So-net無料ブログ作成

佐伯祐三の「下落合風景」も悩ましい。 [気になる下落合]

10726475.jpg 10726480.jpg
 以前、佐伯祐三の『下落合風景』Click!の中で、キャンバス表面の古いニスが洗われたとき、ついでにその下に塗られていた薄塗りの絵の具まで、いっしょに洗い落としてしまったと思われる、「遠望の岡?」Click!の不可解な表現Click!について書いた。佐伯が下塗りに用いたと思われる、シルバーホワイトが表面に露出してしまったらしい作品だ。これは、創形美術によって行われた「テニス」Click!の修復を、仔細に観察させていただいて気がついたテーマだ。
 もうひとつ、気になる佐伯の『下落合風景』がある。それは、いつものように「八島さんの前通り」へ立ち、北から西坂の徳川邸Click!がある南方面を眺めて描いた、「制作メモ」Click!には記載されていない冬バージョンの作品Click!だ。のちに、吉田博Click!がアトリエをかまえた第三文化村の邸横あたりに、ちょうどイーゼルを据えて制作している。佐伯アトリエからも、隣家にあたる青柳邸Click!の横を歩いて1分とはかからない描画ポイントのひとつだ。描かれた家は、おそらく下落合1444番地に建っていた高田邸あたりだろう。
10726482.jpg 10726485.jpg
 わたしは当初、この作品を降雪のあとに描かれたものだと思っていた。どうやら一時期、この作は「雪景色」とされていたころもあるらしい。作品の制作年は1927年(昭和2)と規定されているので、同年の冬から春にかけて調べてみると、屋根にこれほど積雪があった日は、2月22日(21.2mm)か3月13日(35.2mm)、あるいは同月20日(46.1mm)のいずれかであり、その数日後に描かれた風景だと思っていた。ところが、そうではなさそうなのだ。
 改めて画面を観ると、屋根上へ雪がこれだけ載っているのに、地面にはその痕跡すら認められないのがおかしい。確かに、周囲の樹木は冬枯れているので、冬季に描かれた作品であることは間違いないだろう。でも、雪が降ったと思われる痕跡が、屋根以外の箇所にはまったく見あたらないのだ。同作をもう一度スキャニングしなおし、拡大して観察してみると、どうやらこの屋根にも薄塗りの絵の具が載っていたらしいのがわかる。
 ああ、この作品も、変色した古いニスを洗浄するとき、またしても下の色まで洗い落としてしまい、下塗りのシルバーホワイトが露出してしまったのだろう・・・と、それで不可解な表現の課題がスッキリ解決した・・・わけではない。問題は、もう少しややこしいのだ。
10726491.jpg 
 実は、この作品は「風景」とタイトルされて、1927年(昭和2)6月に開催された1930年協会の第二回展へ出品されている。そして、会場で撮影された写真Click!に偶然、描かれたばかりのこの作品が写りこんでいた。それを観ると、やはり屋根が白っぽく描かれているのがわかる。
 このような意匠の家屋には、黒っぽい瓦を載せるのが当時の常識だったろう。だから、塗られるとすれば「テニス」に描かれた家屋のように濃いグレーのはずだ。それとも、トタン屋根で明るいベージュまたは灰色をしていたものだろうか? 庭先にある物置と思われる小屋を観ると、その屋根はどうやら濃いブルーのトタンで葺かれていたらしいのがわかる。そして、薄塗りだったブルーは古いニスとともに、洗浄されてしまっているようだ。同様に、母屋の屋根も当初はベージュの薄塗りだったのが想像できる。それが一部洗浄で剥げてしまい、下塗りのホワイトが顔をのぞかせているのもわかる。でも、なぜ屋根をこのような色に塗ったのかがわからないのだ。
10726495.jpg 10726497.jpg
 高田邸が建築中であり、瓦がまだ載せられていなかった・・・とは考えられない。1925年(大正14)に作成されたと思われる「出前地図」にも、すでに高田邸の記載は見えている。急速に開発されつつある諏訪谷Click!を描いた「曾宮さんの前」Click!のように、建築中の家々を描いているので、瓦はいまだ屋根に葺かれていなかったのだ・・・という解釈も、どうやら成立しそうにないのだ。
 さて、佐伯祐三はなぜ高田邸の屋根を薄いベージュで塗ったのだろうか? まさか、ホワイトとブラックの絵の具を切らしていた・・・というわけでもないだろうに。

■写真上は、1927年(昭和2)のおそらく1月~3月ごろに描かれた『下落合風景』。正面の家は、通り沿いに建っていた高田邸とみられる。は、描画ポイントから撮影した現状。
■写真中上は、庭先に建てられていた物置屋根の拡大。は、母屋の屋根の拡大。
■写真中下:1927年(昭和2)6月に開かれた、1930年協会第二回展の会場写真とその拡大。
■写真下は、1926年(大正15)の「事情明細図」。は、1936年(昭和11)の空中写真。
 


読んだ!(4)  コメント(11)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

読んだ! 4

コメント 11

sig

まさに推理小説を読む趣がありますね。
わが町の探索も、ここまできたら面白くてやめられない訳がよく分かります。
とても面白く読ませて頂きました。
by sig (2008-05-14 10:57) 

ChinchikoPapa

ビーバーとモモンガーが、めちゃくちゃカワイイですね。
nice!をありがとうございました。>納豆(710)な奇人さん
by ChinchikoPapa (2008-05-14 16:24) 

ChinchikoPapa

毎日、わたしは飯田橋まで出勤しているのですが、まだ馬車を一度も見たことがない!・・・とビックリしてしまいました。長野県飯田市の「飯田橋」なのですね。(^^;
nice!をありがとうございました。>一真さん
by ChinchikoPapa (2008-05-14 16:29) 

ChinchikoPapa

sigさん、コメントをありがとうございました。
佐伯祐三に限りませんが、下落合に眠る物語にはあちこちに“謎”がみられて、それを追いつづけるのが楽しいんでしょうね。その過程が終って記事にしてしまうと、ちょっと残念で寂しいような気分になることがあります。
nice!をありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2008-05-14 16:49) 

ChinchikoPapa

「わかっていても止まらない」ことが、ほんの身近な隣りの敷地から世界規模の現象まで次々におきていますね。とりあえず、身近なところから自分にできる範囲で始めるしかないのですが・・・。nice!をありがとうございました。>takagakiさん
by ChinchikoPapa (2008-05-14 16:56) 

ものたがひ

この屋根以外に「雪の痕跡」が無い『風景』は、確かに不可解です。そして、1930年協会の会場写真の『風景』の中の屋根は、空と同じ位の明度のグレーですが、現在の『風景』のカラー写真をモノクロ化すると、空より明るい、とても「白い屋根」となりますね。だから、私も、C.P.さまの、「洗浄」によって当初の薄塗りの絵の具層が剥げたとのお考えに、なるほど思ったのでした。
ところが、念のために、1930年協会第二回展直後の『アトリエ』8月号に載った、この作品の写真(スナップ写真ではない、作品の写真)を見ると、現在知られている画面と同じような、空より「白い屋根」があるのです。ということは、この作品は変化していないようなのです。
つまり、物置のトタン屋根(?)の拡大写真では、ホワイトの上にバーントシェンナと藍色が刷かれ、更に拭われている様子が、はっきり見えますが、これが当初の姿ならば、拭ったのは佐伯だ、という事になりますね。汗。
そして、母屋の屋根の表現も、この状態が佐伯の意図したもの、という事になります。曇天の下、白く輝き、傾く、硬質なマチエールの屋根。佐伯を誘うモチーフだったのでしょうか。でも、やはり、どこか不可解です。…悩ましいです。


by ものたがひ (2008-05-14 22:14) 

ChinchikoPapa

ものたがひさん、貴重な情報をありがとうございます。
屋根のシルバーホワイトですが、カラー図版(朝日新聞社版『全画集』)では、楕円状にぬぐったような跡ともに、下塗りのホワイト部分が露出している様子が顕著ですが、『アトリエ』8月号にも同様の跡が見られますか?
もし、屋根全体と空とを比較した明度ではなく(カラー版でも尾根の方の明度が高いのは判然としています)、楕円状のことさら白い「ヌキ」状のタッチまでが同一であれば、これは佐伯の意図的な表現に間違いないですね。・・・でも、謎はもっと深まることになりますけれど。
by ChinchikoPapa (2008-05-15 00:27) 

ものたがひ

シビアですが、もっともなリプライありがとうございます。当初の作品でも、空より屋根の明度が高かったというだけでは、洗浄がないとは、いえませんね。
タッチについては、80年前の写真のレベルや撮影時の状況の違いがありますから、中間調が飛んでいるようでもあり、はっきりとはわかりません。「物置のトタン屋根」には、現状を推察させる調子があり、母屋の屋根にも輝きのニュアンスがあるようには、思えます。
でも、空と屋根の明るさのコントラストは、写真をしっかり比べると、現在の方があります。これは、写真の撮影条件の違いに依るのでしょうか、屋根が明るく変化したからなのでしょうか。
また、画面の別の場所に、タッチの消失を発見してしまったようです。(猛爆!)
これは、ちょっと画像をupして考えないわけには、いきませんね。別館の方へ(http://blog.so-net.ne.jp/art_art_art/2008-05-15)、お越し下さい。
by ものたがひ (2008-05-15 10:39) 

ChinchikoPapa

いま、チラッと別館を拝見しましたが、めちゃくちゃ面白いテーマが出てきてますね。
さっそく、そちらへリプライさせていただきます。
(((((((((((/_゜)/シュワッチ!(別館へワープ)
by ChinchikoPapa (2008-05-15 12:13) 

ものたがひ

別館へのコメント、ありがとうございます。お返事いたしました。
…トタン屋根ですか。曇天色を映しながら底光りしている屋根が、思い浮かんでいます。佐伯の作品自体は謎ですが、当時の風情が身近に感じられます。
by ものたがひ (2008-05-15 17:25) 

ChinchikoPapa

なんだか、トタン屋根だと考えると味気ないですね。(^^;
関東大震災では、落ちてきた屋根瓦に当たって負傷する人たちが続出したことから、復興後の住宅建築には屋根をトタンで葺くのが奨励されたようですね。どうしても瓦で葺きたい場合は、粘土で固定するのではなくすべて釘打ちで止めるように指導されているようです。
スレートは本格的な国産が始まってから間もないでしょうから、相対的に高価だったような気がします。
by ChinchikoPapa (2008-05-15 19:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました