So-net無料ブログ作成

下落合の小さな石橋を探してみよう。 [気になる下落合]

『秋の風景』1922頃.jpg
 佐伯祐三Click!の風景画に、1922年(大正11)ごろの作品とされる『秋の風景』が現存している。個人蔵の作品のため、画集などに載せられることが少ないけれど、2008年(平成20)に横浜のそごう美術館Click!で開かれた「没後80年・佐伯祐三展-鮮烈なる生涯-」には出品され、実物を目にすることができた。佐伯の表現の様子から、こちらでも何度かご紹介Click!している『目白自宅附近』Click!(1922年ごろ)と、ほぼ同時期の作品であることは間違いなさそうだ。
 佐伯は下落合661番地にアトリエClick!を建てたあと、自宅周辺の風景を写しに下落合を散策している。そのころのタブローとしては、少なくとも当作『秋の風景』と『目白自宅附近』、そして降雪後の斜面を描いた『雪景』Click!(1922年)の3作が現存している。各作品の制作時期を想像すると、樹木の葉が落ちきった『目白自宅附近』や『雪景』の冬景色より以前に、『秋の風景』は描かれているように思われる。このとき、下落合のあちこちを散策して風景モチーフを求め歩いた経験が、のちに連作「下落合風景」Click!の下地として活かされているようにも感じる。目白崖線沿いに展開する地形の全的な把握とともに、下落合をスケッチClick!しながら「下見」したこの時期、周辺の風情も含め佐伯の頭の中へ、「下落合」がインプットされたのではないだろうか。
 さて、きょうのテーマは佐伯が『秋の風景』を仕上げた、下落合の描画ポイントを捜査してみようということなのだが、これがなかなか思ったよりもむずかしい。なぜなら、1926年(大正15)から1927年(昭和2)にかけて描かれた「下落合風景」は、当時の実景を憶えている方がいらしたり、わたしが70年代に見ていた実景(おもに戦災から焼け残った区画)と重なっていたり、さらには道筋や地形などから現在でもその面影を色濃く残している風景が多いのだけれど、関東大震災前の下落合、つまり大正中期から後期にかけての風景は、さすがに憶えておられる方もかなり少なく、また写真や記録資料もそれほど多くはないからだ。
 『秋の風景』の画面を観察すると、小川ないしは池に石造りとみられる小さな橋が架かり、両岸は河原や草地ではなく雑木林が拡がっている。中央に描かれた小橋は、明治末から大正期に造られた公園の池や小川などでよく見られるデザインであり、当サイトでは西武電車の1927年版「沿線案内」に掲載された、玉川上水に架かる同じような小橋の写真Click!をご紹介している。地形的にみると、小川の左岸が切り立った崖線の斜面のように見え、右岸は比較的やや平らな地面がつづいているようだ。左岸はよくわからないが、右岸には水辺沿いか橋へと通じる道が見えている。
目白自宅附近1922頃.jpg 玉川上水アーチ橋1927.jpg
 わたしは最初、渓谷に架かった小橋をイメージしたため、林泉園Click!から流れ下っていた谷戸の渓流かと想像した。しかし、それにしては右岸に描かれている道や地形が平坦すぎるのだ。この作品が制作されたのとほぼ同時期に、旧・近衛篤麿Click!の邸跡に東京土地住宅Click!による近衛町Click!の建設がスタートしている。その近衛町と御留山Click!相馬邸Click!とを結ぶ古い時代の渓流橋かとも考えたのだが、地形的にどう見ても合致しない。林泉園から南へ下る谷戸Click!であれば、両岸が急斜面でV字状に切り立っていなければならず、『秋の風景』の風情とは合致しない。また、林泉園の渓流は早い時期から土管の中を流れるよう工事が行なわれており、このような地上に露出した部分は少なかったというお話も何度か耳にしている。
 では、落合地域を流れる河川に架かっていた橋梁はどうだろうか? まず、描かれた小川が神田上水(1960年代から神田川)の流れとは、ちょっと考えにくい。川の規模や流量が、神田上水にしてはあまりに小さすぎる。では、雨さえ降らなければ「小川」と呼ばれていた、下落合西部を流れる妙正寺川はどうだろう? 風情としては、大正期の妙正寺川によく合致しているのだけれど、このような小橋が架けられていた場所は存在するだろうか?
 大震災の前、妙正寺川に架けられていた橋は、今日のように多くはない。1922年(大正11)現在で確認できるのは、妙正寺川と神田上水が合流する直前に架けられた西橋(西ノ橋)Click!(現・下落合駅前の橋)、最勝寺の北東側に位置する寺斉橋Click!(現・中井駅前の橋)、現・三ノ坂下にある島津家Click!寄進と思われる無名橋、バッケ堰の上に板をわたしただけのバッケ橋Click!、そして御霊下の近くに水車小屋があった水車橋Click!の5橋だけだ。しかし、いずれも橋の形状、または周辺の地形や風情が一致しない。妙正寺川沿いは、比較的両岸とも平坦で見とおしがきき、当時は氾濫するエリアは原っぱ、それ以外は田畑が拡がっていたはずだ。地図を見ても、これらの橋の両岸に樹林が繁る記号は存在せず、川沿いギリギリまで草原か田畑のいずれかになっている。それに、なによりもこれら5橋は木橋であり、石造りの橋として地図には採取されていない。
 では、当初想定していたような公園、あるいはどこか風致地区などにみられる庭園や遊園地などの小流れ、ないしは池はどうだろう? 落合地域には、それに類する場所が大正中期に何箇所か存在しているけれど、草地や田畑ではなく、このような雑木林に囲まれるような谷あいに、池ないしは渓流のある箇所はそう多くない。わたしが想定できるのは、とりあえず2つのポイントだけだ。ひとつは、先にも登場した林泉園(明治期には落合遊園地Click!)の湧水源、東西に細長い池に架かる橋のひとつであり、もうひとつが目白文化村Click!の第一文化村が開発される前から、前谷戸(大正後期から「不動谷」Click!)の源流域にあった細長い弁天池に架かる小橋だ。
妙正寺川1921.JPG
寺斉橋1932.jpg 前谷戸1921.JPG
 林泉園Click!のほうは、若山牧水が記録しているように、おそらく早い時期から近衛家によって設置された遊園地(自然公園)だったと思われ、「落合遊園地」のプレートの存在が同家による意識的な庭園造りだったことをうかがわせている。当然、園内はあちこち庭園風の造作がなされていただろうし、池にわたす橋にも庭園を意識したデザインがほどこされていただろう。
 第一文化村の開発によって消えてしまう前谷戸Click!の、当時は細長い弁天池Click!に架かる小橋のほうはどうだろうか? こちらは、特に庭園ではないのだが、林泉園と同様に雑木林に囲まれた谷戸だったようだ。ただし、湧水源から南東へ150mほど下った渓流沿い、落合小学校Click!(現・落合第一小学校Click!)の前あたりは果樹園になっており、『秋の風景』のような風情ではなかっただろう。1923年(大正12)の早い時期に撮影されたとみられる、第一文化村から前谷戸にかけての「目白文化村絵葉書」Click!では、すでに箱根土地による大規模な宅地造成工事が進められたあとであり、弁天池の姿や谷戸に繁っていた雑木林の風情は大きく変貌していただろう。ただし、前谷戸の弁天池に架かっていた橋は石橋ではなく、木橋の記号で地図には採取されている。
 このように見てくると、『秋の風景』に描かれた情景は、古くは「落合遊園地」と呼ばれ、大正期には林泉園と呼ばれた池に架かる庭園橋のひとつを描いたのではないかと思えてくる。ちょうど、中村彝アトリエClick!のすぐ南あたりにあった、東西2橋のうちのどちらかだ。光線は左手から射しているので、画面左が南だとすれば、北側である右岸に小路が描かれているのも、当時の林泉園の様子と一致している。この場所は、東京美術学校へ入学したとき同級生だった二瓶等Click!アトリエにもほど近く、目白駅へ向かう佐伯には見なれていた風景のひとつだろう。
 でも、佐伯は下落合の目白駅寄り東部(現・下落合地域)を、のちの「下落合風景」シリーズではほとんど描いておらず、薬王院から西へ偏った風景モチーフの選び方をしている。それは、華族の豪華な屋敷や別荘が林立していた、下落合東部の風景が佐伯の気に入らなかったのか、別の理由によるものなのかはわからないけれど、1922年(大正11)当時から同じような風景に対する好みがあったとすれば、佐伯としては非常にめずらしい下落合東部の風景作品ということになる。
林泉園1921.JPG 林泉園1935.jpg
 あと1ヶ所、気になるポイントがある。西坂の徳川家Click!が、1921年(大正10)前後に青柳ヶ原Click!の南側低地に造った、南北に細長い池だ。この池は、大正末には場所をやや西へ移して消滅しているようなのだが、この細長い池にもやはり橋が架かっていたのかもしれない。どの庭園橋についても、あまりに古い話なので記憶されている方がおらず、あくまでも想定にすぎないのだが、『秋の風景』はいまのところ大正中期の林泉園を描いたもの・・・というのが、わたしの感触なのだ。

◆写真上:1922年(大正11)ごろに制作された、佐伯祐三『秋の風景』。
◆写真中上は、同時期に制作された佐伯祐三『(東京)目白自宅附近』。は、大正期に建造された桜並木の玉川上水に架かる、コンクリート製と思われるアーチ橋。(1927年撮影)
◆写真中下は、1921年(大正10)現在の妙正寺川に架かる5橋。下左は、1932年(昭和7)ごろに撮影されたコンクリート橋の工事が完成した寺斉橋。下右は、1921年(大正10)現在の前谷戸で目白文化村の第一文化村はいまだ建設されていない。
◆写真下は、1921年(大正10)現在の林泉園。東西に細長い池には、二本の庭園橋が架かっていたことがわかる。は、1935年(昭和10)ごろの林泉園。(提供:堀尾慶治様)


読んだ!(23)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 23

コメント 26

ChinchikoPapa

CCCは、アルバムジャケットの印象が強烈ですが、あまり聴いてないです。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 01:22) 

hanamura

昔の橋は、掛け替えられて、残っていませんね。
その点、錦帯橋は、やはり素晴らしい!(岩国市民)
by hanamura (2011-05-05 08:50) 

ChinchikoPapa

妄想だといろいろな女性像が浮かびますが、現実だと「夕べ銀座で、オジサンと一緒のとこ見かけたよ」なんて言えば、「あ、そう? ・・・だから、どうしたっていうのさ」と切り返されるシチュエーションのほうが、この地域は多いように思います。ww nice!をありがとうございました。>(。・_・。)2kさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 11:33) 

ChinchikoPapa

ドクターフィッシュは楽しいですね。東尋坊の下にもぐったときに、イシダイの子どもたちの野性「ドクターフィッシュ」が足の毛をかじりにやってきて、ひどいめに遭いました。nice!をありがとうございました。>うたぞーさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 12:20) 

ChinchikoPapa

状況を全的に把握できないのも困りますが、全体の変化に関わるような個別の具体的な兆候に気づかないのも困りますね。多面的・多角的な視野の獲得というのは、理屈ではわかってもけっこう難しいものです。nice!をありがとうございました。>cjlewisさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 12:25) 

ChinchikoPapa

hanamuraさん、コメントとnice!をありがとうございます。
橋の寿命は、案外短いですね。ヘタをすると、住宅よりも短命な橋がいくつもあります。コンクリート橋でも、案外すぐに架け替えられてしまうのは、東京の場合は河川への雨水の流量(土の地面減少)と関係が深いのかもしれません。川底を浚渫したり護岸工事をするたびに、橋もいじられてきているように思います。
錦帯橋は、ため息が出るほど美しいですね。w
by ChinchikoPapa (2011-05-05 12:33) 

ChinchikoPapa

今回の飯田橋-小石川は、なんだかすっごく見馴れた風景ばかりになりそうです。w nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 12:36) 

ChinchikoPapa

小堀遠州の造園と聞きますと、どこかに水琴窟が隠れていそうですね。
nice!をありがとうございました。>opas10さん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 12:40) 

ChinchikoPapa

こちらにも黄砂が飛来しているのでしょうか、クルマの表面が茶色くなっています。花粉だったら、もっとイヤですが・・・。w nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 12:42) 

ChinchikoPapa

この連休、都内はけっこう混んでましたね。普段のGWならガラガラの地下鉄も、かなりの人出でびっくりしました。nice!をありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 12:48) 

ChinchikoPapa

スペインは、子供のころに音楽から惹かれています。
nice!をありがとうございました。>goingさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 23:10) 

ChinchikoPapa

やっぱり城下町には天守があると中心が定まり、落ち着く感じがしていいですね。城下町・江戸東京にも、千代田城の天守がほしいです。nice!をありがとうございました。>SILENTさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 23:18) 

ChinchikoPapa

次のレース・レポート、楽しみにしています。
nice!をありがとうございました。>今造ROWINGTEAMさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 23:20) 

ChinchikoPapa

赤ちゃんにミルクをあげるお姉ちゃん、かわいいですね。
nice!をありがとうございました。>ばんさん
by ChinchikoPapa (2011-05-05 23:25) 

ChinchikoPapa

そういえば「海水館」の近くには、日本橋通油町から引っ越したわたしの大好きな長谷川時雨の、弁護士だったオヤジさんが住む隠居宅がありましたね。nice!をありがとうございました。>dendenmushiさん
by ChinchikoPapa (2011-05-06 11:15) 

ChinchikoPapa

花見侍の、蒔絵重箱の中身が気になりますね。料理のメニューが、江戸の花見とはずいぶん違いそうです。nice!をありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2011-05-06 11:20) 

ChinchikoPapa

仕事で歩く街と、遊びで歩く街とでは、同じ街の景色でもまったくちがって見えるから不思議ですね。nice!をありがとうございました。>istさん
by ChinchikoPapa (2011-05-06 17:22) 

ChinchikoPapa

シャンパーニュ地方のシャンパンというとピノ・ノワール種ばかりと思い込んでいたのですが、シャルドネから作るシャンパンもあるのですね。初めて知りました。nice!をありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2011-05-06 17:30) 

ChinchikoPapa

落ち着いたいいお庭ですね。バラのトンネルがあるのでしょうか。nice!をありがとうございました。>baraさん
by ChinchikoPapa (2011-05-07 18:29) 

ChinchikoPapa

バッタのピアニストは面白いですね。6本の足で弾くので、もっと賑やかな演奏を想像してしまいました。nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2011-05-08 00:16) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2011-05-08 17:43) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2011-05-08 17:46) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2011-05-12 20:04) 

村石太マン&絵の魅力に取り付かれ男 愛知県発

佐伯祐三さん 独特ですね 最高ですね。
絵画同好会(名前検討中 佐伯祐三を語る会

by 村石太マン&絵の魅力に取り付かれ男 愛知県発 (2011-05-19 22:04) 

ChinchikoPapa

村石太マン&絵の魅力に取り付かれ男(愛知県発)さん、
コメントをありがとうございます。ぜひ会を起ち上げられたあかつきには、Webサイトを作られてその活動を報告してください。楽しみに拝見したいと思います。
by ChinchikoPapa (2011-05-20 00:32) 

ChinchikoPapa

ごていねいに、nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2011-05-25 00:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました