So-net無料ブログ作成
検索選択

空襲で妙正寺川の中へ逃げた高良一家。 [気になる下落合]

高良邸1.JPG
 1936年(昭和11)2月26日、高良とみClick!は大雪の新宿にいて二二六事件Click!のニュースを知った。新宿方面に事件のウワサが伝わってきたのは、同日の午後になってから・・・というClick!が多いようだ。おそらく、不安になった彼女は動いていた山手線で高田馬場駅へともどり、西武電気鉄道(現・西武新宿線)に乗り換えて下落合駅から自宅(当時の地番は旧・下落合3丁目680番地で、現在は中落合2丁目)に引き返したと思われる。1983年(昭和58)に出版された、高良とみ『非戦(アヒンサー)に生きる』(ドメス出版)から引用してみよう。
  
 一九三六年(昭和一一)年(ママ)の二月二六日、いわゆる二・二六事件のニュースを、私は雪が降り続く新宿で聞き、これは大変なことになったと思いました。また、どのような関係を通してかは覚えておりませんが、その頃私は陸軍省に行って、陸軍のインド征服計画および「満州国」独立、そしてアジア征服計画を、大臣や局長から聞いたこともあります。今顧みても何と暗い時代であったことかと、戦慄を覚えます。 (同書「行動する心理学者として」より)
  
 高良とみが、「二・二六事件のニュース」と書いている点に留意していただきたい。ラジオは当日の朝から沈黙していた・・・というのが「公式」の記録だけれど、うちの親父も祖母Click!とともに「ラヂオのニュース」を聞いたと一貫して口にしている。同日の様子を、目白駅の向こう側の江戸川橋近くに住んでいた、当時はまだ6歳だった都筑道夫は、『推理作家が出来るまで』(フリースタイル/2000年)の中で、こう表現している。
  
 私の記憶にある昭和十一年二月二十六日は、物音のしない一日であった。雪がつもっていて、物音が吸いとられるせいだったろう。(中略) 両親や祖母も、あまり喋らなかった。雪のふりつもったところが見たくて、私が外へ出ようとすると、父親に叱られた。その口調で、なにか大変なことが起ったらしいのは、私にもわかった。(中略) 子どもごころにも、異様に緊張した一日だった。それが、二・二六事件の日だという認識を持ったのが、いつだったかはおぼえていない。
  
 家にいた都筑家では、なぜ「大変なことが起った」のを早くから知っていたのだろうか?
高良興生院1938.jpg
高良興生院1947.JPG
 同日の午後、西武電鉄を高良とみとは逆方向から乗り、高田馬場駅で山手線に乗り換えた女性がいた。江戸期からつづく神田の家に生まれ、垢抜けした言動が美しかった彼女は、中井駅のとなりの新井薬師駅から乗りこみ、下落合の丘を眺めながら高田馬場経由で山手線の日暮里駅あたりへと向かう予定だった。高良とみとは、人出が極端に少なかった駅やホームのどこかですれ違っているかもしれない。彼女は、新井薬師の商店街にあったうなぎ割烹「石田屋」に、仲居として働きはじめたばかりだったが、店の主人と恋愛関係になり待合茶屋で待っている彼のもとへと急いでいたのだ。のちに駆け落ちすることになるふたりだが、女性の名前は阿部定、待っている男は石田吉蔵だった。
 さて、高良とみが「戦慄を覚え」たように、その後わずか5年で日本は太平洋戦争へと突入することになった。空襲が予測される時期になると、高良家では家族を茨城県へ疎開させているが、夫の高良武久は高良更正院(のちに高良興生院)の運営と、慈恵医大の教授を引き受けていたので、東京を離れられなかった。1945年(昭和20)3月10日の東京大空襲Click!では、当夜たまたま慈恵医大で宿直だった彼は、次々と運ばれてくる負傷者の手当てに忙殺されている。
 元・米国人のキリスト教伝道師宅だった疎開先の家を、憲兵隊に「敵の財産」だと没収された高良とみは、やむをえず家族を連れて旧・下落合3丁目1808番地(現・中落合1丁目)の、高良更正(興生)院に隣接した自宅へともどってくる。疎開先の家を憲兵隊から執拗に追われたのは、前年の1944年(昭和19)に起きた良心的兵役拒否の「石賀事件」に、高良とみが関連していたと憲兵隊からにらまれていたからだ。彼女は連日、憲兵隊本部から呼び出しを受けて尋問されており、疎開先の家屋没収も彼女への嫌がらせのひとつだったと思われる。そして、1945年(昭和20)4月13日夜の空襲Click!を迎えることになる。少し長いが、同書から引用してみよう。
高良興生院1944.JPG 高良興生院1960.jpg
高良家ファミリー.jpg 高良邸2.JPG
  
 ところが、四月一三日夜、再び東京は空襲を受けたのです。B29が急旋回してくる中を、私は三人の娘たちに貯金通帳や米の配給帳を入れたかばんを一つずつ背中にくくりつけ、防空壕からさらに川の中洲へ避難させました。武久と私は、病院の者たちと共に防空頭巾をかぶり、防火につとめているうちに、隣の幼稚園の石炭置き場に焼夷弾が落ち、あっという間に燃え拡がってしまいました。/火はどんどんこちらへ近づいてきます。私の頭巾の左側にも火が燃え移り、あわてて頭巾を投げ捨てた瞬間に、大きなドカーンという音がしました。私たちの目の前の病棟に何本もの焼夷弾が落ちたのです。私たちは必死で消火にあたりました。そうしているところへ、思いがけなく坂の上からきた消防車が、川の水を吸い上げて母屋へ燃え移ろうとしていた火を消してくれたのです。患者さんのベッドに炎がぶすぶすくすぶっているのを見た私は、すぐに傍にあった枕でポンポンたたいて火を消しました。ふと目を上げると、高田馬場方面の東の空に、真っ赤なトマトのように焼けた太陽が昇ってくるのが見えました。辺りは一面火の海でした。 (同上)
  
 当時は十三間通り(新目白通り)は存在しないので、消防車は目白崖線の「坂の上から」やってきたのだ。おそらく、神田川・妙正寺川沿い一帯が空襲されているので、目白通りあたりの消防署から聖母坂を下り、駆けつけてきた消防車の1台だったのだろう。あたりは「火の海」だったと書いているが、この川沿いの中小工場をねらった空襲で亡くなった方Click!も少なくない。
妙正寺川1.JPG 妙正寺川2.JPG
 また、高良家が妙正寺川の川中へ避難しているのも興味深い。当時は、すでに妙正寺川の整流化工事とコンクリートによる護岸工事は終わっていたが、まだ現在ほど川底が深く浚渫されていなかったのだろう。川底には、水面から顔をのぞかせている「中洲」があり、家族はそこへ避難していた。彼女は「川の中洲」と書いているが、砂洲は川のまん中ではなく、妙正寺川の南岸に沿って中井方面へと長くつづいていた。この砂洲については、敗戦後すぐに米軍のB29から撮影された空中写真でもハッキリと確認することができる。高良家だけでなく、妙正寺川の川の中へ避難したお宅はまだかなりありそうだ。ご記憶の方があれば、ご一報いただければと思う。

■写真上:高良興生院と高良邸が建っていた、旧・下落合3丁目1808番地の現状。現在、建物の1階はベーカリー兼カフェ「スワン」になり、コンサートや展覧会など多彩な催しが開かれている。
■写真中上は、1938年(昭和13)制作の「火保図」で高良更正(興生)院のできる前の様子。は、1947年(昭和22)の同所。かろうじて高良邸が焼け残り、病棟もいくつか残っている。
■写真中下上左は、1944年(昭和19)の空襲半年前に撮影された高良邸。上右は、1960年(昭和35)に住宅協会が作成した「東京都全住宅案内帳」にみる高良興生院。下左は、妙正寺川で危うく難を逃れた高良一家。手前左から、高良登美、高良武久、高良とみ。下右は、現在の同所。
■写真下は、昭和橋の上から見た妙正寺川で、川の右手が高良興生院にあたる。は、旧・白百合幼稚園の敷地前あたりから眺めた昭和橋。ほどなく、下落合駅へと抜けることができる。

Hiroyuki Senbokuさんが、卒園された白百合幼稚園の貴重な写真や資料を、ご自身のブログで公開されました。戦後に同園を卒園された方には、たいへん懐かしい資料類ではないでしょうか。ぜひご参照ください。
http://seewind.at.webry.info/201404/article_4.html


読んだ!(8)  コメント(19)  トラックバック(6) 
共通テーマ:地域

読んだ! 8

コメント 19

ChinchikoPapa

オリバー・ネルソンといえば、Impulse「ブルースの真実」シリーズと条件反射のように出てきますが、演奏者が豪華なわりには、これらアルバムのサウンドの印象度は高くありません。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2008-12-20 10:51) 

ChinchikoPapa

多摩地区から山梨あたりにかけて林業が復活し、スギの間伐や枝払いをしてくれると、わたしはずいぶん助かります。nice!をありがとうございました。>一真さん
by ChinchikoPapa (2008-12-20 11:07) 

かい

楽しみですね。(↑アド街)^^

ところでchinchiko papa様、
火災つながりで申し訳ないのですが、昨日の中村彝アトリエ隣家の件はお耳に入っているでしょうか。
近所なので驚きました。幸いにもアトリエのお宅に被害はありませんでしたが。
by かい (2008-12-20 16:10) 

ChinchikoPapa

春田英知様、コメントをありがとうございます。
当サイトに掲載されています写真は、国会図書館などに保存されています、大正期の雑誌からスキャニングしたものです。著作権や編集著作権はとうに切れていますので、ご利用は問題ないと思いますが、ひょっとすると雑誌の出版社のほうに、原版の良質な写真が残っている可能性もありますね。
詳細は、のちほどメールを差し上げます。少々お時間をください。
by ChinchikoPapa (2008-12-20 23:13) 

ChinchikoPapa

かいさん、コメントをありがとうございます。
知り合いのお宅ですので、夕方お見舞いに行ってまいりました。お住まいの方が、風邪で伏せられていたので発見が少し遅れたとのこと。でも、ご家族におケガもなく、窓と外壁を少し焼く小火で済んでなによりでした。不幸中の幸いですね。
by ChinchikoPapa (2008-12-20 23:18) 

ChinchikoPapa

LEDを30万球というのは、すごいですね。しばらく見とれてしまいました。
nice!をありがとうございました。>takemoviesさん
by ChinchikoPapa (2008-12-20 23:21) 

ChinchikoPapa

ロリンズの「サキ・コロ」、ずいぶん聴いたので懐かしいです。スパゲティを上から撮影したのかと思ったら、照明なのですね。nice!をありがとうございました。>shinさん
by ChinchikoPapa (2008-12-20 23:25) 

ChinchikoPapa

つい先年も、古書店で筑摩の大人向け「世界のノンフィクション」(30巻)を、つい衝動買いしてしまいました。1960年代の全集ですが、安くてビックリしました。nice!をありがとうございました。>sigさん
by ChinchikoPapa (2008-12-20 23:32) 

テツオ

どうも、まいど。いや、ネット古典語ではオヒサです。今回の白百合幼稚園のOBです。昭和20年代後半。ウチから妙正寺川側道を一本道でした。籐のバスケットにアルミのお弁当箱を入れてました。側道は現在とほとんど同じ。たしかライオンズマンションのあたりに製材所があって、材木特有の臭いがすごかった。今思い出すと、なかなか良い幼稚園だったな。園長先生のお婆さんは気合いが入っていたな。いうことを聞かないガキを叱り飛ばしていた。若い先生も熱意があった。

by テツオ (2008-12-23 09:34) 

ChinchikoPapa

テツオさん、コメントをありがとうございます。
白百合幼稚園を出られた方、わたしの周囲にも何人かいらっしゃいます。たいへん特徴のある幼稚園だったからでしょうか、さまざまなエピソードをお持ちのようですね。お話からしますと、きっと園長先生がみなさんのご記憶に強い印象を残しているのではないかと想像します。
製材所は、中ノ道(新井薬師道)に面してあったものでしょうか。昔の地図を見てますと、この道沿いには植木屋や材木店など「木」に関係する商店が多いような気がします。
by ChinchikoPapa (2008-12-24 00:42) 

ChinchikoPapa

こちらにもnice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2009-01-27 12:49) 

ヒロオ

初めてメールします。
東京に単身赴任中の身ですが、先週の都議選のとき投票所となっていた落合第一小学校に行ったとき、白百合幼稚園のことを思い出し、ネットでこのページを見つけました。
昭和29年から35年まで下落合3丁目に住んでおりました。
白百合幼稚園卒園。落合第一小学校に小学2年までおりました。
白百合幼稚園の園長先生は小島貞子さんでした。入園式のときに自己紹介されたことを覚えています。落1の1年の担任は長谷川すず先生、2年の担任は田中明先生でした。
このページは私の知らない落合の歴史満載で、親近感が湧きます。。
by ヒロオ (2013-06-28 18:23) 

ChinchikoPapa

ヒロオさん、貴重なコメントをありがとうございます。
わたしが落合地域へ足を踏み入れた1970年代半ば、妙正寺川沿いに幼稚園があった記憶がありませんので、それ以前に閉園されてしまったものでしょうか。先日も、上落合で偶然、白百合幼稚園ご出身の方にお会いしました。みなさんのお話をうかがいますと、かなり人気が高く、印象深い幼稚園だったようですね。
うちの子どもたちは、「第二文化村」の下落合みどり幼稚園に通いましたが、白百合幼稚園のほうが家に近いので、開園していたらそちらに通わせていたかもしれません。w
by ChinchikoPapa (2013-06-29 13:30) 

ヒロオです

わたしが白百合幼稚園を卒園した後、2歳下の弟も白百合幼稚園に通いましたが、途中で廃園になりました。確か昭和34年頃だったと思います。

白百合幼稚園では、クリスマス会で歌う讃美歌の練習を外が真っ暗になるまで行い、父母が心配して迎えに来たことがありますし、クラスの数名が選ばれ、当時珍しかったオープンリールのテープレコーダーを使った外国人による英会話の時間がありました。

わたしが育った当時は下落合3丁目でしたが、その後、住所変更があり、今は中落合2丁目となっているようです。
by ヒロオです (2013-07-03 20:32) 

ChinchikoPapa

ヒロオさん、コメントをありがとうございます。
ここでも何度か取り上げていますが、白百合幼稚園を開園した尾崎行雄の長女・清香は、佐々木久二の妻だった人ですね。二二六事件のとき、岡田首相が身をひそめたのが、まさに白百合幼稚園の建っていた佐々木邸の敷地で、佐々木雪香も岡田の世話をしたのではないかと思います。
佐々木家がキリスト教に帰依していた関係から、佐々木清香が設立した幼稚園でも讃美歌が歌われたものでしょうか。佐々木清香の実妹、尾崎行雄の次女・雪香もまた、下落合の相馬恵胤と結婚して、御留山の相馬邸に1939年(昭和14)まで住んでいましたね。
でも、讃美歌といい英会話の練習といい、なんだかかなりハイカラな印象を受けます。重ねて、貴重な情報をありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2013-07-03 21:07) 

Hiroyuki Senboku

はじめまして。白百合幼稚園で検索していて、このブログを見つけました。
昭和24年に入園して、25年に卒園したOBです。小学校は杉並第五小学校へ移ったので、そのブログを作っています。下落合に住んでいたのは、下落合4-2272番地でした。現在は中落合4丁目17-8となっているようです。
たまたま創立30周年の秋季運動会への招待状が残っていますので、スキャナーでとって、どこかに載せたいと思っています。紙が黄色に変色して、破けてしまいそうです。白百合幼稚園の写真も残っていると思います。よろしくお願いします。

by Hiroyuki Senboku (2014-04-19 12:17) 

ChinchikoPapa

Hiroyuki Senbokuさん、コメントをありがとうございます。
白百合を卒園された方、ずいぶんいらっしゃるのですね。わたしの周囲でも、「あそこに幼稚園があって……」と話される方が何人かいらっしゃいます。それだけ、印象深い幼稚園だったのでしょうね。「白百合」は聖母マリアの象徴ですから、カトリック系の運営方針だったものでしょうか。
旧・下落合4-2272といいますと、落三小学校や自性院も近い位置ですね。南側は中井不動も近く、散歩でよく通る道筋です。w ぜひ、写真や資料類をサイトへアップしてください。版権したいと思います。こちらこそ、よろしくお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2014-04-19 13:34) 

Hiroyuki Senboku

白百合幼稚園の資料と、私のその当時の写真を自分のブログへアップしました。
幼稚園での写真は、手元にないので、また入手しだいアップしようと思っています。我家から幼稚園までの道を、現在でもたどることができるのか分かりませんが、ぜひ一度行ってみたいと思っています。
ここにコメントされているOBの方にも見ていただけるとうれしいです。
by Hiroyuki Senboku (2014-04-22 20:22) 

ChinchikoPapa

Hiroyuki Senbokuさん、コメントをありがとうございます。
さっそく、この記事からトラックバックをさせていただきました。また、記事末に写真や資料が掲載されていますページへのURLを、コメントとともに追加しています。
それにしましても、白百合幼稚園が閉園してしまった現在、公開されています写真や資料はきわめて貴重なものですね。ありがとうございました。重ねて、お礼申し上げます。
by ChinchikoPapa (2014-04-22 22:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。