とその存在価値を主張し、こんな手近なところに、これほど生きている自然が横たわっていることを私は改めて知る。
  
 この御留山の情景は、竹田助雄が『落合新聞』Click!の発行しはじめた東京オリンピックClick!が開催される前々年、1962年(昭和37)ごろのものだ。おそらく、当時の「群唱」に比べたら、まだまだヒグラシの個体数は少ないのかもしれないが、御留山が「落合秘境」と呼ばれた1950年代の環境に、少しずつもどりはじめている風情を実感として味わえた、今年の暑い夏だった。
御留山1.JPG 御留山2.JPG
 セミの声が少なくなった1970年代から、およそ40年前後の月日が流れ、下落合には虫や動物が増えはじめているようだ。神田川Click!には、ヤゴなど昆虫の幼虫が棲みつき、それをねらってアユなどの川魚Click!が遡上してきている。川の上空で捕虫する、黄昏どきのギンヤンマを見かけるのは何年ぶりだろう。わたしの家でも、ミンミンゼミが窓から部屋へ飛びこんできたのは初めてのことだ。また、ベランダの網戸にアブラゼミがたかって鳴くのも、これまでにないことだ。
 このように、例年に比べ虫たちが急激に増えるという現象は、大正時代にも落合地域とその周辺域で起きている。1905年(明治38)生まれの女性が、いまだ結婚する前のことだというから、おそらく大正中期ごろの出来事だろう。その年に急増した虫は、セミでもトンボでもなくガの幼虫、つまり大きな毛虫だった。並木道を歩いていると、毛虫たちが葉を食べるサーサーという音が、頭の上から響いてくるほどの大量発生だったらしい。
 女性にとっては悪夢のような、身の毛もよだつ体験を語る当時の証言を、1989年(平成元)に中野区教育委員会から発行された『続 中野の昔話・伝説・世間話』Click!から引用してみよう。ちなみに、同書は証言者がしゃべったままの口語体で記録されており、当時の東京郊外で話されていた東京弁Click!(今回は地付き女性)を知るには、またとない貴重な資料となっている。
ミンミンゼミ.JPG 御留山3.JPG
  
 (船で)荷物に付いて来ちゃったんですってね、蛾が。それで、日本に来てひろがっちゃってね。そうしてね、クヌギの林がね、夏は葉が茂って真っ青になるわけでしょ。それをね、葉っぱをみんな食べてってね、丸坊主なんですよ。そのねぇ、木の葉を食べる音がね、その下を通るとね、サーサと音がしてるの。虫が木の葉っぱを食べる音が。で、雨が降っているように、サーサと音がしてるの。それでね、葉っぱ一つなしに食べちゃってね、みんな空(から)坊主にしちゃってね。(中略) もう、道なんか歩けないの。虫が這って歩いて、気持ち悪くて。そいでね、ちょっとでも触ったら、黒い毛がついちゃうんですよ。それが、とげみたいに刺さっちゃう。痛いんですよ、刺されるとね。もう本当に、いやだったね、あれ。何年か、二、三年そんなの。初めには、たまにきゃ見なかったけど、その次の年には、いっぱいそこら中、もう道なんか、大きくなって巣を作ろうとしてね、そいでね、這って歩いてるんですよね。踏んじゃうでしょ。気持ち悪くってね。もうお勝手から寝床にまで入ってくるんですよ。それでね、今度あのぅ、役場でそれを退治しなくっちゃしょうがないってんでね、薬を掛けて歩いてね、そいで退治しちゃったら、そいでいなくなったけどねぇ、ほんとに恐ろしいもんだね。
  
 毛虫たちの食欲で、森林の繁みが丸ごと消滅してしまうほどの、すさまじい状況だった様子がうかがえる。おそらく、この毛虫は戦後の1970年代に各地で発生したアメリカシロヒトリの昆虫禍と同様、輸入された貨物のどこかに卵が付着していて、それが天敵のいない日本の環境で繁殖し、やがては大量発生に結びついたのだろう。
 当時の新聞をたどると、1917年(大正6)に各地で虫の大量発生が報じられているので、上記の出来事も同年だった可能性が高い。新聞報道では、演習中の陸軍兵士が次々と虫に刺され熱を出して入院したり、毛虫の大量発生により住民が被害を受けた記事があちこちに散見される。
御留山4.JPG 御留山5.JPG
御留山6.JPG 薬王院.JPG
 今年は、玄関や庭先でヘビやヤモリを見かけない。例年なら、玄関先にはシマヘビが必ずチョロチョロ顔を出し、ときにはアオダイショウの幼体Click!やヤモリが家内へ侵入してくるのだけれど、今夏は一度も周囲で悲鳴を聞かなかった。これは裏返せば、危険をおかして人間が生活するテリトリーへあえて侵入しなくても、森や草原にエサが十分豊富にあったせいなのだろう。虫が増加すると、それを食べる小動物も増え、さらに小動物を捕食する肉食獣の個体も増えていく・・・という食物連鎖がうまく機能している環境、それが今年の夏だったのではないか。ちなみに、このところタヌキを見ないが、「暑い夏は寝てすごすポン」と、もっぱら深夜に活動しているのかもしれない。

◆写真上:夏はミンミンゼミとアブラゼミが多い、野鳥の森公園の木洩れ陽。
◆写真中上:ウスバキトンボの群生がもどってきた、おとめ山公園の原っぱ。
◆写真中下は、家に飛びこんできたミンミンゼミの死骸。は、御留山に棲む主の1匹。
◆写真下上左は、おとめ山公園の弁天池。上右は、急斜面に建つ藤稲荷の本殿を裏から。下左は、御留山の山頂付近。下右は、セミの群唱がひときわ高い現・下落合西部の薬王院。
最後に、9月に入ってからわが家で録音した下落合サウンドをどうぞ。ミンミンゼミとアブラゼミの「群唱」に混じって、秋の訪れを告げるツクツクボウシの声が聞こえる。


読んだ!(34)  コメント(42)  トラックバック(1) 

読んだ! 34

コメント 42

tree2

ヒグラシさん、ヒグラシさん、せせらぎの里にもきて頂戴! お願い。
by tree2 (2013-09-07 20:28) 

ChinchikoPapa

いかにも、広告代理店の社内ノリですね。
nice!をありがとうございました。>tamanossimoさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 21:28) 

ChinchikoPapa

今年の夏は書きそこなっていますので、近々、恒例のこの地域の怪談話をアップしたいと思います。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 21:30) 

ChinchikoPapa

透明感のある静謐なピアノの音色は、日本のリスナーにうけそうなサウンドです。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 21:45) 

ChinchikoPapa

麻布の出雲大社は寄ったことがありますが、コンクリートの社殿で味気なかった憶えがあります。nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 21:49) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>ミュゼさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 21:50) 

ChinchikoPapa

そういえば、地域のFM曲もネットで自在に聴ける時代ですね。
nice!をありがとうございました。>やってみよう♪さん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 21:54) 

ChinchikoPapa

夏にflというと、どうしてもジルベルシト系のボサノヴァをイメージしてしまいますが、クラシックも涼しげで合いそうですね。nice!をありがとうございました。>きたろうんさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 21:59) 

ChinchikoPapa

ハモニカ横丁は健在で、にぎやかそうですね。
nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 22:14) 

ChinchikoPapa

うちにも、着なくなったジャケットやコート、シャツ類がクローゼットに架かっています。考えてみたら、もったいないですね。nice!をありがとうございました。>茶の間おやじさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 22:18) 

ChinchikoPapa

わたしもそろそろ散歩を再開していますが、直射日光をあびるとまだ夏ですね。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 22:19) 

ChinchikoPapa

あっさりめの鶏チャーシューが、うまそうですね。
nice!をありがとうございました。>CROSTONさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 22:26) 

ChinchikoPapa

小松空港は何度か利用したことがありますが、東北自動車道が空いているととてもスムーズですね。nice!をありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 22:39) 

うたぞー

先ほど、nice!がちょうど3万を超えました。なんとpapaさんが3万個目のnice!でした。これも何かのご縁かと。
by うたぞー (2013-09-07 22:45) 

ChinchikoPapa

tree2さん、コメントとnice!をありがとうございます。
もう少し樹木が大きくなって、こんもりしてくるとヒグラシもやってきそうです。水はきれいですし、林が育てば鳴き声が聞こえそうですね。
by ChinchikoPapa (2013-09-07 22:49) 

ChinchikoPapa

もともとネコは、高い樹上で暮らしていたものでしょうか。うちのネコも、クローゼットの最上段と冷蔵庫の上が大好きです。nice!をありがとうございました。>マンチ軍団さん
by ChinchikoPapa (2013-09-07 23:04) 

ChinchikoPapa

うたぞーさん、コメントをありがとうございます。
3万nice!、おめでとうございます! ちょうどキリのいいところで拝見したということは、明日なにかいいことがあるでしょうか。w
by ChinchikoPapa (2013-09-07 23:07) 

ChinchikoPapa

最近の下水処理は年々高度化し、土壌濾過に加えて紫外線殺菌装置で上水並みの水質になってますね。nice!をありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 19:59) 

ChinchikoPapa

わたしも生まれてこのかた、富士山と丹沢山塊を見て育っていますので、その山影をみると登りたくなります。ただ、神奈川県の丹沢は、山としての馴染みがありますが、富士山は登山回数も少なく馴染みが薄いですね。nice!をありがとうございました。>沈丁花さん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 20:09) 

ChinchikoPapa

同じような地名現象が、日本橋にも見られて面白いですね。「日本橋区」で地域がくくられていた時代は、「本町」「人形町」「浜町」などその下の名前で呼ばれていたのが、戦後に中央区になってからは、「日本橋本町」「日本橋人形町」「日本橋浜町」と、あえて日本橋を冠した町名に変わっています。もっとも、東京35区の区分けは、地域色や地域文化からみてもなんとか合理的ですが、23区の区分けはまったく意味不明でわけがわかりません。nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 20:19) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>mwainfoさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 20:30) 

ChinchikoPapa

子どものころ観ていた、なつかしい米国ドラマですね。
nice!をありがとうございました。>くーぺさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 20:32) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 20:36) 

ChinchikoPapa

これからひと雨ごとに、秋色が深まりそうですね。
nice!をありがとうございました。>hanamuraさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 20:41) 

ChinchikoPapa

言葉を「こそぐ」というのは、とてもいい表現ですね。わたしのように、いつもまとまらない散文を書き散らしている人間には、耳の痛い表現でもあります。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 22:05) 

ChinchikoPapa

わたしも、ひとりで考えているよりは誰かと話しているほうが、書きたいテーマがはっきりし、その構成まで浮かぶことが多いですね。おそらく、会話を通じて自身の中で、テーマの絞り込みや表現の整理をしているのだと思います。nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2013-09-08 22:12) 

dendenmushi

@いつもコメントありがとうございます。ときどき、本文に引いて使わせていただいておりますが、今回はこちらで…。
わたしもこれを書くときには「日本橋」のことも念頭にありました。前から、エライ広げすぎじゃろが日本橋…と思っていたのですが、これの場合は、うちらもなんとか日本橋を名乗りたいという地元の強い要請があったからではないかと、憶測していました。

by dendenmushi (2013-09-09 06:18) 

