So-net無料ブログ作成

将門の繋馬羽織で「祟られ」た旗本。 [気になるエトセトラ]

後楽諏訪明神.JPG
 この夏、下落合の御留山Click!に施されていた、主に出雲神に由来する結界Click!について記事にした。そこには、相馬家Click!とともに将門に関わる「気」流づくりや、「北辰七座」思想による「気」風づくりが工夫されていることにも触れた。江戸東京は出雲神とともに、将門にちなむ聖域や信仰が色濃い街Click!なので、当然、昔から住みにくい人たちもいた。自身の出自から、江戸詰め(国許から江戸藩邸への勤務)になるのを怖れた人々、あるいは幕臣でも将門に関わる社(やしろ)などへ近寄るのさえ恐怖した人々だ。すなわち、将門に敵対した側にいた人々の子孫たち・・・ということになる。彼らにすれば、神田明神が総鎮守の江戸東京は恐怖の街であり、自身がそこで暮らすこと自体が「場ちがい」であり、まったくの「間ちがい」だと感じていただろう。
 幕府の旗本になっていた、佐野右兵衛尉五右衛門もそんなひとりだった。佐野家は、将門を攻めた藤原秀郷(俵藤太)Click!の子孫に当たり、ことさら将門由来の地区や社などには気をつかっていた。佐野五右衛門が御側勤仕(将軍近くに仕え雑用をこなす役人)になったときでさえ、江戸じゅうが沸きかえる「天下祭」のひとつ、神田明神の祭礼には異例の“欠勤”をしている。神田明神は730年(天平3)ごろ、江戸(エト゜=岬)の芝崎村にあった比較的小型Click!前方後円墳Click!の上に、出雲神のオオクニヌシ(オオナムチ)を奉って建立された社だといわれるが、なんらかの聖域であったのはもっと古くからで、少なくとも古墳期にまで由来がさかのぼれるのだろう。初期の神田明神境内は、現在の大手町にある将門塚Click!の位置におおよそ相当する。
 将門が神田明神の主柱として、オオクニヌシと並び合祀されたのは、鎌倉期が終わるころからなのだが、それ以来、1873年(明治6)の明治政府による“バチ当たり”な「将門外し」から、1984年(昭和59)の主柱復活にいたる100年と少しの例外期間を除き、将門はずっと神田明神の主神でありつづけている。佐野五右衛門が神田明神の祭礼日に欠勤したのは、社から繰り出す山車や神輿が千代田城内へと入り、将軍や幕閣がそれを見物するからだ。佐野は将軍の御側勤仕だったから、出仕すれば将軍の上覧所近くに控えていなければならない。自身の目の前を、オオクニヌシの神輿とともに将門が渡御した神輿が通ることになるわけだから、「どう考えてもヤバイ」と考えたのは無理もなかっただろう。将門による怪事件として記録された物語の詳細は、『耳嚢』で有名な根岸鎮衛の知人のひとり、東随舎の『古今雑談思出草紙』(天保年間ごろ)に収められている。
小日向水道町神田家.JPG 湯島佐野家.JPG
 佐野五右衛門という人は、よほど神田明神の将門がおっかなかったようで、屋敷内の家人全員に神田明神への参詣や祭礼への参加を禁じたばかりでなく、末端の使用人にいたるまで身元調査、つまり将門や神田明神にいっさい関わりのない出自かどうかを、こと細かに調べさせていたらしい。そうまで用心して雇用した家人には、「神田明神の前を通行しない」という念書まで書かせていた。また、神田明神の祭礼日9月15日には、屋敷の前が町内神輿の巡行路になっていたため、当日は門を閉めて家人の出入りをいっさい禁じて蟄居していた。やむをえず仕事で登城する場合は、途中で神輿や山車に遭遇するとマズイので、いまだ祭りがスタートしない夜明け前の七ツ(午前4時ぐらい)に出仕することにしていた。ところが、これだけ用心し気をつかって暮らしていた佐野五右衛門なのだが、「祟り」を避けることができなかった。
 千代田城に出仕する御番役(城の警備役人)に、小日向水道町Click!に住む神田織部という人物がいた。神田の別姓は相馬で、家紋も将門と同じ「繋馬(つなぎうま)」であり、神田家は将門相馬家を祖先に持つ子孫のひとりだった。佐野五右衛門は、いまだ年若い後輩で好人物の神田に気を許したのか、小日向の神田家を訪ねては酒を酌みかわす間柄となった。ある日、ふたりは連れ立って、江戸川(現・神田川)をはさんで南のバッケ上にある赤城明神へ出かけることになった。参詣が目的ではなく、社前に見世開きしていた茶屋で女と遊ぶのがめあてだった。でも、佐野は下城したまま裃袴姿の身なり(仕事着)だったので、神田織部から普段着の羽織を借りていくことにした。
湯島界隈.JPG 繋馬紋.JPG
 茶屋に上がり、ふたりが女たちを相手に酒を飲んでいると、急に佐野五右衛門の様子がおかしくなった。大汗をかいて苦しみだし、高熱を発してそのまま意識不明となってしまった。茶屋では大急ぎで医者を呼び手当てをしたが、まったくよくなる様子が見えない。万が一、岡場所で旗本が急死したなどということになれば大ごとになるので、神田織部は湯島にある佐野五右衛門の屋敷まで駕篭にに乗せて送りとどけた。事情を聞いた佐野家では大騒ぎとなったが、神田織部は明日にでもまた見舞いに来ようと、長居をせずにそのまま小日向へ帰った。
 翌日、神田織部が湯島の佐野家を見舞うと、なんと昨夜は意識不明だった佐野五右衛門本人がケロッとした顔で出迎えた。神田が驚いて具合いを訊ねると、神田家の家紋(繋馬紋)が入った羽織を脱ぐと、急に熱が下がり意識もハッキリして全快したのだという。ていねいに折りたたまれた羽織を前に、「千年も昔に起きたことが、いまだ尾を引いて子孫にまで祟るとは」と、ふたりは顔を見合わせてしまった・・・というのが、実際に起きたエピソードの経緯だ。
 ふたりは自分たちの祖先のことを、佐野五右衛門はことさら強く意識し、神田織部は「そう言われてみれば確かに・・・」というぐらいの感覚でいたようなのだが、将門の子孫に気を許したがため「祟り」に遭ったのだと、佐野家の側では明確に解釈されている。わたしの感覚からすれば、わざわざ神田家から繋馬紋の入った羽織を借りて着るより前に、小日向水道町に建っていた神田家の屋敷を訪れたときから、体調がおかしくならなければツジツマが合わないような気もするし、非常に用心深く気が小さそうな佐野五右衛門が、なぜ易々と神田家に気を許したのかもよくわからない。
神田明神社.jpg 赤城明神社.JPG
 今日的な解釈をすれば、神経質そうな佐野五右衛門が岡場所へ出かけた罪悪感と、気持のどこかで神田家の出自を気にしつつ、ふだんから将門の「祟り」を心配しすぎるあまり自意識過剰となっており、赤城社前の茶屋でとうとう自己暗示にかかって自ら体調を崩した・・・ということになりそうなのだけれど、さて、繋馬紋の羽織を着ると再び急に体調が悪くなるか否か・・・というような実験がなされたかどうかまでは、その後の消息が書かれていないので不明だ。

◆写真上:小日向の神田織部屋敷の近くに建ち、出雲神タケミナカタを奉る旧・上水端の諏訪社。
◆写真中上は、尾張屋清七切絵図の1852年(嘉永5)版「礫川牛込小日向絵図」にみる小日向水道町の神田邸。は、同じく1861年(万延2)版「小石川谷中本郷絵図」にみる湯島の佐野邸で、2軒見えるが町内神輿の巡行路に当たりそうなのは南側の佐野邸だろう。
◆写真中下は、佐野五右衛門屋敷があった湯島界隈。は、神田家の家紋だった繋馬紋。
◆写真下は、江戸東京のカナメのひとつ神田明神社。は、現在は地元の地域活動の拠点ともなっている神楽坂の赤城明神社。


読んだ!(21)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 21

コメント 33

みなせ

この秋に前を通りかかって驚いたのですが、赤城神社はこの写真とは似ても似つかない姿になっているのですね。題して「赤城神社再生プロジェクト」。境内の幼稚園の経営が立ち行かなくなり、建物も老朽化して、全面的に立て替えた。神社だから元のまま、同じ建物が建つと思ったら大間違いで、設計は隈研吾。敷地内の豪華マンションと一体化した斬新な社殿。
神社ですから移転は出来ず、したがって土地は売れませんから、マンション収入を工事費に充当するという苦肉の策だそうで、企画した三井不動産は
これから先も神社がらみの再開発を各地で目論んでいるらしい。ビルが立て替わっていたり、商店がなくなっていたりしても、さして驚きませんが、由緒ある神社が様変わりしていることもあるんです、東京は。
by みなせ (2010-12-30 04:44) 

子桜インコ

ChinchikoPapa様
今年もご活躍の程、話題の広さにいつも驚きながら「今日のお話は??」と思いながら読ませていただくとともに、恥ずかしながら自分の読解の能力に限界を感じております。結界のお話は下落合好きの私には今年もっとも興味のあるお話でした。
御瑠璃山の結界!話題になっておりましたのでちょっと割り込ませていただきました。来年もご活躍の程を。。今頃おせち料理の準備にいそしんでいらっしゃるであろうPapaさんを思いつつ書かせてもらいました。良い年をお迎えくださいますように。失礼いたします。by子桜インコ


by 子桜インコ (2010-12-30 11:29) 

ChinchikoPapa

ヘイデンのこのアルバムは、休日にゆったり聴く作品ですね。生活の空気が、ガラリと変わります。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 13:04) 

ChinchikoPapa

楽しい記事を、いつも拝見しています。正月には、南房総の記事を書く予定でいます。来年もよろしくお願いいたします。nice!をありがとうございました。>まるまるさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 13:18) 

ChinchikoPapa

今年は年末にゴタゴタしていて、“娘”の実家が作るお節を取り寄せてしまいました。わたしの担当は、いまのところ雑煮とうま煮のみです。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 13:31) 

ChinchikoPapa

ジョン・ヘルド・ジュニアさんの切手、面白そうですね。拡大して見てみたいです。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 13:43) 

ChinchikoPapa

みなせさん、コメントをありがとうございます。
そうなんです。おそらく、この写真を撮ったあたりが、赤城明神社の最後の姿だと思います。右手の幼稚園には、閉鎖の看板が出ていたころです。そのあと出かけたら、拝殿と本殿が跡形もなくなり、ビルの基礎工事が進んでいました。土地が確保できないので、ビルの屋上や1階のロビーにお稲荷さんを入れて奉ってしまうのは、下町では決してめずらしくない「神社」の姿なのですが、これほど大きな明神社がビル仕様になってしまうのは、山手ではあまり聞きませんね。
オフィスビル建設が飽和状態でマンションもだぶついているゼネコンは、古い寺社の建て替えに食指を動かしはじめたものでしょうか。戦災でも焼け残った、「近代建築」の範疇に入る寺社の建築が、ビルへと建て替えられるのは、そして見慣れた風景が消えていくのは寂しくてやり切れません。中央区の震災復興小学校が、このところ2校立てつづけに解体されていますけれど、需要に見合う新規のビル建設が困難になったいま、学校や寺社の由緒ある建築を壊して建て替えさせる・・・という、「ニーズの掘り起こし」をはじめたとしたら困ったもんです。
by ChinchikoPapa (2010-12-30 14:06) 

ChinchikoPapa

「赤水門」の姿、ほんとうに久しぶりに目にしました。
nice!をありがとうございました。>kakoさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 14:11) 

ChinchikoPapa

子桜インコさん、コメントをありがとうございました。
いつもお読みいただき、ほんとうにありがとうございます。御留山(おとめ山公園)の拡張・広範緑地化計画は着々と進んでいるようで、旧・財務省官舎跡は先立て、ロープが張られて立ち入り禁止となりました。したがって、例の「北斗七星」礎石は間近で見ることはできなくなりましたけれど、整備後は再び見学できることになると思います。
今年は、ちょっと年末に家族が入院して手術(1時間ほどで済むたいした手術ではありません)を受けたためお節作りはすべてパスし、雑煮とうま煮のみ準備をしています。1月には、そのオペにからみ『さよなら・今日は』第21回の予告編を予定しています。^^
子桜インコさんも、ぜひよいお年をお迎えください。こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2010-12-30 14:24) 

ChinchikoPapa

うちの近所でも、エンジェルトランペットを見かけます。匂いが強烈なので、すぐ咲いているのに気づきますね。nice!をありがとうございました。>takemoviesさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 15:05) 

ChinchikoPapa

親の世代ならまだしも、いまどき「忠臣蔵」が流行るというのは意外です。
nice!をありがとうございました。>Webプレス社さん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 15:39) 

ChinchikoPapa

今年も、いろいろとありがとうございました。来年も、よい年でありますよう、お祈り申し上げます。nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 16:40) 

sig

佐野五右衛門が自己暗示にかかってしまったという見方、自分の経験から見ても納得です。私が初めて宴会でふぐを食べた夜。帰りの電車でつり革にぶら下がって立っていたら、だんだん身体がしびれてきたんです。これはもしや、と思ったら、すうっと血の気が引いて本当に冷や汗が出て来たんです。ようやく気を取り戻しましたが、一時はどうなることかと思いました。
佐野五右衛門もきっと慣れないことをしたことで、ひとつ利口になったのではないでしょうか。
by sig (2010-12-30 16:42) 

sig

同じ時間にコメントを書いていたというのもおかしいですね。
今年はいろいろと面白いお話を伺いました。
「佐伯祐三展」すばらしい企画で、よい思い出になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

by sig (2010-12-30 16:47) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントをありがとうございます。
ほんとうに、ピッタリ同じ時間にリプライを差し上げていました。ww
わたしも、自己暗示と思えるクセがいくつかあります。グレープフルーツジュースやスポーツドリンクを飲むと、強烈な頭痛がするというのが、いつのころからか暗示に近いクセになってしまいました。最初は、糖分の過剰摂取で頭痛が起きると思っていたのですが、そのうちグレープフルーツの匂いをかいだだけで、頭痛がするようになってしまいました。スポーツドリンクも、グレープフルーツ風味というのがあって、やはり頭痛がしてきます。
これが自己暗示だと気づいたのは、とある清涼飲料を飲んだあとなんでもなかったのに、含まれている成分一覧に「グレープフルーツ果汁」という文字を見つけたとたん、ほどなく頭痛がしはじめたことでもわかります。^^; きっと、「グレープフルーツ=強い頭痛」という図式が、どこかへいつの間にか刷り込まれてしまったんでしょうね。
うちの親父は、サバのアレルギー(蕁麻疹)でしたが、サバだと教えないで食べさせると、けっこう何事も起きなかったところをみますと、どうやら自己暗示の部分も多々あったのではないかと思います。原体験として、子供のころサバを食べて蕁麻疹が出た経験が、ずっと歳をとっても暗示として残っていたんじゃないかと思いますね。
by ChinchikoPapa (2010-12-30 21:15) 

ChinchikoPapa

家の近くに川があるのは、なんとなく嬉しいですよね。岸辺に出かけると、いろいろな風景を目にすることができます。nice!をありがとうございました。>takagakiさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 21:20) 

ChinchikoPapa

ビルの窓ガラスにぶつかったハトは、軽傷で済んだんでしょうか・・・。
nice!をありがとうございました。>まーちんさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 21:24) 

ChinchikoPapa

今年も、楽しいお話に本にお酒のご紹介、そして旅先のエピソード、とても楽しく拝見しました。これからも、いつも訪問させていただきますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。>ひまわりさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 21:27) 

ChinchikoPapa

オルガン音楽家(奏者)といいますと、クラシック畑よりも先にBlueNoteのジミー・スミスが真っ先に思い浮かぶのですが、クラシックのオルガンもいいですね。nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 21:32) 

ChinchikoPapa

イワシとトマトは、ほんとうによく合いますね。わたしの好きな缶詰に、「イワシのトマト煮」があります。あと、獲れたての刺身もうまいですが、北欧風のサーディン料理はみんな好きです。来年もよろしくお願いいたします。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2010-12-30 21:48) 

ChinchikoPapa

ブログ再開、おめでとうございます。来年は、よい年でありますようお祈り申し上げます。nice!をありがとうございました。>まーさん
by ChinchikoPapa (2010-12-31 13:57) 

漢

お疲れさまでした!どうぞ良いお年を!
by (2010-12-31 15:19) 

ChinchikoPapa

今年も、お散歩先や旅先の写真を楽しませていただきました。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。>漢さん
by ChinchikoPapa (2010-12-31 15:57) 

ChinchikoPapa

「ネネ締メ」お疲れさまでした。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
nice!をありがとうございました。>ネネさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2010-12-31 21:19) 

ChinchikoPapa

車掌車のカフェ、ストーブがあるのが暖かくて(温かくて)いいですね。
nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2011-01-01 00:29) 

ChinchikoPapa

今年もリサイタル、がんばってください。明けましておめでとうございます。
nice!を早々にありがとうございました。>tamanossimoさん
by ChinchikoPapa (2011-01-01 11:19) 

SILENT

今年の幕開けはよい天候に恵まれました
今年もどうぞ宜しくお願いいたします
by SILENT (2011-01-01 17:36) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントをありがとうございます。
こちらこそ、元日の素晴らしい写真をありがとうございました。
本年も、よろしくお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2011-01-01 20:10) 

ひまわり

明けましておめでとうございます。
いつもBLOGで自分に馴染みの地域のある地域を
勉強させていただき感謝しております。
今年もよろしくお願いいたします。
by ひまわり (2011-01-01 22:05) 

ChinchikoPapa

ひまわりさん、コメントをありがとうございます。
あけまして、おめでとうございます。早々にありがとうございました。元旦は記事をサボッて、実は遊びまわっていました。w 明日、更新予定です。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2011-01-01 22:58) 

ChinchikoPapa

早々にご訪問とnice!を、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2011-01-01 23:10) 

hanamura

 祟り話…怖いけど興味深いですね。自分の実家は…(省略)名前を聞いて、好印象とそうでない場合があるように感じるのは、先祖の因縁?
by hanamura (2011-01-30 15:29) 

ChinchikoPapa

hanamuraさん、こちらにもコメントとnice!をありがとうございます。
この祟り話は、たぶん佐野五右衛門の性格と心理的なものに起因してるんじゃないかと思います。当時のエピソードとして記録されている、幽霊譚や不思議話には、もっと不可解で説明のつけようのない出来事もありますので、このケースは比較的わかりやすい部類に入るでしょうか。
by ChinchikoPapa (2011-01-30 21:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました