So-net無料ブログ作成

絵筆を使わない笠原吉太郎の制作。 [気になる下落合]

「ダリヤ」1921頃.jpg
 笠原吉太郎Click!の画面が厚塗りなのは、絵筆をほとんど使わないからだ。ペインティングナイフを主体に描いていたことが、笠原吉太郎の三女・昌代様の長女である山中典子様Click!の証言から明らかになっている。モノクロ写真からは、なかなか画面の細かなタッチまでは読みとれないが、別の姻戚の方からお送りいただいた『下落合風景(小川邸の門)』Click!を拝見し、描画の仔細なマチエールまでを初めてうかがい知ることができた。
 笠原吉太郎が仕事をする様子を、1973年(昭和48)に発行された『美術ジャーナル』復刻第6号に掲載の、外山卯三郎Click!「画家・笠原吉太郎を偲ぶ」から引用してみよう。
  
 笠原吉太郎氏の作品の根底は、自然写生であったといえるのです。大正末頃から初まる(ママ)一連の写生を見ますと、まだ画筆による描写が多くて、ユトリロ風のナイーブな自然主義的な描写が多かったのですが、ヴラマンク的な自然主義に接近するのにつれて、だんだんとペインティング・ナイフを多く使用するようになり、昭和時代に入ると、その殆んど悉くの描画がペインティング・ナイフによって、直截にまた簡明に処理されるようになってきたのです。そのために、一見すると、その作画が非常にスピードをもった一筆描きのように強く、ナイフで両断されているのであったのです。このスピードのあるナイフの一筆描きの手法によりますと、かって絵筆によって一筆一筆と、太陽光線を分解しながら、眼に見えるままを描写していた印象派の画家たちの手法は、一度にかきけされてしまう新表現になったと思われたのです。
  
 笠原吉太郎が1933年(昭和8)、約5ヶ月間にわたり「満州」へ写生旅行をしているのは、結婚をした長女・美代子様の夫が南満州鉄道株式会社の付属病院へ勤務していたためであり、嫁ぎ先の家庭を頼っての渡満だったことも判明している。
 わたしは、笠原吉太郎が満州へ制作に出かけているのは、下落合679番地にあった笠原邸の斜向かいに住んでいた、満州国総務長官の星野直樹と親しかったことに起因しているのではないかと想像していた。笠原吉太郎の美寿夫人の旧姓は「星野」であり、斜向かいの星野家は群馬県の実家を介しての姻戚関係ということになる。星野直樹はのち、1941年(昭和16)に発足する東條英機Click!内閣の書記官長をつとめることになる人物だ。だから笠原の満州作品は、当時の星野家を通じてなんらかの満州旅行ルートを想定していたのだが、実情はまったく異なっていた。
笠原邸周辺「火保図」1938.jpg
 山中様より、笠原吉太郎の興味深いエピソードも再びうかがった。笠原が皇室の女性用礼服デザインをしていたことは、以前の記事でも触れているが、大正天皇の即位式に皇后が着る礼服など、明治末から大正初期にかけて70種類以上のドレスデザインを手がけている。それが機縁となったものか、笠原は千葉県の三里塚Click!へ写生旅行に出かけている。三里塚には、もちろん天皇の「御料牧場」があったからで、戦後、その広大な敷地と用地買収および土建の利権に目をつけた政府自民党が、地元の猛反対を無視して空港建設を強行し、のちに大混乱をまねくことになるのだが、当時は牧場と農地が拡がるのどかな一帯だった。
 笠原吉太郎は、「御料牧場」の中へ入りこんで写生をしていたらしく、戦災で焼けていなければ、おそらく三里塚の牧場や牛馬を描いた作品がどこかにあるのだろう。このとき、笠原は警備要員に「この中で絵を描いてはダメだ」と、牧場内から退去させられている。ところが、笠原がのちに“カード”を提示したとたん「どこでもご自由に写生してけっこうです」ということになったらしい。おそらく、皇室に出入りして仕事をしている人物特有の、「パスポート」のようなものが当時からあったらしく、それがどのような“身分証明カード”だったのか興味を惹かれる。
 1927年(昭和2)に銀座の宮沢家具店2階で、第2回「笠原吉太郎洋画展覧会」が開かれており、1930年協会Click!のメンバーたちが図録へ序文を寄せている。長いが全文を引用してみよう。
「満州の床屋」1933.jpg 「満州風俗」1933.jpg
  
 十九世紀末印象派の絵画は視覚によって、太陽光線を分解して、原始人が想起した----眼に見えるままを描くこと----に成功した。/しかしそれは小さな成功で案外つまらなかった----絵画とはこんなものではない----と。/かくて二十世紀初頭来、心鋭なる画家は新表現を求めた。/笠原氏もその一員である。旧来の凡庸なる表現は無惨に打ち捨て、自然の霊に直接ふれんため外容は極めて極力簡潔に色彩は清鮮である。/技巧の画の時代はすぎた。今は内容の画であらねばならない。/同氏の画がそれだ。 (里見勝蔵)
 笠原氏の芸術は、氏の楽天的な、愛心のある、ユーモアに満ちた気質から生まれたものです。/苦しんでは考え、熱望しては画く(ママ)のが、われわれの中の大部分で、楽しんでは見、飄々としては画くのが残りの中の一部です。ですから前の者には、お互の尊敬と同情とをもちやすいのですが、後者の者にはそれを忘れ勝です。/ですが、楽天家の胸中の朗さ清らかさは、依然として変りないものと思われます。 (前田寛治)
 笠原氏の絵は谷間に咲いたりんどうの花である。それには清らかな美しさがあると同時に、また淋しさがひそんでいる。この淋しさは冷たいものではなく、見る人に温い愛情をもたせるものである。りんどうの花は、限りなく清い色彩を有しているが、華かな造園の香気を有していない。ここに笠原氏の絵の特色がある。/然し、この花は谷間に咲いた花である。華かなちまたに持ちだされることはないにしても、一度その美を知った人は、人知れずに、この花を谷間におとずれるだろう。ここに彼の淋しさがあると同時に、彼の性格がひそむのである。/笠原氏の絵は谷間に咲いたりんどうの花である。わたくしは限りなく、この花をめでるとともに、また彼の絵をも愛する者である。 (外山卯三郎)
  
 外山卯三郎によって、笠原吉太郎は「谷間に咲くりんどうの花」と表現されるのだが、翌1928年(昭和3)に発行された『中央美術』2月号では、里見勝蔵が「野に咲くあざみの花」にされてしまっている。この時期、大学を出たての外山卯三郎は、画家たちをみんな野花にたとえるのが好きだったようなのだが、佐伯祐三Click!前田寛治Click!がなんの花にたとえられているのか、いまだ資料を発見できないでいる。また、のちに外山卯三郎と結婚することになる野口一二三(ひふみ)Click!は、笠原吉太郎に絵画を習っていたらしく、笠原アトリエで花の写生をしていた様子が伝わっている。
「百合の花」1923頃.jpg 「ひめます」1927.jpg
三里塚牧場.jpg
 笠原吉太郎は、ペインティングナイフを使ってキャンバスに直接描いていくので、鉛管の消費量が並みではなかったらしい。しかも、国産の絵の具は使わず、すべてフランスからの高価な輸入品を使用していたそうだ。おそらく、神田小川町の文房堂で購入していたのだろう。そのため美寿夫人は、家計のやりくりがとてもたいへんだったというエピソードも教えていただいた。

◆写真上:モノクロ写真でしか観られない、1921年(大正10)ごろ描かれた笠原吉太郎『ダリヤ』。
◆写真中上:1938年(昭和13)に作成された「火保図」にみる、笠原吉太郎邸とその周辺。
◆写真中下は、1933年(昭和8)制作の笠原吉太郎『満州の床屋』。は、同年に描かれた笠原吉太郎『満州風俗』。『満州風俗』は、高良武久Click!高良とみClick!夫妻に所蔵されていた。
◆写真下上左は、1923年(大正12)ごろ制作の笠原吉太郎『百合の花』。上右は、1927年(昭和2)制作の『ひめます』。は、風景作品が現存するかもしれない大正期の三里塚「御料牧場」。


読んだ!(22)  コメント(30)  トラックバック(6) 
共通テーマ:地域

読んだ! 22

コメント 30

kako

『ダリヤ』の真ん中の花は、深い紅色に見えます。
ドレスのデザインは、写真など、残っていないのでしょうか?
by kako (2012-03-12 03:11) 

ChinchikoPapa

豪徳寺の梅は鮮やかですね。こちらでも、いっせいに開花しました。枝垂れ梅も五分咲きになっています。nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 11:15) 

ChinchikoPapa

日曜日は、わたしも久しぶりに夜明けの空を撮りました。といいましても東京ではなく、非常に冷える京都の空でしたが・・・。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 11:17) 

ChinchikoPapa

うちの裏の緩斜面に、樹齢200年のクスノキがあるのですが、どこまでも大きくなる樹ですね。移植しても枯れないで育ちつづける、非常に丈夫な樹です。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 11:22) 

ChinchikoPapa

デンマーク人のヨハネス・クヌッセンのエピソードは、関東大震災時のデンマーク大使館員たちの救助活動を想起させます。nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 11:42) 

ChinchikoPapa

カレン・カーペンターの歌声は、一気に子どものころの記憶を呼び覚ましますね。懐かしいです。nice!をありがとうございました。>マチャさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 11:46) 

ChinchikoPapa

こちらのアルバムも、以前に記事で拝見した憶えがありますが、わたしは印象が薄い作品でした。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 11:51) 

ChinchikoPapa

きのう、空から落ちてくる水滴が途中で氷粒に変わり、黒い屋根瓦といわず皮ジャンといわず弾けていました。頬に当たると痛いですね。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 11:59) 

ChinchikoPapa

うーーーん、これはぶっとびメニューですね。なんとも言いようがありません。学生時代、名古屋駅前の喫茶店でホットコーラにぶっとんだ憶えがあります。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 12:02) 

ChinchikoPapa

kakoさん、コメントをありがとうございます。
ぜひ作品を、カラー画面で観てみたいですね。いまのところ、『下落合風景(小川邸の門)』のみしかカラーで拝見できていないのですが、山中様のお宅には15点前後の作品が残されており、下落合の風景らしい作品があれば、カラー写真でお送りいただけるのではないかと思います。
1923年(大正12)以前の皇室に関する仕事の資料は、笠原吉太郎が亡くなったあとに処分されたとうかがいました。
by ChinchikoPapa (2012-03-13 12:11) 

ChinchikoPapa

わたしは日曜生まれなので、天使はミカエルということのようです。反省すること多々ありますので、「見返る」ではないかと・・・。w nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 17:45) 

ChinchikoPapa

そういえば、そろそろホワイトデーですね。クッキーではなく、銘柄指定のチョコを・・・というひともいますが。ww nice!をありがとうございました。>ねねさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2012-03-13 17:48) 

ChinchikoPapa

春休みが2か月以上あるうちのオスガキを見ていると、つくづく羨ましくなります。nice!をありがとうございました。>thisisajinさん
by ChinchikoPapa (2012-03-13 17:49) 

ChinchikoPapa

オフィスグリコは、面白いですね。オフィス明治やオフィス森永もあるのでしょうか。nice!をありがとうございました。>da-kuraさん
by ChinchikoPapa (2012-03-14 00:19) 

ChinchikoPapa

わたしも、梅干しは食卓に欠かせないですね。
nice!をありがとうございました。>えーちゃんaaaさん
by ChinchikoPapa (2012-03-14 10:15) 

ChinchikoPapa

大磯の雪景色はめずらしいですね、何度も見返してしまいます。その昔、湘南電車に乗ると保土ヶ谷のトンネルをくぐったら雪がない、あるいは藤沢市あたりから積雪がない光景を何度か目にしています。nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2012-03-14 10:18) 

Marigreen

絵画音痴の私には勉強になることばかりです。柳瀬正夢と言う画家がいることさえ知らなかったです。絵を描くこと自体は、好きです。今描いてみたいのは、聖徳太子です。また、色々教えてください。
by Marigreen (2012-03-14 15:33) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
柳瀬正夢は、村山知義とともに大正期にMAVOを推進した画家として、また昭和初期にはプロレタリア美術運動の担い手だったことでも知られています。「村山知義」あるいは「柳瀬正夢」をキーワードに、このサイトを検索されますと、落合地域でのエピソードがいろいろ見つかるかと思います。
ぜひ、参照されてみてください。w
by ChinchikoPapa (2012-03-14 16:48) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2012-03-14 20:37) 

ChinchikoPapa

確かに訪問の足跡「nice!」返しは、広大なブログ空間の“旅”ですね。
nice!をありがとうございました。>HAtAさん
by ChinchikoPapa (2012-03-14 20:39) 

DouxSoleil

地震、そちらは大丈夫でしたか?
先日は、あたたかなお言葉を掛けていただき、
ありがとうございました。

by DouxSoleil (2012-03-14 23:36) 

ChinchikoPapa

ネコって、いびきをかくんですよね。ときどき、グーグーいってます。w
nice!をありがとうございました。>DouxSoleilさん
by ChinchikoPapa (2012-03-14 23:38) 

ChinchikoPapa

DouxSoleilさん、コメントをありがとうございます。
なんだか、同時にコメントをアップしてたみたいですね。w
地震はたいして揺れませんでしたが、携帯への「警報」がけたたましくて閉口しました。いつも、美しい写真と「香り」を楽しませていただいてます。
by ChinchikoPapa (2012-03-14 23:40) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2012-03-15 18:23) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、こちらにもnice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2012-03-15 18:24) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>ゆきママさん
by ChinchikoPapa (2012-03-17 11:34) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2012-03-17 16:34) 

Marigreen

柳瀬正夢の記事も見ました。解りやすく書いて下さっているので、この画家の気性まで目に浮かぶようです。
ところで、落合氏が「Papa」と呼ばれているのは、落合氏のパターナリズムの一環ですか?
by Marigreen (2012-03-17 16:52) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
いえ、「Papa」という呼称はパターナリズムとはまったく別のところに起因してまして、最近では下記の記事にその経緯をちょいと書いています。
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2011-11-25

むしろ、出身地や故郷の街の環境からか、わたしはパターナリズムとはいちばん遠いところにいる「Papa」だと思うのです。^^;
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2006-03-03

by ChinchikoPapa (2012-03-17 17:17) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2012-03-19 13:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

トラックバックの受付は締め切りました