So-net無料ブログ作成

佐伯アトリエの「布瓦」を考える。 [気になる下落合]

佐伯アトリエ布瓦時代1.jpg
 1923年(大正12)に関東大震災Click!が起きてから、日本家屋の重たい屋根瓦の課題が大きくクローズアップされた。同震災の犠牲者13万人のうち、家屋が倒壊して圧死した人々は5,000人以上にのぼると推定されている。屋根が瓦葺きでなければ、倒壊せずに済んだ家屋がずいぶんあったのではないか?・・・という、問題意識にもとづいたテーマだった。
 これにより、震災直後から従来の瓦屋根は避けられるようになり、東京市の条例とも相まってトタンやスレートが屋根材としてがぜん注目を集めるようになる。今日では、トタンは安普請の代名詞のように思われているけれど、当時は軽くて地震に強い新建材(特に屋根材)として大きな注目を集めていた。たとえば、佐伯祐三Click!『下落合風景』シリーズClick!には、どうしても瓦屋根には見えない表現の住宅Click!が数多く描かれているが、おそらく震災後の大正末から昭和初期に流行した、スレートやトタンによる屋根葺き工法を採用している建物だと思われる。
 佐伯はそれらの屋根を描く際、独特な“てかり”を表現するために、ホワイトベースの上に各色の絵の具を重ねて薄塗りしているのではないだろうか。そう考えると、さまざまな方角に向いた屋根が一方の光線(太陽光)によって光っているとは見えない、角度の異なる屋根の不自然な反射を説明することができそうだ。また、そのように光を強く反射する屋根は、スレートではなく金属板を用いたトタン屋根ではなかったか・・・という想定もできるだろうか。
 さて、震災後に広く普及した屋根用建材のひとつに、「布瓦」と呼ばれた製品が存在していた。これが、長い間どのような瓦なのかがさっぱりわからなかった。資料をあちこち当たったのだが、「布瓦」に関する記録は見つからなかった。そもそも、布で瓦を製造することが可能なのだろうか? 帆布のような厚手の生地を重ね、いくら防水材を厚く塗布して加工しても、経年とともに雨水が浸透し水漏れを起こすのではないかと想像できる。それとも、従来の瓦よりもかなり安価な価格設定で、何年かに一度は屋根瓦をすべて葺きかえることを前提にした製品だったのだろうか。
佐伯アトリエ布瓦時代2.jpg 長崎住宅布瓦.jpg
 佐伯アトリエも一時期、この「布瓦」を採用している。おそらく、震災前後から葺かれていたとみられ、曾宮一念Click!はこの瓦のことを「布の便利瓦」と、1992年(平成4)に発行された『新宿歴史博物館紀要』でインタビューに答えて表現している。佐伯アトリエの「布瓦」は、戦後に佐伯米子Click!が緑色の通常瓦に葺きかえるまで使われつづけていたらしい。冒頭の写真が、「布瓦」時代の佐伯アトリエの屋根だ。見馴れた緑色の屋根瓦とは異なり、明らかに通常の瓦とは異なるダイヤ型の薄い「布瓦」が葺かれている。関東大震災のときにアトリエは大きく傷つき、急傾斜の屋根に葺かれた瓦が傷ついたので「布瓦」に変えられたか、あるいは竣工時からすでにクギで打ちつけられた「布瓦」を採用していたが、震災で損傷を受けたために修復しているのだろう。
 これと同じ屋根を、昭和初期に長崎地域へ建てられた住宅でも目にすることができる。小川薫様Click!からお送りいただいた長崎写真の中に、「布瓦」を葺いたとみられる小さな新築住宅の外観が写されていた。いまでは、このような形状の屋根をまったく見かけないので、おそらく耐用年数が短かったのか、戦後になって丸ごと葺きかえられたケースが多いのだろう。
 先日、雑司ヶ谷の宣教師館を訪ねたとき、同館の詳細な建築資料を拝見してきた。その中に、雑司ヶ谷教会の古写真が保存されており、屋根には「布瓦」と同じ形状の瓦が葺かれていた。写真の解説を読むと、「教会の建物は、木造のシングル様式で屋根はアスファルトシングル葺きで鐘楼が設けられていた」と書かれている。雑司ヶ谷教会が竣工したのは、1915年(大正4)で大震災前だけれど、「布瓦」と同様の仕様が採用されているようだ。これは、地震災害を想定して葺かれているのではなく、佐伯祐三がアトリエを建てるとき(最初から「布瓦」だったとしたら)と、おそらく同じ理由からだろう。すなわち、建築コストをできるだけ抑えるために採用された仕様だと思われる。
雑司ヶ谷教会.jpg 雑司ヶ谷宣教師館.jpg
 「アスファルトシングル葺き」という言葉から、大震災後に広く普及した「布瓦」の製品仕様をなんとなく想定できる。瓦の芯に厚手の生地(実際に帆布の“束”だったのかもしれない)を使用し、その周囲へアスファルトを厚めに葺きつけたか、塗布をして固い板状にした、軽くて丈夫な瓦が「布瓦」の正体だったのではないか。それを組み合わせ、屋根に貼りつけるようにしてクギで打ちつけ隙間なく並べたのが、「布瓦」屋根と呼ばれた耐震性の高い屋根づくりだったのではないだろうか。また、単に並べて釘打ちするだけでなく、継ぎ目もアスファルトで接着しているのかもしれない。
 でも、今日まで残らなかったのは、やはり耐久年数に問題があったと思われるのと、もうひとつ強風には弱いという欠点があったのではないだろうか。通常の瓦屋根は、確かに地震の際は重たくて危険なのだが、台風などには屋根を強く押さえつけ、吹き飛ばされるのを防いでくれるメリットがある。逆に、「布瓦」は屋根全体の重量を軽くしてくれる反面、夏の終わりに日本へ頻繁に来襲する台風には、その弱点を露呈してしまったのではないかと考えられるのだ。だから、大震災直後から昭和初期まで「布瓦」は流行したけれど、戦後には廃れてしまった・・・そんな気がしている。もうひとつ、火災には弱いというデメリットもあったかもしれない。
 わたしは、一度も目にしたことがない「布瓦」なのだけれど、いまでもスレートやトタン、あるいは通常の瓦に葺きかえられず、どこかに大正期あるいは昭和初期のまま残っている建築があれば、ぜひお教えいただければと思う。あるいは、「いまでも造ってるんだけど、最近はぜんぜん売れないんだよ~」という瓦屋さんがいれば、ぜひご教示いただければ幸いだ。
旧・杉邸解体.jpg
 余談だけれど、下落合415番地の近衛町Click!に建っていた大正時代の西洋館が、この5月に解体されてしまった。このサイトへも、ご子孫の方からコメントをお寄せいただいた、「あめりか屋」Click!が1922~1923年(大正11~12)に設計・建築したライト風の旧・杉卯七邸Click!だ。これで、近衛町に建っていた大正時代の西洋館建築はすべて消滅してしまったことになり、とても残念だ。

◆写真上:大震災後に「布瓦」に葺きかえられた、下落合661番地の佐伯祐三アトリエの屋根。
◆写真中上は、「布瓦」時代に撮影された佐伯アトリエのめずらしい全体写真。は、長崎地域に建てられた「布瓦」仕様の小型住宅。(小川薫様のアルバムより)
◆写真中下は、「アスファルトシングル葺き」を採用した、1915年(大正4)竣工の雑司ヶ谷教会。は、雑司ヶ谷宣教師館の現状で屋根はスレート葺きだと思われる。
◆写真下:1922年(大正11)に建てられた、解体される近衛町の旧・杉邸。(提供:植田崇郎様)


読んだ!(24)  コメント(33)  トラックバック(4) 
共通テーマ:地域

読んだ! 24

コメント 33

tree2

とても興味あるお話でした。
建築の軽量化とコストと耐久性のせめぎ合い。
その時代、その時代に、苦労があったんだなぁと、しみじみ。
by tree2 (2012-06-25 00:35) 

ChinchikoPapa

tree2さん、コメントとnice!をありがとうございます。
通常の瓦に比べて早く大量に生産でき、きっとコストも安かったのでしょうね。釘で打ちつけられ、強風で「瓦が飛ぶ」という危険性は低かったのでしょうが、家全体の「重し」の役割りを果たせないため、きっと台風や火災には弱かったのではないかと想像しています。
by ChinchikoPapa (2012-06-25 15:20) 

ChinchikoPapa

いまでもターンテーブルに載せる、『Unit Structures』ですね。このアルバムジャケットも、LP→CDで残念に思う1枚です。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 15:22) 

ChinchikoPapa

うちは梅酒をときどき作るのですが、いつも氷砂糖ばかりで黒糖を使ったことがありません。ちょっと、試してみたくなりました。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 15:25) 

ChinchikoPapa

WEバスの臨時便のような存在に、四谷や牛込、戸塚、落合などの施設や記念館、名所、史蹟などをまわるバスがときどき出現するようなのですが、いまだ捕まえられないでいます。「レガス新宿」が運行しているバスでしょうか。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 15:30) 

ChinchikoPapa

銀座の歩行者天国を見るたびに、つくづく銀座が空いていると感じますね。たまに大勢の人がいると、外国からの観光客だったりします。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 15:34) 

ChinchikoPapa

相変わらず、「グリーンピース」のレポは常駐してるんですかね。
nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 15:39) 

ChinchikoPapa

どじょうというよりは、どこかネズミ男っぽい仕上がりですね。w
nice!をありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 15:41) 

SILENT

強羅公園のお茶室への門の屋根、檜皮葺の新しいものへ葺き替えられていて、立派な仕事をみました。布瓦面白い発想ですね。

by SILENT (2012-06-25 15:48) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントとnice!をありがとうございます。
箱根はしばらくご無沙汰ですので、近々ぜひ出かけてみたいエリアです。
少し前に掲載された写真で、伊豆大島がクッキリと美しく見えている風景がうれしかったです。わたしが子どものころ、三原山の噴煙までがきれいに見えていましたが、1960年代の中ごろあたりから、だんだん空気が濁って見えなくなってしまいました。
by ChinchikoPapa (2012-06-25 18:15) 

ChinchikoPapa

吉野弘の詩集は、学生時代の終わりに青土社版を手にした記憶があります。nice!をありがとうございました。>mwainfoさん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 18:22) 

ChinchikoPapa

26日のNHK、楽しみですね。こちらでも拝見します。w
nice!をありがとうございました。>イデケンさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2012-06-25 19:15) 

ChinchikoPapa

生野菜サラダも食中毒の原因になる可能性が高く、この季節は危ないんですよね。nice!をありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 19:17) 

ChinchikoPapa

美しいサングラスですね、イタリアデザインですか・・・。w
nice!をありがとうございました。>りれいさん
by ChinchikoPapa (2012-06-25 21:43) 

ChinchikoPapa

昔の神話や故事、物語などに登場する植物は、けっこう重要なテーマですね。日本では明治以降、大きく植生自体や草花の名称さえ変わっていますから、「現代の目」で解釈すると大きなまちがいをすることになります。nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2012-06-26 13:28) 

ChinchikoPapa

「ねぎま鍋」はうちでもたまにやりますが、トロは脂っぽいので「高級」wなほうの赤身の切り落とし、または季節によりタラを使います。nice!をありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2012-06-26 13:54) 

ChinchikoPapa

吹奏楽は、下腹に応える低音とキラキラ光る金管の繊細な響きが、それなりのオーディオシステムでで聴いていても、なかなか実感として伝わってこない音楽ですね。nice!をありがとうございました。>マチャさん
by ChinchikoPapa (2012-06-27 20:10) 

DouxSoleil

布瓦って初めて知りました。
独特の雰囲気ですね^^
西洋館の解体は勿体ないですね;;
残念です。。
by DouxSoleil (2012-06-27 23:06) 

ChinchikoPapa

「シンデレラは6月生まれ」という歌に、まったく憶えがありません。高校時代なので、TVはあまり見なかったせいでしょうか。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2012-06-27 23:45) 

ChinchikoPapa

DouxSoleilさん、コメントとnice!をありがとうございます。
わたしも、佐伯アトリエに葺かれていた事実を知るまでは、それまで見たことも聞いたこともなく知りませんでした。いったい、どのような仕様なのかますます知りたくなります。w
ここ数年間で、この地域の大正期に建設された西洋館(和洋折衷建築含む)の解体件数は、かなりの件数にのぼります。貴重な建築資産なので、ほんとに残念だと思います。
by ChinchikoPapa (2012-06-27 23:50) 

MAO

初めてコメントさせていただきます。
1週間に2,3回下落合を通って、西池袋に行っています。
旧杉邸の解体、を読んであわてて昨日確認してきました。まだ重機が入って整地していました。
少し前に、水琴窟のあるF邸のお隣のライト風のお宅が引越されたようなので取り壊しになるのかと思っていましたら、反対側の少し離れたお宅が取り壊しになりました。大正期に建設されたようなお宅ではなかったと思いますが、それはそれで、まだ取り壊さなくても良いのに、と思ってしまいます。
旧杉邸が無くなって、その後ろにコンクリート製のようですが倉庫というより「蔵」といったほうが良いような建物が見えました。

by MAO (2012-06-28 01:14) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2012-06-28 14:47) 

ChinchikoPapa

MAOさん、コメントをありがとうございます。
わたしが見に出かけたときは、かろうじて建物の外郭が残っていました。現在は、整地の段階に入っているのですね。
東京土地住宅によって、近衛町が造成された1922年(大正11)と、ほぼ同時に旧・杉邸は設計・建設されていますので、近衛町ではもっとも古い建築のひとつでした。当時は、森の中の1軒家のような風情だったようですが、いまからは想像もつかない情景です。
まだ住めそうな邸が壊されてしまうのは、もったいないですね。昔の近衛町の例ですと、杉邸の北側区画に建っていた下落合414番地の西洋館・小林邸が、1923年(大正12)ごろに竣工して10年足らずで解体された・・・というのを思い出します。おそらく、昭和初期の大恐慌の影響を受けたせいではないかと想像しているのですが・・・。
整地されたあとの様子は見ていませんし、樹木もちょっと気がかりですので、また立ち寄ってみたいと思います。情報をありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2012-06-28 15:03) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2012-06-28 17:30) 

ChinchikoPapa

馬車道というとライブハウス「エアジン」ですが、いまでも健在のようですね。nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2012-06-28 20:48) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>yutakamiさん
by ChinchikoPapa (2012-06-29 20:38) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、nice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 11:03) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2012-07-02 11:03) 

ChinchikoPapa

こちらにも、ごていねいにnice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2012-07-10 17:28) 

sig

地震が近いとなると、屋根は軽量の方がいいですね。うちは家内がどうしても瓦で、というので瓦なのですが、重いし太陽熱利用もめんどうだし、後悔しています。
西洋館・杉邸の解体は、なんとも残念ですね。
by sig (2012-07-11 20:01) 

ChinchikoPapa

sigさん、ご多忙中コメントをありがとうございます。
うちは、緑の瓦の尖がり屋根にしたかったのですが、やはり重さと値段wが気になって、合成樹脂のスレートもどきになっています。先の大震災で、だいぶ揺さぶられましたから、ちょっとひび割れが心配です。
旧・杉邸の解体は、ほんとうに残念です。またひとつ、この街の歴史的な風情が失われてしまいました。
by ChinchikoPapa (2012-07-11 20:12) 

職歴書

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 職歴書 (2012-07-16 14:42) 

ChinchikoPapa

ご訪問とコメントを、ありがとうございました。>職歴書さん
by ChinchikoPapa (2012-07-16 18:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました