So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸東京の3大水菓子パフェ店について。 [気になるエトセトラ]

タカノフルーツパーラー.JPG
 東京で美味かつ多彩なフルーツパフェを食べさせる店としては、わたしの中では3つの店がイメージされていた。すなわち日本橋の千疋屋、神田の万惣、そして銀座の明治にできた資生堂だ。いずれも下町Click!の店で、先の2店は江戸期からつづく大店(おおだな)だ。
 日本橋の千疋屋は、1834年(天保5)創業の代表的な水菓子屋で、子どものころからうまい果物といえばこの店が定番だった。確かに、この店のフルーツは高価だが江戸東京では群を抜いていて、祖母もこの店をこよなく愛したようだ。病人の見舞いには、千疋屋のフルーツセットが定番で、見舞いを受ける病人のほうも早くよくなって千疋屋の果物を美味しく食べられるようになりたい・・・という、「明日への希望や意欲」が湧いてくる、そんな贈答品としても重宝がられていた。
 神田の万惣はエリアがちがうので、わたしにはあまり馴染みがないのだが、千疋屋にやや遅れて1846年(弘化3)に創立している水菓子屋だ。その166年におよぶ歴史に幕を閉じたのは、今年2012年のことだ。東京都から、耐震基準未満のビルだから解体をしろと迫られ、新たなビルを建設する資金のめどがつかないために廃業へ追いこまれた。さっそく、名残り惜しくてパフェを食べに出かけたのだが、ものすごい行列でとても店内へは入れなかった。
 3つめは、1902年(明治35)創業とだいぶ新しい銀座の資生堂パーラーだ。この店はフルーツ専門ではなく、もともと喫茶店としてスタートしたのだが、ことにパフェやサンデーのメニューには大正期から力を入れてきている。わたしは、上記の3店を東京の3大フルーツパフェの店として、勝手に規定していた。ところが、その一画である神田の万惣フルーツパーラーが今年になって、東京都につぶされてしまったのだ。江戸期からつづく老舗に対し、なんら事業継続の支援を行おうとしない呆れた自治体なので、あえてこう書いてしまう。
 余談になるが、この「耐震設計違反」として都内のビルを指摘してまわっている都の担当責任者のひとりこそが、下落合の“タヌキの森”Click!へ違法建築を建てる計画に対し、住民たちが新宿区へ要請に出向くタイミングを知りつつ、その数時間前におかしな業者へやすやすと違法「認可」を下し、さっさと東京都へ転任していった(異動逃げしていった)、当時の新宿区建築課の責任者=張本人でもある。「下落合みどりトラスト基金」サイトClick!では、一貫して組織名(建築課)を踏襲しつづけてきたけれど、ここはわたしのサイトなので実名を書いてやりたい怒りの衝動に、いま強くかられている。今度は、こともあろうに江戸期からつづく由緒ある地元の老舗を廃業に追いこみ、あっさりとつぶしてくれたわけだ。地域住民(あるいは商店/企業)の声に耳を傾け、相互にうまく合意点や一致点が見いだせるよう、落としどころの施策や解決策を練るのが自治体公務員の業務だとすれば、TVなどにも顔を出すこの男はそのコンプライアンス(法律遵守)感覚の欠如とともに、この仕事にまったく向いてないのではないか?
 さて、・・・したがって、残るは日本橋(京橋にも姉妹本店があるが)の千疋屋と、銀座の資生堂パーラーの2店舗になってしまった。でも、2大フルーツパフェの店ではすわりが悪いので、どうしても3店にしたい。そこで、老舗の多い下町ばかりでなく、新山手にも目を向けることにした。やっぱり、近所の“あの店”を加えてあげたい・・・と思っていたからだ。もちろん淀橋町角筈の高野水菓子屋(高野商店)、すなわち新宿のタカノフルーツパーラーだ。高野商店は、1885年(明治13)と19世紀の創業で、銀座の資生堂よりも歴史が古いのだが、フルーツを扱いはじめたのは1900年(明治33)なので、資生堂パーラーよりも少し早い乃手を代表する水菓子屋だ。
 わたしがここ5~6年ほど、タカノに注目Click!してきたのは本来の事業であるフルーツではない。タカノで出される、さまざまな料理(四季折々の洋食)のほうだった。東隣りにパンや菓子、洋食の専門店である新宿中村屋Click!があるのだが、それらの製品や料理の風味がすべて古臭くて野暮ったく感じてしまうほど、タカノで出される洋食はうまい。(たぶん現在の調理スタッフが優秀なのだろう) おそらく、新宿にあまた存在する洋食屋の中では、アタマひとつ抜きんでていると感じる。
 特に、魚介類・肉類と野菜や果物とを合わせて調理する、サラダ系惣菜の味は洗練されていて、下町にある各店の料理さえ上まわっているだろう。また、パン類のうまさも格別で、本業がパン屋のはずの新宿中村屋を凌駕している。現在、新宿中村屋は本店ビルの建て替えをしており、レストラン部がタカノ本店のビルのフロアを借りて営業しているが、料理やパンの味の側面からいえば、この形態のとおり、タカノが新宿中村屋を呑みこんでしまいそうに感じるのだ。
千疋屋ストロベリー・バナナパフェ.JPG
資生堂ストロベリーパフェ.JPG 資生堂フルーツパフェ.JPG
 さて、パフェの話にもどろう。タカノフルーツパーラーのパフェを、わたしは満足に食べたことがなかった。先述の、3大フルーツパフェ店というイメージが形成されていたからであり、また乃手にうまいものを食べさせる店がそうそうあるはずがない・・・という、(城)下町の偏見に捉えられていたからだ。だが、ここ5~6年の間、タカノの料理類を食べつづけてみて、その偏見はみじんに粉砕された。では、本業であるフルーツ料理のほうはどうなのだろうか?
 日本橋の千疋屋で出されるパフェは、フルーツの質において他店を圧倒している。たとえば、イチゴパフェを例にとると、イチゴがふつうのイチゴの風味ではなく、別次元の果物に感じるほど強烈な個性や主張をもっている。いっしょに添えられた、生クリームやアイスクリームの風味が霞んでしまうほど、フルーツの存在感が圧倒的に舌へと迫ってくるようだ。パフェグラスも大きく、「パフェをたっぷり味わいました」という満足感は、高い料金を支払ってもほかに代えがたいものだ。
 銀座の資生堂パーラーで出されるパフェは、千疋屋とは実に対照的だ。添えられたフルーツは、上質だがふつう(「ふつう」といっても高レベルでの話なのだが)のフルーツであることに変わりはない。でも、クリーム類との全体のバランスや相性が抜群なのだ。フルーツをひとつひとつじっくり味わうのではなく、パフェ全体で整合性のとれた美味さを演出し「これがパフェだ!」と主張している。その調和のとれた味わいは、千疋屋とはまったく異なる「パフェをたっぷり味わいました」という満足感をおぼえさせてくれる。グラスも大きく、たっぷりとしていて食べ出がある。資生堂パーラーが、長い時間を超えて高い人気を保ちつづける要因は、まさにここにあるのだろう。資生堂のパフェ全体から醸しだされる風味は、いつの時代にも年齢を問わず、誰もが美味しいと感じる普遍性を備えている。
高野商店(明治期).jpg タカノ果物店1936.jpg
 さて、新宿はタカノフルーツパーラーのパフェはどうだろうか? 最近、地下2階にパフェの専門店「パフェリオ」がオープンしたというので、さっそく味わいに出かけた。料金は、下町の各店に比べてかなり安く、またパフェグラス(フルートグラス仕様のパフェもある)もスマートで量的に比べれば、千疋屋や資生堂の3分の2ほどのボリュームだ。パフェの盛りつけやデザインもオシャレで、下町のきわめてオーソドックスな2店には見られない特徴だ。
 また、用いられるフルーツもメロンパフェやマンゴーパフェを除き、各種ベリーやチェリーなど下町ではあまり見られない素材が用いられている。ここの春に出される「さくらパフェ」は有名だが、わたしは一度も味わってみたことがなかった。見方を変えれば、それが下町の名店といわれているデファクトスタンダードなパフェ店に対する差別化と、洗練さやオシャレ感をアピールする乃手ならではの工夫(主張)なのだろう。「味勝負ではなく、格好づけしたがる乃手の店はちょっとマユツバClick!」という先入観がチラリと頭を横切ったけれど、タカノの料理のうまさや実力はここ5~6年間で十分に承知しているので、さっそく注文をしてみる。
 タカノのパフェは、おしなべてあっさりした味わいと、パフェの素材としてはめずらしいフルーツの洗練された風味が“売り”なのだろう。甘さも、千疋屋や資生堂に比べてかなり少なく、あまりカロリーの過剰摂取を気にする必要がない。他店のようにフルーツの「甘さ」を引きだすのではなく、酸味が強調されているのもタカノならではの特徴で、食べ終わったあとに「もっと別のメニューも食べてみたい」という気にさせられる。とても「健康的」なパフェに仕上がっているのだが、フルートグラス仕様のデコレーションはスプーンの小ささとともに、少々食べにくい。「朝パフェ」と銘打っている商品もあるので、朝のおめざめパフェという位置づけもありそうだ。(朝から・・・パフェ?)
 でも、下町のスタンダードなパフェにはない、別の意味での美味さは十分に納得できる味わいだった。下町の「大人から子どもまで美味しく楽しく」というパフェづくりではなく、タカノは明らかに「健康志向」のコンセプトのもと、朝から夜まで「ちょいと食べに寄る」手軽なパフェとして、明らかに女性をターゲットにしている。わたしがカウンターに座ったら、「ここにはパフェのみで、ほかのメニューはないんですよ」と店員さんが気の毒そうに注意してくれのだが、このひと言からもお客は女性が対象であることがうかがい知れる。わたしは、どうやらパフェを食べるような風情にまったく見えなかったようだ。w ひとつ注文があるとすれば、鮮やかなパフェを食べるには照明が暗すぎる。バーではないので、千疋屋や資生堂のように十分な採光や灯りで、華やかなパフェを明るく照らしてほしい。
タカノベリーパフェ.JPG タカノチェリーパフェ.JPG
ピーチパフェ.JPG メロンパフェ.JPG
季節のフルーツパフェ.jpg チョコバナナパフェ.jpg
 ということで、わたしとしては味わいにも落第点がなく、下町のパフェとはまったく異なるコンセプトや風味のタカノのパフェを美味しく食べられたので、これからは日本橋の千疋屋フルーツパーラー、銀座の資生堂パーラー、そして新宿のタカノフルーツパーラーを、東京の3大フルーツパフェの店として位置づけたい。大正末から新宿のタカノには、隣りの中村屋と同様に落合地域にも関連が深い芸術家たちが立ち寄り、多彩なエピソードを残しているのだけれど、それはまた、別の物語。

◆写真上:タカノフルーツパーラーに店開きした、パフェ専門店「パフェリオ」。雰囲気はオシャレで美しいのだけれど、かんじんの鮮やかなパフェを照らすには灯りが暗すぎる。
◆写真中上は、東京を代表する千疋屋のストロベリーパフェ(左)とバナナパフェ(右)。ここのフルーツは自家製の農園から採れたてが運ばれ、他店とはまったく次元の異なる圧倒的な新鮮さと美味しさだ。は、銀座を代表する資生堂パーラーのストロベリーパフェ()とフルーツパフェ()。風味のバランスがよく、昔からパフェ全体のトータルなうまさで勝負している店だ。
◆写真中下は、明治期に撮影されたとみられる正月の高野商店。左側に屋根まで積まれている木箱は、初荷で予約済みの紀州みかん。は、1936年(昭和11)のタカノ果物店。
◆写真下上左は、タカノの酸味の強いベリーパフェ。上右は、さくらの香りが繊細な同チェリーパフェ。中左は、モモの甘さが引き立つヨーグルト入りのピーチパフェ。中右は、さわやかな甘さのメロンパフェ。下左は、時期によってフルーツが異なる季節のフルーツパフェ。下右は、定番のチョコバナナパフェ。いずれも甘さはかなり控えめで、量も下町の各店に比べてグラスが小さく少なめだ。


読んだ!(22)  コメント(34)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

読んだ! 22

コメント 34

tree2

えーっ! 万惣なくなったんですか!!!
一度もいったことはないけれど、いってみたかった…私がたいそうお世話になった秋山庄太郎先生の、弟さんの経営でしたよね。
秋山先生、果物にお詳しかったですよ。

私、確信します。タヌキの森や万惣をつぶした野郎は、地獄の窯でさんざん茹でられてのち、転生して、惨め一方の人生をたっぷり経験すると。
 
タカノのパフェ、今度食べにいこうっと♪


by tree2 (2012-07-25 14:41) 

ChinchikoPapa

秀頼は、身長が2mもある巨漢だったのですねえ。おそらく、「サル」の子ではないと思います。w nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2012-07-25 15:50) 

ChinchikoPapa

tree2さん、コメントとnice!をありがとうございます。
なくなっちゃったんですよ、万惣。デパートなどに入っている、どこかの支店が営業を継続しているのではないかと、クローズドする前の万惣サイトをいろいろ探してみたのですが、全店閉めてしまったようです。事業継続を考えてくれない自治体に、よほど腹が立ったものでしょうか・・・。創業者・青木惣太郎の孫が、秋山庄太郎さんなのですね。初めて知りました。
わたしも、誰が見ても明らかな違法建築計画を認可し、その不法行為で下落合の緑濃い森をつぶし、今度は江戸からの老舗をつぶしてくれて平然としているこの男は、腹に据えかねますね。
タカノの「パフェリオ」は、10人も座ればいっぱいのカウンター形式ですので、午前中に出かけられるとすぐに食べられると思います。w
by ChinchikoPapa (2012-07-25 16:16) 

ChinchikoPapa

これからも、ぜひ「フツーでない客」になっていただき、楽しい岬めぐりレポートをおとどけください。楽しみにしています。nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2012-07-25 16:20) 

ChinchikoPapa

なんとなく大理石の建造物を想起させるジャケットは、このアルバムだけでなく確か他のアルバムにもバリエーションデザインがありましたね。同じオリン・キープニューズによるプロデュース作品だったでしょうか。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2012-07-25 16:25) 

かあちゃん

つい最近、万惣閉店の話を別のサイトで知ってとてもショックをうけていました。いなかから上京してまもなく、万惣のすぐ近くに職場があったのでランチに”キッシュ”を食べに行ったり、会社のおごりで、上階にあるレストランへもよく行かせてもらいました。いなかから出たての小娘には過ぎた場所でしたが、とても思い出深い場所で、もう一度行ってみたかったです。それにしてもこんな理由があったとは、かなしすぎです・・・ほんとに日本の行政、なんとかならないものでしょうか。外からみていても腹の立つことばかりです></
by かあちゃん (2012-07-25 17:55) 

ChinchikoPapa

1年もすれば、タバコのヤニ色が少しずつもどってくるでしょうか。w
nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2012-07-25 19:11) 

ChinchikoPapa

一昨日、東京工大へ寄りがてら大岡山を散歩したのですが、丘上から眺める住宅街のあちこちの庭に黄色いヒマワリが見えました。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2012-07-25 19:16) 

ChinchikoPapa

かあちゃんさん、コメントをありがとうございます。
そうでした、かあちゃんさんは神田がお馴染みのエリアでしたね。わたしは、子どものころ親が連れて行ってくれたかどうかさえ記憶も定かではないですが、スチール撮影のスタジオが近かったせいで、仕事仲間と何度か入ったような入らなかったような曖昧な憶えがあります。
場ちがいなわたしでさえ、かなりのショックなのですから、神田の地元の方々にしてみれば青天の霹靂ではなかったかと思います。その後も、東京都の「耐震設計未満」建物の指定、解体の行政指導のしっぱなしに対して、あちこちで議論が起きているのは、万惣廃業以来の新聞記事を見ても明らかです。
タヌキの森ケースは違法建築の「認可逃げ」、万惣ケースは「耐震設計未満」の建物の「指定逃げ」で、あとは野となれ山となれの意識は、まったく変わっていないようですね。
by ChinchikoPapa (2012-07-25 19:28) 

ChinchikoPapa

すさまじい映画のようですね。横浜メリーさんは、わたしも記憶に残っています。nice!をありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2012-07-25 20:15) 

tree2

秋山先生は長男ですが、事情があって、若い頃の趣味であった写真の道に進まれました。なので父上には、生涯、屈託がおありだったようです。
商才があることは自他共に認めるところで、もしや先生が万惣を嗣がれていたら、今度のことも違った形になっていたかも…と思うと、いっそう口惜しいです。
by tree2 (2012-07-25 21:20) 

ChinchikoPapa

tree2さん、重ねてコメントをありがとうございます。
そうでしたか、知りませんでした。万惣をめぐる物語には、なにかとても奥行きの深そうな「家族の肖像」が眠っていそうですね。もし、庄太郎氏が万惣を継いでいたら、写真界の巨人がひとりいなくなってしまったわけで、それはそれでまたさびしいです。
先ほどサイトをのぞきましたら、完全にサイトを削除してはいませんね。「休業」という表現に、かろうじて期待を繋げましょう。
by ChinchikoPapa (2012-07-25 22:22) 

ChinchikoPapa

わたしは無類のウナギ好きですが、どんどん値段が高くなって残念です。これからは、食べる回数も減るのでしょうね。nice!をありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2012-07-25 22:26) 

ChinchikoPapa

『Rossa of Lutria 2012』は、すっかり冬の風情に変わった曇りがちな庭をテラスから眺めているような、そんな懐かしい気分にさせてくれる曲です。nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2012-07-26 09:59) 

ChinchikoPapa

子どものころ、海岸でひろったトビの羽をペンにしていたことがありました。カラスの羽の、1.5倍ぐらいはあったでしょうか。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2012-07-26 17:16) 

Marigreen

お祖母様が、千疋屋をこよなく愛していたとあったので、やはりPapaさんのお祖母様は、どこか違うと思いました。私の言葉でいえばハイカラなんですが、それとはちょっと違うと、前Papaさんが言ってましたね。
行政と一部業者との結託は、こっちは不要な道路を作り回って、住民は皆怒っているけれど、有力者には金がばらまかれていて、一住民というのは、発言権がないに等しいです。
by Marigreen (2012-07-26 17:44) 

ChinchikoPapa

夏に出かけるには、清涼感のある「くらがり渓谷」がよさそうですね。
nice!をありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2012-07-26 18:01) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
なんといったらピッタリくるのか、わたしにもうまく表現できないのですが、もろに和風の家に住み、ほとんど着物姿で通した祖母は、「ハイカラ」というのではないですね。「ハイカラ」さんは、そもそも住環境や生活習慣、趣味、嗜好もすべて洋風でないと当てはまらないと思います。
通常の生活では「和」の世界を通しますが、なにかイベントや晴れがましいこと、非日常的なことがあると、ふだんとは異なる趣味や嗜好(和洋文化を問わず)に走る新しもん好き・・・というような感覚です。典型的な、下町女性の性(さが)ですね。w
おそらく、日本橋の千疋屋でフルーツサンデーを食べようが、銀座でコーヒーを飲もうが、びしっとスキのない着物姿だったと思います。
by ChinchikoPapa (2012-07-26 18:16) 

sig

私もパフェは大好きですが、食べ比べをするほどでは・・・笑
千疋屋、資生堂、タカノが醸している三店三様の比較分析が楽しいです。
by sig (2012-07-26 18:18) 

ChinchikoPapa

東京駅のステーションホテルに、一度ゆったり泊まってみたいです。
nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2012-07-26 18:19) 

ChinchikoPapa

sigさん、入れちがいになってしまいました。コメントをありがとうございます。
ちょっと、パフェの食べすぎですね。いちおう、6月の検診では「どこも悪いところはありません」だったのですが、これからは少し控えようと思います。^^;
by ChinchikoPapa (2012-07-26 18:23) 

suzuran6

やられました!!
まさか、ここでこんなに美味しそうな物が紹介される
宅途中の電車の中。
空腹&この暑さ。お腹のムシがグルグルなっています。
次回からTPOに合っている標題かを確認してから訪問致します。
資生堂パーラー、いつ行けるかなぁ~
by suzuran6 (2012-07-26 18:52) 

ChinchikoPapa

suzuran6さん、コメントとnice!をありがとうございます。
スミマセン、お目の毒でしたね。^^; わたしも、空腹なときに美味そうな料理写真がたくさん載ったサイトを訪問しますと、いつも思わずうなっています。
これほどの猛暑がつづきますと、書いたわたし自身もすぐに日本橋か銀座か新宿へ、食べに出かけたくなりますね。w
by ChinchikoPapa (2012-07-26 19:51) 

ChinchikoPapa

鉱泉を沸かすのではなく、かけ流し温泉というと、近くでは神奈川か山梨の丹沢の麓まで行かないとないでしょうか。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2012-07-27 10:24) 

ChinchikoPapa

最近のCMや媒体広告には、「※個人の感想です」という注釈がやたら目立ちますね。nice!をありがとうございました。>yutakamiさん
by ChinchikoPapa (2012-07-27 18:56) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>mwainfoさん
by ChinchikoPapa (2012-07-27 18:57) 

ChinchikoPapa

帆船「あこがれ」に乗船してみたいですね。停泊中の帆船にしか乗ったことがなく、文字どおり憧れてしまいます。nice!をありがとうございました。>ベッピィさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2012-07-27 19:01) 

ChinchikoPapa

子どもは親の姿を映す鏡とは、まったくそのとおりですね。細かな言動を、子どもは冷静に観察して自身の生活や成長に反映させているものです。nice!をありがとうございました。>U3さん
by ChinchikoPapa (2012-07-27 23:55) 

opas10

え、万惣つぶされちゃったんですか!パフェとならんでホットケーキも有名だったのに・・・。そろそろ老害の都知事にはご退場願いたいものです。
by opas10 (2012-07-29 13:27) 

ChinchikoPapa

opas10さん、コメントとnice!をありがとうございます。
わたしも、166年もつづいている老舗をいともあっさりと潰してしまう、東京都の行政に唖然としました。事業継続の方向性が探れる、仕組みづくりなり融資システムを用意・提供しないで、「解体指導」だけ押しつけてまわり「あとは知らない」(否定だけで対案を伴わない)という自治体は、下落合ケースと同様に無責任きわまりないと感じますね。nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2012-07-29 16:50) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>マチャさん
by ChinchikoPapa (2012-07-29 20:54) 

fumiko

ChinchikoPapaさんが書いている
>わたしは、どうやらパフェを食べるような風情にまったく見えなかったようだ。
同意! いつもと違う画像たちに、私もホント、そう思いました(笑)

万惣さんを廃業に追い込んだ異動逃げの最低の輩、いつか天罰が下ると思います。ChinchikoPapaさんの怒りが伝わってきます。
スイーツの甘いお話に盛り込まれたドライな箇所でした。
by fumiko (2012-08-06 20:50) 

ChinchikoPapa

fumikoさん、コメントとnice!をありがとうございます。
やっぱりこの記事は、いつもよりかなり浮いていたでしょうか。w
なんとなく、タカノあたりではシャンパンやワインを使った、大人向けグレープパフェを作りそうな気もしますので、もし登場したらぜひレポートをお願いいたします。このまま食べつづけますと、わたしはきっと定期検診でひっかかりそうです。^^;
by ChinchikoPapa (2012-08-06 21:50) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、以前の記事にまでnice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2012-08-09 16:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。