So-net無料ブログ作成
検索選択

目白の戸田邸は大温室が自慢。 [気になるエトセトラ]

戸田邸跡.JPG
 目白駅の近くにある尾州徳川邸Click!(現・徳川黎明会Click!)の大きな西洋館は、1934年(昭和9)に竣工しているので、目白・落合地域では比較的新しい西洋館だ。それ以前の同敷地には、巨大な戸田子爵邸Click!が建っていた。この戸田邸の部材の一部を移築して、下落合に建設された秋山邸Click!については、以前にこちらでも何度かご紹介している。
 でも、これまでかんじんの戸田邸については、どのような館の姿をしていたのかがまったくつかめなかった。参謀本部の陸地測量隊が作成した1/10,000地形図や、1926年(大正15)制作の「高田町北部住宅明細図」などで、かろうじてその姿を想像するだけだったので、1908年(明治41)に建設された戸田邸の写真はわたしの“指名手配”フォトのひとつになっていた。現在、戸田邸の痕跡をしめすものとしては、徳川黎明会の敷地西側にある正門並びの道路端に、まるで3等三角点のような、小さな記念碑がポツンと残されているにすぎない。
 落合地域中心の資料調べをしているので、なかなか豊島区側の資料を細かくあたる機会が少ないのだが、わたしが『高田町史』(1933年)を持っているのをご存じのある方から、「これは、まだお持ちじゃないでしょう?」とプレゼントされたのが、1919年(大正8)に刊行された『高田村誌』(高田村誌編纂所)だった。(ほんとうに、ありがとうございました。<(__)>)
 『高田村誌』が成立したのは、下落合に中村彝Click!がアトリエを建てて引っ越してきてから、わずか3年後のことであり、目白地域の当時の貴重な写真類とともに、かけがえのない資料となっている。しかも、300ページ弱ある同誌の4分の1が、目白通り(高田大通りClick!)沿いなどに開店していた商店や企業、事務所、養蜂場、医院、東京牧場Click!、旧・神田上水沿いの工場や研究所、実験場などの広告にあてられており、写真が掲載されているものもある。これらの情報は、地域の物語を掘り起こす願ってもない1次資料となるだろう。余談だけれど、『落合村誌』もどこかに必ず残っているにちがいないと思うのだが、いまだお目にかかれないでいる。
 その『高田村誌』の冒頭写真集に、いままで一度も目にすることができなかった戸田邸の一部が紹介されている。それは、戸田邸の母屋ではなく、庭園に造成されたとみられる巨大な温室の写真だった。しかも、同邸の温室写真が外観と内部との2枚掲載されており、かんじんの母屋の写真が撮影されていない。ただし、温室の両端にはおそらく専属の庭師たちが生活していたとみられる建屋が2棟建設されており、ハーフティンバー仕様にレンガを用いた外観から、おそらく戸田邸母屋のデザインと親和性の高い意匠を、同建物にも採用しているのではないかと思われる。母屋が撮影されなかったのは、戸田邸側のなんらかの事情があったものだろうか。
戸田邸温室1919.jpg
 先の1/10,000地形図に採取された母屋の形状から考えると、同邸は1934年(昭和9)に建設される徳川邸よりも、はるかに巨大な西洋館だったのではないかとみられる。『高田村誌』に記された平安時代からの流れを解説する、戸田邸の仰々しい紹介文を引用してみよう。
  
 戸田家は藤原姓にして始祖弾正左衛門宗光は正親町三條家より出で三河国に下り同国上野城主となり戸田氏を称し徳川氏の祖松平和泉入道信光の女を娶り爾来徳川氏と共に三河の反乱を鎮定し、文明年中同国渥美郡大津城に移り、又田原城を築き上野、大津及知多郡河和富貴等の諸城を兼有す、後二連木城(今の豊橋市内)を築き、勢威東三河に振ふ、八世の孫丹波守康長に至り徳川家康の異父妹を娶り松平氏を称す、天正中家康に属して長篠、小牧山、長久手等の戦役に従い功あり、小田原の役には先陣として房総方面の敵を降す、家康関東に遷るの時武州当方に封ぜられ、後下総古河に転じ又常陸笠間に移る、大阪両度の役には子忠光と共に軍に従ひ奮戦功あり、元和偃武の後上州高崎を経て信州松本城主となり七万石を食む、爾来封を移すこと数所、第十三世丹波守光慈享保中志州鳥羽より再び信州松本に移り子孫相承け明治維新に及べり、第二十一世丹波守光則藩籍を奉還し東京に移住し、江戸呉服橋内の藩邸を献じて両国矢の倉の邸に居る、子従三位子爵戸田康泰は即ち今の子爵康保氏の父なり、府下渋谷村上渋谷に邸宅を営造中陸軍練兵場用地となりしを以て明治四十一年本村に移る、雑司ヶ谷旭出四十一番地の本邸是なり、此邸地は維新前は小出信濃守の邸ありし所なり、邸に接して一万数千坪の貸地あり、福島男爵、澤柳博士其他名流の邸宅多く茲に在り。
  
戸田邸1921.jpg 戸田邸1926.jpg
 江戸幕府が成立後、徳川家とは姻戚関係にあった戸田家は、幕府の軍事的にも政治的にも重要な要所要所を押さえる、典型的な「転勤族」大名だったことがわかる。
 明治維新のあとも、せっかく渋谷村上渋谷(現・NHK敷地とその周辺)に邸を建設していたら、陸軍から練兵場にするのでどいてくれと言われ、しかたなく高田村雑司ヶ谷旭出41番地(のち42番地/現・目白3丁目)へ造りかけの邸を解体して移ってきた、転居馴れした子爵だったようだ。
 1933年(昭和8)に『高田町史』が編纂される3年前、戸田家は下落合への引っ越しを計画しているのだが、下落合のどこへ転居したのかが不明だ。巨大な西洋館は移築されず、解体されて高級な部材が別の建築へ活用されているようなので、まったく新しい邸を建てているのかもしれない。1932年(昭和7)に出版された『落合町誌』には、戸田家のことがまったく触れられていないし、その後のさまざまな地元資料にも登場していないので、戸田家は下落合への転居をなんらかの事情で中止し、ほかの地域へ引っ越している可能性もありそうだ。
 1933年(昭和8)に出版された『高田町史』の、「高田に縁故ある人物」から引用してみよう。なお、戸田邸が目白へ引っ越してきた時期について、『高田村誌』は「明治41年」としているのに対し、『高田町史』は「明治36年頃」としており、同一地域の資料にもかかわらず齟齬が生じている。
  
 戸田康保
 旧信州松本藩主子爵戸田康保は、明治三十六年頃から、雑司ヶ谷旭出に住み、昭和五年下落合に移転した、子爵は多年、高田町教育会の会長の任に在つた。
  
戸田邸温室内部.jpg 田中佐一郎「立教」1926.jpg
 長崎地域に居住した多くの画家たちの中に、戸田邸の巨大な西洋館をスケッチした画家がひとりぐらいいそうなものだが、残念ながらいまだに発見できないでいる。付近の風景をよくモチーフに選んでいた、牧野虎雄Click!春日部たすくClick!、田中佐一郎などの作品にありそうなのだが・・・。

◆写真上:戸田康保邸の母屋が建っていたあたりの現状。
◆写真中上:戸田邸の大温室で、左右に見えている洋館は庭師たちの住まいと思われる。
◆写真中下は、1921年(大正9)作成の1/10,000地形図にみる戸田邸で、母屋西側に見える建物が温室か? は、1926年(大正15)作成の「高田町北部住宅明細図」にみる戸田邸。
◆写真下は、戸田邸温室内部の様子。は、1926年(昭和元)制作の田中佐一郎『立教』。


読んだ!(31)  コメント(31)  トラックバック(4) 
共通テーマ:地域

読んだ! 31

コメント 31

ChinchikoPapa

納豆と下仁田ネギの相性は抜群で美味しいです。ただ、ちょっともったいないんですけどね。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 10:33) 

ChinchikoPapa

街を「ほっとけない!」という感覚、わかりますね。商業的なテーマとは別に、その地域ならではの風情や景観、アイデンティティが崩れていくのを「ほっとけない!」と考えてる方も多いのではないでしょうか。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 10:40) 

ChinchikoPapa

娘が結婚するときのことを考えると、父親としては切ないでしょうね。うちは息子ばかりですので、その感覚は味わえないのですが・・・。nice!をありがとうございました。>ヤッさんパパさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 10:45) 

ChinchikoPapa

毛皮のニーズはなかったでしょうが、生きた海外のめずらしい毛物(獣)をケンドリックが連れていれば、きっと商売を考える人物が現われて役人を説得し、江戸へ連れていってもらえたかもしれませんね。軍事的な圧力による「開国」以前に、両国広小路あたりの見世物小屋から、民間レベルでの日米交易がスタートしてたかもしれません。w nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 11:11) 

ChinchikoPapa

そろそろ各地のブログ写真の空が、どんよりとした梅雨空でうっとうしくなる季節ですね。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 11:20) 

ChinchikoPapa

わたしの学生時代から比べると、高田馬場駅の変貌は隔世の感があります。nice!をありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 11:22) 

ChinchikoPapa

アビー・リンカーンのアルバムに惹かれるのは、声質による繊細さとのびやかさとが共存する「説得力」から・・・でしょうか。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 11:26) 

ChinchikoPapa

島崎鶏二の作品は、パリ作品が神奈川近美に収蔵されていましたね。
nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 16:37) 

ChinchikoPapa

うまそうなものが並びましたね。これでは、食欲は止められないでしょう。w
nice!をありがとうございました。>シノさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2012-06-01 16:44) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>marumaruさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 22:57) 

ChinchikoPapa

上空600mで炸裂する三尺玉はすごいですね。隅田川でも見てみたいですが、消防署から絶対に許可が下りないでしょうね。nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 22:59) 

ChinchikoPapa

花嫁ダイエットよりも、最近はマタニティ・ダイエットのほうが大事そうな気がします。nice!をありがとうございました。>Lobyさん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 23:46) 

ChinchikoPapa

少し安定してきたようですが、ときどきSo-netはシステム負荷がひどいのか重たくなりますね。nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2012-06-01 23:59) 

ChinchikoPapa

子どものころ、道のない鎌倉の山の斜面を「探検」して、“やぐら”(鎌倉期の横穴墳墓)を発見するのが好きでした。いま考えると、ちょっと怖いことをしてましたね。w nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2012-06-02 17:40) 

ChinchikoPapa

きょうはモンシロチョウの群れに出会いましたが、キアゲハはまだちょっと時期的に早いですね。nice!をありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2012-06-02 17:42) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>ぺこんぎんさん
by ChinchikoPapa (2012-06-02 17:45) 

ChinchikoPapa

写真を見ているだけで、「見上げ」つづけて首が痛くなりそうです。w
nice!をありがとうございました。>ばんさん
by ChinchikoPapa (2012-06-02 17:48) 

ChinchikoPapa

ゾエミ・ド・スーザのロゼ「気品」が、なんともいえない色合いで美しいです。そこに「ある」だけで、華やかな雰囲気になりますね。nice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2012-06-02 18:36) 

ChinchikoPapa

江戸末期の異人館は、いまやほんとうに貴重ですね。江戸ではおもに築地に建っていましたけれど、火災や大震災、空襲ですべてが灰になってしまいました。nice!をありがとうございました。>DouxSoleilさん
by ChinchikoPapa (2012-06-02 20:55) 

ChinchikoPapa

茅ヶ崎のその海岸で、40年前に映画のロケが行われたのですが、そのお話を近々書きたいと思っています。nice!をありがとうございました。>da-kuraさん
by ChinchikoPapa (2012-06-02 21:37) 

ChinchikoPapa

いつも素敵な音楽を聴かせていただき、ありがとうございます。w
nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 11:51) 

ChinchikoPapa

乾燥して広々とした空間の拡がる風土からでしょうか、消えていくシオンの存在も淡く切ないですね。nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 11:53) 

ChinchikoPapa

先日、東電から電気料金値上げの「お願い」通知がとどきましたが、さすがに腹が立ったので破いて棄てました。nice!をありがとうございました。>銀鏡反応さん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 11:56) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました>こさぴーさん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 11:58) 

ChinchikoPapa

「裸の島」は二度見ていますが、自身でこれほど感想にギャップのある映画もめずらしかったです。一度目は退屈で、二度目は時間のたつのが早かったですね。二度の鑑賞には、30年の歳月が流れていました。nice!をありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 12:02) 

ChinchikoPapa

薬師寺の三重塔(東塔)は、ずいぶん以前の高田好胤管主の時代に1階から上へのびる心柱を見せていただいたことがあります。まだ、西塔が再建される前でした。切手の図案にもなった水煙を、間近に見られるというのは貴重な体験をされましたね。nice!をありがとうございました。>マチャさん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 12:12) 

ChinchikoPapa

別れた幹が再び途中で合体するというのは、確かに縁起がいいですね。
nice!をありがとうございました。>ねじまき鳥さん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 22:19) 

ChinchikoPapa

こちらの田んぼは平地ですので、斜面の棚田というのは見かけないからめずらしいですね。nice!をありがとうございました。>yamさん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 22:36) 

ChinchikoPapa

白クジャクというのは、実際に見たことがありません。めずらしいですね。
nice!をありがとうございました。>ponpocoponさん
by ChinchikoPapa (2012-06-03 22:43) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>himakkoさん
by ChinchikoPapa (2012-06-04 21:12) 

ChinchikoPapa

こちらの記事にも、nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2012-06-13 13:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。