So-net無料ブログ作成

区の職員が何度も訪れるわけ。 [気になる下落合]


 以前ご紹介したライト風建築Click!のお屋敷について、かなり突っ込んだ事情がわかってきた。まず、わたしの場所特定が間違っていたのをお詫びしたい。大正期の地図と空中写真とを見比べて、工藤邸だと思っていたのだが、これはさらにその東隣りの杉邸であることがわかった。1軒ずれて認識していたのだ。
 工藤邸の位置と、工藤壮平に関する記述はその通りなのだが、実は杉邸の西隣りのお宅なのだ。下の空中写真(1947年・昭和22)と、大正末期の地図をご参照いただきたい。杉邸の位置は、通りから3軒目であり2軒目ではない。上空から見た建物のかたちが近似しているので、取り違えてしまった。(スミマセン) なぜ、工藤邸ではなく3軒目の杉邸だと断定できたのかは、この建物を建てた方が「杉」という苗字だったことが判明したからだ。この杉という方は大正期、帝国大学(東京大学)の教授(おそらく医学部)で、診療所を開くためにこのお屋敷を建てた。そして、杉教授が設計を依頼したのは、なんとフランク・ロイド・ライトご当人だ。
 
 ライト風建築ではなく、どうやらF.L.ライト自身の設計による建築なのだ。「ライトが逗留していた」・・・という伝承が残るのは、杉邸が建設直後、帝国ホテル建築のための「作業員宿舎」として使われていたから・・・ということのようだ。つまり、ライト自身もこの「宿舎」へ一時期、滞在した可能性がきわめて高い。『落合町誌』(1932年・昭和7)には、杉という医師あるいは住民の記載がない。おそらく、昭和10年前後にお屋敷を売却したものと思われる。
 はっきり言って、わたしの想像していた以上のビッグニュースだ。杉氏がここで医院を開業していたかどうかはわからないが、建築後10年そこそこで売却しているところをみると、そもそも開業しなかったのかもしれない。上に掲載した大正期の事情詳細図にも、「杉」とあるだけで医院の記載がない。(このあたり、杉家の家庭事情により、ほとんどこの家に居住しなかったのかもしれないが) その後、いろいろな経緯があり、屋内の間取りやライト・デザインの室内装飾など興味深いテーマもあるのだけれど、プライバシーに抵触するのでここには書けない。それにしても、空襲による延焼が道ひとつ隔てたところで食い止められたのは、ほんとうに幸いだった。自由学園明日館のほかに、ライト建築がご近所にもうひとつあるのは嬉しいかぎりだ。
 数年に一度、新宿区の職員がお屋敷の写真を手に訪ねてくるらしい。新宿区では、このお屋敷がライト絡みであることを、どうやらかなり以前から把握しているようだ。これからも、変わらない素晴らしいデザインの外観で、わたしたちご近所を楽しませてほしい。


読んだ!(0)  コメント(8)  トラックバック(5) 

読んだ! 0

コメント 8

miharu

F.L.ライトのゆかりといわれていた建物のことを、詳しく調べていただきありがとうございました。この歴史的?ビッグニュースの記事をリアルタイムに拝見できてワクワクしています。事実とすると三春堂ショップの先に「明日館」があり、三春堂ギャラリーの先にこの「杉診療所」があることになります。ショップの前の明日館に続く路に、私のあそび心で「F.L.ライトの小路」付けていた名前が、住民公募の結果、今年豊島区で正式に認められました。こんなにたくさんライトにまつわるできごとに出逢え不思議でなりません。
by miharu (2005-10-22 00:44) 

ChinchikoPapa

いえいえ、こちらこそとびきり貴重なお話をありがとうございました。ライトの誰か弟子筋の仕事と思っていたのですが、まさか当人の設計だったとは想定外でした。杉教授は、「木造の診療所」としてライトに設計を依頼したのでしょうが、完成そこそこに下落合を留守にしなければならなくなったのは本当に残念だったと思います。
お屋敷の1・2Fの間取りや、ライトらしい屋内デザインのこともうかがっていて書きたいのは山々なのですが、個人邸のプライバシーが絡みますので書けないのが残念ですね。・・・ということは、おそらく意識しながらライト建築のすぐ横に、戦後、遠藤新は目白ヶ丘教会を設計したことになりますね。
by ChinchikoPapa (2005-10-22 00:56) 

小道

ほんとうですか?というのが今の偽らない私の本心です。
頭が固くて申し訳ないですが、ライトの日本での仕事は12件で
そのうち、実現したものは6件ということになっています。
ライトはアメリカ以外での仕事が少なくて、実現したものではその日本の6件のほかには、カナダで3件だけなんです。
この話は、ちょっとそのままにはしておけないですね
by 小道 (2005-10-22 08:32) 

ChinchikoPapa

あまり詳しく書けないのが、たいへんもどかしいのですが、戦前に邸宅を購入時、杉教授ご本人から、現在もお住まいの方が直接うかがっているお話です。また、帝国ホテルの建設時に「作業員宿舎」として使われたということも、風説や伝聞ではなく、当の杉氏から聴取されたお話のようですね。
なぜ、診療所として建設したのに、1922年ごろ杉氏はここに住まず、新築の自宅を「作業員宿舎」として貸してしまい、『落合町誌』にも載らず不在となってしまったのか・・・等、さまざまな疑問がおありでしょうが、すみません、ご容赦ください。記事の曖昧な表現でもお気づきでしょうが、わたしもいろいろなお話をうかがううちに、現在住まわれている方も含めて、かなりプライバシー領域へ足を踏み入れてしまったようです。
by ChinchikoPapa (2005-10-22 13:12) 

fuRu

ご無沙汰しております。
この記事を見逃していました。
といいますか、私の事務所に三春堂の安藤さんが見えられて教えてくださいました。
ちなみに安藤さんは下落合トラストの署名を集めに
私の事務所がある建物の1階にあるN設計室という設計事務所を訪ねられたついでに
2階によってくださったという、なんだか不思議なつながりです。
Chinchikoさんの名前を聞くなんてほんと、びっくりです。
by fuRu (2005-11-10 12:27) 

ChinchikoPapa

ほんとうに偶然ですね。(笑) 三春堂さんは、わたしもお世話になり、親しくさせていただいてます。「トラスト基金」の署名、ほんとうにありがとうございます。>fuRuさん・三春堂さん
最近、目白通りを越えて散歩することも多いですので、休日にはひょっとすると事務所のお近くを、ひそかにウロウロしているかもしれません。(笑)
by ChinchikoPapa (2005-11-10 16:36) 

モダ

初めまして。この邸宅について調べたところ、現在すでに取り壊されてしまったようです。貴重な建築遺産だったために残念でなりません…
by モダ (2016-10-16 04:09) 

ChinchikoPapa

モダさん、コメントをありがとうございます。
はい、旧・杉邸は2012年7月に解体されてしまいました。邸内各室の写真や、杉邸のご子孫の方からのコメントもありますので、「杉邸」で検索されると記事がいくつかあります。
by ChinchikoPapa (2016-10-16 15:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました