So-net無料ブログ作成

下落合を描いた画家たち・小松益喜。 [気になる下落合]

小松益喜「炭糟道の風景」1927.jpg
 洋画家・小松益喜(ますき)というと、すぐに神戸の異人館街や旧居留地をえがいた画家としてのイメージが圧倒的だ。小松の「下落合風景」など、誰も思い浮かべないはずなのだが、高知生まれの彼が絵画を勉強するために、東京美術学校へ通っていたときの住まいが下落合なのだ。もっとも、下落合のどこで暮らしていたのか、住所がどうもハッキリしない。
 1923年(大正12)に、両親の反対を押し切って上京した小松は、川端画学校で藤島武二Click!に師事している。2年後の1925年(大正14)に、東京美術学校へ合格するのだが、そのころから下落合に住みはじめていたらしい。小松は東京へやって来る前、地元の高知でも近所の風景を写生してまわっていたが、下落合でも同じように自身の住まい周辺を作品に描き残している。
 したがって、小松の「下落合風景」は昭和初期の下落合を写しており、大正末から昭和最初期にかけて描かれた、佐伯祐三Click!『下落合風景』シリーズClick!とは、その光景や風情に連続性が感じられるのだ。ただし、小松の「下落合風景」作品は現存数が少ないようなので、彼が当時の下落合で見られた風景の、なにを好んでモチーフに選んでいたかはサンプル不足でよくわからない。だが、少なくともかなりの先輩とはいえ、佐伯作品を意識していたことは間違いないようだ。佐伯の影響という言い方に語弊があるとすれば、1930年協会を中心に当時の画界で注目を集めていた、フォーヴィズムに惹かれていたことをうかがわせる筆致をしている。
小松益喜「古風な門・古風な家」1936-37.jpg 小松益喜「リプトンとウィルキンソン」1982-83.jpg
 冒頭の作品は、1927年(昭和2)に制作された小松益喜『(下落合)炭糟道の風景』だ。炭糟とは石炭ガラ(かす)のことで、雨が降るとぬかるんだ当時の土道へ、舗装代わりに撒かれていたものだ。もう少し時代が下ると、舗装代わりに撒かれるのは河原の砂利や小石になるが、大正期から昭和初期にかけては石炭ガラが活用されていたようだ。「炭糟道」といっても、どのような道にも撒かれたわけではなく、比較的交通量の多い、特に自動車が往来する街道や主要道が選ばれたらしい。下落合界隈における当時の主要な道路としては、目白通りClick!(練馬街道)と目白崖線下を通る雑司ヶ谷道Click!(鎌倉街道=新井薬師道)の2本が、すぐにも思い浮かぶ。
 『炭糟道の風景』に描かれた道は、おそらく7~8mほどの道幅をもったかなり広めの通りなので、主要道の1本に間違いないだろう。地形は、画面の右手から左手へ少し下り傾斜のように描かれ、道路沿いには太めの杭が規則的に打ちこまれている。今日でいうガードレールの代わりであり、クルマの通行がわりと多めな道路とみて間違いなさそうだ。だからこそ、雨が降るとぬかるんだ泥道となり、タイヤが取られるのを防ぐために、石炭ガラによる簡易舗装がなされたのだろう。まるで佐伯作品のように、電柱Click!が目立って描かれているが、右手に建っているのが電燈線柱、左手の2本のうち左側の横木が3本わたされたものが電信(電話線)柱だろうか。正面にはチャペルのような、ややモダンな建物が描かれ、画面左にもやや低い位置に家々が何軒か建っている。
目白通り1930.jpg 基督伝導隊活水学院1926.jpg
 気になるのは、画面右手に描かれた樹木の上に、ポツンと突き出た“ふくらみ”だ。カラー画像ではないので、なんとも判断がつきかねるのだが、他の木々に比べひときわ背の高い樹木を描いたようには思えない。どことなく、人工物のように見えるのだ。ひょっとすると、下落合に散在していた火の見櫓(の最上部)のひとつなのかもしれない。光線の位置は、いまいちハッキリとはしないけれど、家々の影からみるとほぼ真上から当たっていそうだ。
 さて、この風景が下落合のどこを描いたものか、残念ながら明確に特定することはできない。当初は、画面の右手が上がり気味で、左へいくにしたがって下がっている地勢から、雑司ヶ谷道の大倉山Click!下のカーブ道を想定した。道なりに左へカーブしていくと、ほどなく正面に氷川明神社の境内が姿を見せ、道路の左側には氷川前交番が見えてくる。そう、当時このあたりは、開通したばかりの西武電鉄の下落合駅前Click!に当たる一帯だったのだ。中央に描かれている建物は、キリスト伝導隊の「活水学院」校舎の一部ということになる。
 しかし、目白崖線上の練馬街道(目白通り)にも、このように左手(南側)が下がり気味の地形は随所にあり、また目白駅の近くではない目白通り、すなわち高田大通りClick!と呼ばれた広い道幅の部分を除き、西部の目白通りでさえ『炭糟道の風景』のような光景は、いまだあちこちで見られていただろう。雑司ヶ谷道と目白通り、いずれかの情景である可能性が高そうなのだが、わたしの感触としては、このようなカーブをみせる当時の目白通りの地勢や風情と、描かれた画面のそれとが一致しにくいため、目白崖線下に沿って通う雑司ヶ谷道のような気がするのだが・・・。
クレオソート広告1922.jpg
 大正期から昭和初期に出版された本や雑誌を見ていると、あちこちに「石炭クレオソート」の広告が目につく。もちろん、木造住宅の外壁や塀などに塗って、防腐・防水処理をするためのものだが、コールタールにも似たその消毒臭Click!は現在の下落合でも、ときおり風に乗って近所から漂ってくる。画面に描かれている木製の電柱や、道の両側に打ちこまれた木杭にも当然、クレオソートは塗布されていただろう。『炭糟道の風景』を見ていると、炭糟といいクレオソートといい、当時の濃厚に石炭臭が漂う下落合の空気感を、強く感じることができるのだ。

◆写真上:1927年(昭和2)に、下落合で制作された小松益喜『炭糟道の風景』。
◆写真中上:小松益喜といえば、神戸の異人館作品であまりにも有名だ。は小松益喜『古風な門・古風な家』(1936~1937年)で、は同『リプトンとウィルキンソン』(1982~1983年)。
◆写真中下は、1930年(昭和5)に撮影された目白福音教会Click!前の目白通り。は、想定できる描画ポイントのひとつで雑司ヶ谷道(新井薬師道)の大倉山の下あたり。
◆写真下:1922年(大正11)に西村工業が作成した、「エヌクレオソート」の媒体広告。
火の見櫓(戸塚町).jpg


読んだ!(21)  コメント(27)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

読んだ! 21

コメント 27

NO14Ruggerman

描画ポイントが雑司ヶ谷道と想定した場合、私が前回コメントさせていただいた「薬王院前にある消防署の火の見やぐら」と場所がほぼ一致すると思うのですが・・
なんかわくわくしてきました!
by NO14Ruggerman (2010-08-25 00:56) 

ChinchikoPapa

NO14Ruggermanさん、コメントとnice!をありがとうございます。
当時は、いろいろな火の見櫓の形状があったようで、鉄骨むき出しによるシンプルなものから、鉄骨を覆ってちょっと太めに膨らんだ時計塔のようなデザインのものまで、地域によってさまざまですね。だから、火の見櫓の上部が見えているといってもぜんぜん矛盾はしないのですが、昭和初期の地図を参照すると、画面の位置に火の見は存在しないことになっています。
氷川明神周辺の火の見櫓は、当時は氷川社の南側にあった下落合駅の南東にひとつ確認できます。ただし、地図には公共施設である消防署、あるいは分署としての火の見櫓が記載されているだけで、町設による地元消防団の火の見までが収録されていたかどうかまではわからないんですよね。
by ChinchikoPapa (2010-08-25 12:47) 

ChinchikoPapa

たこ焼き屋さんで音楽イベントというのは、いかにも大阪らしいですね。
こちらにも、nice!をありがとうございました。>Webプレス社さん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 12:49) 

ChinchikoPapa

滄浪泉園の受付では、夏は蚊遣りのウチワを貸してくれていいですね。あと、豪華な「小金井てくてくマップ」の東部版と西部版をセットでくれるのも、嬉しい自治体のサービスです。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 13:01) 

ChinchikoPapa

渋谷もそうですが、川の流れの暗渠化で水辺が奪われ、ヒートアイランド化している地域が東京にはたくさんありそうです。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 13:17) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 13:26) 

ChinchikoPapa

暑いとどうしても冷たいものを食べてしまいますが、それも体調を崩す原因みたいで、わたしも身体がだるいです。くれぐれもおだいじに。nice!をありがとうございました。>とらさん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 14:43) 

sig

こんにちは。
嗅覚の記憶というものは恐ろしいものですね。この記事を読んでいたら、ふと、昔の電柱に塗られていたタールの匂いがよみがえってきました。このような暑い真夏には特に匂っていましたね。
by sig (2010-08-25 15:04) 

ChinchikoPapa

わたしも、ハスの実は食べたことがありません。レンコンと同様に、生薬としての咳止め作用があるのでしょうか。nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 15:04) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントをありがとうございます。
書き込みが相前後してしまいました。w わたしは、近所の板塀に黒く塗られた、正露丸のような匂いの記憶が強烈です。あと、石炭といいますと、近所の家々が夕方になると風呂を沸かす匂い・・・という想い出もありますね。この匂いが漂いはじめると、遊びをやめて帰らなければならないのでした。
by ChinchikoPapa (2010-08-25 15:14) 

ChinchikoPapa

どこかを取材してイラストマップに起こすのは、たいへんな作業ですよね。取材不足で、もう一度現場へ・・・ということもあるのでしょうか。nice!をありがとうございました。>sonicさん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 19:40) 

ChinchikoPapa

NO14Ruggermanさん、記事末に戸塚3丁目361番地に建っていた、昭和初期の火の見櫓(濱田煕・画)を掲載してみました。ご参照ください。
下に消防車のガレージがあり、戸塚町で結成されていた地元消防団の詰め所のようですが、戦後に見慣れている火の見櫓のイメージと、かなり違うのがわかります。このような形状を前提にしますと、画面の右上に見えている突起物も、火の見櫓に見えないことはないと思うのですね。
by ChinchikoPapa (2010-08-25 19:58) 

ChinchikoPapa

ガリガリ君を食べるとTシャツが当たるというのは初耳です。今度、食べる機会があったら挑戦してみます。nice!をありがとうございました。>cocomotokyoさん
by ChinchikoPapa (2010-08-25 22:20) 

NO14Ruggerman

火の見櫓の図画掲載ありがとうございます。
昭和初期の地図には掲載されていないとのことですが、杉森一雄さん執筆の「落合昔語り」が手元にあったので開いてみました。
 3ページめに杉森さんの記憶による地図(タイトル「薬王院前商店通り 昭和初期」)が載っていまして、そこに「◎火見櫓」の表示があったのですが・・
by NO14Ruggerman (2010-08-25 22:33) 

ChinchikoPapa

NO14Ruggermanさん、重ねてコメントをありがとうございます。
ほんとですねえ。わたしが参照したのは、1929年(昭和4)の「落合町全図」と1935年(昭和10)の「淀橋区詳細図」で、作品の1927年(昭和2)よりは少しあとなのですが、双方とも火の見櫓の記載がありません。先にも書きましたが、地元消防団レベルの火の見か、あるいは消防施設のない火の見だけが建っていたものか、ちょっと気になりますね。
もし、木々の上に出ている突起物が火の見だとしますと、目白通りにはこのようなカーブのところに(そもそもこのような急カーブがあまり存在しません)、火の見がこのような角度で見える場所というのはなさそうですので、雑司ヶ谷道(新井薬師道)の可能性がとても濃厚になります。
もうひとつ、1933年(昭和8)作成のイラストマップ(淀橋区便益明細地図)に描かれた基督伝導隊「活水学院」の校舎が、この作品の正面に描かれた建物の風情によく似ている・・・という一致点もあったりします。
by ChinchikoPapa (2010-08-26 10:57) 

ChinchikoPapa

100歳以上の方が大量に行方不明で、その生死さえ不明というのは、もはや徴兵制を前提とて作られた戸籍制度そのものが機能不全を起している・・・とも言えますね。nice!をありがとうございました。>siroyagi2さん
by ChinchikoPapa (2010-08-26 11:08) 

ChinchikoPapa

その昔、アナログ電話の時代に回線が混線して、知らない方と4者通話を楽しんだことがあります。nice!をありがとうございました。>tamanossimoさん
by ChinchikoPapa (2010-08-26 11:15) 

ChinchikoPapa

見慣れている風景をモノクロにすると、まったく違う風景に見えるから不思議ですね。nice!をありがとうございました。>りぼんさん
by ChinchikoPapa (2010-08-26 11:20) 

ChinchikoPapa

「いまぞう」号はその後、「公試運転」が済んで「処女航海」へ出たのでしょうか。w nice!をありがとうございました。>今造ROWINGTEAMさん
by ChinchikoPapa (2010-08-26 11:38) 

ChinchikoPapa

先日、品川の旧東海道を歩く機会があったのですが、遊郭跡に鯨塚・・・と宿場町の賑わいがいまだに感じられる風情でした。nice!をありがとうございました。>漢さん
by ChinchikoPapa (2010-08-26 11:46) 

ChinchikoPapa

焼きサザエとハマグリには、目がないわたしです。
nice!をありがとうございました。>kakasisannpoさん
by ChinchikoPapa (2010-08-26 17:08) 

ChinchikoPapa

ご訪問とnice!を、ありがとうございました。>hetianさん
by ChinchikoPapa (2010-08-26 18:58) 

ChinchikoPapa

おいでいただき、nice!をありがとうございました。>ぷりん&りくさん
by ChinchikoPapa (2010-08-27 10:10) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2010-08-29 00:10) 

ChinchikoPapa

ときどき、企図や意味をはかりかねる建物がありますね。それらは、たいがい設備の増設や改築のときにできたものなのですが・・・。nice!をありがとうございました。>iruma_wさん
by ChinchikoPapa (2010-08-29 21:10) 

ChinchikoPapa

こちらにもご丁寧に、nice!をありがとうございました。>takagakiさん
by ChinchikoPapa (2010-08-31 22:46) 

ChinchikoPapa

昔の記事にまで、nice!をありがとうございました。>nokanokaさん
by ChinchikoPapa (2014-01-12 13:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました