So-net無料ブログ作成
検索選択

水道料金が31%値上げのパニック。 [気になるエトセトラ]

蛇口.jpg 値上げ女中.jpg
 1925年(大正14)の暮れに、東京府の水道料金が31%も値上げされるというニュースが東京市民を震撼させた。このとき、地下水をポンプで汲みあげて蛇口から水が出る「水道」Click!にしていた、落合地区の人々にとってはまったくの他人事だったかもしれない。荒玉水道Click!が下落合界隈に引かれるのは、まだそれから5年もたってからのことだ。
 水道の大幅値上げのニュースは、東京のおもに市街地へ大きな衝撃を与えた。1926年(大正15)1月13日に発行された『アサヒグラフ』(東京朝日新聞社)では、水道料金が値上げされるとどのような事態になるのかを、半分おふざけ半分マジメに取りあげた、近未来シミュレーションの記事を掲載している。市内には、それほど大きな不満がくすぶっていたのだろう。
  
 恐ろしい東京の水道/三割一分の値上げ案
 年の暮のどさくさ紛れに東京市参事会に提案された。これが盛夏の候ならば問題の火の手はパツト燃え上がつて、ケチ臭い水道の水くらゐでは消防も出来兼ねたらうが年の瀬も押し詰つた廿三日に提案したところに、手管がある。何しろ恐ろしいことだ。この値上の結果はさてどうあらうか。
                                           (同誌「水道値上げ」より)
  
値上げ電車男.jpg 値上げ野良犬.jpg
 記事では、水道の水を飲んでいた犬が、「こん畜生!水道の水なんか呑みやがつて飛んでもねえ。どぶの水でも呑め!」と追い払われている。金魚が嘆くには、「このごろは水をさつぱり取替へてくれないから、みんな近いうちにお陀仏だらうよ」。電車の中では、職人が「オーツ臭せいぞ、此頃の女の頭はなんて臭せいんだらう」と言って鼻をつまむと、女性たちが「この頃は水が高くつて髪もろくろく洗へやしないわね」とつぶやいている。
 クリーニング屋も大幅値上げとなり、「洗濯料が馬鹿に高くなつたので家庭にはいつでも洗濯の山、勤め人には黒シヤツが流行り出す」そうだ。黒シャツだと、よけいに汚れが目立つような気がするのだけれど・・・。カフェでは「フリーウオーター廃止、コーヒー紅茶値上げ」、演説会の演壇では「水道値上げに付、水は一人一杯限りの事」、銭湯の入浴料や理髪料も、さらに目医者の目薬までもがいっせいに高くなり、はては書家の潤筆料まで「水道が値上げになつたので潤筆料は一字一円増にいたゞきますぢや」・・・などなど、後半はかなり便乗値上げの気がしないでもない。
 きわめつけは消防署からの「通達」で、「水道値上げに付、出火の節は成るべく水を節約する事」、要するに火災でもあまり水をかけるな・・・ということらしい。公衆便所にいたっては、「水道値上げにつき小用の節は手を洗はぬ事」なんて、不衛生な貼り紙がしてある。こんなことが現実化したら、街中はパニックになっていただろう。でも、実際にはそれほど大きな騒ぎにはならなかった。多くの施設や商店では、「営業努力」で値上げ分をできるだけ吸収しただろうし、乃手の多くの地域では井戸がいまだ健在だったからだ。
値上げトイレ.jpg 値上げ書家.jpg
 下落合では、1930年(昭和5)に荒玉水道が敷設されてから30年もたった、戦後の1960年代まで、井戸水の使用をやめなかった家庭が数多く存在している。水道水に比べ、目白崖線から湧く地下水のほうが清廉で、はるかに美味しかったのだから、むしろ当然だったのだろう。下落合のほぼ全域で、水道水が使われるようになるのは1970年代ごろからだ。

■写真上は、下落合の某邸に残った、大正製と思われる真鍮蛇口。荒玉水道ではなく井戸水「水道」用のもの。は、水が高くて蛇口まで手がとどかない『アサヒグラフ』の皮肉なコラージュ。
■写真中は、女性の頭が臭くて鼻をつまむ電車内。は、水道水を飲んで追われる野良犬。
■写真下は、「手を洗はぬ事」と貼られた公衆トイレ。は、潤筆料の値上げを考える書家。


読んだ!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 6

コメント 8

アヨアン・イゴカー

面白い記事ですね。
美濃部都知事の時代に、水道料金の値上げについて大騒ぎになったのを思い出しました。
それにしても、風刺画はいいですね。とくに、筆で描いてあると、切れがあっていいです。
by アヨアン・イゴカー (2009-02-16 09:36) 

sig

こんにちは。
ものが急に高騰すると、なぜ、と思うと同時に、それまで意識しないで来たことへの認識が高まるかもしれませんね。
私も昔は水道代が安かったので、水なんかどこにでもあるのだから、と思っていたものですが、今は飲料水にするまでには手がかかるのだから、と容認するようになりましたものね。
それにしても、洗濯、洗車、道路の水撒き、植木の水遣りも飲料水とは、水に困っている国の人たちが見たらどう感じるでしょうね。
by sig (2009-02-16 13:42) 

ChinchikoPapa

「サキコロ」より、わたしは「Vol.2」のほうが好きだったりします。
nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2009-02-16 14:26) 

ChinchikoPapa

東京ではカラスは激減したようですが、外周域ではトンビによる「被害」が増えてるとか。うまく両者でバランスがとれないものでしょうか。nice!をありがとうございました。>takagakiさん
by ChinchikoPapa (2009-02-16 14:31) 

ChinchikoPapa

アヨアン・イゴカーさん、コメントとnice!をありがとうございます。
この筆イラストは、誰が描いたんでしょうね。当時、イラストレーターという職業は未成立ですので、きっと美術学校を出た画家のたまごか、あるいはプロの画家がアルバイトで描いたイラストなんでしょうが、写真とイラストをコラージュにしたりと、大正後半の「アサヒグラフ」は、表現的にもかなり進んでいる印象を受けます。
by ChinchikoPapa (2009-02-16 14:37) 

ChinchikoPapa

宝クジ連続当選軍団「宝組」があれば、ぜひ入りたいですねえ。^^
nice!をありがとうございました。>漢さん
by ChinchikoPapa (2009-02-16 14:44) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
最近、東京の水道水が昔ほどまずくなくなっていますが、薬品による消毒をかなり減らして、浄水場に紫外線殺菌装置を導入しているからのようですね。そのシステム設備への投資はかなりのコストだと思うのですが、とりあえず料金に大きくは跳ね返ってきてないようです。
下落合界隈では、さすがに井戸水を飲料水に使用している家庭はなくなったと思いますが、生活水に使用しているお宅は水道代の節約になるせいか、まだまだあると聞いています。災害時の水源確保のテーマともつながりますが、そういうお話を聞くにつけ、井戸が掘りたくなってしまいますね。
近くの公園で湧く泉の水を、何度か飲んだことがあるのですが、美味しいんです。いまのところ、お腹をこわしたことはありません。^^;
by ChinchikoPapa (2009-02-16 15:06) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>きたろうさん
by ChinchikoPapa (2013-04-11 11:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました