So-net無料ブログ作成

ふたりが初めて出逢った上屋敷。 [気になるエトセトラ]

渡辺医院跡.JPG
 関東大震災Click!で一時的に名古屋へもどっていた松下春雄Click!は、1924年(大正13)から翌1925年(大正14)にかけて、西巣鴨町池袋大原1382番地の横井方に下宿していた。少し離れた銭湯「大原湯」の斜向かいには、のちに夫人となる渡辺淑子の住んでいる渡辺医院が開業していた。渡辺医院は、西巣鴨町池袋大原1464番地の角地にあり、当時の立教中学校のすぐ西南側にあたるエリアだ。最寄駅は、1929年(昭和4)より武蔵野鉄道Click!の池袋駅からひとつめの上屋敷駅であり、近くには宮崎滔天(とうてん)Click!宮崎龍介Click!の邸宅や、東京美術学校において刑部人Click!の同期生である斎田捷三邸Click!などがあった。松下春雄と渡辺淑子は恋愛結婚であり、ふたりが出逢ったのは当時の上屋敷(あがりやしき)地域だったと思われる。
 きょうの記事は、松下春雄と渡辺淑子がどのようにして、上屋敷界隈(のち豊島区池袋3丁目)で出逢ったのかを想像する、とても楽しいテーマだ。淑子夫人の自宅である渡辺医院と松下春雄の下宿とは、直線距離でわずか100mほどしか離れていない。したがって、道ですれちがった松下が初めて渡辺淑子を見染め、そのあとをついていって渡辺医院の息女であるのを突きとめた・・・という非常に単純な出逢いも想定できるのだけれど、それでは松下春雄がまるでストーカーみたいになってしまうので、もう少し想像の幅を拡げてみたい。
 渡辺淑子の妹は、近くの自由学園(現・自由学園明日館Click!)に通学していた。その体育祭の日、彼女が自宅から妹の応援に出かけると、そこにはスケッチブックを手にした松下春雄がいた。彼は、妹の応援をする淑子夫人のことがだんだんと気になりだし、ついに思いきって声をかけたのが出逢いだった・・・というケースも考えられる。当時、自由学園の体育授業では、学園の柵の前に見物人Click!が絶えなかった。なぜなら、大勢の少女たちが短パン姿で体操をする様子は、それまでの女子教育では想像もつかない光景であり、わざわざ遠くから見物に訪れる男たちもいたからだ。・・・と、この想定も、松下春雄がスケッチブックを片手に自由学園へ通っていた、そんな男たちのひとりのようになってしまってマズイので、別の出逢いを想定してみよう。(汗)
 松下春雄が下宿していた、池袋大原1382番地の横井方からもっとも近い銭湯は、わずか20mほどしか離れていない朝日湯だった。しかし、なんらかの都合で朝日湯が休業したため、松下は渡辺医院の斜向かいにあった大原湯へと出かけていった。そのとき、たまたま活花のお稽古から帰ってきた渡辺淑子が渡辺医院へ入っていくのを見かけ、それ以来、朝日湯へ通うのをまったくやめてしまい、大原湯ばかりに出かけるようになった。やがて、大原湯の前で涼んでいると美しい彼女が通りかかったので、松下はついに勇気を出して声をかけた・・・というのはいかがだろうか?
事情明細図1926.jpg
便益明細図1933.jpg 大原湯跡.JPG
 でも、渡辺医院へと入っていく淑子夫人の姿を認めたとき、最初から渡辺医院の息女だとはハッキリ規定できなかっただろう。初めは、同医院の看護婦のひとりではないか?・・・と思ったかもしれない。だとすれば、なにかの病気になりさえすれば渡辺医院へ通えるので、看護婦かもしれない彼女と頻繁に逢えると考えたとしても不自然ではない。だから、ちょっとした風邪を引いた松下は、さっそく渡辺医院へいそいそと出かけて診察を受けた。でも、看護婦の中にあこがれの彼女の姿は見えなかった。担当の看護婦にそれとなく訊いてみると、ようやく渡辺医院の娘であることが判明し、勇を鼓して「おつきあいさせてください」と、父親の渡辺濟(すくう)医師へ頼みこんだ。
 また、渡辺医院への通院はこういう想定も可能だ。寒い冬の午後、まだ明るいうちに大原湯へと出かけた松下は、すでに近所で見染めていた彼女が姿を見せるのを、銭湯の外でいまかいまかとガタガタ震えながら待っていた。でも、「♪待~てど暮~らせど来ぬ女(ひと)を~」と口ずさみながら立ちつづけても、渡辺淑子は現れなかった。帰宅後、松下は下宿で高熱をだして倒れ、大家の横井家の人々に渡辺医院へ担ぎこまれた・・・という経緯も想定できる。
 同医院へ通いつづける松下を、やがて淑子夫人も見染めて、ふたりはついに相思相愛の関係になった・・・というのは、まるで、「あれは満州事変の前、大正が昭和に変わろうとする慌ただしいころの出来事でした」と、ピアノのメロディに重ね黒柳徹子のナレーションではじまる、久世光彦演出の向田邦子Click!ドラマのシチュエーションのようだけれど、まったくあり得ない想定でもなさそうだ。
渡辺淑子(少女時代).jpg 結婚式19280406.jpg
松下春雄下宿1.JPG 松下春雄下宿2.JPG
 松下春雄の長女・彩子様のお話によれば、両親がどのような出逢いで恋愛結婚をしたのか、その経緯を子どもたちへ詳しく話してはくれなかったそうだ。おそらく、松下が上屋敷に下宿していたころの出逢いであったのは、まずまちがいがないだろう。当時は世の中の通例として、生活が不安定な画家と娘を進んで結婚させたがる親など、おそらくほとんど存在しなかったと思われる。淑子夫人の両親も、最初は猛反対したかもしれない。でも、精神面で非常に芯が強かった淑子夫人は、そんな両親を説き伏せて松下春雄と結婚しているようにも思える。
 松下春雄は、1925年(大正14)に上屋敷から下落合1445番地の鎌田方Click!へと引っ越している。このときは、すでに淑子夫人と恋愛関係にあったのだろう。そして、3年後の1928年(昭和3)4月6日にふたりは結婚している。出逢いから結婚するまでの3年間、ふたりは渡辺家の両親を説得しつづけていたのではないか。ひょっとすると、渡辺家の両親は娘の生活や行く末が心配で、松下春雄にある条件を提示しやしなかっただろうか? それは、当時もっともアカデミックな帝展へ安定的に入選できるようになったら、「あんたに娘を嫁がせてもいい」というような「出世」条件だ。松下春雄は、1924年(大正13)の第5回帝展入選を皮切りに、水彩から油彩への転向後も毎年入選や特選を繰り返していく。そこには、淑子夫人への思慕が強く重なっていたのではないか。
 松下春雄の急逝後Click!、淑子夫人と子どもたちは西落合の自宅とアトリエを柳瀬正夢Click!一家に貸し、上屋敷の実家へともどっている。その後、渡辺医院は建物疎開Click!の道筋にひっかかって解体されてしまい、1945年(昭和20)5月25日の第2次山手空襲Click!ではあたり一帯が焼け野原になったようだ。しかし、それ以前に、淑子夫人と家族は西落合の自宅兼アトリエへともどっており、大正期から昭和初期に撮影された松下春雄の貴重なアルバム写真も焼失をまぬがれている。
火保図1937_1.jpg 火保図1937_2.jpg
 先日、新宿歴史博物館Click!の学芸員の方とともに山本ご夫妻Click!をお訪ねし、貴重な写真類が貼付されたアルバムを数冊お貸しいただいた。もしよい機会があれば、西落合1丁目306番地(柳瀬正夢アトリエの時代は303番地)に建てられた松下春雄アトリエの姿と、昭和初期の西落合周辺の様子を紹介する写真展、あるいは同博物館に収蔵されている松下春雄『下落合文化村入口』Click!(1925年)など作品類のご紹介とともに、展覧会を開いていただければうれしいのだが。

