So-net無料ブログ作成

下落合は「お茶漬の味」。 [気になる下落合]

 下落合を舞台にしたドラマや映画はいくつもあるが、いちばん印象に残っている映画は、小津安二郎監督の『お茶漬の味』(1952年/昭和27)かもしれない。なぜ印象深いかというと、わたしが子供時代をすごした懐かしい大磯と、いま住んでいる下落合の双方が舞台として登場するからだ。
 ドラマ『さよなら・今日は』(1974年/昭和49)Click!とは異なり、『お茶漬の味』には下落合の風景はほとんど登場しない。山手を象徴するような、巨木や森のカット、給水塔などが時おり挿入されたりするだけ。昭和20年代、米空軍のB17爆撃機(B29ではないところが珍しい)が並んでいる羽田空港や、銀座、日比谷、大磯、箱根などは実景が登場するのだが、なぜか肝心の下落合の街並みは出てこない。ほとんどがスタジオのセット撮影なのだ。
 でも、舞台となる家のセットが、いかにも下落合界隈にありそうな、和洋折衷の山手住宅なのが面白い。物語は、東京・山手のお嬢さま(木暮実千代)と結婚した下町の男・・・と書きたいのだが、亭主は都外出身のざっかけない(気取らない)暮らしが染みついた男(佐分利信)とによるホームドラマ。妻の妙子は、佐伯祐三と同時期にパリですごした、当時流行の東郷青児の油絵がかかる、目白文化村をそこはかとなく連想させるシャンデリアの下がった洋間で暮らし、夫の茂吉(名前からして奥さんは気に入らないかも)は、まるで学生下宿のような簾の下がった、濡れ縁のある日本間で暮らしている。実際に下落合へ屋敷を建てたとき、書生部屋として設計された部屋なのかもしれない。もう、このシチュエーションだけで、ふたりの趣味から性格までが不一致であるのがわかる。要するに、いま風にいえば家庭内離婚をしている夫婦・・・と書いても差しつかえないだろう。
 夫の世話は女中にまかせて、旅行に観劇にショッピングにと、妻は遊びまわっているのだ。ふたりの間に挟まって、いつも気の毒そうな顔で登場する、女中のヨネ(小園蓉子)の暗い表情がいい。最後のシーンで、台所に隣接した女中部屋から、ヨネの声高な寝言や高イビキが聞こえてくるのだが、普段から夫婦の板ばさみになり、ほとほと疲れてストレスがたまっているのだろう。映画では、そこまで細かくは描かれていないけれど・・・。
 とにかく、妻の妙子は気位が高く、貧乏くさいことが大嫌いな、とびきり気の強い女なのだ。タバコの銘柄(朝日)にまでケチをつけて、もっと品のいいタバコを吸えなどと言ったりする。どうやら、大磯に別邸を持つほどの、おカネ持ちの家に育ったらしい。それに比べて、夫はしがないサラリーマンで小遣いも少なく、パチンコや競輪で時間をつぶすのが趣味のような、ちょっと情けない男。もともとは復員兵のようだから、平和な日常生活や戦後の時間に、死んだ戦友のことなどを思い出しつつ、どこか空しさや寂寥感をおぼえてしまうのかもしれない。いつも妻の剣幕に気圧されて、納得できないことでもなんとなく同意してしまい、ジッと嵐が通りすぎるのを待っている。
(「辛くあたりすぎたかしら」と反省・・・してないな)
 木暮実千代が演じる、「典型的」な東京・山手の女性。この「典型的」は、下町は深川育ちの小津安二郎から見た山手女性の「典型」であって、実際の山手女性が妙子像に普遍化できるかというと・・・、やっぱりできるのだ。(爆!) 同じ下町の性(しょう)のわたしから見ると、実際にはもう少し山手の独特な優しさや、細やかさがあるようにも思えるのだが、おしなべて大なり小なりこういう感じに映る。そして、理不尽なほど叱られるところがまたゾクゾクとして嬉しく、マゾヒスティツクな楽しみもあったりする。(文楽のガブ好みにも通じるのか) こういう女性を、どのようにうまく扱い、無事、着地点へと「誘導・マネージメント」していくかの手腕が、江戸東京で産まれた町場の男としての甲斐性であり生き甲斐だ・・・という感覚。
 東京の甲斐性なしとは、稼ぎが少なく遊んでばかりいる男のことではない。亭主に稼ぎなんぞなくても、女房が気持ちのいい生活を送れてさえいれば、なんのかのとケンカはするかもしれないが家庭は円満・安泰でうまくいくのだ。おそらく日本でもっとも強力な江戸東京の女性(下町山手を問わず(^^;)を、どのように“治め”ていけるか、ひいては“家内”を平安に保てるかどうかが、男の甲斐性であり、その手腕にかかっているといえる。
 下町育ちの男は、とても気が短い。だが、その気の短さは、わりと他人に対してのことが多い。自分の身内、特に連れ合いに対しては非常に辛抱強く、相手を立てて意外なほど“甘い”例が多いのだ。そう、どれほど食い物にうるさく、マズイものを食わせた見世とは必ずケンカをして「二度と来てやるもんか!」とタンカを切るような性格でも、こと「お茶漬」にだけはつい気を許してしまう食いしん坊に、どこか似ている。
 小津監督が、あえて下町男ではなく、都外出身のひたすら我慢強い男を登場させたのは、女房をうまく“治め”きれないところで、山手女性の妙子(木暮実千代)に思う存分攻め込ませてみたかったんじゃなかろうか・・・そんな気さえするのだ。そこで、ハナからうまく“治め”られてしまっては、2時間近くのストーリーが持ちはしないだろう。

■写真:『お茶漬の味』の妙子の部屋。出演はほかに笠智衆、淡島千景、津島恵子、三宅邦子、鶴田浩二、柳永二郎、十朱久雄、望月優子、設楽幸嗣、北原三枝ほか。


読んだ!(1)  コメント(20)  トラックバック(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

読んだ! 1

コメント 20

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2009-08-13 23:14) 

古田 宙

サーフィンしてたらたまたま拝見。
小津さんは野球がお好きだったようですね。『お茶漬けの味』では後楽園球場のシーンがありました。2リーグになる前の巨人阪神戦を女性連が観に行き、そのうちの一人の旦那が若い女と来てるのを見付けるといったシーンが。ゲームのシーンが短いのが野球ファンとしては残念なのですが、別当とか当時の選手がアナウンスされてました。
場内放送で木暮実千代「目白の・・・さん」と呼ばれるシーンあったように記憶してます。
後楽園での試合といえば、黒沢明監督作品『野良犬』での南海巨人戦は、たっぷり楽しめます。青田川上千葉そして先発投手は川崎といった往年のスターが観られます。南海の選手のほうはいまいちわからないのが残念・・・
by 古田 宙 (2014-02-22 08:21) 

ChinchikoPapa

古田さん、コメントをありがとうございます。
ナイターのシーンは印象に残っています。小津作品には、競技シーンがよく登場しますね。『お茶漬けの味』にはもうひとつ、いつ終わるのかとため息のでた延々とつづく競輪シーンもありました。場内放送の「目白の…」というのと、家から電報を打つときに下落合の目白通り沿いにあった電話局、「落合長崎局」を呼び出しているのとが印象に残っています。
あと、芝居とか能の舞台でも、いつ終わるかと思うほどの長~いシーンがつづきました。あれは、『麦秋』と『秋日和』だったでしょうか。
『野良犬』は観てますが、後楽園の試合シーンはあまり憶えてないですね。黒沢監督の場合は、次の展開が気になって挿入された状況や環境の映像を、あまり念入りに観察していない…ということもあるのかもしれません。w
by ChinchikoPapa (2014-02-22 20:33) 

古田

有難うございます。
『野良犬』ですが、満員の後楽園球場で拳銃を持っている容疑者を場内アナウンスで呼び出して逮捕、というスリリングなシーンで、うまくスタジアムを使っていると感心しました。
あの時代プロ野球より学生野球の方が人気があったのでしたが、画面では大入りでした。
by 古田 (2014-02-23 09:25) 

ChinchikoPapa

古田さん、重ねてコメントをありがとうございます。
ということは、『野良犬』の重要なシーンを忘れていた…ということになりそうですね。(汗) 再び観る機会があれば、注意してみたいと思います。この映画は、なんだかこちらまでが汗をかきそうな、真夏のうだるようなイメージと、三船敏郎と木村功がハーハー息を切らせているシーンがやたら目に浮かびます。

by ChinchikoPapa (2014-02-23 10:18) 

サンフランシスコ人

「下落合を舞台にしたドラマや映画はいくつもあるが.......」

知りませんでした....
by サンフランシスコ人 (2016-05-11 06:37) 

ChinchikoPapa

サンフランシスコ人さん、コメントをありがとうございます。
現在でも、ときどきドラマのロケが行われているようですので、細かく探せばわたしが把握している以上に、もっと作品があるのかもしれません。
by ChinchikoPapa (2016-05-11 11:44) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコの日本町で、「原宿」は出ますが「下落合」は出ません...
by サンフランシスコ人 (2016-05-12 01:55) 

ChinchikoPapa

サンフランシスコ人さん、重ねてコメントをありがとうございます。
下落合が原宿のように、派手な街になってしまうとちょっと困りますので、ほどよく目立たないところがいいのかもしれません。わたしの高校時代、原宿は静かで閑静な住宅街だったのですが…。
by ChinchikoPapa (2016-05-14 00:48) 

サンフランシスコ人

アメリカでは、大学の授業に「原宿」も「下落合」も出ませんが、小津安二郎は立派に出てきます...

http://www.middlebury.edu/academics/catalog/coursecatalog
by サンフランシスコ人 (2016-05-14 02:32) 

サンフランシスコ人

ミドルベリー大学 (バーモント州にある)では..

FMMC 0252 Authorship and Cinema (Fall 2016)でYasujiro Ozu (Japan)が出ます..
by サンフランシスコ人 (2016-05-14 02:43) 

ChinchikoPapa

サンフランシスコ人さん、コメントをありがとうございます。
海外では、相変わらず小津監督の人気が高いようですね。日本のいまの若い子たちは、よほど日本映画に興味のある学生でない限り、おそらく小津作品は1作も観たことがないんじゃないかと思います。
小津安二郎が描く1950年代の日本の家庭生活と、現代のそれとがあまりにかけ離れているため、“自分の世界”のこととしてリアルに感じられないせいでしょうか。
by ChinchikoPapa (2016-05-14 18:04) 

サンフランシスコ人

「おそらく小津作品は1作も観たことがないんじゃないかと思います...」

この高校では 黒澤作品の「七人の侍」を取り上げるみたいですね....

https://anhs-capousd-ca.schoolloop.com/cms/page_view?d=x&piid=&vpid=1364639672004

Film Examples: On the Waterfront, Seven Samurai, The Treasure of the Sierra Madre, The Bridge Over the River Kwai.


by サンフランシスコ人 (2016-05-15 05:30) 

ChinchikoPapa

サンフランシスコ人さん、コメントをありがとうございます。
ちょうど、URLのリンク先にある「シネマ研究」のように、映画の創生期から現代まで、映画の歴史をたどる「映画博物館」ブログを開設されている、sigさんという方がおられます。
http://moviechronicle.blog.so-net.ne.jp/

黒澤映画をはじめ、日本映画についてはあまり触れられていませんが、映画史(映画技術史)がわかりやすく解説されています。


by ChinchikoPapa (2016-05-15 21:56) 

サンフランシスコ人

「映画史.....がわかりやすく解説されています...」

アメリカの大学院では、もっと詳しく勉強します....
by サンフランシスコ人 (2016-05-17 07:50) 

ChinchikoPapa

サンフランシスコ人さん、コメントをありがとうございます。
大学院レベルの勉強となると、映画の技術史ばかりでなく、その表現や思想などの歴史についても詳しく学ぶのでしょうね。
by ChinchikoPapa (2016-05-17 10:39) 

サンフランシスコ人

小津映画祭をバークレーで開催.......

http://www.bampfa.berkeley.edu/program/contemplative-cinema-ozus-late-films

Contemplative Cinema: Ozu's Late Films
September 1–October 30, 2016

サンフランシスコの金融街からバークレーの駅まで地下鉄で約20分....

by サンフランシスコ人 (2016-08-31 02:25) 

ChinchikoPapa

サンフランシスコ人さん、こちらにも「読んだ!」ボタンをありがとうございます。
小津映画の代表作が、目白押しに並んでいますね。この中では、「秋日和」と「麦秋」がいちばん好きなタイトルでしょうか。落合地域も登場する、この記事の「お茶漬けの味」は残念ながら上映されないようですね。

by ChinchikoPapa (2016-08-31 12:50) 

サンフランシスコ人

アメリカで『お茶漬けの味』はほとんど上映されないようです...
by サンフランシスコ人 (2016-09-03 05:52) 

ChinchikoPapa

サンフランシスコ人さん、重ねてコメントをありがとうございます。
1950年前後の、この地域が舞台になっている作品なのですが、ちょっと残念ですね。w
by ChinchikoPapa (2016-09-03 10:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

トラックバックの受付は締め切りました