So-net無料ブログ作成
検索選択

神田川流域の地名に残った「バッケ」。 [気になる神田川]

 

 武蔵小金井や国分寺の崖線、野川流域の河岸段丘を「ハケ」と呼ぶのに対し、神田川や妙正寺川流域の河岸段丘は「バッケ」と呼ばれていた。ほんとうに、確実にそうだったのだろうか?
 「バッケが原」Click!と呼ばれていた中井駅西側から葛ヶ谷にかけての崖線下は、あくまでも“通称”であって、土地の正式な名称ではない。しかも、非常に限定的かつ年代によって位置も曖昧な区域だ。神田川/妙正寺川水系の段丘斜面が、そこかしこで昔から「バッケ」と呼ばれていたことを証明するには、別の地域で言い伝えのある“通称”の区域を探してくるか、あるいはさらに確実なのは、地名そのものに「バッケ」という言葉が残っているところを探さなくてはならない。そこで、さっそく神田川沿いを探しはじめてみた。
 ところが、それは難なく、カンタンに見つかってしまったのだ。中井の「バッケが原」とは反対側、下落合から山手線をはさんで東隣りの戸塚町に、昭和初期まで「字バッケ下」という小字(こあざ)地名が残っていた。ちょうど、現在の甘泉園公園の西側、昔の高田馬場があった西隣りの急峻な斜面にあたる一帯だ。
 

 明治期の測量地図で、早くも「バッケ」は採集されており、確認できる限り「字バッケ下」の地名は、1929年(昭和4)の地図まで存続していた。いまでも、土地の人たちはそう呼んでいるようだ。この段丘も中井と同様、高田馬場の西端あたりから急激に落ち込んでいる地形で、バッケ下は江戸期から田畑に開墾されていた。バッケ上には、「赤門さん」で有名な亮朝院があり、このあたりからバッケ下へくだる道を、「バケ坂」と呼んでいたようだ。ふーむ、この構図、どこか近くで見たことがある。(笑)
 

 「バケ坂」あるいは「オバケ坂」、さらに転じて「オバケ」→「ゆうれい」の名前がつく東京の坂道を精査すれば、それぞれ昔から伝わる「バッケ」の地名あるいは通称名を、ずいぶん採集できそうだ。わたしは、そこまで余裕がないので、どなたかやってはいただけないだろうか?

■写真上はバッケ上の通称「赤門さん」=亮朝院、は1895年(明治28)の源兵衛村(西早稲田)地図。「字バッケノ下」と「ノ」が入っている。
■写真中は1911年(明治44)、は1925年(大正14)の「字バッケ下」あたりの地図。
■写真下は1936年(昭和11)、は1947年(昭和22)の「字バッケ下」空中写真。昭和初期には、うっそうとした原生林がかなり残っていたのがわかる。


読んだ!(1)  コメント(1)  トラックバック(6) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

読んだ! 1

コメント 1

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2009-06-26 12:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。