So-net無料ブログ作成

「定説」と「現場」のはざ間に。 [気になる下落合]

 日本におけるF.L.ライトの住宅作品は、わずか4つというのが定説だ。4戸のうち、計画倒れに終わった井上子爵邸(東京)を除くと、3戸が実際に建設され、関東大震災で崩壊した箱根の福原有信(資生堂)の別邸をさらに除けば、世田谷の旧・林愛作邸(八星苑)、および芦屋の旧・山邑邸(ヨドコウ迎賓館)のふたつが現存するのみとなっている。
 つまり、従来のアカデミズムの定説からいえば、「下落合にF.L.ライトの住宅なんか、あるわけがないじゃないか」・・・ということになる。わたしも、当初は「あるわけないじゃんか」(下町言葉です)と思っていたのだけれど、その後、重ねて伝わってくる旧・杉邸に関するいくつかの情報が、いやにリアリティがあって気になったのだ。だから、「気になる下落合」で書くことにした。
 最初は、帝大医師の開業用病院として設計されたというが、完成早々に家族の健康上の都合から転地をよぎなくされてしまう。これがスタート時の伝承で、すぐに空き家(名義はそのまま)となってしまうこの邸宅を、当時、杉邸の設計者(つまりF.L.ライト)が、手がけていた「帝国ホテル」の作業員チームの宿泊施設として借り受け、利用していた・・・というのが第2段階。さらに、大正期から伝承された物語は、昭和初期から戦中へと連綿とつづいていく。住んでいた方のマイナスになるようなエピソードも含めて伝わっている点に、まるっきりの嘘とは思えないリアルな肌触りを感じてしまう。

 わたしの書いた記事Click!について、ライト建築に関しては日本でも屈指である権威の方から、ある方を通じてご丁寧なリプライをいただいた。(ありがとうございました) もちろん、旧・杉邸は「F.L.ライト建築でも遠藤新建築でもありえません」・・・というものだった。さて、わたしは「やっぱり、そうでゃんしたか」と納得できたかというと、必ずしもそうではないのが正直なところなのだ。
 わたしの世代は、ちょうど10歳ちょっと年の離れたお兄ちゃんやお姉ちゃんたちが、高校や大学で盛んに「権威」を否定していたころに、幸か不幸か子供時代を送っている。そして、お兄ちゃんやお姉ちゃんたちから耳元へ吹き込まれた「権威」に対して、いまでもひねくれた警戒心がムクムクと起きるのは、きっと子供時代に植えつけられた“刷り込み”のせいなのだろう。
 少し前の映画で、「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きているんだ」・・・というセリフがあった。わたしは性格的に、どちらかといえば「机上」よりも、「現場」のほうを優先して考えるタイプだと思う。だから、「現場」に延々と伝わってきた旧・杉邸の伝承に強く惹かれ、尊重したくもなるのかもしれない。ましてや、この時期、ライトは建築家としては“どん底”の時代であり、ほんの少しでもおカネが欲しくて割のいい設計の「やっつけ仕事」(お住まいのS様にはたいへん失礼ですが)のひとつも、アルバイトとして引き受けはしなかったか?・・・という想像もはたらく。
 そういえば、シカゴのサリヴァン設計事務所をクビになったのは、子育てでおカネに困ったライトが、事務所を通さずひそかに個人住宅の設計アルバイトに何度も手を出したからではなかったか。日本で同じようなアルバイトをしなかった・・・とは、言い切れないような気がするのだ。

 でも、こんなことだってあるのだ。1940年代の後半、ついに日本のアホウドリは絶滅した・・・と学会で発表された。「ほんなことゆ~たかて、あんた、うちん目の前の海でぎょ~さん飛んどりますがな」(これは大阪弁)と、1950年代の初めには“再発見”されている。(ほんまはここんとこ、広島弁で書かなあかんとこやし) ニホンカワウソにも、同じような経緯があった。「現場」では当たり前のことでも、学会の「机上」では信じられない出来事が起きることだって、ごくごくたま~に、ほんとに稀にはあるかもしれない。
 地元に連綿と伝わってきた貴重な口承伝承のほうに、わたしはどうしてもより深く、謙虚に耳を傾けてしまうのだ。新宿区の教育委員会がどのような資料や記録(公文書)をお持ちなのか情報開示請求をしてみたところ、残念ながら「不存在」だった。過去に何度か、区の方が訪れているということなので、職員の個人的な記録は過去にあったのかもしれない。公の記録がないのは、建物内部の「記録調査」を一度もしていないのが要因なのだろうか。

■写真上・中:ともに旧・杉邸の意匠。
■写真下:自由学園明日館の食堂デザイン。旧・杉邸の内装も、一度ぜひ拝見したいものだ。


読んだ!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

読んだ! 0

コメント 2

玉井一匡

ぼくは、そのお兄ちゃんの世代らしいので、権威にたてつくってことも、たてつく人も大好き。
ライトと関わりがないってことを完全に証明するのはとても大変なことで大量破壊兵器を作っていないってのをイラクが証明するのは容易なことじゃなかったのと同じ。でも、関わりがあるってことを証明するのは、たったひとつ証拠を見つければいい。この2枚の写真を見たところでは、正直なところライトの仕事にしては・・・、という感じはしますね。だが、せめてスケッチでもと頼まれたライトが断りきれなくて、ちょっと書いてみせる。それを施主が大工さんに見せて、こんな風に作ってくれよなんて言う。日本の大工は腕がいいから、「やってみましょう旦那」なんていう。というようなことが、絶対になかったとはいえない。
by 玉井一匡 (2006-03-30 00:06) 

ChinchikoPapa

旧・杉邸が、伝承どおりに建てられたとしますと、ライトが「自叙伝」で沈黙して語らない2回目の訪日のとき(骨董収集のみが目的とされているようですが)、奥さんが召使いに殺された年を含む1911年(明治44)から1916年(大正5)のいずれかの年に、スケッチか図面が来日時に描かれ、1917年(大正6)以降の3回目の来日、つまり帝国ホテルの着工前後までに、旧・杉邸は竣工していた・・・という経緯になるように思います。
しかも、1921年(大正10)前後には、旧・杉邸の事情で空き家となっており、なんらかの関係から帝国ホテルの「作業員宿舎」(チームの仕事場兼宿泊施設?)として活用された・・・というところへ、どうやら伝承は繋がってくるようです。
玉井さんご指摘の、「スケッチ」あるいは図面、手紙のようなものが旧・杉邸から伝わっていないものかどうか、もはや90年前のことですので無理なのかもしれませんね。 
by ChinchikoPapa (2006-03-30 00:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました