So-net無料ブログ作成
検索選択

第二文化村に2棟あった安倍邸。 [気になる下落合]

安倍能成1944.jpg 安倍能成ハガキ.jpg
 上の絵は、洋画家・安井曾太郎Click!が戦前に描いた、オールド・リベラリストの風格が漂う『安倍能成氏像』だ。目白文化村Click!が空襲を受けた1945年(昭和20)4月13日夜半、下落合1655番地(現・中落合4丁目)の第二文化村にあった安倍邸から、かろうじて持ち出されたものだ。モノクロではわかりにくいが、画面のあちこちに火の粉による焼け焦げがついている。安井曾太郎の前で、安倍は40回以上もモデルをつとめ、この半身像の制作に協力した記録が残されている。
その後、4月13日夜半の空襲で第二文化村の安倍邸は焼けたが同作は無事持ち出されており、避難先の駒場(当時、安倍は一高校長だった)において、5月25日夜半の空襲により同作は罹災していることが判明した。したがって、画面の焼け焦げは5月25日の空襲時のものだ。
 第二文化村が販売された1923年(大正12)ごろ、安倍能成は下落合1655番地(現・中落合4丁目)の敷地に自邸を建設している。ところが、ある方からお譲りいただいた、わたしの手元にある安倍能成から谷崎潤一郎あての貴重なハガキClick!の住所は、下落合3丁目1367番地(現・中落合3丁目)と記載されている。さらに、安倍能成が死去した1966年(昭和41)6月7日当時の朝日新聞(夕刊)の訃報でも、自宅の所在地は同番地になっている。
 でも、第一文化村に住んでいるわたしの知人は、1960年代に下落合1655番地(当時は下落合4丁目1655番地)の安倍邸へ、1階の洋間に置かれたピアノを弾きに通われている。この安倍邸をめぐる地番の齟齬が、ずっと気になっていたのだ。その“謎”がほぼとけてきたのは、1960年(昭和35)から1980年代にわたる、住民名までが記載された詳細地図を参照できたからだ。また、これらの貴重な地図のコピーを、ある方からお譲りいただいたのも非常にありがたかった。
安倍能成邸1.JPG 安倍能成邸2.JPG
安倍能成訃報.jpg
 まず、箱根土地が1925年(大正14)に作成し、戦後に竹田助雄Click!が発見した「目白文化村分譲地地割図」を見ると、下落合1655番地に安倍能成の名前が見える。でも、この邸は先にも書いたように1945年(昭和20)4月の文化村空襲で焼失してしまう。戦後、安倍が短期間だが文部大臣をつとめたあと辞任し、つづいて学習院の院長に就任すると、彼が書簡の差出人欄へ書いていた住所の多くは、「豊島区目白町1/学習院内」というものだった。特に、1948年(昭和23)から1958年(昭和33)ごろまで、この「住所」の手紙類が目立つようだ。おそらく、自宅よりも勤務先へ郵便をもらったほうが、なにかと処理が便利だったからだろう。だが、1960年代が近づくにつれて「下落合3丁目1367番地」、つまり戦後の自宅の差出住所が多く見られるようだ。これは、頻繁に書簡を交換していたらしい、志賀直哉側の資料からもうかがえる。
 つまり、こういうことではないだろうか。空襲で第二文化村の自邸が焼けたあと、戦後すぐに長男を亡くした安倍能成は、下落合4丁目1655番地の敷地を次男である安倍浩二の自宅にと譲渡した。第一文化村の友人は、同じ安倍邸でも子息邸のほうの1階でピアノを弾かれていたのだ。これは、1960年(昭和35)に作成された「東京都全住宅案内帳-新宿西部-」(住宅協会/人文社)、あるいは1966年(昭和41)制作の同地図でも裏付けられる。そして安倍能成自身は、文化村空襲で自邸と同時に焼けてしまった、大きな西洋館・MI邸Click!の北側敷地=下落合3丁目1367番地を購入あるいは借りるかして、そこへまったく新たな自邸を建設した。文相から学習院院長へと就任した、戦後間もないころのことだろう。
目白文化村分譲地地割図1925.jpg 全住宅案内帳1960.jpg
 ところが、せっかく住み馴れてきた下落合3丁目1367番地の邸にもかかわらず、ほどなく十三間通り(新目白通り)の計画敷地に邸の一部がひっかかってしまう。そこで、邸を少し南西にずらして再び新築することになり、どこかで仮住まいをすることになった。その前後に、急激な白血球の低減で体調を崩し、順天堂病院へと急遽入院することになってしまったのだ。だから、病院で死去する直前に、主治医へ漏らした言葉として、「早く治って新築の家に帰るのだ」というコメントが朝日新聞の記事に残り、詳報にも掲載されているのだろう。
 わたしの手元にある谷崎潤一郎あて1964年(昭和39)12月16日付けのハガキは、おそらく十三間通りの造成が間近に迫り、どこかへ仮住まいをして新邸を建築する直前か、あるいは準備中に書かれた公算が高いように思われる。新しい邸の設計図も、できていたころかもしれない。安倍能成が亡くなった年に作成された、1966年(昭和41)の「東京都全住宅案内帳-新宿西部-」を確認すると、十三間通りが北西側から下落合3丁目1367番地の安倍邸をめざして、間近に迫っている様子が記録されている。また、安倍能成が死去してから16年後に作成された、1982年(昭和57)の同地図にも、貫通した十三間通りの道路端に、いまだ「安倍能成」の名前が収録されている。おそらく、彼の退院を待っていた邸の表札が、80年代までそのまま掲げられた状態になっていたのだろう。
全住宅案内帳1966.jpg 全住宅案内帳1982.jpg
 でも、後者の地図に掲載されている安倍邸のかたちは、十三間通りが貫通するのと同時に、道路にひっかからないような位置へ改めて新築された、1966年(昭和41)以降の安倍邸の姿だろう。安倍能成は病院のベッドで、この新邸に暮らすことを楽しみにしていたにちがいない。

■写真上は、1947年(昭和22)出版の市原豊太『内的風景派』(養徳社)に掲載された、安井曾太郎『安倍能成氏像』の貴重な画面。空襲による焼け焦げが、キャンパスのあちこちに残る。は、1964年(昭和39)12月16日(水)に書かれた谷崎潤一郎あてのハガキ。
■写真中上は旧・下落合(4丁目)1655番地の、は旧・下落合3丁目1367番地の現状。は、1966年(昭和41)6月7日(火)に発行された「朝日新聞」(夕刊)の訃報。
■写真中下は、箱根土地が1925年(大正14)に作成した「目白文化村分譲地地割図」。は、1960年に制作された「東京都全住宅案内帳-新宿西部-」(住宅協会/人文社)。
■写真下は1966年(昭和41)発行の「東京都全住宅案内帳」、は1982年(昭和57)の同地図にみるふたつの安倍邸。第二文化村の閑静な街角が、十三間通りの道端になってしまった。
 
第二文化村安倍邸周辺.jpg


読んだ!(8)  コメント(15)  トラックバック(7) 

読んだ! 8

コメント 15

sig

こんにちは。
この記事内容と直接関係はないのですが、地図を見て感じたことを。
このあたりの土地鑑はまったくないのですが、新目白通りが第一と第二文化村の関連を分断してしまったのですね。
大通りができれば人の動きは大きく変わるわけで、文化村への影響も大きかったでしょうね。(どこかに書いてあると思うのですが・・・)
by sig (2008-06-18 10:07) 

ChinchikoPapa

浅間社は、江戸期から「せんげん」と読むことが多くなりますけれど、もともとは「ア・サ・マ」あるいは「ア・ソ・マ」と読まれていたようですね。「ア・ソ」は火の聖域という意味(原日本語=アイヌ語)で、古代の富士山がア・ソでしたね。nice!をありがとうございました。>一真さん
by ChinchikoPapa (2008-06-18 11:20) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントとnice!をありがとうございました。
はい、その通りです。まず、戦後に山手通りの開通で、第一・第二文化村と第三・第四文化村が分断され、1960年代の半ばに新目白通りが、今度は第一文化村と第二文化村をまっぷたつに分けてしまいました。両道路によって、目白文化村は十字型に分断されています。山手通りのほうはともかく、新目白通りの貫通は、ひとつのまとまりのある統一コンセプトによる住宅街という概念を、根底から揺るがしてしまう出来事だったようです。
でも、山手通りと新目白通りの交叉点に立つと気づくのですが、東側の山手線のある方向を見ますと、道路沿いには高いマンションやビルが林立しているのですが、反対に西側の文化村方向を見ますと道路際にビルがほとんどなく、昔ながらの瀟洒な戸建て住宅が並んでいることに気づきます。いまだ、住民のみなさんの間には、「目白文化村」という意識がどこかで息づいているのだと思います。
by ChinchikoPapa (2008-06-18 11:32) 

ChinchikoPapa

子供のころは、1日じゅう虫たちと遊んでいても飽きませんでした。先の日曜日、久しぶりにシマヘビと遊んでしまいました。nice!をありがとうございました。>takagakiさん

by ChinchikoPapa (2008-06-18 11:36) 

ChinchikoPapa

ケニー・ギャレットのステージには何度か出かけましたが、「盛り上げリフレイン」を多用しすぎで、少し単調で飽きました。いまはどうなのでしょう。nice!をありがとうございました。>xml_xslさん

by ChinchikoPapa (2008-06-18 14:05) 

mustitem

都市計画について,大変興味深く感じました。
by mustitem (2008-06-18 14:49) 

ChinchikoPapa

mustitemさん、わざわざコメントとnice!をありがとうございます。
また、お気軽にお立ち寄りください。
ところで、きょうが「おにぎりの日」とは知りませんでした。そううかがうと、さっそく食べたくなりますね。(^^
by ChinchikoPapa (2008-06-18 14:55) 

ChinchikoPapa

韓国のおにぎり、ちょっと惹かれますねえ。
nice!をありがとうございました。>Krauseさん
by ChinchikoPapa (2008-06-18 17:31) 

あんぼけいこ

はじめまして。
作年末に他界した母(昭和8年生)は戦前、下落合の小さな借家に住んでいて、近くに安倍能成や鈴木三重吉のお屋敷があったそうです。また、高校か大学かで英語を教えている外国人一家もいて、小さな男の子がいて、クリスマスの時だけはお家にお呼ばれしたとか。
こちらで照会されている地図にはもちろん母が住んでいた借家はついていないと思うのですが、例えばどこかの図書館などで閲覧できるのでしょうか?
by あんぼけいこ (2016-07-03 23:49) 

ChinchikoPapa

あんぼけいこさん、コメントをありがとうございます。
目白文化村の第二文化村内か、その近くにお住まいだったのですね。ひょっとすると、上の記事にも書きましたが戦後の十三間道路(放射7号線=新目白通り)の計画で、ご自宅がひっかかっているかもしれません。
各戸の住民名がすべて記載された「事情明細図」または「住宅明細図」は、大正末から1927年(昭和2)にかけて作成されていますが、それ以後は戦後の1960年前後まで作成されていません。下落合の場合ですと、「下落合事情明細図」(1926年)が存在しています。途中、1938年(昭和13)に「火災保険特殊地図」(通称「火保図」)というのが作られますが、ところどころの住民名を拾っているだけで、すべての住民名が網羅されているわけではありません。お母様の家が掲載されているとすれば、この「火保図」ということになりますが、住民名が記載されているかどうかはわかりません。
「火保図」は、国立国会図書館か東京都立図書館に収蔵されていますが、最近は各区の図書館にも区内エリアの「火保図」を置いているところがありますね。新宿区ですと、中央図書館で閲覧することができます。
by ChinchikoPapa (2016-07-04 12:41) 

あんぼけいこ

落合さま、お返事ありがとうございました。
当方秋田県在住のため、上京したときに図書館に地図探しに行きたいとおもいます。
こちらのサイトの事をもっと早く知って亡母に話してあげたら喜んだろうな…。
by あんぼけいこ (2016-07-04 20:21) 

ChinchikoPapa

あんぼけいこさん、コメントをありがとうございます。
帰宅してから「火保図」(1938年)を調べてみますと、第二文化村の安倍能成邸の3軒西隣りには、シュナイダー邸が収録されています。記事末に「火保図」を掲載しましたので、ご参照ください。
赤い点線で囲んだ家が、安倍能成邸(右)とシュナイダー邸(左)です。おそらく、お母様がいわれていた「外国人一家」は、シュナイダー家の人々だと思います。
ただし、ご覧のようにすべての家々の住民名が収録されているわけではありませんので、あんぼ様のお宅は発見できませんでしたが、おそらくきわめて近い家々の中の1軒が、お母様が住んでいた住宅ですね。上掲の「火保図」の中に、すでに含まれているのかもしれません。
「火保図」上部の「永井」「小林」「青柳」と書かれた1668番地から上のエリアに、お母様の家がありそうでしょうか。
by ChinchikoPapa (2016-07-04 22:19) 

あんぼけいこ

落合さま 
こんにちは。夏にコメントにお返事をいただきました秋田県のあんぼです。
10/16に上京した際に、新宿区中央図書館で、教えていただいた「火保図」閲覧してきました。
じっくり探してたら、、安部能成邸が載っている頁とつながる頁の端っこのほうに「タバコヤ」の文字!
母たちが親しくしていたという煙草屋さんではないかと。
富山県出身の人で、「さとうげ(佐峠?)」さんと言って記憶が…。
もちろん母が住んでいた小さい小さい借家はわかりませんでしたが、とても嬉しかったです。
どうもありがとうございました!
by あんぼけいこ (2016-10-18 13:57) 

ChinchikoPapa

あんぼけいこさん、わざわざコメントをありがとうございます。
新宿にみえられて、「火保図」をご覧になったのですね。お名前が収録されていないのは残念ですが、お母様はなにか新たに思い出されたでしょうか。
タバコ屋は、国の専売公社との開店契約があったせいか、戦前戦後を通じて同じ場所で営業していることが多く、住宅街ではひとつの有力な目印になりますね。現在は、禁煙の流れが浸透してきているせいか、閉店したり自販機だけになっているところも多いですが。
お母様とともに楽しまれたようで、ほんとうになによりでした。^^
by ChinchikoPapa (2016-10-18 14:28) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。
 >kurakichiさん
 >hanamuraさん
by ChinchikoPapa (2016-10-18 14:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。