So-net無料ブログ作成
検索選択

武蔵野鉄道もセメントを運びたい。 [気になるエトセトラ]

西武池袋線(椎名町駅).JPG
 1928年(昭和3)に、武蔵野鉄道Click!(現・西武池袋線)の経営がかなり悪化している。1922年(大正11)に池袋-所沢間が電化された同線は、とうに客車運行をスタートしていたのだが、利用客が思ったほど増えなかった。西武電鉄(現・西武新宿線)よりもはるかに歴史の古い武蔵野鉄道だが、この時期、同線は西武鉄道の経営を模倣しようとしていた。
 西武電鉄は、1927年(昭和2)に下落合駅Click!あるいは高田馬場仮駅Click!までの営業をスタートすると、さっそく郊外を散策にやってくる観光客Click!や、沿線に開発がつづく新興住宅地Click!への住民誘致、ひいては西武電車の利用客増加へ向け、さまざまなメディアを使いながら積極的な宣伝活動を展開していた。また、大正初期から建築資材の運搬を手がけてきた西武鉄道は、関東大震災Click!後の復興耐火建築用に東京市街でセメントや砂利の需要が高まると、その採掘をはじめ備蓄・物流拠点づくり、貨物輸送事業などを軌道に乗せている。武蔵野鉄道としては、西武鉄道が発表する経常利益の右肩あがりを横目で見ながら、どうすれば利用客の増加と収益増が見こめるものか、経営会議における最大課題となっていただろう。
 そこで、武蔵野鉄道としては西武鉄道が行なっているプロモーションを、ほとんどそのまま模倣しようとした時期があったようだ。まず、東京郊外の散策や観光ブームにのって、名所・旧跡の紹介や遊園地(当時は私設公園・庭園のような意味合い)の開発、「文化村」ライクなしゃれた新興住宅地の造成Click!などを行い、広報宣伝活動を大々的に展開している。西武鉄道とまったく同様に、楽しげな鉄道沿線パンフレットをこしらえて、観光客や沿線住民を少しでも集めようとしていたようだ。ことに、目白文化村Click!を開発していた堤康次郎Click!を巻きこみ、下落合の有力者だった小野田家の姻戚筋が住む大泉村(現・大泉学園)へ、学校誘致を前提とした学園都市の建設計画を起ち上げるなど、武蔵野鉄道は各方面へ積極的に働きかけたにちがいない。
 しまいには、「明日の日曜は、新緑の村山貯水池畔へ」などと、まるで西武電車Click!の広告版下をそのまま借用し、鉄道名だけ「武蔵野鉄道」に入れ替えたような新聞広告さえ登場した。これは1929年(昭和4)5月、武蔵野鉄道に狭山線の村山公園駅(現・西武球場前駅)ができたためだが、西武鉄道としては面白くなかっただろう。村山貯水池の建設では、1916年(大正5)から西武鉄道は協力してきており、貯水池(多摩湖)とその周辺施設や公園もまた、同鉄道による開発事業が多かったからだ。利用客の増加をめざして、せっかく力を注いで投資し宣伝してきた観光事業へ、武蔵野鉄道が“無賃乗車(タダ乗り)”していると西武鉄道側では感じていたかもしれない。
 さらに、武蔵野鉄道がもうひとつ模倣したのは、東京市内で需要の多いセメント輸送Click!だった。同鉄道が大株主となった東京セメントと結び、一種の賭けに近い建築資材の輸送事業だ。東京セメントの視座から見れば、いまにも経営破綻を起こしそうな大株主である武蔵野鉄道を救うための窮余策ということになる。1928年(昭和3)7月25日発行の、読売新聞から引用してみよう。
西武池袋線(上屋敷).JPG 読売新聞19290525.jpg
東京朝日新聞19280316.jpg 東京朝日新聞19280410.jpg
  
 東京セメントの出現! 果然関東の市場に一大衝動を起す
 一杯喰はれた浅野 激憤して愈よ宣戦
 昨報東京セメントの創立は到底真面目な計画とは見られず好転せるセメント界を刺激して結局浅野辺りに売込を策して居るものと見られてゐたが同社の創立事情に就き確聞するに、同社の主体たる武蔵野鉄道が最近の不況を挽回する為めに貨物運搬数量増加を目的として創立した武蔵野鉄道救済会社である。然るにこれが実現すれば従来の競争激甚を漸く緩和された関東市場は些少乍ら混乱気味となり、殊に地盤関係で秩父及其姉妹会社たる秩父鉄道と東京セメント及其主体なる武蔵野鉄道の競争となり、勢ひ磐城、浅野も圧迫されることゝなるので、浅野ではこの計画を阻止することに努めその代償として東京セメントの原石山となるべき阿我野から武蔵野鉄道を通じて一日五百トン以上千トン迄の石灰石を明年一月以降十五ヶ年間浅野に供給する契約を結んだのでこの契約に依つて当然同社の創立計画は放棄される筈なるに拘らず、更に第二段の策として会社売込を目的として創立を終つたのである。
  
 ちなみに、戦前のセメントは樽に詰められていたと考えられがちだが、すでに袋状のパッケージによる輸送も開始されており、鉄道やトラックによるセメント輸送は、より容易かつ効率的に行なわれていただろう。セメント樽は重く容器もかさばるため、貨車やトラックの荷台へ一度に大量のセメントを積載することができないが、袋状のパッケージであれば積載がフレキシブルで、輸送効率も格段に高まっただろう。ただし、今日のように強固な防水厚紙による梱包ではなく、防水紙の袋にセメントを詰め、さらに麻袋でくるむという二重の袋詰めだったようだ。当時の浅野セメントの工場に取材したルポ記事が、1926年(大正15)8月17日の読売新聞にみえるので引用してみよう。
  
 又セメントと云へば樽詰とばかり思つて居たら近頃は麻袋入が流行しこれは重量も十一貫見当で運搬に便利なために調法がられてゐるそうだ 湿気止めの為には防水紙を入れてある。出来上つたセメントが此等の樽や麻袋に巧妙に盛り入れられて搬車に積まれる順序も流石に慣れたものでその早いことは誠にめまぐるしい (句読点ママ)
  
 さて、西武鉄道の事業路線を模倣しようとした武蔵野鉄道だが、結果はかんばしくなかったようだ。1934年(昭和9)には、ついに債権者側の強制執行が入り、日々の売上金がすべて執行官に差し押さえられるという異常事態にまでなってしまった。翌年には、東京電燈の電気料金滞納で、同鉄道への送電の一部がストップされるという最悪の状況を迎えている。鉄道会社の電車が送電を一部でもストップされたら、もはや経営は成り立たない。これらの危機からようやく脱していくのは、同鉄道の大株主となっていた堤康次郎Click!の再建策が軌道に乗ってからだ。
読売新聞19270623.jpg 読売新聞19280725.jpg
 強制執行官が入り一部の送電も止められて、経営が事実上破綻してしまった武蔵野鉄道だが、それ以前から同鉄道と西武鉄道の合併話が、新聞紙上に掲載されるようになる。合併話が急に浮上したのは、同じく池袋駅を起点とする東武東上線が、1929年(昭和4)の秋に電化を完了することが大きな影響を与えたからだ。東武電車と西武電車に挟まれた武蔵野鉄道は、ますます経営が困難になるとみられていた。1929年(昭和4)7月9日に発行された読売新聞から引用してみよう。
  
 東武東上線の電化で武蔵野と西武の村山線が合併か
 競争激甚の余波・・・
 東武鉄道の東上線(池袋寄居間四十六哩半)は今秋電化計画が完成するがこれを機として武蔵野鉄道(池袋飯能間)(二十七哩二分)及び西武電鉄の村山線(高田馬場東村山間十四哩九分)が合同して一会社を組織せんとする議が台頭し、各社の重役の意見は殆ど一致してゐるから何れ近いうちに実現される模様である。右三線は高田馬場池袋付近より出発するもので所沢及び川越に於て夫々交叉し競争線の形となつてゐるが東武東上線の電化が完成すれば競争益々激甚となることを憂慮して早くも合同議が持上つてゐるわけで斡旋によつて成立を見るであらうが具体案に於ては種々困難を伴ふものと視られてゐる
  
 この記事で、大手一般紙も西武鉄道のことを「西武電鉄」と表現している点に留意したい。「西武鉄道」は企業名であり、「西武電車」は同社が新聞紙上に媒体広告を反復掲載して一般に浸透させたかった同線の“愛称”であり(新宿発の荻窪方面行きの同線と混同するためか、あまり浸透しなかった)、「西武電鉄」ないしは「西武線」が地元を中心に東京へ実際に広く普及していった呼称だ。だからこそ、各町ごとの地図や東京区分図などにも同名が採用されている。この読売新聞の表現は、当時から一般的につかわれていた呼称を踏襲しているにすぎない。この関係は今日、誰も山手線のことを「東日本旅客鉄道・山手線」などと呼ばないのと同様だ。同社が浸透させたかった愛称が“E電”であり、一般に普及しているのが「ジェイアール山手線」という結末とまったく同じなのだ。
読売新聞19290709.jpg
 武蔵野鉄道はその後、日中戦争にともなう軍事施設や軍需工場の積極的な沿線誘致にともない、貨物輸送や利用客が少しずつ増加し、経営危機を徐々に脱していった。1944年(昭和19)には、戦時下におけるスムーズな食糧調達・増産の必要性から、西武鉄道と武蔵野鉄道は合併している。

◆写真上:椎名町の古い駅舎から、東長崎駅方面を眺めた西武池袋線(旧・武蔵野鉄道)。
◆写真中上上左は、戦後に廃止となった上屋敷駅Click!をすぎたあたりの同線。上右は、1929年(昭和4)5月25日の読売新聞に掲載された、まるで西武鉄道を思わせる武蔵野鉄道の「村山貯水池」媒体広告。下左は、西武鉄道による「多摩湖ホテル」の完成を伝える1928年(昭和3)3月16日の東京朝日新聞。下右は、東京市公園課によって東村山公園の完成を貯水池の空中写真とともに伝える1928年(昭和3)4月10日の東京朝日新聞。
◆写真中下は、西武鉄道によって上井草で企画された1927年(昭和2)6月23日の読売新聞に掲載された軟式テニス大会広告。西武鉄道では、さまざまなイベントを企画して同線への乗客誘致を試みていた。は、武蔵野鉄道を救済するために企画された東京セメントの事業内容と、同線による貨物輸送計画を伝える1928年(昭和3)7月25日の読売新聞。
◆写真下:東武東上線の電化と武蔵野鉄道の経営行き詰まりを背景に、早くも西武鉄道と武蔵野鉄道の合併を予測する1929年(昭和4)7月9日の読売新聞。


読んだ!(22)  コメント(33)  トラックバック(11) 
共通テーマ:地域

読んだ! 22

コメント 33

dendenmushi

@この辺の鉄道線路、なんでこんな変な走り方をしているんだろうと、疑問に思っていました。
でんでんむしも、ひょっとしたら多摩湖畔の西武の住宅地に棲息することになっていたかも知れなかったんですがね…。
by dendenmushi (2012-03-24 07:12) 

Marigreen

馴染みの深い西部池袋線や西部新宿線に、そんな経緯があったのか?と感慨深く読みました。
私は、頭が薄いので、落合氏の記事を読むことは、呆け封じにもよいです。
by Marigreen (2012-03-24 11:01) 

ChinchikoPapa

dendenmushiさん、コメントとnice!をありがとうございます。
記事を書いていて、近々、多摩湖畔へ行ってみたくなりました。多摩湖ホテルは壊されてしまいましたが、けっこう大正から昭和初期にかけての建造物が残っていますね。
多摩湖は、小学校の遠足のときに初めて訪れて以来、ときどき出かけているのですが、しばらくご無沙汰でした。子ども心に、ユネスコ村があったのを憶えています。
by ChinchikoPapa (2012-03-24 18:39) 

ChinchikoPapa

そういえば、肝油というのがありました。ピンク色をした、甘い不思議な風味の「栄養剤」でしたが、いまでもあるんでしょうね。nice!をありがとうございました。>ハマコウさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 18:41) 

ChinchikoPapa

『Morning Song』のジャケットもJAZZ雑誌で見かけていましたが、未聴の作品ですね。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 18:46) 

ChinchikoPapa

先週、知人がらみで京都に出かけたのですが、高瀬川の木屋町にある料理屋で、小釜いっぱいの深川飯やおでん(こちらも深川ですね)を出してくれたのには、ビックリしました。もっとも、東京舌に合う店を紹介してくれたのでしょうが、アサリが新鮮でうまかったです。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 18:56) 

ChinchikoPapa

飲み会やイベントになると、化けて性格が変わる社員ってけっこういますね。いつも安定した性格でいてくれると、安心なのですが・・・。w nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 19:02) 

ChinchikoPapa

きょうは神田川沿いに咲いた、満開のサクラを撮ってきました。部分的に、非常に暖かい斜面が目白崖線にはあるようですね。次回の記事でご紹介します。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 19:05) 

ChinchikoPapa

最近、昔のCDを整理してたら、おそらく一度しか聴いていないアルバムが出てきて、改めて聴きなおしています。nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 19:07) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 19:17) 

ChinchikoPapa

明日は待ちに待ったパフェを、千疋屋かタカノで食べてこようと思います。w
nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 19:18) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
そんな、わたしも学生時代に比べたらボケが進んでいますので、記事を書くのは脳を刺激している「治療」の側面もあったりします。ww
このところ、西武池袋線のリニューアルがつづき、昔の駅の風情がすっかりなくなってしまいました。
by ChinchikoPapa (2012-03-24 19:21) 

ばん

軟球大会の、昭和2年はまだ生まれていませんのでわかりませんが
見てみたいです。興味が有りますヨ。
by ばん (2012-03-24 21:15) 

ChinchikoPapa

「秘境」と聞きますと、すぐにも「少年少女世界のノンフィクション」の冒険物語を思い出して、腿のあたりがムズムズするほど惹かれます。nice!をありがとうございました。>月夜のうずのしゅげさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 23:41) 

ChinchikoPapa

ばんさん、コメントとnice!をありがとうございます。
当時の軟式庭球は、きっと佐伯祐三が『下落合風景』の「テニス」(1926年)で描いたような風情だったんでしょうね。試合日が7月初頭ですから、もし梅雨が抜けていなければ、きっとコートはぬかるんでいたかもしれません。
by ChinchikoPapa (2012-03-24 23:47) 

ChinchikoPapa

キャラの中では、テトラ・ノースカインドが好きですね。w
nice!をありがとうございました。>HAtAさん
by ChinchikoPapa (2012-03-24 23:50) 

ChinchikoPapa

報国寺には、北関東の足利氏歴代の墓所がやぐらの中にありますね。足利尊氏の墓は、北鎌倉に近い位置でここではありませんが・・・。室町幕府の主体が、あたかも京都のように記述され、経済的にも軍事的にも政治的にも基盤となった関東での経緯がまったく無視された「日本史」(関西史)に、ずっと違和感を覚えつづけています。nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2012-03-25 16:17) 

ChinchikoPapa

うちも毎夏、やぶ蚊に悩まされています。玄関のドアは、必ず1日に何度か開け閉めしますが、やぶ蚊は必ずその様子を察知して、スキがあれば入ろうと狙っていますね。nice!をありがとうございました。>Lobyさん
by ChinchikoPapa (2012-03-25 16:21) 

ChinchikoPapa

エルトン・ジョンのラグタイム風な、オーブンの取扱説明書には笑ってしまいますね。w 確か、清水ミチコも同じようなギャグを演っていたように記憶しますが、エルトン・ジョンから拝借したのかもしれません。nice!をありがとうございました。>マチャさん
by ChinchikoPapa (2012-03-25 16:30) 

ChinchikoPapa

ドライ・マティーニの塩漬けオリーブは大好きです。彩りも美しいですが、ジンベースとレモンとの絶妙な風味がなんともいえないですね。レモンピールは、もちろん国産で。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2012-03-25 19:22) 

Marigreen

落合氏が過去に書いた記事も徐徐に読ませてもらっています。解決困難な問題をかかえているとき、落合氏のブログを開くようになった。直接的に私を励ましてくれているわけではないのに、救いを感じるのは、落合氏の対象に対する愛情が伝わってくるからだろう。個々の記事の背後に血のかよった生身の人間の暖かさを感じる。
by Marigreen (2012-03-26 07:00) 

SILENT

大磯の安田善次郎別荘のあった裏山に、浅野セメントを使ったであろう、大きな布袋像が今もあります。大正初期に創られたと思いますが、当時の左官技術もたいしたものだと思っています。安田善次郎と浅野総一郎は同郷で、仲が良かった間柄のようですね。
by SILENT (2012-03-26 07:42) 

kako

え? ユネスコ村って、もうないんですか?
by kako (2012-03-26 15:16) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
過去の記事までわざわざご笑覧いただき、ありがとうございます。また、拙サイトをご覧いただくことで、少しでも気分転換がおできになるのでしたら幸いです。書き手冥利に尽きるお言葉だと思います。
記事を書くときに留意していますのは、いわゆる「教科書」「参考資料」的な記述で人物を語るのではなく、できるだけ同時代的な視点でその人の暮しや生活を想像しつつ、“生きた”リアリティを付与したい・・・と気をつけている点でしょうか。いちばん避けたいのが、「英雄」「芝居」調や「講談」「美談」調の表現です。
したがって、ここには目白・落合地域で暮らした高名な方々がたくさん登場しますが、「画聖」も「文豪」も「芸術の神様」も「英雄」も登場しません。でも、なぜかプロテ星からやってきた宇宙人が一度登場したことがありました。w
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2008-09-09

by ChinchikoPapa (2012-03-26 15:44) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントをありがとうございます。
浅野の事業への、安田財閥のテコ入れはすごかったようですね。採算が危うい事業まで支援しているのを見ますと、やはり同郷同士の結束を感じます。浅野側も、相当な恩義を感じていたんでしょうね。
少し前に描かれた「2007」の記事で、横須賀港の空中写真が掲載されていましたが、その昔、軍港のドッグにあった巨大なガントリークレーンを思い出しました。すごく印象的な光景で、いまでもハッキリ思い出します。
by ChinchikoPapa (2012-03-26 15:59) 

ChinchikoPapa

kakoさん、コメントをありがとうございます。
わたしも、行って確認してみたわけではないのですが、たぶん建物の耐久年数が過ぎて、現在は存在しないのではないかと・・・。
by ChinchikoPapa (2012-03-26 16:00) 

ChinchikoPapa

「津軽鉄道車窓(青森県五所川原市)」は、空に巨大なシロナガスクジラが泳いでいるように見えてしまいます。どこかで、空飛ぶクジラの幼児体験でもしているのでしょうか。w nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2012-03-26 23:41) 

ChinchikoPapa

1986年の秋から1989年ぐらいにかけ、体内被曝をできるだけ少なくするために、相対的に放射線量が高かったイタリアとフランスのワインを避け、日本のワインに目を向けていました。そのときおぼえたのが、井筒ワインでした。でも、20年後にまったく正反対の世界になるとは・・・。nice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2012-03-27 00:03) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>Webプレス社さん
by ChinchikoPapa (2012-03-27 11:05) 

ChinchikoPapa

川越の料亭、居心地がよさそうですね。w
nice!をありがとうございました。>iruma_wさん
by ChinchikoPapa (2012-03-27 11:07) 

sig

こんにちは。
村山貯水池のあたりは1960年ころにはユネスコ村があって、日本の中の外国のような気分でした。セメントの産業とともに当時から行楽地としても栄えていたのでしょうか。
by sig (2012-03-29 17:36) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
わたしも、「ユネスコ村」へ遊びに行った憶えがあります。多摩湖と、もうひとつ箱根にも同じようなコンセプトの施設があったように記憶していますので、当時、「ユネスコ村」ブームがあったんでしょうね。
多摩湖について調べましたら、旧・ユネスコ村の風車は、最近まで残っていたようです。「ユネスコ村」の発展形が、ハウステンボスやスペイン村なのかもしれませんね。
by ChinchikoPapa (2012-03-29 18:36) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>じみぃさん
by ChinchikoPapa (2012-12-11 13:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。