古田

今夏もセミは元気でした。子供たちはセミ取りはしないので、かれらは夏を謳歌したことでしょう。そういう学校教育をしているとか、ですが?
素手取り(&リリース)に何度か成功しました。ミンミンセミが一番捕まえやすかったですね。時刻は暗くなり始めた頃が高成功率でした。朝に羽化したばかりのミンミンは実に美しい。
セミの種類も子供のころからは変わりました。ニイニイは見えなくなって、ミンミン全盛次いでアブラ、ツクツクの順でしょうか。しかしヒグラシの声はオトメヤマでは一度も耳にしませんでした。学習院の構内で一度だけで。船橋の住人に聞くと最近クマセミの鳴き声を聴くのだそうですが、近所では幸い耳にしません。
今朝はまだ鳴いてましたが、そろそろ聞き納めでしょうね。
by 古田 (2013-09-09 11:58) 

ChinchikoPapa

dendenmushiさん、コメントをありがとうございます。
戦後、1947年(昭和22)に日本橋区と京橋区が合併され、「中央区」に変更される際「日本橋の地名がどこの街にも残らないじゃんか!」と危惧した各町内の人たちが、こぞって町名に日本橋を復活させて、「日本橋区人形町」→「中央区日本橋人形町」というように、既存の住所とあまり違和感のない表現にしたんですね。日本橋〇〇町(丁)という表現は、江戸期からのものです。
ちなみに、わたしの本籍である東日本橋は、「日本橋米沢町」(江戸~明治)→「日本橋(西)両国」(大正~昭和初期)→「東日本橋」(昭和~)という流れです。
by ChinchikoPapa (2013-09-09 15:51) 

ChinchikoPapa

本阿弥家は、いまでも古美術の極め(折り紙)を行なっているようですが、本阿弥光遜の傑出以来、あまりウワサを聞きません。もっとも、わたしの好きな分野のみに限って見ているからかもしれませんが・・・。nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2013-09-09 15:55) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>einsさん
by ChinchikoPapa (2013-09-09 15:56) 

ChinchikoPapa

古田さん、コメントとnice!をありがとうございます。
セミのつかみ捕りは、下落合ではなく別の公園でやりました。ミンミンとアブラ1匹ずつでしたが、どちらかというとミンミンのほうが油断が多いのか、捕まえやすいですね。
何年か前、夜中に木へ登ってきた幼虫を捕まえ、カーテンにたけて羽化を待っていたことがあります。子どもたちにも見せたのですが、緑色の胴体に、シワシワになった白い羽は最初、なんのセミがわからなかったのですが、朝になったらヒグラシになっていました。
おとめ山公園のヒグラシの合唱は、7月の中旬から8月初旬にかけてが、いちばん賑やかでしたね。目白駅から歩いて行くと、おとめ坂の通りへ入ると同時に聞えてきました。クマゼミは、一度も耳にしませんでしたね。
by ChinchikoPapa (2013-09-09 16:05) 

ChinchikoPapa

少し涼しくなって、街頭活動もしのぎやすいでしょうか。
nice!をありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2013-09-09 16:07) 

ChinchikoPapa

準優勝から優勝への1ステップ、がんばってください。
nice!をありがとうございました。>ベッピィさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2013-09-09 16:09) 

ChinchikoPapa

源流域の渓流は、静謐で美しいですね。
nice!をありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2013-09-09 22:36) 

SILENT

今年は不思議なことに、蜩の鳴声を聴いていません。アオバトは数多く空を飛んでいるのを見かけますが。自然も、毎年同じではないのだなと、当たり前のことを感じています。
by SILENT (2013-09-10 02:25) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2013-09-10 10:08) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントとnice!をありがとうございます。
上で古田さんが報告されていますが、千葉の船橋ではクマゼミの声が聞こえたといいますから、昆虫は毎年、狭いエリアでずいぶん生態がちがうのかもしれませんね。
by ChinchikoPapa (2013-09-10 10:11) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2013-09-10 11:10) 

ChinchikoPapa

深海のダイオウイカ映像は、わくわくしましたね。
nice!をありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2013-09-10 19:25) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2013-09-10 22:37) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>タッチおじさんさん
by ChinchikoPapa (2013-09-15 20:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました