So-net無料ブログ作成

悩ましい外山卯三郎の著述。 [気になる下落合]

 二二六事件のとき、首相官邸を脱出した岡田首相は下落合まで逃れてきて、政治家の佐々木久二邸Click!にかくまわれていた。旧・鎌倉道の中ノ道に面した、当時はめずらしい室内プールのあった佐々木邸の隣りが、これまた大きな敷地の外山秋作邸だ。いまは、ほとんど全敷地が十三間通り(新目白通り)の下になってしまっている。里見勝蔵や佐伯祐三が結成した1930年協会に、スポークスマンあるいは論客的な位置で参加した外山卯三郎の実家で、学生時代からの彼のアトリエもここに建っていた。のちに、彼は画家にはならず、今日的な言い方をすれば美術評論家、あるいは美術史家としての仕事をした。(詩関連の文学の仕事もしている) 佐伯祐三のことを調べていると、特に1930年協会結成のあたりから、必ず外山の書いた資料にぶつかることになる。
 佐伯が第2次渡仏から死去するまで描いた、パリにおけるほとんどの作品群は、彼の死後、すべてこの外山卯三郎のアトリエに一度集められることになる。絵をほとんど描かなかった外山は、アトリエを倉庫がわりに提供したのかもしれない。パリから下落合への送り先は、現在の佐伯アトリエ(下落合661番地)ではなく、外山秋作邸(下落合1146番地)の外山卯三郎あてだった。そのとき、外山のアトリエを覗いたとしたら、佐伯晩年のほとんどの作品画布が丸められて揃っていたわけだから、さぞや壮観だったことだろう。作品群がとどいたのが秋から暮れにかけてだったらしいことを考えると、このあたりで蛇行を繰り返していた当時の妙正寺川が、大雨で氾濫しなくてほんとうによかった。

 佐伯は二度めのパリへと向かうとき、かなり身辺の整理をしていった。絵道具の多くを、まるで形見分けでもするように友人知人へ配っている。アトリエで愛用の簡易イーゼルも、近くの諏訪谷に住んでいた曾宮一念Click!へ上げてしまった。 アトリエの家具調度類も、ずいぶん整理したのかもしれない。それだけ、佐伯にとって二度めの渡仏は、あとあとのことを考えない背水の陣のような気がまえだったのだろう。そして、酒井億尋の敷地の上に建っていた佐伯アトリエは、渡仏後にはすでに別の画家が「留守番」という名目で暮らしていた。のちに新制作派協会(1936年・昭和11)を結成する、洋画家の鈴木誠だ。だから、佐伯の死亡時は厳密に言えば、佐伯アトリエではなくすでに鈴木アトリエとなっていた。1927~28年(昭和2~3)のパリにおける佐伯作品が、現在の佐伯アトリエではなく外山卯三郎のアトリエへと送られたのは、このようないきさつからだった。
その後、曾宮一念の証言から、簡易イーゼルは佐伯が第1次渡仏をする際に曾宮へ贈っており、ふたりでイーゼルを持ちながら佐伯アトリエから曾宮アトリエClick!まで、えっちらおっちら運んでいることが判明している。
 ところで、外山卯三郎の書く文章は、いつもわかりにくく難解で悩みのタネなのだ。1930年協会の仲間でいうなら、彼は大学出たてのホヤホヤ、いちばん若いメンバーだったわけだから、年長の仲間たちを表現するのに、ことさら気負いたったところがあったのかもしれない。それにしても・・・と、つい思ってしまう。たとえば、1928年(昭和3)の『中央美術』2月号で、外山が里見勝蔵のことを書くとこんなことになってしまうのだ。
  
 私は里見氏が唯だ単なる画家であるとは考へない。里見氏の見てゐる世界は絵のみではない。彼は文学を愛してゐる、然し唯だ文学を愛することをしない、彼は常に文学に自分の姿を見出さうとする。それ故に彼の要求する文学は又、彼の絵の如くあざみの花でなければならない。即ちゴヴゴリイであり、ドストエフスキーであり、又ストリンドベルヒでなければならない。(中略)
 此の様に彼は凡ての部門の芸術を潜在的に有してゐる日本のジアン・コクトウであるかも知れない。然し彼の絵はその明白な姿をもつて他の趣味の頭を圧倒せざるを得ない。
                                 (外山卯三郎「曠野に咲く薊の花」より)
  
 ・・・と里見勝蔵は、なぜか「野に咲くアザミの花」にされてしまう。はっきりいって、いったいなにが言いたいのかサッパリわからないのだ。ゴーゴリーやドストエフスキー、ストリンドベルヒたちが、「アザミの花」であったことも初めて知ったしだい。
 
 この難解さは、年齢とともに少なくなってくるけれど、基本的に彼の書くものは難しいことに変わりはない。たとえば、1929年(昭和4)の『1930年叢書No.1』(1930年協会)には、佐伯祐三についてこんな記述がある。
  
 ギリシアの哲学者プラトンは言つている。「一切のものは皆な己が本来の面目に到らんと躍進する、されどそれより劣れり」と。まことに数多の人間は凡て「自我」の完成に躍進してこそ導くものである、偉大なる芸術家の凡ては、此の最も高き「自我」の表現に到達した人間であると言ふことが出来る、我が佐伯祐三も亦、此の己が本来の面目にまで吼々として躍進しつゞけた真剣な画家であることを否めない。然し彼佐伯祐三の三十年の躍進の跡が、彼本来の面目を完成し得たかと言ふことに就いて、私達は唯々彼の夭折を悲しまずにはゐられない。(外山卯三郎「佐伯祐三の芸術」より)
  
 
 佐伯の作品を評するのに、プラトンから説き起こすのが適切かどうかは知らないが、こんな調子の文章がエンエンとつづく。佐伯の資料を片っぱしから当たっていて、外山卯三郎の資料に行き当たると、わたしは「また出合っちゃったか」・・・と、少々気が重くなるしだいなのだ。
 そして、もうひとり、気が重くなりすぎてアタマが真っ白になる資料に、佐伯に関連する洋画家・長谷川利行の文章がある。こちらは、できれば見なかったことにして避けて通りたい。

■写真上:現在の外山秋作邸あたりで、完全に十三間道路(新目白通り)下になってしまっている。ここに、第2次渡仏時に描かれた、佐伯晩年のほとんど全作品が集められた。
●地図:1926年(大正15)の「下落合事情明細図」より。
■写真中は、1926年(大正15)の『みづゑ』7月号。第1次渡仏から帰国したばかりの佐伯も、「巴里の生活」というエッセイを寄せている。は、同誌に掲載された1930年協会展の広告。
■写真下は、1930年協会に参加する多くのメンバーたちが執筆した、1928年(昭和3)の『中央美術』2月号。は、1930年協会が出版した『1930年叢書No.1』で、佐伯の特集号となっている。同誌の発売元が東京詩学協会となっており、詩もたしなんだ外山卯三郎の関連がうかがえる。


読んだ!(2)  コメント(14)  トラックバック(17) 

読んだ! 2

コメント 14

中村文夫

私は、外山卯三郎先生の著「曠野に咲く薊の花」の本を探しています。
どこで見ることができますでしょうか?
表題の意味が知りたいのです。
by 中村文夫 (2007-04-06 12:20) 

ChinchikoPapa

1928年(昭和3)の『中央美術』2月號(第14巻第2號)に掲載された、外山卯三郎「曠野に咲く薊の花」は、東京都現代美術館の図書室で見られます。ただし、貴重本の範疇に入りますので書架にはなく、申し込みが必要かと思います。
http://motlib.opac.jp/
ただ、いまは図書室改装中で、4月13日までは閉館のようですね。
by ChinchikoPapa (2007-04-06 13:06) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2009-11-07 18:52) 

ChinchikoPapa

昔の記事にまで、nice!をありがとうございました。>ナカムラさん
by ChinchikoPapa (2011-03-11 13:15) 

外山の末裔

ChinchikoPapa様
家系を調べておりましたら偶然ぶつかりました。
連絡先等分からないのでコメントをこちらから送らせて頂きます。
こちらの記事を家族へ紹介させてもらいます。
by 外山の末裔 (2012-10-09 04:51) 

ChinchikoPapa

外山の末裔さん、わざわざコメントをありがとうございます。
実は先日、井荻駅前の西武住宅地にありました外山卯三郎邸の跡を、お訪ねしたばかりでした。里見勝蔵邸の跡とは、1軒おいてお隣り同士ですね。近々、そのご報告もアップするつもりでおります。
また、外山卯三郎様につきましては、笠原吉太郎の元へ絵を習いに通われていた夫人とともに、あるいは外山邸の隣りにありました佐々木久二邸とともに、数えきれないほどご紹介しています。ぜひ、「外山卯三郎」あるいは「佐々木久二」のキーワードで検索されてみてください。
先の井荻における新婚早々の、外山夫妻のお写真も掲載させていただいております。>^^
by ChinchikoPapa (2012-10-10 13:03) 

中村文夫

中村と申します。
2007年より外山卯三郎先生の業績等を調査しております。

外山様の末裔の方と、電子メールは可能でしょうか?
先生のお描きになった絵等についてお伺いしたいのですが。

和歌山県立美術館の学芸員の方にも一部伺いました。


by 中村文夫 (2012-10-23 18:12) 

ChinchikoPapa

中村文夫さん、コメントをありがとうございます。
外山の末裔さんからは、その後、コメントをいただけていませんので、電子メール等でご連絡を差し上げることができません。
わたしはお訪ねしたことがありませんが、下落合の旧・外山邸の跡地には、現在もご姻戚と思われます外山様(コメントをいただいた方とは別の方かもしれませんが)がお住まいだと思います。
外山邸敷地は、ほとんどが十三間道路(新目白通り)の下になってしまいましたが、道路の南側、中落合1丁目3番地の赤塚不二夫プロダクションの近くに、外山様がいらっしゃいます。
by ChinchikoPapa (2012-10-23 18:26) 

外山の末裔

中村様、ChinchikoPapa様

戻って参りました?!
私は外山姓ではありません。祖母の実家がこちらなのですが
実は殆ど詳細を知らないのでこちらで情報収集をしております。
今度家族にも詳しく聞いてみるようにします。
by 外山の末裔 (2012-10-31 04:35) 

ChinchikoPapa

外山の末裔さん、ごていねいにコメントをありがとうございます。
最新の記事でも、外山様のことは里見勝蔵とともに井荻の文化村住宅街のテーマで取り上げております。ご参照ください。
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2012-10-29

現在の住宅明細図でも、旧・下落合1147番地には「外山」様という姓が収録されているのですが、ご姻戚の方でしょうか? なにか詳しいことがおわかりになりましたら、ぜひこちらへ情報をお寄せください。よろしくお願い申し上げます。
by ChinchikoPapa (2012-10-31 12:50) 

通りすがりさん

現在でも、ここで話題の地に縁のあるものです。
chinchikoPapa様の落合道人におきましては、貴重な資料は非常に興味深く、また考察の一つ一つにはいつも楽しませて頂いております。
ChinchikoPapa様からの、落合と、そこへ関わってきた方々に対する愛情は非常に深いものと感じ、浅学若輩な私ではありますが、落合の歴史が広まる一助となれればと思い、またコメントで、何か連絡があればと言うのを見て、書き込みをしました。
ひとつ何か連絡が取れればと思うのですが、いかがでしょうか。
by 通りすがりさん (2013-06-12 17:10) 

ChinchikoPapa

通りすがりさん、コメントをありがとうございます。
また、わざわざお申し出くださりありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。もし、ご連絡をいただけるようでしたら、下記のメルアドまでお願いいたします。
tomohiro.kita@gmail.com
この記事のテーマであります外山卯三郎氏につきましては、現在、三岸好太郎・節子夫妻のご子孫の方々へお話をうかがう中で、よく耳にする名前です。また、三岸節子画伯と外山卯三郎氏、そしてひふみ夫人がいっしょに写った写真なども手もとにあります。
落合地域で暮らした人たちの物語でしたら、たいへんうれしく思います。ぜひ、よろしくお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2013-06-12 19:49) 

井上 由理

近代彫刻を研究しています。昭和2年にアトリエを落合に建てた武井直也について研究し、現在、出身の岡谷市の美術館で武井展を開催中です。武井は昭和15年に急逝しました。葬儀で弔辞を読んだのが外山卯三郎であり、遺作展の世話もしたようです。それで、外山について、調べたいと思っております。ご遺族に武井からの書簡、或いは、作品がありやなしやと思ってもいます。三岸は外山の主催した「美術工芸学院」で講師をしていました。武井は理事もして外山を手伝ったようです。外山についてご教示頂けましたら有難いです。
by 井上 由理 (2015-11-18 00:43) 

ChinchikoPapa

井上由理さん、コメントをありがとうございます。
今年の春でしょうか、落合第二地域センターの広報誌「おちあい」に、彫刻家・武井直也について掲載されていたようです。
1940年現在、弔辞を読んだ外山卯三郎は井荻に住んでいましたが、1945年に井荻の家が焼夷弾の直撃を受け全焼しています。したがいまして、戦前までの資料はその際にほとんど失われ、卯三郎のお嬢様の家に残っているのは、ほんのわずかだとうかがっています。戦後は、再び焼け残った下落合の家へともどりますが、数葉のアルバム写真と結婚式における記帳名簿ぐらいしか拝見していません。
ご参考になるかどうかはわかりませんが、検索窓から「外山卯三郎」で検索されますと、上記のテーマを含めた記事が、かなりの件数で引っかかるのではないかと思いますので、お試しください。
by ChinchikoPapa (2015-11-18 18:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

トラックバックの受付は締め切りました