◆写真上:西巣鴨町池袋大原1464番地に建っていた、淑子夫人の実家・渡辺医院跡の現状。
◆写真中上は、1926年(大正15)に作成された「西巣鴨町西部事情明細図」にみる渡辺医院と、松下春雄が下宿していた池袋大原1382番地の位置関係。下左は、1933年(昭和8)に制作された「大東京市各区便益明細図」にみる渡辺医院。名前の上に赤文字で「イ」とあるのは、「医院」の略号。下右は、渡辺医院がある十字路の斜向かいにあった「大原湯」跡の現状。
◆写真中下上左は、渡辺家の庭で撮られたとみられる少女時代の渡辺淑子。上右は、1928年(昭和3)4月6日に行われたふたりの挙式。は、池袋大原1382番地にあった松下春雄下宿跡の現状。は、松下の下宿に通じる道筋で写真背後に渡辺家へと通じる南北道が走っている。
◆写真下:1937年(昭和12)に作成された「火保図」にみる、渡辺医院()と松下春雄の下宿跡()。当時の住所は、それぞれ池袋3丁目1464番地と池袋3丁目1382番地に変更されている。


読んだ!(22)  コメント(28)  トラックバック(6) 
共通テーマ:地域

読んだ! 22

コメント 28

dendenmushi

@ChinchikoPapa さんから「白鯨」についていただいたnice!返信コメントをご覧になった方(常連でおともだちらしい方)から、「でんでんむしの岬めぐり」ブログにコメントいただきました。
こういうこともあるんですね。ありそうだけどなかなかない、と思っていたけど…。
by dendenmushi (2012-07-01 05:56) 

ChinchikoPapa

dendenmushiさん、ごていねいにコメントをありがとうございます。
うつぎさんですね、すぐお隣りの長崎地域の知人です。w どなたかのサイトの記事をご覧になり、わたしのサイトをのぞいてくださる方はけっこういらっしゃるようですが、コメントまでお寄せくださる方は、おっしゃるようにあまり多くはないですね。
by ChinchikoPapa (2012-07-01 15:29) 

ChinchikoPapa

最近ショックだったのは、神田の「万惣フルーツパーラー」が廃業し、166年の歴史を閉じてしまったことです。近々、記事を書きたいと思っています。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2012-07-01 15:31) 

ChinchikoPapa

少し前から、海へ出かけて潮風をいっぱい肺に吸いこみたいのですが、仕事が忙しくてまだ望みを果たせないでいます。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2012-07-01 15:34) 

ChinchikoPapa

子どものころから七夕祭りには縁がありますが、そういえば短冊へ「願いごと」を書いた憶えがないです。nice!をありがとうございました。>銀鏡反応さん
by ChinchikoPapa (2012-07-01 15:38) 

ChinchikoPapa

7月になると、「何になる星になるとよ七月の 空ゆ瞬くことなき吾ら」という福島泰樹の歌を想いだしてしまいます。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2012-07-01 15:42) 

ChinchikoPapa

わたしも少し前まで、PCの自作機を使っていました。
nice!をありがとうございました。>mwainfoさん
by ChinchikoPapa (2012-07-01 15:45) 

ChinchikoPapa

子どものころ、学校の保健室へ行きたがる同級生がいて、よくつき合わされましたね。w nice!をありがとうございました。>HAtAさん
by ChinchikoPapa (2012-07-01 16:25) 

ChinchikoPapa

五輪橋は、どこかデザインが両国橋(大橋)してますね。w
nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2012-07-01 16:32) 

ChinchikoPapa

いかにも60年代のファンキーサウンドで、楽しいアルバムですね。本作は手元にありません。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 10:41) 

ChinchikoPapa

またマカオへいらして、写真をたくさん撮りだめされないといけないですね。
nice!をありがとうございました。>こさぴーさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 10:46) 

ChinchikoPapa

写真を拝見しているだけで、やはり壱岐牛料理に惹かれます。w
こちらにも、nice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 10:49) 

ChinchikoPapa

北海道のあちこちには、「熊嵐」のエピソードが伝えられていますね。もっとも怖ろしい存在がキムンカムィ(山の神)と呼ばれるのは、江戸東京も北海道も同じのようです。w nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 10:58) 

ChinchikoPapa

「レモンラーメン」は、さすがにパスしたいメニューでしょうか。w
nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 11:01) 

ChinchikoPapa

「おじいちゃんがルーブルの館長」、うらやましいですよね。美術館だとうらやましく感じるのですが、博物館の深夜散歩だと、ちょっと不気味なものがありますね。w nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 11:08) 

ChinchikoPapa

1975年は受験勉強のまっ最中でしたが、4月末に米軍が太平洋へ追い落とされてベトナム戦争が終結した年、「米軍が初めて負けたぜ」・・・という記憶が鮮明に残る年でした。nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 11:19) 

Marigreen

i一週間留守をしていると、必ず三つ記事がたまってしまう。読んで自分なりに理解し、自分なりの感想を抱くというのが、一生懸命記事を書いて下さっているPapaさんへの最低の礼儀と思っているのだが。読み飛ばすのでなくもっとじっくり読みたいなあ。(こんな私でも最近は人並みに忙しいので)
アンナ・パブロワ教科書に載っていませんでしたか?
by Marigreen (2012-07-02 17:09) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
スタート当初は毎日、少ししてから1日おきに記事を上げていたのですが、「読み切れん!」というお叱りをうけて、2日おきにアップするのがパターン化しました。でも、ひとつひとつの記事が長めになりがちなので、できるだけ「はしょる」ようにはするのですが、テーマが複雑だとやはり長めになる傾向がありますね。^^;
アンナ・パヴロワは、確か音楽や社会の教科書には、出ていなかったんじゃないかと・・・。イサドラ・ダンカンは、どこかに出てたかな?
by ChinchikoPapa (2012-07-02 17:52) 

ChinchikoPapa

お腹の減っているときに記事を拝見したら、むしょうにラーメンと駅弁が食べたくなってしまいました。^^; nice!をありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 20:23) 

NO NAME

こんばんは。昨年 池袋1021番地にお住まいでした、童画家である武井武雄さまの記事の所にコメンさせていただきました。その節はいろいろと教えていただきまして、ありがとうございました。
先週末、池袋の郷土資料館に やっと伺うことができました。職員の方にお尋ねすると、ご丁寧に現在の地図と昔の地図(地番のみのもの)のコピーまでくださいました。そこで、私も郷土資料館→自由学園→上屋敷町内→立教大学→江戸川乱歩邸→池袋2丁目1130番地→夏目書房→二又交番 と歩いてみました。池袋2丁目1130番地は現在、モスバーガーと松屋などが立ち並ぶ一角でもちろん当時を偲ばせるようなものは何一つ残ってはおりませんでしたが、しばし、見たこともない当時に思いを馳せてしまいました。もっと、父からいろいろ聞いておけば、さらに楽しいお散歩ができたのでしょうね。『戦中気侭(きまま)画帳」も、本屋さんには在庫がなく残念でしたが、こんなふうに歴史を訪ねる旅もいいものですね。
また こちらでお勉強させていただいて、歩いてみたいと思います。
by NO NAME (2012-07-02 20:51) 

SONOKO

先ほどの投稿に 名前を入れずに送信してしまいました。申し訳ありません。
by SONOKO (2012-07-02 20:52) 

ChinchikoPapa

SONOKOさん、ごていねいにコメントをありがとうございます。
7月の前半は、下落合がテーマの記事のほかに、豊島区の池袋あるいは長崎(椎名町)がテーマの記事が増えそうです。^^
わたしも最近、豊島区の郷土資料館あたりをウロウロしています。w 物流のカナメといえます鉄道駅とその周辺は、1945年(昭和20)に徹底的な反復空襲を受けていますので、ほとんど焼け野原になっていますけれど、少し離れたエリアや緑が濃い区画は、なんとか延焼をまぬがれて昔ながらの家々が残っていますね。つれづれ散歩をしてますと、そのような空襲をくぐりぬけた家屋にめぐり合うことができます。
近々掲載します記事は、西池袋(上屋敷地域)につきましてはクララ社と伊藤ふじ子(小林多喜二夫人です)との関連で、またお子様がお住まいの南長崎(椎名町地域)につきましては、昭和初期に日本初の漫画講義が行われた研究所(学校)との関連で登場する予定です。
ちょっと雨が多い季節で、散歩には不便ですが、ぜひまた物語の現場を歩かれてみてください。w
by ChinchikoPapa (2012-07-02 21:20) 

ChinchikoPapa

名古屋城の本丸完成、楽しみですね。千代田城の天守および本丸復元が、ようやく世論の俎上にのぼってきました。nice!をありがとうございました。>ねじまき鳥さん
by ChinchikoPapa (2012-07-03 22:20) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2012-07-04 18:38) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>大嶋洋介候補事件被害者の会さん
by ChinchikoPapa (2012-07-05 16:20) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2012-07-07 00:52) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2012-07-08 20:47) 

ChinchikoPapa

先日、ご一緒したときに拝見したアルバムのほかに、同時代のアルバムを2冊お借りできました。その中に、西落合の周辺から松下アトリエを眺めた写真など、おもに風景写真でとびきり貴重なものが保存されていることがわかりました。こちらにも、nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2012-08-09 23:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

トラックバックの受付は締め切りました