So-net無料ブログ作成
検索選択

清戸道と目白通りとおまけの左義長。 [気になる下落合]

目白駅踏切跡.JPG
 当サイトでは、これまで目白通り=清戸道(きよとみち)として書いた記事が多いが、少なくとも目白駅Click!の両側、東西各150mほどにわたる目白通りは、旧・清戸道の上に敷設されたものではなく、明治期に造られたまったく新しい道路の可能性が高い。「明治中期には目白通りも目白橋も存在せず、それらは清戸道とは別のまったく新しい道路だ」と証言されている地元の方々がいらっしゃって、実はずっと気になっていたテーマのひとつなのだ。目白通りが造られた当初、地元では桜並木がつづく通りのことを「高田大通り」とも「練馬街道」とも呼称していた。
 本題に入る前に、もうひとつ気になる課題について触れてみたい。清戸道は、練馬Click!を経由して綾瀬の清戸(きよと)へと通じている道だから、江戸期からそう呼ばれてきたとされているわけだけれど、清戸は果たしてもともと「きよと」と発音されていたのだろうか?・・・というのが、もうひとつの気になるテーマだ。漢字が当てはめられる以前、地名が音で呼ばれていた時代の発音は、「せいと」ではなかったかと想像してしまうのだ。地名へ漢字がふられるようになったあと、後世に「せいと」が「きよと」と変節してしまった可能性はないだろうか。
その後、大正中期ごろまで「せいどどう」と呼ばれていたことが判明Click!している。
 江戸東京地方には、由来が知れないほど古くから、左義長(さぎちょう)と呼ばれる正月の火祭りが各地で行われている。江戸時代には防火の観点から、市街地では火祭りが禁止されていた時期もあった。民俗学では、発祥地は古代の出雲地方ではないかとされているが、詳細は不明だ。東京の日本橋方言では、左義長のことを「どんど焼き」と呼んでいる。また、具を盛り上げて焼くお好み焼きのことも、左義長の風情に似ていることから「どんど焼き」と呼ばれていた。さらに、左義長のことを「せいと払い」(下町方言では「せいとばれえ」)と呼ぶ地域もある。この「せいと」の火祭りについて、わたしは湘南に住んでいた子供時代から馴染んできた。国の重要無形民俗文化財にも指定されている、大磯Click!左義長Click!=「せいとばれえ」が身近だったからだ。
 「せいと」は仮名表記のままで、漢字が当てはめられているケースが少なく、地域によっては「セエト」あるいは「セート」というような転訛が見られる。左義長は、1年間にわたり守護してくれた護符、注連縄、御札、破魔矢、用済みになった門松や松飾りなどの“お守り”を焼いて、神の国へ送り返すという古くからの火祭り神事だ。また、その燃えあがる炎で餅や団子を焼いて食べると、再び1年間無病息災でいられるという謂れも付随している。原日本語(アイヌ語に継承)では、セ・イット(se-itto)で「背負う・日」(背負わせる日)で、役目を終えた注連縄や松飾り、神符などを積み上げた大きな山を、神々の国へ神に背負って帰ってもらう、文字どおり“厄介払い”に通じる意味合いを含んでいる。綾瀬の清戸地域にも、古くから伝わる左義長の習慣はないだろうか?
清戸道1925.jpg
 さて、山手線の目白駅が金久保沢の谷間にあったとき、清戸道はいまだはっきりとした痕跡を残していた。それは、西の下落合側ばかりでなく東の学習院側でも、清戸道の道筋はいまだ顕著だ。下落合側から旧道である清戸道たどると、目白通り(高田大通り)の現在のリッチモンドホテルあたり(昔の呼称では駅から「三地先」)から南へ分岐し、崖の斜面を斜めにゆるゆると下っていくと、やがて金久保沢の目白駅の北側(目白橋の南の下)にあった山手線の踏み切りにさしかかり、それを渡り終えると今度は道が急激な上り坂となって、現在の学習院Click!キャンパスの敷地内へとつづいていく。いつか、長崎アトリエ村Click!資料館Click!でお見せいただいた、1909年(明治42)制作の政府陸地測量部による「早稲田1万分の1地形図」(1925年改訂版原版)の、非常にクリアな画像データをいただいたので確認してみると、やはり清戸道の残滓がはっきりと描かれている。
 では、学習院側の資料ではどうだろうか? 学習院における清戸道のとらえ方は、江戸時代後期の1772年(明和9)に作成された「高田村雑司谷村絵図」をベースにしている。測量にもとづく正確な地形図とは異なり、道幅も距離感もデフォルメされたアバウトな絵図に記載の目標物に合わせて、現在の学習院キャンパスを想定して描き入れているため、清戸道はキャンバスの中央からやや北寄りの位置を東西に横切っていたように解釈されている。でも、実際にはもっと北寄りの位置ではないかと思われるのだ。また、早稲田1万分の1地形図では、旧・清戸道は学習院正門の手前で目白通り(高田大通り)と合流しているが、これは学習院が建設される際の道筋修正の可能性があり(目白駅で下車した学生たちの登校通路化)、本来はキャンパスを東西に横切って、地形的に街道筋を想定するなら現在の目白警察署あたりまでつづいていたのかもしれない。
絵図にみる学習院1772.jpg
 この道が消滅したのは、学習院側では目白駅が橋上駅化され、目白橋の下にあった踏み切りが廃止となり、学習院馬場Click!の移転と目白通りの拡幅・再整備が行われた大正後期ごろだと思われるが、下落合側に残る清戸道の痕跡は昭和に入ってからもしばらく残っていた。この道を廃止し、もう少し南へ東西を結ぶ道路(現在の近衛町の北側から豊坂稲荷下の金久保沢Click!へと抜ける道路)の建設が、高田町議会で議決されたのは、ようやく1930年(昭和5)になってからのことだ。1933年(昭和8)に出版された『高田町史』から、道路整備の議決の模様を引用してみよう。
  
 金久保沢千百十四番地先より千百二十番地の三地先に至る延長九十五間余の道路を廃して、千百十二番地の一地先より下落合新田四百五十番地の二地先に至る延長百十七間余の三間幅道路を新設し、路線の位置変更を議決した。
  
 書かれている「(金久保沢)千百十二番地の一地先」とは、現在の豊坂稲荷下にあるコンビニ「am/pm」の敷地前に相当する。旧・目白駅の駅前に近い位置だ。この時点では「議決」と書かれているので、1933年(昭和8)現在では工事はまだ行われていなかったか、あるいは工事中だったと思われる。1935年(昭和10)に作成された高田町市街図では、旧・清戸道と新たな南側の東西道とが双方描かれており、5年後の同図から旧・清戸道が消えているので、おそらくこの5年間のどこかで清戸道の残滓は廃止されたのだろう。旧・清戸道は、下落合側では目白通り南側の歩道の下や、あるいはリッチモンドホテルやみずほ銀行のビルの下に隠れてしまった。こう考えてくると、目白駅近くに昔からお住まいだった方々が、「明治中期には目白通りも目白橋も存在せず、それらは清戸道とは別のまったく新しい道路だ」と証言された意味合いが理解できてくる。
逓信地図1907.jpg 新三間道路.JPG
 最後に、もうひとつ余談ついでに、雑司ヶ谷の鬼子母神Click!が出現した現在の雑司ヶ谷あるいは目白界隈の一部の地名も、当てはめられた漢字は異なるが、やはり「清土」と呼ばれていた。こちらは「きよと」ではなく、古い資料では「せいと」とルビがふられている。雑司ヶ谷鬼子母神とその周辺域で、正月の神事・左義長がいまに伝わっているところはあるだろうか? このような東京の火祭りは、住宅地化が進むとともに火事への懸念から、廃れてしまった地域も多い。

■写真上:旧・清戸道と山手線が交差して、大正後期まで踏み切りがあったあたりの現状。
■写真中上:1909年(明治42)制作の「早稲田1/10,000地形図」(1925年改訂版原版)。
■写真中下:1772年(明和9)に作成された「高田村雑司谷村絵図」をベースに作られた、学習院大学の清戸道が横切るキャンパス資料。緑に塗られている部分が、現在の学習院大学敷地。
■写真下は、1907年(明治40)に作成された「逓信地図」にみる目白駅周辺。は、1930年(昭和5)に計画が議決され清戸道に並行して南側に造成された新三間道路。


読んだ!(17)  コメント(24)  トラックバック(11) 
共通テーマ:地域

読んだ! 17

コメント 24

ChinchikoPapa

レスター・ボウイというと、80年代に「ロフト派」と呼ばれたアーサー・ブライスたちとの作品が印象に残ってます。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 11:28) 

ChinchikoPapa

『がいこつ亭』を、いつもありがとうございます。やはり、映画『ヴィヨンの妻』は気になりますね。nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 11:31) 

ChinchikoPapa

先日お送りいただいた「会社案内」で、今治国際ホテルの様子は拝見してました。一度泊まってみたいです。nice!をありがとうございました。>今造ROWINGTEAMさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 11:34) 

ChinchikoPapa

1950~70年代の神奈川県は、人口の爆発的な増加で水不足が非常に深刻な課題でした。「相模川総合開発」と呼ばれ、エンエンとつづいた上水確保の事業は、第何次計画まで存在したのでしょうね。nice!をありがとうございました。>りぼんさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 11:44) 

ChinchikoPapa

殿ヶ谷戸庭園の湧水石組みの右手(東側)に茶室があって、ときどき和服姿の女性たちを見かけますね。先日は、お弁当を食べる休憩所として利用されていたようですが。nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 11:48) 

ChinchikoPapa

お稲荷さんでしょうか、茅葺き屋根のフォルムがいいですね。
nice!をありがとうございました。>takemoviesさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 12:03) 

ChinchikoPapa

東京オリンピックの1964年まで、Unicefは日本の子どもたちへ食糧や衣料の支援をつづけてくれたわけですから、わたしも小学校の途中まで、給食でお世話になっていますね。nice!をありがとうございました。>shinさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 14:47) 

ChinchikoPapa

ひとコマ撮りのお話を読ませていただきますと、やはり思い出してしまうのが小学生のとき教科書の隅にいたずら書きした、手作りアニメーションの面白さですね。nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 14:58) 

ChinchikoPapa

「実行の着手」は犯罪に限らず、特にソフトウェア部分である企画の着手にも似て、客観的な規定が難しいですね。もっとも重要な“動機”の具体化フェーズにもかかわらず、コストがいちばん見えにくいとか・・・。(爆!) nice!をありがとうございました。>トメサンさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 18:58) 

ChinchikoPapa

鍵の字状の古民家を見ますと、昔学校で習った東北の「曲り家」を思い出してしまいます。nice!をありがとうございました。>とらさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 19:00) 

ChinchikoPapa

小田原は箱根へのとっかかり口として、昔から馴染みのある街です。
nice!をありがとうございました。>漢さん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 19:02) 

ChinchikoPapa

関東に住んでいる大阪の方が、小豆島のマルキン醤油の薄口が好き・・・ということで、通販で買っておとどけしたことがありました。w nice!をありがとうございました。>No14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 20:12) 

No14Ruggerman

写真中上の地図上にある「目白中学校」なる記載を見てそれが存在していたことを知りました。改めてPapaさんの過去ブロでチェックさせていただきました。ありがとうございます。その敷地上には現在私の友人が住んでいます。
by No14Ruggerman (2009-12-13 20:47) 

ChinchikoPapa

No14Ruggermanさん、コメントをありがとうございました。
目白中学校は、1926年(大正15)に練馬へ移転するまで建っていました。そのあと、この区画を「近衛町」の一部として東京土地住宅から事業を引き継いだ箱根土地が販売してますので、古くからお住まいの方でしたら、ひょっとすると箱根土地から敷地を購入されてるのかもしれませんね。目白通りも近い一等地ですから、箱根土地は水道・ガスを引いたうえ、かなり高価で売り出したと思います。
by ChinchikoPapa (2009-12-13 20:59) 

ChinchikoPapa

最初に読んだ寺山修司は、岸上大作の『意思表示』について語る評論と、歌集『田園に死す』だったでしょうか・・・。ともに、学生時代だったと思います。nice!をありがとうございました。>ぼんぼちぼちぼちさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 23:47) 

ChinchikoPapa

最近、調べものが多くて、“今の本”を読んでいないことに気づきます。ちょっとヤバイですね。nice!をありがとうございました。>ひまわりさん
by ChinchikoPapa (2009-12-13 23:50) 

ChinchikoPapa

キケロにしろルーシェにしろ、バッハを好んで取り上げるJAZZピアニストが多いのは面白い現象ですね。もともと、インプロヴィゼーションである旋律や運指に惹きつけられるものでしょうか。nice!をありがとうございました。>sungenさん
by ChinchikoPapa (2009-12-14 11:50) 

ChinchikoPapa

桜ノ宮公園の、水辺の樹木の風情がいいですね。歩いてみたいです。
nice!をありがとうございました。>こぐまねさん
by ChinchikoPapa (2009-12-15 00:01) 

SILENT

せいとみち由来興味深いですね
>原日本語(アイヌ語に継承)では、セ・イット(se-itto)で「背負う・日」(背負わせる日)
成る程です
情景が浮かびますね
サエノ神や、サイノカミやセーノカミサンが長い年月で入り交じって来たものと考えていましたがセイやサイにロマンが広がりますね。左義長トラックバックありがとうございます。
始めて大磯の左義長見物の際、賽の神さんに、賽銭箱、道切りのしめ縄に下がる賽子の大根、賽塔の高さに驚きました。
何とサイづくしのことかと。
by SILENT (2009-12-15 07:50) 

ChinchikoPapa

SILENTさん、コメントをありがとうございます。
大磯の左義長は、都内で行われている同火祭りとは異なり、積み上げる高さがケタ外れに大きいです。海岸で行われるため、周囲への火災の心配がないせいもあるのでしょうが、おそらく日本最大級の「せいとばれえ」ですね。
清戸道について、目白界隈にも残る「清土(せいと)」の地名音とともに、その街道沿いに「せいと」と呼ばれる地域、あるいは「せいと」と読める地名が現在でも散在していたら、綾瀬の清戸へとつづく清戸道は「火祭り街道」というような謂れが、大昔にはあったんじゃないか?・・・などと、清戸道を勝手に炎の“ロマンチック街道”化する野放図な想像が進行中です。^^;
by ChinchikoPapa (2009-12-15 11:15) 

アヨアン・イゴカー

川崎市麻生区ではどんど焼きと呼んでいますが、子供の頃一、二回だけ行ったことがあります。人口が増えた現在も、毎年やっています。

先日、武蔵大学へ行ったのですが、ブログで紹介されていた「湧水」と小川見てきました。誰もおらず、木に囲まれた好い空間でした。銀杏の実が地面に敷き詰められるように落ちていました。
by アヨアン・イゴカー (2009-12-18 08:38) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、こちらにもコメントとnice!をありがとうございます。
下町とまったく同じ呼称ですね。^^ 西のほう、確か中国地方あたりでしたか、やはり「どんど焼き」と呼んでいる地域があって、関東と同じだ・・・と印象に残った記憶があります。あと1ヶ月で、もう「どんど焼き」の季節なのですね。
武蔵大学の「湧水地」は、とても人工とは思えずにすっかり騙されてしまうところでした。でも、ちゃんと往時の姿を回復しているところはステキですね。
by ChinchikoPapa (2009-12-18 12:24) 

こぐまね

こんばんは こぐまねです
今年は私のブログに訪問していただきありがとうございます。
ブログを始めて本当に良かったと思います。
たくさんの人に訪問していただき、たくさんのコメントもいただきました。来年も頑張って歩きつづけたいと思います。
来年もよい年であるように~~

by こぐまね (2009-12-31 23:26) 

ChinchikoPapa

こぐまねさん、ごていねいにコメントをありがとうございます。
こちらこそ、ご訪問いただきありがとうございました。大阪の梅田から中津界隈にかけての記事、楽しく拝見させていただきました。佐伯祐三がらみのエピソードでは、中津と下落合は直結していますので、いろいろと興味深いです。
大阪空襲のことにも触れられていますが、佐伯祐三の兄の祐正は、この空襲時に光徳寺の倒壊した堂の下敷きになり、それが原因で死去しています。佐伯作品もいくらか残っていたのかもしれませんが、きっと失われているのでしょうね。
by ChinchikoPapa (2010-01-01 00:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。