So-net無料ブログ作成

アユがカムバックしはじめた神田川。 [気になる神田川]

魚道1.JPG
 浜崎あゆみの情報だと思ってアクセスされた方、申しわけない。(爆!) そのアユの最新情報は、こちらClick!をどうぞ。ちなみに、わたしが好きなのはこちらClick!なのだが・・・。w この記事は、神田川(旧・神田上水=御留川Click!)を再び遡上しはじめたアユ、川魚の話なのだ。神田川にアユがもどったことが初めて報じられたのは、確か1992年(平成4)の東京新聞だっただろうか?
 1970年代の生活排水による汚濁がピークに達していた、そして川の周囲をアスファルトやコンクリートで覆ってしまったがため、雨水の土への浸透率が急激に低下し、神田川への流出率Click!が90%を超えて氾濫を繰り返す神田川のイメージが強かったわたしには、当時、にわかに信じられないようなニュースだった。でも、アユが確認されたのは落合地域のもっと下流、江戸川橋をすぎた大曲あたりの流域だった。そのころの東京新聞は、「アユの運命」を気づかい、汚水に強いコイやフナは棲めるかもしれないが、とてもアユが棲息できる河川環境ではないと書いていた。1995年(平成7)に東京新聞のルポをまとめた、『神田川』(東京新聞出版局)から引用してみよう。
  
 あのアユの運命が気になる濁った水、工事、ゴミ。よい景観への道は厳しい。
 (前略) この辺りの水は、上流の落合処理場の排出水がほとんど。都によれば「下水処理としては、他と比べて上質」だそうだが、時折、白い泡も浮かんでいて、あまり触ってみる気は起きない。/その濁った水の中を赤、黒、黄色などのコイの姿がよぎる。以前、神田川の水質についてリポートした時、魚の専門家が「コイやフナは汚れた水に強く、これらを魚が住める水質の指標に使うのはおかしい」といっていたのを思い出す。/最近、この辺りにアユが戻ったことが話題になった。しかし、どうみても、アユが住める川という印象はない。あのアユは、どうなったのか。
                           (東京新聞社会部「カヌーによる川下りルポ(2)」より)
  
面影橋1973.JPG 田島橋1981.jpg
 落合処理場から流されている排水は、コイやフナが棲息できる水質を指標に処理されている・・・という前提のもと、「魚の専門家」に取材して「汚れた水に強い」コイやフナは棲めても、アユは棲めないだろうと結論しているようなのだが、わたしの取材した限りでは、落合処理場ではキンギョが棲息できる水質を指標に処理が行なわれている。コイやフナが棲息できる水質と、キンギョが生きられる水質とでは、まったく基準が異なるだろう。
 それとも、キンギョが棲めるという水質になったのは、土壌濾過や沈殿の処理に加え、近年は薬物による「消毒」に代わって各地の浄水施設でも導入例が多い、紫外線殺菌装置などによる浄化システムの整備・充実によるものだろうか? つまり、東京新聞が取材した当時に比べ、さらに処理能力が高度になり水質が飛躍的に向上している・・・ということなのかもしれない。
 さて、神田川にアユの回帰が初めて確認されてから、18年の年月がすぎた。コイやフナが棲める水質ではなく、キンギョが棲める水質にまでクリーンになりつつあるのは、どうやら事実のようだ。なぜなら、アユが神田川のあちこちで確認され、上流域への遡上が見られるからだ。自治体では、神田川の洪水・氾濫防止のために設けていた、流れに落差をつける「小滝」を半分取り去り、魚が上流へと遡上できるよう魚道を造りはじめている。
 このコンクリートによる「小滝」は、大雨による増水時、大量の水が一気に下流域へと流れくだるのを防止するために、神田川のあちこちに造られていた。つまり、急流の勢いを少しでも削ぐために設置されたのが、1mを超える「小滝」の役割りだった。でも、「小滝」があると、川をさかのぼる性質のある魚は、行く手をはばまれて遡上できない。そこで、アユなどの小魚が増えている現状を考慮し、「小滝」のコンクリート堤を半分ほど壊して、魚道を設置する施策が考案されたというわけだ。これにより、魚たちは神田川をかなり上流域まで遡上できるようになった。
高田橋から.JPG 源水橋から.JPG
 下落合の近くで、神田川に「小滝」があるのは高戸橋をすぎた下流、ちょうど都電荒川線の高戸鉄橋から25mほど下流の位置だ。夏の宵など、ここの遊歩道をそぞろ歩きすると都電ののんびりとした走行音とともに、滝の音が響いて涼味を感じたものだ。魚道ができたと聞いてかなりの時間がたつけれど、わたしはまだ見ていなかったので、さっそく出かけてみた。
 妙正寺川分水路Click!の合流点を北側にみる、高戸橋のひとつ手前に架かった高田橋から神田川を眺めると、透明な水流に鮮やかな水藻が繁殖しているのが見える。これらは大型の魚のエサにもなるのだが、より小さな魚がエサとする微小な藻を繁殖させるのにも欠かせない存在だ。でも、水温が上昇して腐ると川の汚濁へと直結してしまうので、水藻が腐って変色しはじめると川底に下りて、それらをいちいち取り除く地道な作業が自治体によって行なわれてきた。コンクリートで固めてしまった河川の宿命だが、水藻が腐敗すると水が酸欠状態となり魚が生存できないのだ。だから、良質な水環境を保つには、この水藻清掃が毎年欠かせなくなっている。
 高戸橋をすぎて神田川遊歩道へ入ると、すぐに魚道が見えてきた。高さ1mと少しはありそうな「小滝」の半分を壊し、魚が遡上できるよう階段状の流れに変えられている。1m前後のコイは神田川でもめずらしくなくなったが、アユほどの小さな魚でも遡上できるよう、ひとつの段差が数十センチほどの高さに抑えられた魚道は、階段状の緩傾斜で造られている。以前は、「小滝」の落下音がずいぶん大きく響く場所だったが、半分が階段状の流れに変えられたため少し水音が拡散され、また軽めに響くようになったようだ。はたして、下落合にアユの魚影は見られるだろうか?
高戸橋鉄橋.JPG 魚道2.JPG
 神田川を遡上したアユは、いったいどこまでさかのぼるのだろう? 水源地の井ノ頭までか、それとも妙正寺川Click!や善福寺川、桃園川などの支流へと入りこんで、水源地までは遡上しないのだろうか? そのうち、神田川のあちこちで、釣り糸をたれる人たちが見られるかもしれない。でも、わたしはどちらかといえば、アユよりも江戸前ウナギの「ウナギのぼり」が復活してくれたほうが嬉しいのだが・・・。それには、エサとなるドジョウや小魚が、もっと増えなくては無理だろう。

◆写真上:都電の高戸橋鉄橋のすぐ下流にある、小魚のために造られた魚道。
◆写真中上は、1973年(昭和48)に撮影された面影橋界隈の流れで、わたしにも見憶えある懐かしい風景。でも、この時代の神田川は異臭を放つドブ川で最悪の環境だった。は、1981年(昭和56)に下落合の田島橋あたりで撮影された危険水位を超えて洪水直前の神田川。
◆写真中下は、高田橋から見下ろした川底までの透明度が高い神田川で、右上に見えているのが高戸橋。は、源水橋から上流を眺めた穏やかな日の神田川。
◆写真下:都電の高戸橋鉄橋()と、そこから25mほど下流に造られた魚道()。


読んだ!(24)  コメント(32)  トラックバック(3) 
共通テーマ:地域

読んだ! 24

コメント 32

まーちん

川に魚が居る=綺麗な川ではないのですね。
アユが神田川に遡上しているとは知りませんでした。
勉強になりました〆(. . )
by まーちん (2010-09-25 01:38) 

ChinchikoPapa

まーちんさん、コメントとnice!をありがとうございます。
わたしも18年前、まだ神田川がいまほどキレイではなかったころ、アユのニュースに「まさか」と思ったのですが、どうやら年々清みつつあるのは事実のようです。どうも、学生時代の生活排水が流れこむ神田川=ドブ川のイメージが強すぎるようですね。w
by ChinchikoPapa (2010-09-25 02:45) 

ChinchikoPapa

食いしん坊のわたしは、油断しているとすぐに体重オーバーとなってしまいます。現在は3kgオーバーです。^^; nice!をありがとうございました。>H Kosugeさん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 03:08) 

ChinchikoPapa

赤羽の一番街アーケードは、ちょっと歩いてみたいですね。
nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:07) 

ChinchikoPapa

年端のいかない子どもに、人の「死」を納得させるのはむずかしいですね。
nice!をありがとうございました。>tamanossimoさん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:15) 

ChinchikoPapa

人と接するときの、「一期一会」の緊張感は大切ですね。その緊張感が、創造の起爆剤になることもあります。nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:25) 

ChinchikoPapa

三越劇場でのコンサートで唄われた曲、なんとなくこのブログで登場したワードが並んでますね。ww nice!をありがとうございました。>Webプレス社さん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:30) 

ChinchikoPapa

学生街の食堂で食べた、もやしと豚肉を炒めただけの定食を思い出しました。いいもやしなら美味しかったのでしょうが・・・。nice!をありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:37) 

ChinchikoPapa

きょうは午前中に小雨が残りましたが、風はあったものの昼からは晴れましたね。練習はできたでしょうか。nice!をありがとうございました。>ねねさん(今造ROWINGTEAMさん)
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:41) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>ムネタロウさん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:45) 

ChinchikoPapa

島根ファンのわたしとしては、ゆず酢は使ってみたい一品ですね。
nice!をありがとうございました。>木村さん
by ChinchikoPapa (2010-09-25 22:48) 

laquinta0657

資料の収集力。知識の豊富なのには驚いています、今後の活躍を期待しています。
by laquinta0657 (2010-09-26 09:49) 

ChinchikoPapa

前世紀のパワーポリティクス国家の典型のような、中国に関する冷静なご考察は勉強になります。nice!をありがとうございました。>cfpさん
by ChinchikoPapa (2010-09-26 17:16) 

ChinchikoPapa

きっと店のご主人が、プラモファンなのでしょうね。ショーウィンドウに趣味の品を飾る店、昔はときどき見かけました。nice!をありがとうございました。>tkさん
by ChinchikoPapa (2010-09-26 17:21) 

ChinchikoPapa

埼玉県の志木に、カッパの捕獲大作戦があるのを知りませんでした。
nice!をありがとうございました。>dorobouhigeさん
by ChinchikoPapa (2010-09-26 17:24) 

ChinchikoPapa

laquinta0657さん、コメントとnice!をありがとうございます。
まだまだ、記事の突っ込みが足りず、お恥ずかしい限りです。ブログを拝見しましたら、上高田から東中野にかけての寺々を、佐伯祐三が描いた『堂』を探してシラミつぶしに訪ね歩いたのを思い出しました。暑さがひと段落しましたので、また画像片手に付近をまわってみようと思っています。
by ChinchikoPapa (2010-09-26 17:33) 

アヨアン・イゴカー

河川が本来の姿に少しでも戻ってくれるのは、非常に大きな喜びです。
そして、その努力をされた人々に感謝します。
by アヨアン・イゴカー (2010-09-26 20:37) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントとnice!をありがとうございます。
アユは生まれた川を遡上するといいますが、いままでどこに身をひそめていたのでしょう。急速で力強い自然の回復力に、改めて驚きをおぼえます。この勢いで、緑も回復してくれるとうれしいのですが。
by ChinchikoPapa (2010-09-26 22:52) 

SILENT

花水川の河口で鰻の稚魚が遡上し
鮎も放流した時代があったようです。
琵琶湖の鮎でなく 川の鮎にしないとと
気づいた新聞記事の事を思いだしました。
川を草や樹木が覆う光景は好きなのですが
コンクリートの護岸がむき出しの川が多いですね。
魚も木陰のが安心出来るのではないかと、、、。
by SILENT (2010-09-27 09:22) 

ChinchikoPapa

わたしの辛さの上限は「薬研」(七色唐辛子)までですが、それにしても真っ赤なラーメンですね。w nice!をありがとうございました。>dogezaemonさん
by ChinchikoPapa (2010-09-27 10:01) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントとnice!をありがとうございます。
その昔、花水川の河口を散歩していると、葦の間でうなぎを捕ってる人をたまにみかけました。物心つくころは、川に腰までつかったいわゆる「鰻かき」の要領で捕っていたのですが、そのうち、護岸の上から竿を使って釣りあげる人が目立ちました。きっと、そのころには川へ入りたくなくなるほど、汚れはじめていたのでしょうね。
by ChinchikoPapa (2010-09-27 10:08) 

sig

こんにちは。
神田川にも鮎が。いいことですね。(写真がまたすばらしい)
多摩川の鮎も増えているようで喜んでいます。
by sig (2010-09-27 10:57) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
そのうち、「新宿アユ釣り大会」なんてイベントが開かれるのかもしれませんね。現在は、おそらく神田川での釣りは禁止で、幕府ならぬ東京都の「御留川」となっているんじゃないかと思います。釣りができるようになるころには、江戸川(江戸川橋~飯田橋)あたりには、うなぎ問屋ももどってくるでしょうか。w
by ChinchikoPapa (2010-09-27 12:38) 

ChinchikoPapa

あれだけ暑かったのに、急に寒くなると身体がだるいですね。根をつめるお仕事でしょうから、くれぐれもお身体には気をつけて。nice!をありがとうございました。>とらさん
by ChinchikoPapa (2010-09-27 14:11) 

ChinchikoPapa

ご紹介の防寒・安眠フードを見てたら、昔のゴジラ映画に出てきたX星人を思い出してしまいました。w nice!をありがとうございました。>えーちゃんaaaさん
by ChinchikoPapa (2010-09-27 15:42) 

komekiti

多摩川に鮎が戻ってきたという話は聞いた事があったのですが、神田川にも戻ってきていたとは知りませんでした。
神田川の鮎も風物詩になるくらい増えると良いですね。
by komekiti (2010-09-27 19:56) 

ChinchikoPapa

komekitiさん、コメントとnice!をありがとうございます。
多摩川のアユもうれしいニュースですね。湘南電車に乗ると、六郷鉄橋のところで多摩川から風に吹き上げられた洗剤のアワが、車窓まで飛んできた70年代前半の風景がウソのようです。このまま、少しずつ元にもどってくれると、ほんとうにうれしいです。w
by ChinchikoPapa (2010-09-27 23:10) 

ChinchikoPapa

急に気温が下がって、秋物でもまだ寒く感じる日がつづきますね。
nice!をありがとうございました。>cocomotokyoさん
by ChinchikoPapa (2010-09-27 23:13) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2010-09-28 11:04) 

りゅうあん

以前、神田川を源流から隅田川までインフレータブル・カヤック(ゴムボート)で下ってみようと考えたことがあるのですけれど、断念した理由がこの「小滝」でした。

特に下流に多く、新江戸川公園のあたりに一際大きな段差があったように記憶しています。大洗堰の名残でしょうか。でも、それより上流に魚道ができているということは、あそこも改良されているかも知れませんね。
by りゅうあん (2010-09-29 07:03) 

ChinchikoPapa

りゅうあんさん、コメントをありがとうございます。
井の頭から柳橋までのボート下り、いいですね!w わたしも一度、やってみたいです。毎年、日本橋にある社から神輿舟が、神田祭りの際に神田明神までさかのぼってきますがお茶の水までです。隅田川から飯田橋の舩河原橋あたりまでは、なんとか小舟やボートが遡上できますけれど、その先が問題でしたね。関口(大堰跡)から上流は、昔もいまも「御留」になったままのようです。w
新江戸川公園前の「小滝」ですが、ここしばらく見てないのでわかりません。でも、都による神田川の魚道整備は全流域のようですので、未工事でも近々魚道が造られるのではないかと思います。
by ChinchikoPapa (2010-09-29 14:14) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、nice!をありがとうございます。>つなしさん
by ChinchikoPapa (2010-10-02 22:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました