So-net無料ブログ作成

江戸東京で物語が最多の両国橋。 [気になるエトセトラ]

両国広小路1.jpg
 親父が仕事の関係で神奈川に住みながらも、最優先で取り組んでいた東京の“運動”のひとつに、大川(隅田川)の大橋(両国橋)花火大会復活のテーマがあった。無知で傲慢な明治政府の手で、神田明神から外された将門の主神復活Click!もそうだが、柳橋あたりで花火復活をめざす集りがあると、酒が一滴も飲めないのに、なにはさておいても必ずマメに出かけていった。戦時中を除き子供のころから毎年、両国花火大会を日本橋側から観なれていただろう親父は、どうしても柳橋Click!に集中していた料理屋Click!すずらん通りClick!、あるいは千代田小学校Click!(現・日本橋中学校)の屋上からもう一度、両国花火大会を見たかったに違いない。お盆がすぎた7月下旬の蒸し暑い夜、大川で納涼花火が上がらなければ、とにかく江戸東京の街ではない感覚だったのだろう。
 1733年(享保18)から始まったとされる両国花火だが、戦時中の数年を除いて1961年(昭和36)に防火事情と交通の悪化を理由に中止されるまで、実に230年近くもつづいていたことになる。花火大会は、わたしが学生時代の1978年(昭和53)に復活するのだけれど、両国の花火大会ではなく「隅田川花火大会」となってしまい、打ち上げ場所も伝統ある両国橋の北側=柳橋の前から、かなり上流の浅草寄りへと移動してしまった。打ち上げ場所が変わってしまったことに渋い顔はしていたけれど、とりあえず大川に花火大会がもどったということで、いちおうは親父も満足していたのだろう。TVの前にソファをドッカとすえて、花火中継をうれしそうに観ていた顔が浮かぶ。
1銭蒸気「両国橋」.jpg 1銭蒸気発着場跡.JPG
 両国橋は1659年(万治2)、千住大橋に次いで隅田川に架けられた大規模な橋だ。江戸期に造られた本来の木橋は、現在の位置から下流へ40mほどのところに架かっていたのだが、明治期に一度上流へ20mほど動いて鉄橋となり、関東大震災のあと元柳町Click!を“消滅”させるかたちで両国広小路ごと、さらに上流の現在地へと移動している。当初から両国橋と呼ばれることは少なく、「大橋」と呼びならわされてきており、親父もそう呼ぶことが多かった。
 この橋をめぐるエピソード「両国橋物語」は、本が1冊できるどころの話ではなく、各時代ごとに分けて全集が作れてしまうほど多いだろう。専門のサイトを作って毎日更新しても、おそらく10年以上はネタに困らないほどの物語が眠っている。なにしろ、大江戸Click!随一の繁華街だったわけだから、今日の感覚でいえば東京で人がもっとも多く集まる新宿や銀座の街に相当するだろうか。この橋をわたった小説の主人公も、200人や300人ではきかない。歴史上の人物も同様だ。親戚まわりをして、お情けでめぐんでもらった年越しの餅を、悔しくてこの橋の上から大川へバラまいた貧乏な勝海舟もいれば、「超バカバカしくてやってらんね~」とばかり鋳掛道具を投げこんだ、河竹黙阿弥『舟打込橋間白浪(ふねにうちこむ・はしまのしらなみ)』の鋳掛屋松五郎Click!なんて白浪(泥棒)もいたりする。日本橋ともども、この橋をモチーフにした絵は、それこそ無数にあって数が知れない。
柳橋両国橋.JPG 両国花火大会1956.jpg
両国花火資料館1.JPG 両国花火資料館2.JPG
 日本橋側から大橋をわたると、そこはすぐに南本所で吉良邸Click!にもほど近いのだけれど、最近「両国花火資料館」というのが東詰め近く、ビルの1階にオープンしている。江戸期から今日までの花火大会の歴史や、実際に再現された江戸時代の花火などが展示されていて面白い。おそらくボランティアの方だろうか、ていねいに説明をしてくれるので両国の花火大会をまったく知らない人が出かけても、実際の映像資料を織りまぜながらわかりやすい解説で楽しませてくれる。江戸時代の花火は、もちろん大ガネ持ちの遊びで、大橋の下を行き来する屋形舟や屋根舟から、当初は季節を問わず散発的に打ち上げられていた。柳橋芸者のきれいどこをはべらせてドンチャン遊ぶ、そんな様子を橋上から眺めた鋳掛松のような男が、「あれも一生、これも一生、こいつぁ宗旨を変えざぁなるめえ」とグレてしまったのは仕方ないのだろう。
鋳掛松.jpg 両国広小路2.jpg
 わたしが幼いころまで両国橋西詰めのたもと、カミソリ堤防の下には水上バスの発着所「両国橋」があったはずなのだが、ここから船に乗った記憶がまったくない。おそらく、にごって臭い隅田川Click!の水上バスに、親父は乗りたくなかったのだろう。水上バスなどといわず、親父はいつも「一銭蒸気」あるいは「ポンポン蒸気」と呼んでいた。当時の水質のひどさと悪臭に比べたら、いまの隅田川はなんて「きれい」で「清潔」なのだろう。
 いまでも、両国橋のたもと近くには桟橋が残っているけれど、これは「一銭蒸気」の舟着場などではなく、東京都が管理する緊急災害時の物資水上輸送用の船着場だ。万が一のとき、地上の道路はあてにならず、江戸期と同様に水路が物流のカナメのひとつになると考えているらしい東京都だが、東京オリンピック前後に埋め立てられてしまった多くの運河や河川がいまでも健在だったら、もっと緻密で広範な災害物資の輸送ルート網が確保できただろう。東京オリンピックは、単に景観だけでなく街の安全性をも破壊Click!していったのだ。

■写真上:大橋から眺めた両国広小路。もともと元柳町があったエリアで、右手が神田川の出口である柳橋。左手が江戸期に薬研堀のあった日本橋米沢町で、すずらん通りのある東日本橋。
■写真中上は、水上バスの発着所が見える1950年代の両国橋西詰め。は、現在の同所。
■写真中下上左は、柳橋から眺めた両国橋。上右は、1956年(昭和31)の両国大花火大会。は、両国橋東詰めの「両国花火資料館」に展示されている打ち上げ花火のいろいろ。
■写真下は、戦前に撮影された黙阿弥『舟打込橋間白浪』(通称:鋳掛松)の舞台で、大橋の上で松五郎を演じるのは2代目・市川左団次。は、両国広小路の真んまん中から見た両国橋。


読んだ!(10)  コメント(10)  トラックバック(12) 

読んだ! 10

コメント 10

sig

こんにちは。
おとうさんは下戸でも、昔から続いた江戸の粋が分かる方だったんですね。
「大川の大橋」という呼び名は、まさしくそこにかかわりを持つ人たちの誇りに満ちた呼び名だったんですね。
by sig (2008-10-03 11:39) 

ChinchikoPapa

いつでしたか、カバが怒ってワニを踏んづけている映像をTVで見たことがあるのですが、怒らすと怖いんですよね。nice!をありがとうございました。>納豆(710)な奇人さん
by ChinchikoPapa (2008-10-03 12:42) 

ChinchikoPapa

伝統の技を継ぐために、「大工塾」などというのがあるのですね。
nice!をありがとうございました。>一真さん
by ChinchikoPapa (2008-10-03 12:46) 

ChinchikoPapa

ロリンズのおおらかさは、たまに聴くとホッとしますね。モブレーにも同じことが言えるのかもしれません。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2008-10-03 12:49) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございます。
アルコールがダメなのに、そういう集まりや同窓会などへは欠かさず顔を出してましたから、席では料理ばかり食べていて少々メタボ+高血圧になり、寿命をいくらか縮めたのではないかと思います。w
くしくもこのブログに将門相馬様の一族の方もおみえで、神田明神のテーマも同じですが、その熱心さの裏にはやっぱり「怒り」がベースとしてあったんじゃないかと思います。たとえば、東京の出身者が大坂=大阪へ出かけて、道頓堀を埋めて高速道路にすれば経済効果が高まる・・・とかなんとかいって、実際に実行してしまったら、地元の怒りは100年や200年では消えないでしょうね。江戸東京もまったく同じですから、ヘタなことをすれば延々とその怒りがつづくことになってしまうと思うのです。
by ChinchikoPapa (2008-10-03 13:02) 

ChinchikoPapa

どの像も、とても均整が取れて美しいですね。
nice!をありがとうございました。>takemoviesさん
by ChinchikoPapa (2008-10-03 20:14) 

Nylaicanai

なかなか大川を渡ることがなく、川向こうの地はもちろん、手前の柳橋界隈にもこれまで縁がありませんでした。
ところが最近、この辺りを歩く機会があり、なかなか面白いではないかと目覚めました(^^ゞ
狭い東京ですが、わたしが知らない東京人? を見た感じです。


by Nylaicanai (2008-10-04 19:06) 

ChinchikoPapa

Nylaicanaiさん、コメントをありがとうございます。
数年前から、東京の真ん中や西部から下町の東部の方へと移転する企業が、大手も含めてチラホラ増えてきてますね。家賃のテーマもあるのでしょうが、大江戸線の効果が出てきているのでしょうか。本所や深川、木場といったあたりの企業の所在地をよく見かけます。
ついこの前も、打ち合わせで勝鬨橋をわたったばかりですので、大川を越える機会が増えてきているのを実感しています。
by ChinchikoPapa (2008-10-04 20:22) 

ponpocopon

>蓋をされて見えなくなってしまった川がたくさんありますね。大田区もまたしかりです。柳だけが残っていたりして・・・。
 花火見物の情景を描いたら浮世絵は多いですが、清長のように3枚続きで描いたら、面白いかもしれません。ちょっと敷居が高いですけれど・・・
by ponpocopon (2008-10-04 22:34) 

ChinchikoPapa

ponpocoponさん、コメントをありがとうございます。
鳥居清長が描く八頭身の美人が、ほんとに江戸期にいたらさぞ美しかったでしょうね。幕末の写真を見ますと、女性はだいたい五頭身前後ですが、いまだったら八頭身の女の子はたくさんいると思いますので、モデルには困らないでしょうに。
三枚絵、ぜひ挑戦してみてください。1枚ずつ描き、最後に三枚綴りで完成・・・というのも、面白い趣向だとおもいます。^^
by ChinchikoPapa (2008-10-05 00:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

トラックバックの受付は締め切りました