So-net無料ブログ作成
検索選択

描かれた下落合銭湯の煙突たち。 [気になる下落合]

 

 以前、佐伯祐三の「下落合風景」シリーズClick!の描画ポイントを特定しはじめたころ、第三文化村から「菊の湯」の煙突を描いた作品を取りあげたとき、大正末から昭和初期にかけて営業していた、下落合の銭湯をかたっぱしから調べたことがある。そのときからかなり時間がたち、画家たちの作品の中に下落合とその周辺の銭湯の煙突が、ずいぶん描かれていることがわかってきた。この際だから、ちょっとまとめてご紹介しよう。
 やはり、いちばん多く描いているのは佐伯作品だ。「曾宮さんの前」Click!と思われる、1926年9月20日の「下落合風景」を高解像度で入力したら、家々の背後に「福の湯」の煙突Click!が描かれているのがわかった。この時期の佐伯にしてはめずらしく、煙突の姿をリアルに描いてはいない。1本の細い線の上から、空へと立ちのぼる排煙が見える。(上掲の画像) 諏訪谷の南側崖淵から北西の方角を眺めると、高い建物のない当時は「福の湯」の煙突がよく見えたのだろう。いまのがっしりとした煙突とは異なり、大正期の「福の湯」煙突は細かったようだ。
 
 
 「福の湯」の煙突に対して、第三文化村から望んだ「菊の湯」の煙突Click!は、かなりリアルに描かれている。「菊の湯」は戦後、それほど長くは営業せずに廃業したようで、わたしは実際に一度も見たことがない。周囲が持ち家で内湯の府営住宅Click!と目白文化村では、なかなかお客が集まらなかったのではないか。もし、いまでも「菊の湯」が存在していたら、もっと煙突を高くするか、排煙の出ない給湯設備にするかしないと、山手通り沿いに建ち並んだマンションの上層階から、すぐにクレームがきてしまうだろう。
 佐伯が描いた中ノ(野)道の「草津温泉」Click!は、いまでも「ゆ~ザ中井」として健在だ。屋号を「草津温泉」としていたのは、戦前あるいは戦後すぐぐらいまでで、ほどなく屋号変更をしているのだろう。「草津温泉」の次が、「ゆ~ザ中井」になったのかどうかはさだかではない。ひとつふたつ異なる銭湯名で、営業をつづけてきたのかもしれない。
 
 
 佐伯の作品ではなく、同じく「下落合風景」を描いていた笠原吉太郎Click!の作品には、第一文化村の北外れにあった「萩の湯」の煙突Click!が登場している。わたしが学生時代に入ったことのある銭湯だが、少し前に廃業していまは存在しない。同じ作品の中には、長崎町(現・南長崎)にあった「久の湯」の前身とみられる、「仲の湯」の煙突も描かれている。こちらも、学生時代にはよく通った銭湯だが、「仲の湯」時代はさすがに知らない。残念ながら「久の湯」は、つい一昨年に廃業したばかり。キリスト教会の並びにあった、めずらしい風情の銭湯だった。
 
 一連の絵画作品ではないけれど、1930年(昭和5)ごろに撮影された写真に、目白通りの北側に張り出した下落合で営業していた「ときわ湯」の煙突Click!がとらえられている。写真の様子からみて、「ときわ湯」の煙突はそれほど高くはなかったのかもしれない。この銭湯も、わたしの記憶にはまったくないので、早くに廃業したのだろうか。
 1936年(昭和11)の空中写真を眺めていると、これら銭湯の煙突からモクモクと吐き出される排煙が写っていることが多い。いま、これだけの煙を出してしまったら、きっと近隣から苦情がくるだろう。当時は、おそらく薪や廃材、石炭などを焚いていたのだろうが、いまはなにを燃料としているのだろうか? やはり、重油が主体なのかもしれない。

■写真上は、1926年(大正15)9月20日に描かれたとみられる佐伯祐三「下落合風景」の「曾宮さんの前」(部分)。は、1926年(大正15)に作成された「下落合事情明細図」の福の湯あたり。
■写真中上は、佐伯祐三による同年の「下落合風景」(部分)に描かれた、菊の湯(上)と草津温泉(下)の煙突。は、「下落合事情明細図」にみる菊の湯(上)と草津温泉(下)の界隈。
■写真中下は、1928年(昭和3)ごろの笠原吉太郎「下落合風景」(部分)。は、1926年(大正15)の「下落合事情明細図」(上)と「長崎町事情明細図」(下)の萩の湯と仲の湯の界隈。
■写真下は、1930年(昭和5)ごろのときわ湯の煙突。は、「下落合事情明細図」のときわ湯。
 


読んだ!(3)  コメント(7)  トラックバック(4) 
共通テーマ:地域

読んだ! 3

コメント 7

ChinchikoPapa

Qちゃんさん、takagakiさん、nice!をありがとうございました。<(__)>
by ChinchikoPapa (2007-06-03 22:50) 

椎名町夫・K

はじめまして、トキワ荘に関連する情報を集めている地元人です。
「萩の湯」は、「小野田製油」の隣にでているので数年前まで
営業していた「人生浴場」ではないでしょうか。だとしたら昭和30年代までは「第2仲の湯」という屋号であったはずですが、その前は、「萩の湯」といったのでしょうか。前オーナーのお話ですと、「第2仲の湯」は、大正時代からあったような古い銭湯であったということです。椎名町にあった「鶴の湯」、「あけぼの湯」とならんで、トキワ荘のマンガ家たちがよく通った銭湯でした。トキワ荘からは、直線距離で100メートル足らずですので。
そして、拙宅にほど近い「鶴の湯」は私も幼少の頃よく通ったのですが、
こちらが「仲の湯」であったとは、存じませんでした。先程のオーナーの話では、「第1仲の湯」は高田の馬場にあったというのですが、何かつながりがありそうなので、分かりましたらありがたいです。
by 椎名町夫・K (2009-09-26 18:42) 

椎名町夫・K

すみません。先程のコメントですが、拙宅にほど近い銭湯は「鶴の湯」ではなく、「久の湯」の間違いでした。訂正お願いします。
by 椎名町夫・K (2009-09-26 18:50) 

ChinchikoPapa

椎名町夫・Kさん、コメントをありがとうございます。
お訊ねの件ですが、笠原吉太郎が佐伯祐三とほぼ同時期、大正末から昭和初期にかけて描いた『下落合風景』のころの地図(「下落合事情明細図」など)を参照しますと、小野田製油の道をはさんで向かいにあった銭湯は、「萩の湯」という名称になっています。大正時代からあったというのは、同一名称(「第2仲の湯」という名称)でつづいていたという意味ではなく、銭湯として大正期からつづいていた・・・という意味ではないでしょうか。
わたしが学生時代に頻繁に出かけたのは、長崎町事情明細図で「仲の湯」と採取されている、のちの「久の湯」だと思いますが、下落合事情明細図に採取された文化村側の「萩の湯」の位置にあった銭湯にも、久の湯がお休みの際などには何度か出かけています。ところが、当時(1980年前後)の銭湯の名称が「萩の湯」だったのかどうか、出かけた回数が少なかったのでイマイチはっきり思い出せませんでした。「人生劇場」という名称だったかどうか、ご教示いただいたいまも残念ながら記憶が甦りません。久の湯のほうは、ほぼ毎日通っていましたので印象に残っていますけれど、文化村側の銭湯は久の湯のピンチヒッター的な存在でしたので、印象が薄いのでしょうね。
by ChinchikoPapa (2009-09-26 21:52) 

椎名町夫・K

さっそくお返事いただき、ありがとうございます。「萩の湯」~「第2仲の湯」~「人生浴場」の繋がりについては、ひきつづき取材をして行きたいと思います。まだまだ、「目白文化村」入門者ですので今後も、ご教示お願いいたします。
by 椎名町夫・K (2009-09-26 23:00) 

ChinchikoPapa

椎名町夫・Kさん、重ねてコメントをありがとうございます。
こちらこそ、取材をされて何かおわかりになりましたら、ご教示いただければと存じます。また、お気軽にコメントをお寄せください。よろしくお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2009-09-27 00:38) 

ChinchikoPapa

昔の記事にまで、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2011-11-25 20:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。