So-net無料ブログ作成
検索選択

「下落合風景」佐伯祐三の視線再び。 [気になる下落合]


 「下落合風景」佐伯祐三の視線Click!へ、練馬区立美術館の横山様がコメントをお寄せくださったので、さっそく「佐伯祐三-芸術家への道-」Click!へ出かけた。佐伯の作品等が140点も一堂に展示されるのは、実に27年ぶりとのこと。わたしも、これほど大規模な佐伯祐三展を観るのは、初めての経験だった。
 美術書でしか目にすることのなかった彼の主要作が、ところ狭しと並べられているのに圧倒される。しかも、絵とはなんの隔たりもなく、すぐ目の前で鑑賞できるのがとてもうれしかった。以前、新宿区で行われた「下落合風景」展(新宿歴史博物館)では、佐伯の作品はガラスケースに入れられて、近寄ることができなかったのだ。そう、今回の展覧会では12点もの「下落合風景」に接することができた。下落合の風景らしい「雪景色」を入れると、つごう13作品ということになる。
 さて、以前に目白文化村シリーズの「第三文化村」メニューの中で、佐伯祐三のアトリエ紹介Click!とともに「下落合風景」の場所特定を試みたことがあった。そのページで上掲の作品の場所を、西坂をあがって落合小学校から箱根土地本社へと抜ける尾根道としていた。
 でも、この作品には、ほぼ同位置からのバリエーションが他に2点存在することが、今回の展覧会でわかった。「下落合風景」は“個人蔵”の作品が多いので、こういう機会がないとなかなかわからない。しかも、上の作品を間近で観ると、箱根土地のレンガ建て本社ビルだと見えていた部分が、実は下の樹木から連続した絵の具による描画、つまり手前の樹木のさらに奥にある、単なる特異なかたちの枝葉らしいことがわかった。
 下の作品が、バリエーション作の2点だ。描く位置は少しずつずれているものの、ほぼ同じ道を同じような角度から描いているように見える。道を歩く人物たちにも共通点が多い。だが、箱根土地の本社ビルだと想定していた盛り上がりが、下の2作品ではまったく消えてしまっている。
 
 しかもおかしなことに、同じ場所を描いているにもかかわらず、3点ともに地形の表現がバラバラだ。まずは、左へいくにつれ家々の屋根が低くなるので、左側が斜面のように見え、必然的に中央の道路は尾根道のように感じられる。だがになると、左傾斜は感じられずに、今度は右側が傾斜しているような感覚にとらわれる。3作品とも登場する(犬を連れて)ハットをかぶった人物が、道を右折した様子が描かれているが、階段があるのかないのかはわからないものの、右へとくだって上半身のみが見えているようだ。そしては、奥へと伸びる道路自体が下り坂のように感じられてしまう。正面奥にある建物の屋根が、他の2作品に比べて明らかに見え方が低いのだ。
 他にも、この3作品はいろいろな点で微妙に異なっている。前方に見えている家のかたちや配置、電柱の位置関係はほぼ同じだが、作品②③の「貫(ぬき)」の足りない神明鳥居のように見えている、左側の白い奇妙な構造物(では黒っぽく描かれている)や、のみに街灯が挿入されているなど、不思議な点がいくつか見つかる。この3枚の絵を、描画ポイントで考えると以下のようになる。

 こうしてバリエーション作品とも比べてみると、この通りが西坂の上から西へと向かう尾根道であったかどうかは疑わしい。これらの絵が描かれた1926年(大正14・昭和元)前後、作品を観て、ゆるく右へとカーブしたこの道の先に見えるのは、このあと昭和初期に建て替えの始まる落合小学校(現・落合第一小学校)の大正期校舎だと想定し、その向こうには旧・箱根土地の本社ビルが見えている・・・としたのだが、いまではそうではないような気がする。どなたか、この景色に見憶えのある方はおられるだろうか?

 「佐伯祐三-芸術家への道-」展を見終わって、正直かなりくたびれた。“暗い”絵が多いせいもあるのだが、時代とともに風景も建物も、そして人物までもが左へ左へと傾いていき、次々に鑑賞してると中へ吸い込まれそうな気持ちの悪さを感じる。「下落合風景」の作品群も、南斜面の明るい陽光からはほど遠く陰気だ。美術館前のベンチで吸ったタバコが、なんともまずかった。

■写真:1936年(昭和11)の、西坂上につづく尾根道。佐伯祐三の「下落合風景」作品群が描かれてから、10年後に撮られた空中写真だ。すでに、落合小学校の新校舎が完成している。この校舎の左上に、旧・箱根土地本社ビルがある。戦後すぐのB29から撮影された空中写真や大正期の地図なども参照しながら、再び「下落合風景」の何点かの描画位置を特定してみたい。
 


読んだ!(1)  コメント(8)  トラックバック(5) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

読んだ! 1

コメント 8

jona

愉しい考察ありがとうございます。
執拗にこの風景にこだわったか?・・・葉のない季節から真夏~ 
彼が行きたかったのは赤い屋根のアトリエだったのでは?
などと思ったり~
by jona (2005-10-21 20:46) 

ChinchikoPapa

jonaさん、こんにちは。
描いていて邪魔のものは省いてしまう・・・という可能性を考えますと、もうわけがわからないですね。(笑) いま、他の絵の描画ポイントを、昔の地図と空中写真とで特定しようとしているのですが、これがなかなか思うように進みません。
スケッチポイントを特定して、そこに絵のプレートでも建て、「佐伯祐三・下落合風景散歩コース」とでもすれば、下落合(中落合・中井)の名物コースになり、たくさんの方が散歩にみえるのに・・・と思いつつ。(^^;
by ChinchikoPapa (2005-10-21 22:00) 

じょあんな

なんだかとっても興味が~ 佐伯の絵は個人的にはちょっと~という感じですが、①の赤い屋根のガラスが光って、赤い家だけが省かれづに描かれている・・・
見に行ってきます。
by じょあんな (2005-10-22 09:34) 

ChinchikoPapa

じょあんなさん、こんにちは。練馬区立美術館の「佐伯祐三-芸術家への道-」展は23日、あしたまでですね。いってらっしゃい。
きようは、「下落合風景」のスケッチポイントと思われる地点を、撮影して来ようと思いましたが、あいにくの雨です。でも、暗い「下落合風景」には、かえって曇天の下落合写真がふさわしいのかも・・・と思い、さっきから外出しようかしまいか迷っています。(笑)
by ChinchikoPapa (2005-10-22 13:19) 

ろ~ず

はじめまして、こんにちは。
興味深い記事の数々ですね。
佐伯祐三と下落合、なつかしいです。
拙blogで紹介させていただき、TBさせていただきました。
よろしくお願いします。
by ろ~ず (2005-10-23 11:52) 

ChinchikoPapa

ろ~ずさん、はじめまして。
学生時代に、わたしも下落合近くにいました。ほぼ同じぐらいの70年代末から80年代にかけて、アパート暮らしをしながら学校へ通ってました。下落合大根を育てている畑は、いまでもありますよ。(^^
こちらからも、さっそくTBさせていただきました。ありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2005-10-23 13:05) 

じょあんな

おはようございます。
①②③の製作年または製作順がお解かりでしたら教えてください。
お願いいたします。
by じょあんな (2005-10-24 09:03) 

ChinchikoPapa

佐伯祐三がパリから下落合へもどっていた、1926年の作品だと思います。いずれの作品も、画集には「1926年」あるいは「1926年ごろ」というキャプションが見られます。
この1926年から27年にかけての冬は、下落合にかなりの積雪があったようで、雪景色の「下落合風景」も何点か存在しています。1927年の春に、佐伯は再び下落合を離れてしまいますので、かなり短い期間で「下落合風景」の多くの作品は描かれたようですね。
by ChinchikoPapa (2005-10-24 12:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。