So-net無料ブログ作成

国際聖母病院の創立物語。 [気になる下落合]

国際聖母病院1950頃.JPG
 国際聖母病院Click!の建設計画は、あるひとりの女性の死によって始動している。フランスへ滞在していた医学博士・戸塚文郷(のち聖母病院の初代院長)が、フランシスコ会の会員だったローズという女性の死に際し、「マリアの宣教者フランシスコ修道会」Click!の医療事業に役立ててほしいという、遺言と遺産を託されたのだ。
 戸塚博士は当時、カトリックの司祭になるために渡仏していた。彼は帰国後、目白坂を上ったところにある関口教会(東京カテドラル聖マリア大聖堂)の東京大司教・アレキシス・シャンボンに相談し、東京へ病院を建ててほしいと要請している。もちろん、女性の遺産だけではとても建設費をまかなえなかったので、日比谷で音楽会を開いて資金集めをしたり、東京で寄付を募ったりしていたのだが、しばらくしてフランシスコ修道会からの本格的な援助が受けられるようになり、事業計画は少しずつ具体化していった。パリに置かれていた外国宣教師会の支持も得られ、教会側からの全面援助の約束がなされたのは、1927年(昭和2)になってからのことだ。
 さっそく、フランシスコ修道会から日本管区長だったマリー・ジャン・クリゾストムという女性が派遣され、東京で病院を建設するための土地探しをはじめている。おそらく、当時は関東大震災Click!の記憶がいまだ生々しかったのだろう、彼女は東京市街地(<城>下町Click!)ではなく、郊外の河岸段丘として形成された地盤である、下落合の青柳ヶ原Click!へ白羽の矢を立てた。土地の購入契約が成立したのは、1928年(昭和3)6月のことだ。病院の敷地は用意できたものの、建設資金が足りないのは相変わらずで、引きつづきさまざまな募金活動を行なっている。さらに、建設費に加え病院の調度・備品などまで手がまわらず、ベッドや布団、シーツなどは同修道会のシスターたちが手作りしている。そして、1930年(昭和5)にようやく病院建設の定礎式を迎えた。
 この年、青柳ヶ原に病院建設がはじまると、下落合には「伝染病隔離病棟」建設のウワサが流れ、激しい反対運動が起きている。運動は、西武鉄道を巻きこんだ大がかりなものだったらしく、修道会側は何度も説明会を開くことになった。西武鉄道が反対したのは、東京郊外の観光散策コースや遊興地の開発Click!、あるいは各駅前に拡がる近郊住宅街の造成Click!を行なっていたからで、西武電車沿線のイメージダウンを怖れたためだろう。ほどなく、計画されている病院が規模の大きな総合病院であることが明らかとなり、逆に地元では全面協力の姿勢に転換している。
国際聖母病院.JPG 関口教会(東京カテドラル聖マリア大聖堂).jpg
 病院の建設がスタートし、備品も少しずつ整ってはきたが、高額な医療機器を導入するまでの資金を集めることはできなかった。そのとき、困っていた修道会へ協力を申し出たのがフランス政府だった。フランス政府は、聖母病院へ導入が予定されている医療機器に見合う金額を同修道会へ寄付し、X線診断装置や各種の消毒機器類を調達できるようにしている。
 これらの機器は、1931年(昭和6)の秋に日本へ向けて船便で送られた。国際聖母病院が開業するのは、同年の12月21日だけれど、フランス政府から贈られたこれらの機器が、開業にはギリギリ間に合うかどうかのきわどいタイミングだった。
 フランスから送られてくる医療機器類について、国際聖母病院に関する荷物一式は税関で課税せず、そのままスムーズに通関させるように要請した、外務省の永井松三次官から大蔵省の河田烈次官にあてた文書、1931年(昭和6)12月4日付けの「仏国政府ヨリ在東京聖母病院ニ寄贈シタル医療機械ノ無税通関ニ関スル件」が、国立公文書館に保存されている。
  
 十一月十六日付拙信人普通第七七〇号ニ関シ 在京仏国大使伯爵ド・マルテル氏ヨリ「フランシスコ」派伝導会ノ経営ニ依ル聖母病院ノ組織及目的ニ付キ大要左記ノ通リ追報シ来リ、今時ニ該病院ノ輸入セントスル医療機械二十一箱中ニハ別紙貨物送状写ノ通リ放射線写真機械一式ノ外 消毒機械一式ヲ之含ミ居ル処、消毒機械一式ノ関税通関方ニ付テハ前回依頼洩レナル趣ヲ以テ 前記両機械ノ無税通関方ニ付重ネテ依頼有シタルニ付テハ右御詮議ノ上結果何分之儀御回示○煩度○段御依頼中進之 尚輸入医療機械ハ放射線写真機械及消毒機械ノニ機械ナリ、而シテ貨物送状ノ各品名ハ其ノニ機械ヲ構成スル部分品ニシテ添付邦文簡訳ハ右両機械ノ主要部分品ナリ、二十一箱中十七箱ニハ放射線写真機械ヲ納メ、他ノ四箱ニハ消毒機械ヲ納メタルモノナリ、右為念申添リ、 (句読点ママ)
  
 この書類には、荷札から写された21箱の中身リストや、国際聖母病院の設立に関する3ページにおよぶレジュメが添付されている。この12月4日要請書は、11月17日に送達した同書類につづくものだが、これだけ外務省がスムーズにことが運ぶよう「為念申添」える配慮をみせているのに、大蔵省の反応は鈍かったようだ。これらの医療機器類は11月末、ないしは12月の初頭に横浜港へ荷揚げされ、横浜税関にはすでにとどいているはずなのだが、12月11日の段階でようやく大蔵省から外務省あてに回答があり、「無税通関」の手続きが行なわれようとしている。
外務省19311117.jpg 外務省19311204.jpg
荷札写し01.jpg 荷札写し02.jpg
 大蔵省の事務処理が遅いのは、ひょっとするとこの時期の政変(若槻礼次郎内閣の総辞職→犬養毅内閣の誕生)によって、大蔵省内に人事をめぐるゴタつきでもあったのだろうか? 翌年早々に、同省の河田烈次官のクビが黒田英雄次官へとすげかえられている。
 その間、外務省ではフランス大使館のマルテル伯爵から、「荷はとっくのとうに横浜へ届いてるてえのにさ、おたくら、どうなってんの?」(マルテル伯が東京弁を話したかどうかは不明)とせっつかれていたのだろう、聖母病院が開業間近なことも踏まえ、永井次官から大蔵省の河田次官あてに再度の要請を行なったのが、上記12月4日の書類だと思われる。12月11日になって、大蔵省はようやく回答書「蔵税二七五三号」を外務省へ送付している。
  
 客月十六日付人普通第七七〇号及本月四日付人普通第八一三号ヲ以テ 仏国政府ヨリ在東京聖母病院ニ寄贈シタル医療機械ノ無税通関ニ関シ御依頼越ノ趣了承 右ハ別紙写ノ通 横浜税関長宛及通牒置候条 御了知相成度右及回答候也
  
 回答書の書面では、わずか4行足らずのカンタンな事務手続きを行なうために、外務省が最初に要請した1936年(昭和6)11月17日(起稿16日)から、大蔵省が正式に「無税通関」を了承する12月11日まで1ヶ月近くもかかっている。おそらく、荷が横浜へ着く11月下旬あたりから、外務省ではフランス大使よりさんざん催促を受けていたのだろう、12月11日に大蔵省の正式回答を入手するや、変わったばかりの犬養毅外相(首相兼任/12月13日~)名で、フランス大使マルテル伯爵あてに通知書をこしらえ、さっそく12月16日に送付している。
 フランス政府から寄贈された医療機器が横浜税関をそのまま通過し、ようやく下落合の国際聖母病院へと搬入されたのは、12月21日の開業日ギリギリだったのではないかと思われる。あるいは、今日伝わっている1931年(昭和6)12月21日という創立記念日は、実はフィンデル本館が竣工したあと当初に設定された開業予定スケジュールではなく、フランス政府から寄贈されたX線診断装置や消毒機器が横浜税関で「無税通関」するのをジリジリしながら待ち、ようやく下落合にとどいて病院内へ設置された「機器導入記念日」なのかもしれない。
大蔵省19311211.jpg 外務省19311216.jpg
 その後、外務省から大蔵省へ事務処理のスピード向上を申し入れたものか、国際聖母病院に関してフランスから寄贈される医療機器や医療用品、支援物資などは、外務省から大蔵省へ「無税通関」の要請書を送ってから、わずか1日で決裁され回答書が寄せられるようになっている。

◆写真上:敗戦から間もない、1950年(昭和25)ごろに撮影された国際聖母病院。
◆写真中上:現在の聖母病院()と目白坂上の関口教会(東京カテドラル聖マリア大聖堂/)。
◆写真中下は、1931年(昭和6)11月17日に大蔵省の永井次官から大蔵省の河田次官あてに送られた要請書。は、同年12月4日に外務省から念押しで大蔵省に重ねて送られた要請書。は、フランスから横浜港に到着した21箱の荷に付けられた荷札の写し。
◆写真下は、1931年(昭和6)12月11日に河田大蔵次官から永井外務次官あてに送られた回答書。は、犬養首相兼外相からフランス大使あてに送られた「無税通関」決定の通知書。


読んだ!(20)  コメント(26)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

読んだ! 20

コメント 26

ChinchikoPapa

方言看板、おもしろいですね。大阪弁の商人言葉だと、「あいてま」「あいてへん」になるでしょうか。東京弁の下町言葉だと、「やってら」「やっちゃいねー」になるのかな。w nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 01:07) 

sonic

聖母病院の前はよく通ります。
とても勉強になりました。ありがとうございます。
by sonic (2011-07-04 08:49) 

kiyo

ちょっと話はローカルにずれますが、
この地域の健康診断と、保険関係の取り扱いは、
聖母病院の筋向いにある落合保健センターでしたね。

各種手続きが、新宿区役所や、落合出張所で済む中で、保険・医療・医療補助関係だけ、落合保健センターだった覚えがあります。

by kiyo (2011-07-04 09:47) 

ChinchikoPapa

市街地を中心に歩きまわることの多いわたしは、国土地理院のDBはあまり利用しないですね。ただ、地元を離れた地域の地形確認などを行うときには、ときどきのぞいてみます。nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 11:57) 

ChinchikoPapa

看板に駅長さんが書いてますように、「地名と駅名は切り離せない」はずなんですが、東京にある駅はずいぶん地名と切り離されたところが多いですね。nice!をありがとうございました。>hanamuraさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 12:04) 

ChinchikoPapa

わたしの母方の祖父は、日本画家兼書家だったのですが、わたしはどうして字が絶望的にヘタなんでしょう。w nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 12:16) 

ChinchikoPapa

学校の勉強が、特に小中学校時代は大キライでしたね。なんで、こんなつまらないことを延々と憶えなければならないのかと、勉強も宿題もサボリつづけてました。nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 12:23) 

ChinchikoPapa

そういえば最近、電車で寝ていません。中距離電車へ乗っても、睡眠が足りているとは思えないのに居眠りしないのは、寝ては風景を見損なってもったいない・・・と感じるからでしょうか。nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 12:29) 

ChinchikoPapa

sonicさん、コメントをありがとうございます。
わたしも資料を追いかけていると、まったく知らなかった意外な事実にぶつかることがあって勉強になりますね。フランス政府からは一度や二度でなく、このあとも支援の機材や医療品などが次々と寄付されてきますので、よほどフランス政府は聖母病院の運営に思い入れがあったものでしょうか。
by ChinchikoPapa (2011-07-04 12:36) 

ChinchikoPapa

kiyoさん、コメントとnice!をありがとうございます。
おっしゃるとおり、聖母病院の斜向かいにある落合第一地域センターの2階が、落合保健センターになってます。
各地にできた地域センターには、いままでバラバラだった窓口機能や、区役所まで行く必要があった申請機能などが統合・集約されているようですが、保健の申請・手続き窓口だけはすべての地域センターにあるわけではなく、昔ながらの保健センターによるエリア区分を踏襲して、区内数か所に設置されているだけみたいですね。
by ChinchikoPapa (2011-07-04 12:49) 

ChinchikoPapa

アルバムジャケットに釣られて買ったクチです。中身も飽きずにけっこう楽しめましたが、どちらかといえば「森」が好きです。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 13:01) 

ChinchikoPapa

米国のマーク・ソネンフェルドさんの作品は、両作ともいいですね。
nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 13:06) 

ChinchikoPapa

子育て期でもありましたので、『リトル・マーメイド』と『美女と野獣』の2プリンセスアニメは、うちにもビデオとDVDでありました。nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 13:16) 

ChinchikoPapa

祭りというのは、その最中よりも準備期間が楽しかったりしますね。
nice!をありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2011-07-04 19:40) 

ChinchikoPapa

ダキテーヌは、相当魅力的な女性だったようですね。「妃」ではなく、自身が王位に就いてしまったほうがふさわしいような雰囲気を感じます。nice!をありがとうございました。>nikiさん
by ChinchikoPapa (2011-07-05 15:06) 

ChinchikoPapa

春以降、なんだか仕事が忙しくて、ゆっくり記事を書けなくなってしまいました。お身体に気をつけて。nice!をありがとうございました。>cjlewisさん
by ChinchikoPapa (2011-07-05 15:13) 

ChinchikoPapa

ワールドカップのイングランド戦、楽しみですね。
nice!をありがとうございました。>da-kuraさん
by ChinchikoPapa (2011-07-05 23:49) 

ChinchikoPapa

エルトン・ジョンのレコードを初めて買ったのは、「クロコダイル・ロック」だったでしょうか。nice!をありがとうございました。>マチャさん
by ChinchikoPapa (2011-07-05 23:56) 

ChinchikoPapa

ときどきグラスではなく、微かに金属臭のする冷たい容器でビールを飲むと、美味しく感じることがありますね。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2011-07-06 00:08) 

fumiko

7月5日に聖路加病院で手術をした女性がおります。
奇しくもChinchikoPapaさんのブログで建設由来を学ぶことに。
今はすべてがうまく行くように願うばかり・・・
by fumiko (2011-07-06 13:01) 

ChinchikoPapa

湘南海岸一帯には、1970年代後半から「念錠」が流行ってますね。わたしがもっとも早く見たのは、大磯でした。nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2011-07-06 15:11) 

ChinchikoPapa

fumikoさん、コメントとnice!をありがとうございます。
お知り合いが入院されたのは、築地の聖路加病院(聖ルカ)のほうでしょうか。下落合のほうは聖母病院(聖母マリア)で、よく間違われることがあります。早くよくなって、退院されるといいですね。
そういえば、聖路加病院についても、以前記事にしてました。
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2004-12-13
by ChinchikoPapa (2011-07-06 15:16) 

ChinchikoPapa

JAZZ本は、わたしも腐るほど読みましたけれど、東北の「ベイシー」にはがっかりしました。リクエストをお願いしたら、「東京からお客がみえてるのでダメ」と言われ、オレも東京からの客なんだけどな、何を素っとぼけたこと言ってやがる・・・と腹を立てた憶えがあります。客へのデリカシーのないマスターのいるJAZZ喫茶は、願い下げですね。nice!をありがとうございました。>masakingさん
by ChinchikoPapa (2011-07-06 16:56) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2011-07-07 23:51) 

Nylaicanai

ベッドの頭側の壁に十字架が掲げられていたり、オビ・ワン=ケノービのような格好の神父さんが闊歩されていたりと、言葉は不適切かもしれませんが、興味深い病院だと感じていました。
開業時に、こういう裏話があったとは。
次回は開業後の逸話をお願いします。

by Nylaicanai (2011-07-08 15:42) 

ChinchikoPapa

Nylaicanaiさん、コメントをありがとうございます。
戦時中の「適性外国人」用の強制収容所としての役割や、戦後の様子は何度か記事にしてますので、開業して間もないころの面白いエピソードがわかりましたら、また記事にしてみたいと思います。^^
by ChinchikoPapa (2011-07-08 16:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました