So-net無料ブログ作成
検索選択

プロテ星人の悪夢が消えない学習院。 [気になるエトセトラ]

学習院中央教室解体中.jpg
 学習院大学では「目白キャンパスの100年」と銘打った展示会が、10月末まで開催されている。学習院にまつわる物語や、てっきり去来した人物たちが紹介されているものと思いこみ、さっそく見学にいってきた。でも、内容は学習院に残る近代・現代建築の紹介と、その周辺に展開する風景の写真展であり、ちょっとアテが外れてしまった。
 もちろん、近代建築にも興味があるのでそれはそれで面白いし、いろいろと勉強になったのだけれど、同大学をめぐる「人」の紹介が少なかったのがとても残念だ。また、せっかくガラス張りの展示スペースが広いのに、昔の写真と現代のスナップとをハガキサイズの大きさで床面に散らし、どこかコラージュ風の展示になっていて説明文が少なかったのも、ちょっと物足りなく感じた原因だ。あれだけのスペースがあれば、建物ひとつひとつの詳細な展示ができたと思うのだが・・・。きっと、かなり若い世代のスタッフが、展示会全体をプロデュースしたのかもしれない。または、そこそこ若い来場者をあてこんでいるのかもしれないのだが・・・。
学習院中央教室跡.jpg 学習院別寮.JPG
 学習院をめぐる「人」の紹介はほとんどなかったけれど、その代わりに大きくフューチャーされていたのは、1968年(昭和43)4月に新入生を迎えたばかりの学習院へ来襲した、宇宙人「プロテ星人」の紹介だった。プロテ星人は、同大学の仁羽教授(情報非公開なので学部は不明)になりすまして、地球侵略の準備を着々と進めていたらしい。そして、ときどき巨大化してはキャンパスを破壊していたようで、大学当局はその当時の苦い記憶が生々しくて消えなかったのだろう。また、プロテ星人に壊された校舎の修理にも、膨大な予算が必要だったにちがいない。東京文化会館の建築などで知られる建築家・前川國男に、せっかく設計してもらったピラミッド校舎(中央教室)を破壊されたのが、きっとよほど口惜しかったものと思われる。会場には、ピラミット校舎の前にそそり立つプロテ星人の大型パネルをはじめ、同星人のミニチュアモデルが3体も展示されていた。
 ピラミッド型をした中央教室は、ちょうど学習院大学の中央に位置していて、この建物を中心に周囲へ展開する校舎に「号館」番号がふられているそうだ。1960年(昭和35)に建設され、700人ほどの学生が収容できる高さ約25mの、ひときわ輝き目立つ建物だった。わたしは、学生時代に一度目にしているだろうか? でも、建設からわずか8年後にプロテ星人に破壊されてしまったので、大急ぎで修復したのだろう。そのせいか、襲撃の傷みがあちこちに残っていたらしく、今年(2008年)の春にわずか築48年で解体されてしまった。名目は、中央教育研究棟を建設するためとのことだが、きっと大学当局としては1日でも早く、プロテ星人の悪夢を忘れたかったのではないだろうか。
学習院西1号館.JPG 学習院仁羽教授.jpg
 プロテ星人が化けた仁羽教授は、次々と地球侵略のための謀略を練るのだが、それを最終的に阻止したのは、ようやく地球人のアイデンティティを回復した一ノ宮助手だったのだそうだ。もともと天才肌の研究者だった一ノ宮助手は、最後に仁羽教授を道連れにして物質伝送装置へ入り、ふたりで心中することで同星人の地球侵略を阻止したらしい。ウルトラ警備隊はおろか、ウルトラセブンでさえまったく歯が立たなかった宇宙人を、たったひとりの人間が葬ったことになる。でも、これだけ地球のために貢献した一ノ宮助手なのだけれど、学習院では記念碑はおろか、死後に助教授へ昇格させた話もついぞ聞かれず、闇から闇へ葬られ、その存在さえ「公式」には認められていない。きっと、同大学にとっては早く忘れてしまいたい禁忌の出来事だったのだろう。
 でも、近年の情報公開の流れから、同大学はいつまでも闇に葬って隠蔽したままにはしておけないと判断したものか、ついに同展でプロテ星人の存在を「公式」に認めたことになる。(しかも、かなりの展示スペースを割いて大々的に情報公開しているのだ) 人の口には、ましてや地元のそれに戸は立てられない。これまで、学習院にひそんでいたプロテ星人のウワサは、目白・下落合界隈でもずっと途切れることなくささやかれていたのだけれど、これからは地元の貴重な伝承として、大っぴらに語り継いでいけることになりそうだ。
学習院プロテ星人来襲.JPG 学習院プロテ星人ソフビ.JPG
 当時の様子を記憶されている方の貴重な証言によれば、「ま~ったく、マンネリでオバカなウルトラセブンとウルトラ警備隊の無節操な破壊行為は、とんでもございませんことよ。では、ごきげんよう」ということで、キャンパスは一面焼け野原になったらしい。学習院の卒業生の間では、プロテ星人Click!が来襲してキャンパスが破壊された1968年(昭和43)を境に、それ以前を戦前、それ以降を戦後というのだそうだ。だから、「東京オリンピックを憶えてるかな?」と学習院OG/OBに訊いたりすると、「戦前のことは知らないよ」などと言われてしまうのだ。

■写真上:今年(2008年)の春に解体中の、学習院名物だったピラミッド校舎(中央教室)。地元のウワサでは、これは解体時の写真などではなく、プロテ星人に壊された中央教室を修復している写真だとのことだが、わたしの取材に大学当局は黙して語らず真偽は不明だ。
■写真中上は、解体を終えた同校舎跡。は、1913年(大正2)築の別寮(現・東別館)。下落合に学習院昭和寮Click!(現・日立目白クラブ)ができるまで、学生寮として使われた建物の一部だ。
■写真中下は、1930年(昭和5)築の西1号館。は、ひそかにあるルートを通じて入手したピースサインをして見せる同大の仁羽教授と思われる人物写真で、指先から怪しい光線が出ている。
■写真下:同展に公開されている、プロテ星人来襲のパネルとミニモデル。ひときわ大きく架けられた同写真は、学習院関係者が西5号館あたりから決死の覚悟で撮影したものと思われる。また、ソフビ素材で再現された同星人のモデルは、「戦災を忘れまじ」として長く同大で保管されていたらしい。


読んだ!(6)  コメント(8)  トラックバック(4) 
共通テーマ:地域

読んだ! 6

コメント 8

sig

こんにちは。
ウルトラマンは息子の時代なのですが、この記事だけでブロテ星人のお話がすべて分かってしまう優れたルポだと思います。
大笑いさせて頂きました。「目白キャンパスの100年」におけるそのあたりの掘り下げはかなり甘かったみたいですね。
by sig (2008-09-09 10:14) 

ChinchikoPapa

いつもコメントとnice!をありがとうございます。
わたしは、ウルトラマンの記憶はそれほどハッキリしていませんが、ウルトラセブンはしっかり憶えています。w 当時から、ピラミッドのあるこのロケ場所は学習院大学だと知っていたようにも思いますので、きっとTVを観ながら親が教えてくれたのではないかと思います。
学習院の人にプロテ星人のことを訊いても、ぜんぜん知らない方のほうが圧倒的に多いようですので、「戦後」40年もたつと記憶の風化がいちじるしいようですね。
by ChinchikoPapa (2008-09-09 12:30) 

ChinchikoPapa

ようやく、散歩日和の日が増えてきそうですね。
nice!をありがとうございました。>一真さん
by ChinchikoPapa (2008-09-09 12:33) 

ChinchikoPapa

きのうSLのJAZZハウスに出かけたら、マリオン・ブラウンがかかっていました。
nice!をありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2008-09-09 15:42) 

ChinchikoPapa

ニワトリくんたちは、TVに出演したようですね。^^ 陽の光が「あたたかい」と感じる季節になってきました。nice!をありがとうございました。>takagakiさん
by ChinchikoPapa (2008-09-10 11:27) 

mustitem

これはすごいです。ものすごく興味深く拝読しました。
by mustitem (2008-09-12 10:32) 

ChinchikoPapa

mustitemさん、こちらにもコメントとnice!をありがとうございました。
おそらく、学習院大学は日本で初めて、宇宙人の存在を認めた大学となりそうですね。隣りにある、早稲田大学の大槻教授のご意見をうかがいたいものです。
by ChinchikoPapa (2008-09-12 12:20) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2010-12-27 12:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました