So-net無料ブログ作成
検索選択

柳瀬正夢と『Kの像』の小林勇。 [気になるエトセトラ]

松下春雄アトリエ跡.JPG
 落合町葛ヶ谷306番地(のち西落合1丁目306番地)にあった、死去したばかりの松下春雄Click!のアトリエを借りて、油彩画『Kの像』を描いた柳瀬正夢Click!の名前は、上落合のマヴォClick!やプロレタリア芸術運動などの記事がらみで、こちらでも何度か登場している。きょうは、柳瀬正夢が描いた「K」こと、編集者で出版人、またのちには画家でもある小林勇の側からの証言を聞いてみよう。柳瀬のことを、「ねじ釘の画家」と名づけたのは小林勇だ。
 小林勇と柳瀬正夢が知り合ったのは1928年(昭和3)ごろ、ちょうど小林が岩波書店を退社して自分で出版社を起ち上げ、科学雑誌を発行しようとしていたころだ。(のちに復職して戦後は社長・会長) 小林は26歳、柳瀬は29歳のときで装丁の依頼から付き合いがはじまっている。柳瀬は仕事が遅く、いつも締め切りに間に合わないため、小林はわざわざ高円寺の柳瀬宅に泊まりこんでは、装丁や挿画制作の催促していたことから、やがて家族ぐるみで親しくなったようだ。
 1932年(昭和7)の暮れ、柳瀬が治安維持法違反で特高Click!に捕まり、世田谷警察署へ引っ張られたときに支援したのが、小林勇と家族たちだった。柳瀬と同じ運動仲間は、支援をしようにも逮捕されるので面会や差し入れには行けなかった。その間、残された柳瀬の家族は、小林の住む東中野の近くへ引っ越してきている。翌1933年(昭和8)8月に、柳瀬が市ヶ谷刑務所を仮出所するときも、小林夫妻は迎えに行っている。この日の午後、柳瀬の小夜子夫人は帝大病院で結核のために死去している。出所した柳瀬に再会してから、わずか2時間後のことだった。このあと、再び市ヶ谷刑務所に収監された柳瀬は、同年の暮れにようやく保釈されている。このとき、久しぶりにふたりの子供と義母とで住み、1934年(昭和9)の正月を迎えられたのが、下落合にあった借家だった。のち、柳瀬は懲役3年執行猶予5年の判決を言いわたされている。
柳瀬正夢が収監中、残された家族のために小林勇が世話をした「東中野の近く」の家、および柳瀬が保釈された直後にすごした「下落合にあった借家」は、ともに上落合2丁目602番地の家だったことが、記事をお読みの方からのご教示で判明した。(コメント欄ではナカムラさん) やはり、小林勇は最寄駅名で住所を記載するクセがあるようだ。また、井出孫六の著作で「上落合2-6-2」とある柳瀬の自宅も、「上落合2-602」の誤記である可能性がきわめて高いことも判明している。
 翌1934
年(昭和9)になると、柳瀬は仕事場として使えるアトリエを探しはじめた。葛ヶ谷(西落合)306番地の松下春雄アトリエが空いているのを知ったのは、画家仲間の内田巌や大河内信敬を通じてのようだ。柳瀬一家は、死去した松下春雄の家族が住む家の、道路をはさんだ向かいの家(葛ヶ谷303番地)へ引っ越し、松下宅のアトリエを借りて制作を再開している。
 松下家では、前年の暮れに松下春雄が急性白血病のために急逝すると、少しでも生活費の足しになるようにと、アトリエの賃貸を思いついたのだろう。主がいなくなったアトリエは、ほどなく柳瀬正夢が使用することになった。したがって、松下春雄の淑子夫人や子供たちと、アトリエを借りた柳瀬とはおそらく顔なじみになったと想定できるが、松下春雄自身は柳瀬との交流はまったくなかったと思われる。このあたりの事情を、1983年(昭和58)に出版された小林勇『小林勇文集・第八巻』(筑摩書房)所収の「ねじ釘の画家」から引用してみよう。ちなみに、小林は落合町葛ヶ谷(のち西落合)の住所を、一貫して近くの駅名である武蔵野鉄道の「東長崎」として記述している。
その後、松下春雄の自宅+アトリエは柳瀬正夢の借家と同一の建物Click!だったことが判明した。西落合1丁目306番地は、1935年(昭和10)に西落合1丁目303番地へと地番変更されている。
柳瀬正夢「門司」1920.jpg 柳瀬正夢「烏帽子」1940.jpg
  
 この東長崎のアトリエに移ったのは、いつのことか明確におぼえていないが、春も早いころであったと考えられる。柳瀬はアトリエができたのに、なかなか仕事にかからなかった。六月の某日、私は柳瀬のアトリエにいて、「俺の肖像を描いてくれ」といった。柳瀬は嬉しそうな顔をして、「今すぐはじめよう」といった。私はまた、このつぎにはじめようなどといったのでは駄目になると考えていたので、柳瀬の言葉は意外であったし、また嬉しかった。あとできくと、柳瀬は私がモデルになることをいやになると困ると思って、すぐやろうといったのだそうである。
  
 さて、1933年(昭和8)の出所直後から翌年の初めぐらいまで、柳瀬正夢一家がほんの数ヶ月間住んでいた下落合の家というのが、いったいどこだったのかが不明だ。「柳瀬は母のない子供二人と、義母と一緒に下落合の小さな家で、一九三四年、昭和九年の正月を迎えることができた」と小林は書いているが、詳しい番地までは記録されていない。
 ひょっとすると、小林は自身が下車して歩いたと思われる駅名で、当時の住所を記載する傾向があるようだから、この「下落合」も最寄り駅の可能性がある。つまり、西へ移動済みClick!の下落合駅が柳瀬宅にいちばん近い駅であり、実際の住所は上落合だった可能性もありそうだ。柳瀬は一時期、上落合602番地に住んでおり、家族にも当然なじみのある街だったにちがいない。そう考えると、柳瀬が拘置されている間、家族が引っ越してきた「東中野の近く」という小林の表現もひっかかる。これも、早稲田通りに近い上落合の南側の可能性がありそうだ。
柳瀬正夢「Kの像」1934.jpg 小林勇「自画像」1961ごろ.jpg
「Kの像」画布裏.jpg 柳瀬正夢旧居跡.JPG
 さて、『Kの像』が描かれる現場の様子を、小林の「ねじ釘の画家」からつづけて引用してみよう。
  
 ともかく私は柳瀬のアトリエにあった有島生馬氏の翻訳した「回想のセザンヌ」を読んでいるポーズをとった。上着をぬいで、ワイシャツ姿の私の肖像画は、たしか一週間くらい毎日通って完成した。その絵の裏に柳瀬は「NO1」と赤い絵具で書き、「Kの像-1934年6月」ローマ字で「Mascme.Y.」と書いた。ところが、しばらくたってこの絵を私に渡そうとして、柳瀬は油をひいた。すると、肖像の絵はみるみる薄くなっていった。消えてはしまわないが、その力強い絵は、ぼやけてしまった。塗る油を間違えたということである。柳瀬も私も不機嫌になり、柳瀬はその絵を向こうにむけて壁にたてかけ、私は手ぶらで家へ帰った。
  
 アトリエにあった『回想のセザンヌ』は、柳瀬の所持品ではなく、アトリエにそのままになっていた松下春雄の蔵書だった可能性が高そうだ。画布の裏に「NO1」と書きこんだのは、これから油彩画をどんどん描いてゆくという、柳瀬自身の決意の表れだったのかもしれない。でも、絵具が乾いたあと、わざわざ小林を呼びニスを塗る段になって、別の油を塗ってしまい作品を台無しにしている。柳瀬はその後、写生旅行に出ることが多くなり、アトリエで描くことが少なくなっていった。1943年(昭和18)には、ついに念願だった自分のアトリエを持っているが、あまり使わなかったらしい。小林勇は戦後になって、柳瀬の遺族からようやく『Kの像』をもらい受けている。
 1945年(昭和20)5月25日、諏訪に疎開している娘の勤め先(中央気象台)と住居を見舞うために、新宿駅を22時発の中央本線に乗るはずだった柳瀬正夢は、第2次山手空襲Click!に巻き込まれて行方不明になった。家族たちは、翌26日から各方面へ連絡を入れて探しはじめ、27日から28日の丸2日間は、空襲の負傷者が収容されている新宿周辺の病院や医療施設を片っ端から訪ね歩いている。29日には淀橋区役所を訪ね、収容されている遺体を探したが見つからず、同日の午後に淀橋警察署を訪ねて、ようやく柳瀬の遺体を発見した。新宿の地下道から出たところを、炸裂した焼夷弾の破片が腹部肝臓のあたりを直撃し、即死に近かっただろうと推定されている。
西落合1929.jpg 西落合1938.jpg
西落合306・303番地.JPG 西落合昭和初期建築.JPG
 柳瀬正夢が「ねじ釘の画家」と呼ばれるようになったのは、絵を描くとサインの代わりにねじ釘の頭のマークを画面の隅に入れたからだ。なぜねじ釘マークなのか、小林は柳瀬に訊ねている。「多くのものにねじ釘のマークを使った。それはねじ釘の頭であると柳瀬は説明した。自分はこの世で、一本のねじ釘の役割を果たしたいという考えからこのマークを使うのだといった」。ねじ釘のマークは、いい加減に描かれたものではなく、贋作や模倣を防ぐためにねじのサイズや、頭に彫られた“谷”の幅や角度が、かなり厳密に決められていたらしい。

◆写真上:落合町葛ヶ谷306番地(西落合1丁目306番地)の、松下春雄(柳瀬正夢)アトリエ界隈。
◆写真中上:ともに柳瀬正夢作品で、が『門司』(1920年)でが『烏帽子』(1940年)。
◆写真中下上左は、1934年(昭和9)制作の柳瀬正夢『Kの像(小林勇像)』。上右は、1961年(昭和36)ごろに制作された小林勇『自画像』。下左は、『Kの像』の画布裏面。下右は、柳瀬正夢の自宅があったと思われる落合町葛ヶ谷303番地(西落合1丁目303番地)の現状。道路1本隔て、西落合1丁目306番地と303番地は対向しており、現在は東側の本田宗一郎邸に隣接する。
◆写真下上左は、1929年(昭和4)の「落合町市街図」にみる西落合303番地と306番地。は、1938年(昭和13)の「火保図」にみる同所で、すでに306番地が305番地へと変更されている。下左は、拡幅された道を挟んで左手が306番地で右手が303番地。下右は、西落合は空襲の被害がなかったためあちこちに昭和10年前後に建てられた住宅が残っている。
西落合303「火保図」1938.jpg西落合303番地.jpg


読んだ!(26)  コメント(31)  トラックバック(7) 
共通テーマ:地域

読んだ! 26

コメント 31

dendenmushi

@はしっこのほうに反応しますが、小林勇の『惜櫟荘主人』(岩波茂雄のことを女婿であり幹部でもある己の立場を含めて書いていた)を、若い頃に買って読んでいたことを、思い出しました。
by dendenmushi (2011-07-10 05:57) 

ナカムラ

私の記憶では602番地はご家族のみが住まれていたものと思いました。記事にありましたように柳瀬は刑務所でしたから。602番地は『新興藝術研究』の板垣鷹穂・直子夫妻の家の隣です。
by ナカムラ (2011-07-10 12:29) 

hanamura

最後のねじ釘の話…

物語が広がります。

by hanamura (2011-07-10 15:16) 

ChinchikoPapa

dendenmushiさん、コメントとnice!をありがとうございます。
小林勇の全集は初めて読んだのですが、さまざまな芸術家との交流がていねいに記録されていて面白いですね。そういえば、「惜櫟荘」を佐伯泰英が購入して保存するというような記事を、つい先だて新聞で読みました。
by ChinchikoPapa (2011-07-11 13:36) 

ChinchikoPapa

書かれているテストは、健康度40%でした。生活改善しないとまずいですね。nice!をありがとうございました。>綾小路曽根斗麿さん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 13:39) 

ChinchikoPapa

わたしも「海が見たい!」と思い立つと、東京湾ではどうしても飽きたらず外洋へ行きたくなります。育ちのせいでしょうか、つい相模の海をめざしますね。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 13:43) 

ChinchikoPapa

アイラーは、その悲惨な最期から悲劇的に語られることが多いですけれど、このアルバムにはちょっと苦しげな楽しさを感じます。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 13:47) 

ChinchikoPapa

ナカムラさん、コメントとnice!をありがとうございます。
そして、ご教示ありがとうございます。おっしゃるとおり、どうやら上落合2丁目602番地の借家が、小林勇の紹介した家だったようで、その後、柳瀬正夢が保釈されたあと、西落合へ移る前に1933年暮れから翌正月にかけて短い期間を過ごしたのも、この借家だったようです。小林勇は案のじょう、その家のことを「東中野の近く」あるいは「下落合の家」と近くの駅名で表現していて、かんじんの上落合という地名がただの一度も出てきてません。w 西落合の「東長崎」と同様ですね。
しかも、小林勇は「東中野に住んでいた」と書いてますが、これも最寄駅で表現した住所の可能性があり、柳瀬家の近くと書いてありますので、同様に上落合に住んでいたのではないかと想定できます。
さらに、井出孫六の記述によれば出所後「上落合2-6-2」に住んでいたという情報もある方よりいただいてましたので、きっと現在の住所(1966年~)に置き換えた記述だと思い、小林が書く「下落合の家」は旧住所でいうと下落合駅も近い上落合2丁目433番地なのか?・・・とも想定していたのですが、こちらは井出孫六が「上落合2-602」を「2-6-2」と誤記したらしいこともわかり(爆!)、この間、住所確認のやり取りで少々バタバタしていました。w
小林勇が、柳瀬正夢の展覧会図録や年譜は「誤りだらけ」と、あえて自著に書いていますので、いちばん身近にいた人物の証言だけに、書簡の宛名レベルまで「ウラ取り」しないと安心できないのは、なんとも困ったことだと思います。でも、小林勇の「最寄駅住所」も混乱の元なんですよね。
by ChinchikoPapa (2011-07-11 14:24) 

ChinchikoPapa

昔のディズニー作品と90年代以降の作品とで、ヒロインの性格や姿勢の変化比較はとても興味深いです。登場するヒーロー(男)の側も、きっとかなり変化しているんでしょうね。マッチョに描かれたヒーロー像が、パートナーであるヒロインの変化とともに、どのように変化していくのかも、ちょっと面白そうなテーマです。w nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 14:39) 

ChinchikoPapa

常盤台写真館には、レトロな写真撮影サービスというのがあって、昔のカメラで記念写真を撮ってくれるんですよね。ちょっと惹かれました。w nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 14:42) 

ChinchikoPapa

夏野菜が、ことさら美味い時期ですね。きのうは、ナスをたくさん使った炒め物を作りました。ナスのしぎ焼きもいいですね。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 14:58) 

ChinchikoPapa

Sufi Musicのモード(旋律)は、独特で面白いですね。ペルシャモードとでも表現するのでしょうか。あまり西アジアへ寄りすぎず、かといって東アジアっぽくもなく、書かれているように拡がる草原や砂漠のイメージが強い、中央アジア的な匂いがします。nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:10) 

ChinchikoPapa

マカオのカードデザインが、日本のデザイン感覚とかなり違って面白いですね。nice!をありがとうございました。>こさぴーさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:18) 

ChinchikoPapa

hanamuraさん、コメントとnice!をありがとうございます。
わたしも、「ねじ釘の画家」からどんどんイメージが広がります。ただ、上記のコメントにも書きましたけれど、柳瀬正夢の場合、プロレタリア美術史上から「理想的」かつ「思想的」に位置づけられた姿と、身近にいて親しく接していた人たちとの間で、少なからず事実に関する齟齬が生じているようで、小林勇もその点を多く指摘していますね。
史的事実の“ウラ取り”や証言取材をしないまま、事実を(思想的なご都合主義に)曲げてまで、「英雄」にまつり上げる史観には、わたしも左右両翼に関係なく欺瞞性を感じますので、ちょっと資料類には要注意な画家のひとりだと判断しています。
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:29) 

ChinchikoPapa

今年は、アジサイの印象が薄い梅雨でした。咲く前に、梅雨明けを迎えてしまった枝もたくさんありますね。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:34) 

ChinchikoPapa

自治体が絡んだ「プレミアム商品券」、いいですね。わたしのいる新宿区では、発行の予定はないとのことですが・・・。nice!をありがとうございました。>da-kuraさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:38) 

ChinchikoPapa

はい、わたしも太陽を見るとクシャミが出ます。太陽でなく、たとえばスタジオの強いライトなどにも出ることがありますね。w nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:40) 

ChinchikoPapa

マニカランといいますと、水晶が有名でしょうか。ときどき、この名称を目にします。nice!をありがとうございました。>o_shinさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:44) 

ChinchikoPapa

「キキ」のようなモデルは、大正期から日本にもいたようなのですが、案外記録が残ってないんですよね。東京美術学校の近くにあったらしい、モデル事務所の記録なども出てくると面白いのですが・・・。nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 15:48) 

ChinchikoPapa

靴ひもが切れると不吉だというのは、この歳になるまで知りませんでした。下駄や草履の鼻緒では言われていましたが・・・。nice!をありがとうございました。>kawasemiさん
by ChinchikoPapa (2011-07-11 18:45) 

ChinchikoPapa

グニャっと溶けたような、S字型哺乳瓶が面白いですね。大量の空気を飲んで、ゲップに苦しむ赤ちゃんが減りそうです。nice!をありがとうございました。>ポルンさん
by ChinchikoPapa (2011-07-12 13:04) 

ChinchikoPapa

熟さないのに落ちる実を、「ジューンドロップ」というのですね。初めて知りました。nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2011-07-12 20:47) 

ChinchikoPapa

どこかで聞いた憶えがある曲ですね、CMでしょうか。
nice!をありがとうございました。>マチャさん
by ChinchikoPapa (2011-07-12 22:56) 

ChinchikoPapa

暑い1日、風通しのいい茶室で抹茶を一服もいいですね。
nice!をありがとうございました。>りぼんさん
by ChinchikoPapa (2011-07-12 22:58) 

ChinchikoPapa

土用の丑の日によく合うお奨めワイン、楽しみにしています。
nice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2011-07-13 09:49) 

ChinchikoPapa

水俣病は「風土病だ」とか、ナチスの強制収容所に「ガス室はなかった」とか書きつづけてきた、いまだ潰れもせずにいるおかしな雑誌社がありますが、そのうち福島で増えるであろう放射線障害や疾患も「風土病だ」などと書きはじめるのではないかと心配しています。nice!をありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2011-07-13 10:03) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2011-07-14 00:22) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>cjlewisさん
by ChinchikoPapa (2011-07-14 17:44) 

ChinchikoPapa

沢村貞子の本は、わたしも大好きです。彼女は浅草ですが、日本橋には昔からほんとうに美しい粋な女性は「スズメ」色を着こなす・・・という美意識があります。(同じ東京でも、山手にはまったくこのような美意識はありません) 「スズメ」の体色、すなわち黒、灰、薄茶、焦茶・・・などのしぶい色彩を、美しく、むしろ“目立つ”ように着こなせるのが、「粋の行きつくところ」という考え方ですね。野暮ほど派手な色合いを着たがるのは、昔も今も変わらないなぁ・・・と思います。nice!をありがとうございました。>深野一朗さん
by ChinchikoPapa (2011-12-25 21:25) 

ChinchikoPapa

深野一朗さん 、書き忘れてしまいました。
わざわざ記事へのリンクを、ありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2011-12-25 21:31) 

ChinchikoPapa

甲斐様、本日はありがとうございました。たいへん楽しかったです。
記事末に、1938年(昭和13)現在の「火保図」と、1947年(昭和22)の米軍による空中写真を掲載いたしました。ご参照ください。
いただいた写真を見ますと、道路に面して屋根筋が並行になっており、写真の右隅には屋根の切妻とフィニアルのようなものが見えています。建物自体は、道路から少し奥まったところに建っており、門は家屋に向かって敷地の右端に設置されているのがわかります。
柳瀬が住んでいた当時、1938年(昭和13)現在の「火保図」を参照しますと、それに該当する家は西落合303番地には1軒しか見当たりません。また、この地域は空襲を受けていませんので、1947年(昭和22)現在の空中写真を見ますと、屋根の形状や道路に対しての向き、道路から少し引っ込んだ家屋の位置、そして門の設置場所をすべて考慮しますと、303番地に南接する三間道路(東西道)の右(東)から2件目の家、中原邸の西隣りの建物が該当しそうです。


by ChinchikoPapa (2012-01-29 23:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。